先日、林修先生の初耳学を見ていて、とても共感したこと。 小中の友達なんてクソである!! 小中学生の頃って、ホントに視野が狭くて、その世界がすべてだと思っちゃうけど-_-b 大人になったら、小中の同級生に会う機会なんて年1回未満なんです ... 続きを読む
先日、林修先生の初耳学を見ていて、とても共感したこと。

小中の友達なんてクソである!!


小中学生の頃って、ホントに視野が狭くて、その世界がすべてだと思っちゃうけど-_-b

大人になったら、小中の同級生に会う機会なんて年1回未満なんですよ。


子供の頃の私、重度の小児喘息を患っており、そもそも学校は休みがちだったし、参加できないイベント(運動会や遠足など)も多くて、周りの同級生に全く馴染めませんでした。

あの当時、みんなとは少し違うことが、根深いコンプレックスの元凶にもなったし、本当に苦悩と暗黒の時代を過ごしていて、友達も少なかったし、今考えると笑っちゃうぐらい根暗な少女時代を過ごしたけど-_-b


マジで思うわ。
小中の友達なんかクソだから(笑)


ま、そんな私も大概クソで(爆)

数年前、当時のいじめっ子や私を見下した人を見返したくて、当時の1番の地味な劣等生が大出世したというテイ(?)で、同窓会に乗り込んでみたけど。。。

今現在、住んでる世界や価値観があまりに違い過ぎると、お互いに宇宙人と話してる感覚にしかならないんですよね、ホントに。

どっちがいいとか悪いとか優劣なんかじゃなくて、独身時代の私と子持ちの私では考え方がガラリと変わったし、片田舎でひたすら東京に憧れていた頃の私と実際に東京に18年住んでいる今の私も違う。

ただ1つ言えることは、なんだかんだ一緒にいて居心地がいいのは似た者同士なわけよ。
共通の話題もたくさんあるしね。


もちろん小中の同級生の中にも価値観の合う人はいる。
そして、合わない人もいる。

だけど、それは大人になってから分かったこと気づいたことであって、小中学生だった頃の私には想像もつかなかったことなんですよ。


子供だった私は、学校の人間関係がすべてだと思い込んで、みんなに嫌われないことが大事過ぎて、死ぬほど悩んだこともあったけど。

そんなちっぽけなことで死ぬほど悩むこと自体がおかしなこと。


だから、もし娘たちが死ぬほど人間関係に悩む日が来たら、伝えようと思ったよ。

確かに子供の頃の友達も思い出も宝物にもなるけど、それがすべてじゃないのよ、と。

本当に嫌なら、友達を辞める勇気の方が大事。

本当に本当に嫌になったときは、学校なんか行かなくてもいい。

そのときの人生のステージによって、人間関係も変化するものだし。

学校にちょっとぐらい行かなかったぐらいでは、人生そうそう変わらないから。
↑喘息で半分ぐらい欠席した私が言うんだから、間違いない。


そう考えると、言い回しはだいぶ極端過ぎるけど、

小中の友達の悩み事なんてクソだよね〜(爆)




今日は友人の結婚祝い(ランチ)をしておりました!! ちなみに、長女ちゃんはスクールで、次女ちゃんは実家の母に預け、大人ランチ〜(′∀`)  そうそう、 思い返せば、数年前に婚活の相談を受けて。。。 毛玉だらけのユニクロのとっくりを着て ... 続きを読む
今日は友人の結婚祝い(ランチ)をしておりました!!
ちなみに、長女ちゃんはスクールで、次女ちゃんは実家の母に預け、大人ランチ〜(′∀`) 

そうそう、
思い返せば、数年前に婚活の相談を受けて。。。
毛玉だらけのユニクロのとっくりを着て、銀座に現れた彼女を思いっきりぶった斬った思い出が^^;

「高級ブランドを身につける必要もオシャレ番長になる必要も全くないけど、ある程度の身だしなみは大事だから!!とにもかくにも毛玉だらけのユニクロはやめてーーーー!!!」なんて(笑)


そんな彼女が遂に結婚♡
しかも、お相手はとーっても優しそうな爽やかイケメンドクター!!!!! 

