婚活で苦戦している人のご相談を受けてると、圧倒的大多数で「しっかり者の長女」が多いんですよ。次女や末っ子はなんだかんだ世渡り上手であることが多いんだけど。長女と次女の間に、どんな壁があるのか?って言ったら。「周りの人々が助けてくれるだろう」「どうにかなる ... 続きを読む
婚活で苦戦している人のご相談を受けてると、
圧倒的大多数で「しっかり者の長女」が多いんですよ。
次女や末っ子はなんだかんだ世渡り上手であることが多いんだけど。


長女と次女の間に、どんな壁があるのか?って言ったら。

「周りの人々が助けてくれるだろう」
「どうにかなるでしょう?」
という根拠のない自信の有無だったり、

「とりあえず頼ってみちゃえー!」
という大胆な勇気の有無だったりするんですよね。


しっかり者の長女って、なんでもかんでも自分でなんとかしようとするし、弱音を吐くのも下手だし(というか、ついつい強がっちゃう性分だし)、とにかく「大丈夫」が口癖だったりするし(本当は全然大丈夫じゃなかったとしても)、世の中の「こうあるべき論」や世間の「正しい姿」に縛られちゃってたりするものなのよ。。。

周りのママ友を見ていても、育児ノイローゼに陥ってしまうのは「しっかり者の長女」タイプのママが圧倒的大多数です。
※ひろん独自調査 


<末っ子タイプの大躍進例>

大学の友人の話です。
彼女、全く勉強しない&授業はサボりまくりのタイプの人でしたが、成績は超優秀でした。
それはクラスの男子たちに頼りまくり、テスト前に個別指導を受け。
さらには、卒論は東大生の男子たちに頼りまくって、一緒に書き上げてもらっていたから。

成績優秀な男子たちに甘えるのが上手なんですよ。
「私、バカだから、どうしたらいいんだろう?」なんつって。

そして、アホな男たちは手取り足取りお世話をしてくれちゃうんです。
だから、実際の成績は「優」ばかり。

で、学生時代にチヤホヤしてくれた東大生とあっさり結婚していったよ。


また別の友人の話。
完全に人たらしな彼女。
それは対男性だけではなく、人脈のある女子に対しても同じ。
弱みを見せて同情を引くのが上手なんです。
(実際は彼女みたいなタイプが最強な女だと思う(笑)
で、男前なハイスペ女子に数多のハイスペ男子を紹介してもらいまくって、今の旦那様と結婚していきました。


またまた別の友人の話。
あっさり男の人を頼れる彼女。
それも1人ではなく、複数の男性に。
風邪をひいた日には「頭が痛くて…」と自宅にお供え物を持ってきてくれる男子が見つかるまで、メルマガ配信(;´Д`)
「ついついお買い物し過ぎちゃって、重くて歩けないの…どうしよう?」と車を持っている男子に配車依頼。
「今日空いてる?誰かと飲みたい気分なの」と臆することもなく気になる彼を誘い出すド直球具合に圧巻。
彼女も早々と婚活を卒業していきましたとも。


モテる女子って案外「いい加減な女」が多いんだよね。

で、男ってなんだかんだ「ヒーロー願望」があったり、保護欲求があったりで、
可愛い子から頼られたら、張り切っちゃう生き物。

真面目でしっかり者で誠実で親切でちゃんと仕事も頑張ってて……
女子から見たら尊敬する女性ほど、隙がなくて、婚活に苦戦してしまうという皮肉。


「真面目に頑張っているはずなのに、うまくいかない」
そんなときは根拠のない自信を片手に、思い切ってとんでもなく甘えてみちゃうことが突破口になるかもよ?


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17


 

「婚活疲れ」「婚活ウツ」とかよく言うじゃないですか。なんでそういう感じになっちゃうのかな?と考察してみました。婚活で疲れてしまう原因には3つあると思っていて。1つは、相手に気に入られようと、ついつい背伸びをしてしまうこと。もちろん人によるだろうけど、例え ... 続きを読む
「婚活疲れ」「婚活ウツ」とかよく言うじゃないですか。

なんでそういう感じになっちゃうのかな?
と考察してみました。

婚活で疲れてしまう原因には3つあると思っていて。

1つは、相手に気に入られようと、ついつい背伸びをしてしまうこと。

もちろん人によるだろうけど、
例えば私なら着慣れない淡い色のワンピースやらアンサンブルニットにタイトスカートを着て、これまた履き慣れないピンヒールの靴とか履いて闊歩していたわけですよ。
そりゃ疲れるって(;´Д`)

だって、ヒールの靴だけで疲労骨折しちゃうんじゃないか?ってほど疲れちゃうもん、私。
んで、淡い色のお洋服は食べこぼしとかしたら、シミになって目立つわけじゃない?
だから、そういうお洋服着てるだけで気疲れするんですわ(;´Д`)
↑少なくとも女子力の低い私みたいな女は(笑)

それでいて、やっぱり目の前の相手にも気を使ってしまうし、どうせなら気に入られたいと頑張ってしまう。
自然体でいられることが1番だと思うけど、そうは言っても背伸びしちゃうじゃない?
乙女としてはさ。

疲れない方がおかしいよね。


2つ目は、これまでの選考基準なら「ナシ判定」ぐらいの人からも否定されること。

これまでの恋愛経験の中で「このぐらいの人とはどうにかなれるかな?」と淡い期待を抱くわけじゃない?
元カレぐらいの感じとか?

でもさ、女子にとっての婚活市場はもはや戦国時代なんですよ。
マジでイイ男が売れ残ってない。。。
↑思いっきり自分のことを棚に上げて言うと(笑)

で、結婚相談所でお見合いセッティングしてみたら、「お前だけはないだろー!?」ぐらいの人を紹介され、そのナシ判定の男性から交際お断りとかされちゃうのが婚活前線なんですね。
なぜなら、婚活市場は7:3で男の売り手市場だから。

もう「ふざけんなー!」と叫びたくなるよね。 

交際お断りが立て続いたら、誰だって凹むし、それがどうでもいい男なら尚更ですよ。


3つ目は、時間とお金と体力をとことん使うこと。

私みたいなグータラ女なら、週末は仕事で疲れ切って、お昼過ぎまで寝込んでいたことが多かったのに。
朝からフルメイクにしゃんとした格好して、昼間は婚活パーティーはしごしまくって、夜は合コン参加してたりしたんですけどね。

自分の時間もなくなるし、オシャレするにもメイクするにもお金も時間もかかるし、毎度気合い入れて出かけて行ったら、そりゃ体力も消耗します。

そんで、終わりが見えないわけでしょう?
もう精神的にも死ぬほど消耗するよね。。。


それなりにタフな女性だったとしても、1年ぐらい本気で婚活に挑めば、ズタボロになると思うのよ。

だからね、私は婚活は短期決戦をオススメしたいし。
婚活疲れを少しでも軽減するために、そもそも疲れて病む理由をあらかじめ知っていることって大事だと思うのよね。

なんかさイマイチうまくいかない婚活していると、
「世の中の多くの女性は婚活なんかせずとも、スイスイ結婚しているのに、なんで私には彼氏すらいないの?」って自己否定でぶっ倒れそうになるんですよ。

でもね、私の独自調査によると、スイスイ結婚しているように見える人でも、それなりに苦労していること多いから。
その苦労を見せないだけで、裏では結構苦戦してるから。。。と言うことをお伝えしときたい。


婚活疲れでウツになっている人に伝えたいことは、
「あなただけじゃないから、大丈夫」ということと、
「本気で結婚を望む人は絶対に結婚できるから、大丈夫」ということ。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

「どうしても医者と結婚したい!」と鼻息を荒くする婚活女子に大勢出会ってきた。だけどね、現実はそう甘くないよね。。。と冷や水を浴びせられるような記事を発見!→47歳「開業医の妻」が見た医師夫婦の結婚事情ちなみに、私も20代中盤の頃は医師との結婚に憧れ、実際に ... 続きを読む
「どうしても医者と結婚したい!」
と鼻息を荒くする婚活女子に大勢出会ってきた。

だけどね、現実はそう甘くないよね。。。
と冷や水を浴びせられるような記事を発見!

ちなみに、私も20代中盤の頃は医師との結婚に憧れ、実際に研修医の彼氏がいました。

しかしながら、「現実は厳しい」ということを死ぬほど思い知らされ、
再婚活をしていた頃(31歳の頃)は「できればお医者様は遠慮させていただきたい。よほど素敵な方なら検討してもいいけど。」ぐらいの謎の上から目線のノリに^_^;

で、実際に医師妻になっているママ友が何人かいて、
「こりゃ私には無理だわ!怠慢な私には医師妻はつとまらないわ!」と確信する今日この頃です(笑)


ちなみに、記事でも語られていますが、医者の離婚率って高いんだよね。
長女ちゃんの同級生ママ友にも、1人は既に離婚。
もう1人離婚調停中、というママ友がいます。


そうそう。
ハイスペ婚だと思って、医者と結婚すると、あまりにも現実とかけ離れていることが多くて、愕然とするようで。。。
既に離婚したママ友は「想像していた生活と違い過ぎて、もう無理だと思った」と語っており、
もう1人離婚調停中のママ友は彼女自身も医師なのですが、「結婚している意味がわからなくなった」と語っています。 