やりおったなぁ〜(´∀`)


婚約指輪選びから式場探し、新居の準備、仕事の寿退社に有休消化……
彼女のハッピーお花畑報告がとても微笑ましかったです♡


今の私は2人の娘たちの子育てとディズニー通い(笑)に追われ、日々てんやわんやですが、私にもこんな頃があったな〜(遠い目)
……と、とても懐かしく思いましたともo(^-^)o

ちなみに、「彼を大切にしたいと思う」という新妻の微笑ましい決意表明に心が洗われ、日々の己の鬼嫁っぷりを反省しました(笑)
 

何はともあれ、友人よ!
末永くお幸せに〜♡
image



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17  


今日は久々にカニづくしランチを楽しみました(´∀`) お店の入り口にカニさんがたくさんいて、長女ちゃんも大興奮o(^-^)o メニューはとにかくカニ蟹かに〜!!! ... 続きを読む
今日は久々にカニづくしランチを楽しみました(´∀`)

お店の入り口にカニさんがたくさんいて、長女ちゃんも大興奮o(^-^)o


メニューはとにかくカニ蟹かに〜!!!

長女ちゃんは蟹の茶碗蒸しと蟹グラタンがお気に召した模様です。

たまに食べるからこそ、やたらと美味しく感じる蟹づくしランチなのでした(´∀`)

このブログにオチなし!(笑)

ぶっちゃけはっちゃけお金持ちの男たちは、めちゃくちゃモテる(;´Д`)キレイ事抜きにして、これって紛れもない真実じゃないですか。もちろんお金だけ持っていても、横柄なヤツとか勘違い俺様野郎はダメだとしても。。。それ以外の部分が同レベルだと仮定したら、持ってな ... 続きを読む
ぶっちゃけはっちゃけお金持ちの男たちは、めちゃくちゃモテる(;´Д`)

キレイ事抜きにして、これって紛れもない真実じゃないですか。


もちろんお金だけ持っていても、横柄なヤツとか勘違い俺様野郎はダメだとしても。。。
それ以外の部分が同レベルだと仮定したら、持ってないよりは持っている方が確実にモテるでしょ?


そんな真実を語ると、「女は金目当てなのか?」と言う怒号がどこからともなく飛んできそうですけど(;´Д`)

私が思うにそれって全然違うんだよね。


何故にお金持ちの男性がモテるのか?

それは「お金を持っているから」じゃなくて、
「お金に余裕があるからこそ、女性に新鮮な体験を提供できるから」とか「稼ぐ能力がある=コミュニケーション能力その他の才能があるがために、女性に新鮮な会話(体験)を提供できるから」だったりする。


そう。
女という生き物は「体験」にときめく性分なのだ。


見慣れたファミレスに連れて行かれるよりも、
素敵なレストランにエスコートされたら、「わぁ!素敵!」となる。

どっかで聞いたことがあるようなどうでもいい愚痴よりも、
ちょっと小難しい仕事の話に「なんかかっこいいかも?」とときめいたりする。
↑仕事を頑張っている男性の真新しい話題って好奇心湧いてくるじゃん?

都心に住んでいる独身OLは普段車を乗り回していない人が多いからこそ、
スポーツカーの助手席に乗ることが新鮮な体験となる。


男の財力にときめいているわけではない。
いや、ときめきまくっちゃう女性もいるかもしれないけど(笑)


ちなみに、私は安定した穏やかな結婚生活には「ときめき」は不要だと思っている派です。

だけど、女性として本能的にときめきを感じるメカニズムを理解しておくと、男選びを間違えなくて済むかもしれない……そんなことを思ったよ。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 












 

Dオタ狂いが止まりません(笑) 最近、そんな用語を知ったのですが、ディズニーオタのことを「Dオタ」と言うそうです^^;  そして、ドライブの友もディズニー♡ クラブハウスシリーズのDVDを爆買いしてみました! ... 続きを読む
Dオタ狂いが止まりません(笑)

最近、そんな用語を知ったのですが、ディズニーオタのことを「Dオタ」と言うそうです^^; 

そして、ドライブの友もディズニー♡
クラブハウスシリーズのDVDを爆買いしてみました!


これら、娘の食いつきが半端ないです!


本当はかっこいいセダン車が好みですが、幼い子供がいる我が家ではワンボックスカー(アルファード)にして大正解!!!

この天上モニターが本当に便利なんですよ。


子供たちに恵まれたおかげで、価値観や興味が激変していく今日この頃なのでした。

恋愛や婚活で大どんでん返しのサヨナラ逆転ホームランを打ちたいと思ったときの要は、やっぱり「コミュニケーション能力」年齢や顔の造作、過去、生まれ持ったものなどは変えられないけど、コミュニケーションは自分の努力と心の持ちようでいくらでも変革できるもの。今日は ... 続きを読む
恋愛や婚活で大どんでん返しのサヨナラ逆転ホームランを打ちたいと思ったときの要は、
やっぱり「コミュニケーション能力」

年齢や顔の造作、過去、生まれ持ったものなどは変えられないけど、
コミュニケーションは自分の努力と心の持ちようでいくらでも変革できるもの。


今日はコミュニケーションの術を1つ紹介してみます。

これはテレビ局に入社した頃、先輩から直伝された術です。

ほら?テレビ番組って、1クールで一緒に働く人々が変わるわけよ。
役者さん、制作会社、その他スタッフ諸々ね。

んで、やっぱり一緒に働く人とは早めに仲良くなって心を通わせることが、現場を盛り上げるための潤滑油になる。
だから、テレビ局社員にはソッコーで人の懐に入り込む術が求められたりもするわけです。


そして、これはスペシャル級のコミュニケーション能力を有する先輩直伝の術。
で、これは恋愛にもマジで応用できるな!と確信している術。

名付けて、
「オウム返し三段トークの術」


誰かと仲良くなりたいと思ったら、
というより、その誰かに自分に好意を持ってもらいたいと思ったら、
自分がしゃべり倒すよりも、相手に気持ちよくしゃべらせる方が効果的なんですね。

で、よく「オウム返ししろ!」なんて指南があるけど、ただただマシーン(機械)のようにマニュアル化されたオウム返しされても気持ち悪いだけだし、話なんか全然盛り上がらないわけよ。
だから、単なるオウム返しは逆効果です。

そこで、相手にしゃべらせるためのオウム返しが、この 「オウム返し三段トークの術」ですよ。


例えば、
<ダメなパターン>
「どんな料理が好きですか?」
「イタリアン」
「へ〜!イタリアンが好きなんですね。」

オウム返ししてるけど、それ以上会話が発展せず、終了のパターンね、これ。


<オウム返し三段トーク版>
「どんな料理が好きですか?」
「イタリアン」
①「イタリアンってどこで食べるのが美味しいですか?なんなら、イタリア本場に飛んじゃう?」
②「イタリアンって、ピザ派?パスタ派?」
③「自炊したりするんですか〜?」


そうそう。
相手のトークをただ繰り返すんじゃなくて、1つのテーマにつき3段階に分けて掘り下げる。
で、相手が饒舌にしゃべり始めたら、もっともっと掘り下げまくる。


それから、心理学的には相手が何かを質問してくるときは、自分にも聞いて欲しい事柄だったりします。
だから、その辺を重点的に掘り下げてみるといい。


コミュニケーション能力っていうと、いかに面白いトークができるか?を考えてしまう人が多いけど、モテる人は圧倒的に相手にしゃべらせる質問力の達人だったりするもの。

そういえば、私にこの術を教えてくれた先輩(男)も見た目はフツメンながら、あり得ないぐらいモテる人だったなぁ(笑)



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 
 

たまにこんな相談を受ける。「元彼が忘れられない。新しい出会いがあっても元彼と比べてしまい、次に進まない。」そうそう。元彼が障害になっているパターンね(;´Д`)そういう人に問いたいことは、「元彼を美化し過ぎてませんか?」ってことよ。人は失ったものほど、美化 ... 続きを読む
たまにこんな相談を受ける。

「元彼が忘れられない。新しい出会いがあっても元彼と比べてしまい、次に進まない。」


そうそう。
元彼が障害になっているパターンね(;´Д`)


そういう人に問いたいことは、
「元彼を美化し過ぎてませんか?」ってことよ。


人は失ったものほど、美化してしまうんです。
よかった思い出ばかりを思い出して、都合の悪い記憶はカットしてしまう。
手に入らないものにこそ憂う。
そんなご都合主義が人間ってもんよ。


恋に落ちるのに理由はなくても、別れには必ず理由がある。

その元彼とは終わっているのだから、それなりの理由があったはずなんです。
そこ、忘れてません? 


そんな私だって、過去の恋を超美化して素敵な思い出として保管してるけどね(;´Д`) 

だけど、過去の恋を思い出して憂うときこそ、理性で現実を見つめるようにしてますよ。


昔、付き合ってたイケメンバンドマンと結婚してたら、生活しっちゃかめっちゃかだったよね。
間違いなく。

昔、どうしても結婚したかった研修医の元彼は、仕事が激務過ぎて、現実的に家事育児の協力は難しいタイプよね。

今の主人よりもずっと稼ぎがよかった元夫は、スーパー俺様で辟易してたんだっけな。。。なんて。


脳内で作り上げられた元彼像は、幻想でしかないことを理解すべし。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