もちろん全員がそうではないけど。。。

・日頃から帰りが遅く、週2〜3回ぐらいは当直やらバイトやらで帰ってこない。幼い子供がいると、ワンオペ育児で育児ノイローゼになる。
・おぼっちゃまくん気質なのか、周りの同僚たちの影響なのか、「そもそも家事育児は女がやるもの」という固定観念が半端ない。
・たまに家事育児に協力的な旦那様もいるけど、「ダメな嫁もらっちゃった」「失敗例」ぐらいの噂をされてしまい、そのうちその旦那様もそのノリになってしまう。そして、結婚3年後ぐらいに何もしない夫に変貌を遂げる。
・当直で泊まり等の嘘がつきやすいせいか、浮気に走る医師もそれなりにいる。
・周りに浮気者が多いせいで、浮気のハードルが下がってしまう。 
・お仕事がスーパー激務なのに、都心のハイスペサラリーマンよりも薄給だったりする。
・時給換算するとコンビニのバイト並み
・多少年収が高くてもなんだかんだ出費も多くて(自費で参加する地方学会やバカ高い医学書代や薄級なのになぜかセレブなお付き合いなど)、妻子にそれほど贅沢はさせられない。
↑国立医学部だったとしても、なんだかんだ開業医の息子などが多く、さらに見栄っ張りも多いようで、送別会の記念品が20万円のバカラで1人4万円で割り勘にしましょう!的なバブリーな出費もあるようです(実話)
・製薬会社に勤務している薬剤師のママ友からのタレコミによると、学会に行く際、製薬会社チームはビジネスで、ドクターチームは自費でエコノミーなんていう気まずい状況もあるとかないとか。
・大変な診療科ほど薄給で激務という実態もあるらしい。
・医師家系だったりすると、実家の孫への干渉が激しく、ストレスが溜まる。
・親戚の子供が名門校に続々と入ったりすると、自分の子供がダメだと劣等感に苛まれる。

……等々、何かと悩みが絶えない医師妻も多いようです。


そんなわけで、とにもかくにも「医者と結婚して優雅な生活謳歌したい〜!」みたいなキラキラ女子ほど、よくよく考えた方がいいよね。 

医師として働く夫を尊敬して、自己犠牲の精神がある人はうまくいくかもしれない。

リンク先の記事でも書いてありましたが、周りの医師妻を見ていると、なんか妙に納得してしまう記事でした^_^;


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 




今日はチラリとTDLに行って参りました。目的はコレ!ミッキーシェイプのハンドソープ〜(^o^)↑なんと泡がミッキーで出てくるんですよ!めっちゃ可愛い〜♡本日はグランドエンポーリアムとホームストアの2店舗での取り扱いだったのですが、両店とも半端ないぐらい店内がハンド ... 続きを読む
今日はチラリとTDLに行って参りました。

目的はコレ!
ミッキーシェイプのハンドソープ〜(^o^)
FullSizeRender

FullSizeRender
↑なんと泡がミッキーで出てくるんですよ!
めっちゃ可愛い〜♡

本日はグランドエンポーリアムとホームストアの2店舗での取り扱いだったのですが、両店とも半端ないぐらい店内がハンドソープだらけでした。
IMG_8745
IMG_8752
IMG_8754


こちらのハンドソープ、7/3に発売したんですが、初日で完売。
8月ぐらいに再販したものの、お店に入るだけで1時間ほどの行列(´-`).。oO
そして、8月の再販も数日で完売。。。

そんなこんなで、すっごい欲しいけど、1時間待ちは辛い…というヘタレ具合を発揮してしまって、諦めてたんですよ。

しかしながら、年パス仲間から今日なら買えるらしい!という噂を聞きつけ、午後から雨予報だと言うのに舞浜まで上陸してしまいました。


今日は無事お買い上げできました〜!
全く並ばずに(^_^)a

今日からの再販は購入制限がついてまして、1枚のパークチケットで1店舗3点までしか買えないようになっておりました。
※2店舗で取り扱いをしているので、1人6点まで購入できます。
※3歳以下のパークチケットがないお子様も1人としてカウントしていただけるので、一緒にレジへ出向けば、子連れなら最大12点お買い上げできました。(母と子2人分として)

そんなこんなで何度も並び直す人がいないため、スムーズにお買い上げできました!!