 

いろいろ考えているうちに、頭がグルグルになってしまうことがある。 そんなときほど、無心になることが大事なんですよね。 そうそう。子供の頃、ジグソーパズルが大好きでした。 そして、TDLで見つけて思わず衝動買いしたもの。 ... 続きを読む
いろいろ考えているうちに、頭がグルグルになってしまうことがある。

そんなときほど、無心になることが大事なんですよね。


そうそう。
子供の頃、ジグソーパズルが大好きでした。

そして、TDLで見つけて思わず衝動買いしたもの。


これ、無心になるには丁度いいわ〜(´∀`)

男は基本、妄想族である。いや、女も妄想族だし、私も妄想族だけど(笑)そして、その妄想癖を爆走させるトークができる女性は確実にモテる。例えば、「私、料理が得意なんです!」と言うよりも、「私の手料理を美味しそうに食べてるくれる人を見るのが好きなんです!」と言 ... 続きを読む
男は基本、妄想族である。
いや、女も妄想族だし、私も妄想族だけど(笑)

そして、その妄想癖を爆走させるトークができる女性は確実にモテる。


例えば、
「私、料理が得意なんです!」と言うよりも、
「私の手料理を美味しそうに食べてるくれる人を見るのが好きなんです!」と言った方がモテるわけ。

なぜなら、それを聞いた男性が自分が美味しそうに家庭料理に舌鼓を打つイメージが妄想できるから。


「私、マッサージが得意なんです!」よりも、
「お風呂上がりのマッサージでぐっすり眠ってもらいたい♡」の方がモテる。

マッサージされて至福の眠りにつくイメージが湧いてくるから。


男の妄想スイッチを入れることがモテの秘訣なのである。


言葉の力ってやつは偉大なのだ。

最強のモテテクっていうのは、やっぱりにコミュニケーション能力に尽きると言っても過言ではないのよね。 


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

昨日に引き続き… またまたイケメンの話(笑) イケメンがダメとは言わないけど、フツメンでもイケメン以上にイイ男は大勢おりまっせ!という話です。そして、愛するよりも溺愛されたい女にとっては、 なおさらフツメンの方が都合がいいかもよ?なんちゃって(笑)  ... 続きを読む
昨日に引き続き…
またまたイケメンの話(笑)

イケメンがダメとは言わないけど、
フツメンでもイケメン以上にイイ男は大勢おりまっせ!という話です。

そして、愛するよりも溺愛されたい女にとっては、 
なおさらフツメンの方が都合がいいかもよ?なんちゃって(笑) 


<私がオススメしたいフツメン3ケ条>

①イケメン路線で敗北感を味わった男
②努力でその敗北感を克服した男
③イケメンじゃないからこそ、謙虚でホスピタリティ旺盛な男


調子ぶっこいてても、口下手でも、本人に自覚がないタチの悪い俺様でも……
顔が福士蒼汰だったら、バレンタインデーには山積みのチョコを受け取るのかもしれない。
中学の卒業式では第二ボタンのみならず、すべてのボタンが秒速で奪い取られるかもしれない。

青春期に顔の造作的にイケメンではなかったがゆえに、1度は敗北感を味わってしまう男が大勢いる。


だけど、その敗北感に立ち向かい、努力でモテを勝ち取った男。
そんでもって、少年時代の非モテ時代を味わったからこその謙虚さとホスピタリティのある男。

こういう男、結婚相手とするなら最高です。


多くの人の恋愛観は、17歳までの扱われ方で出来上がる部分が多いんです。

若い頃にとことんチヤホヤされまくった人っていうのは、大人になってもそのチヤホヤ感が前提(当たり前)になるものです。

逆に、17歳まで非モテだった人は、大人になってもどこか謙虚な一面を持ち合わせています。

女性(男性)からの愛を獲得したかったら、それなりのものを差し出さなければ!という強迫観念的なものからいつまでも抜けません。

その強迫観念があるからこそ、ホスピタリティ溢れる男が出来上がるって話。


えぇまぁ、若かりし頃、「イケメンしか愛せない症候群」を患って、数々の失態を犯してきた私が言うんだから、間違いない。

なんなら、最初の結婚こそ俺様イケメンを選んだけど、大ヤケドを負って離婚した私が言うんだから……ね?!(爆) 


「グータラぶっこいてても愛されたい」
そんな怠慢な女性には、イケメンよりもフツメンがいいよ〜。

2回目の結婚でフツメンと結婚して、「あー!これはいい!!」と感謝の日々を送っている私のオススメです。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17