そうそう。
今日はANNA SUIコラボ商品の発売日だったので、それらもお買い上げ!
FullSizeRender
↑左側2つのタオルがANNA SUIコラボの商品で、右側のミニーちゃんのブラックキャンバスバッグは特にANNA SUIコラボというわけではなさそう。


ついでに、前から気になってたプーさんのしゃもじや子供達のカトラリー、ソーイングセットもお買い上げ!
FullSizeRender


次女ちゃんとパーク内をお散歩して、雨が降る前に早々と退散してきました。
(今日は長女ちゃんはスクールでした)

IMG_8790
↑楽器隊のお姉さんに絡んでいただいているの図(^o^)


帰りにイクスピアリを覗いたら、GAPが50%オフセールをやっていて、思わず冬用アウターを衝動買い(^o^)

いろいろ買い過ぎてベビーカーに荷物がどっさり。
IMG_8782


今日は午後から雨予報でしたので、行くかどうか少し悩みましたが、やっぱり行ってよかった!

お昼過ぎには舞浜を脱出したので、結局、ほとんど雨に濡れずに済みました(^o^)

先日放送されていた「さんまの東大方程式」を見ていて、思い出したこと。私も死ぬほどキモい東大生に出会いまくってきたわ〜(;´Д`)なんて(笑)離婚後、再就職した職場(外資系金融機関)では、男性社員の約半数が東大卒でしたし、なんなら東大の本郷キャンパスの近くで ... 続きを読む
先日放送されていた「さんまの東大方程式」を見ていて、思い出したこと。

私も死ぬほどキモい東大生に出会いまくってきたわ〜(;´Д`)
なんて(笑)

離婚後、再就職した職場(外資系金融機関)では、男性社員の約半数が東大卒でしたし、なんなら東大の本郷キャンパスの近くで一人暮らししてたし、東大卒の男性と死ぬほど合コンしてきたし。。。
なんだかんだ東大生に出会いまくってきた私。

もちろん素敵な東大生もたくさんいますけど、東大生って変な人も多いんですよ(;´Д`)


そんなこんなで、今日はキモい or 変な東大生たちの生態をレポートしてみたいと思います。


●頭が良過ぎるせいか、話が飛び過ぎて、何を言っているのか分からな過ぎる挙動不審な男

彼らは賢いんです。
私みたいなドアホとは脳みその構造が違うのは間違いない。

1を聞いて10を悟るのが東大生。
しかしながら、私のようなボン民相手でも、いきなり1から10に話が飛ぶのが彼ら。。。

たまたま持ち合わせていたペンケースにシロクマが描かれていたんですよ。
で、クマさんみたいな人が好きと言った女子に対して、いきなり北極熊の生態系と地球温暖化についての考察を語り始めるとかね。
しかも、なんやら小難しい言葉の連発で妙に早口過ぎて、さらに挙動不審でキモいって言う。。。


●プライドが高過ぎて、己のミスを絶対に認めない男

職場でたまたま分かりにくいシステムがあったんですけどね。
「間違えやすいから」と研修で散々説明されていたことを、思いっきり教科書通りのミスを犯した東大生がいまして。。。

普通の人はその時点で「すみません」でお終いじゃないですか。
しかしながら、彼のすごいところは、そのシステムの欠陥ぶりを数十枚のレポートにしたためて、上司に提出したこと。そのシステムは大人の事情があって改修できないものだったんですけど、彼にはそんなの関係ないわけです。
「自身のミスは単なるケアレスミスではなく、システムの欠陥によるもの」と周りに知らしめたかったようです。。。

上司も同僚もシラーっとした目で彼を見つけておりましたけれども(笑)

そういえば、その彼は「HERMES」のことを「ヘルメス」って呼んでたんですよ。
だから、「ヘルメスじゃなくて、エルメスじゃない?」って指摘したら、
「英語的にはヘルメスが正しい」と堂々と反撃されました。
え?そうなの?

●とにもかくにも論理的過ぎるパワポ男

彼は家電1つ買うだけでも、徹底的に性能の比較をしたりして、とことん費用対効果的な理屈を詰めるんですよ。

で、エクセルで比較表を作って、それをパワポに貼り付け、美しい提案書を仕上げる彼。
誰にも提出しないけど。

その感じで新居について、分厚いレポートを書いたところ、奥様には1ページも読んでもらえず、「キッチンはこれがいい〜!」のツルの一声で新居が決まったのだとか。。。


先日、放送されていた「さんまの東大方程式」の東大生たちも個性派揃いでめっちゃ笑いました。

私のツボは大津くん♡
彼、面白いわ〜。
そんでもって、ああいう東大生、たまにいるわ〜。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

気になる彼と初デート♡しかしながら、楽しいはずのデートを終えて、モヤモヤしてしまうことって案外多いと思うんですよ(-。-;なので、そんな案件をまとめてみました。 ①お会計問題お会計のあり方でモヤモヤしてしまう女子って、めちゃくちゃ多いと思うんですよね。初デート ... 続きを読む
気になる彼と初デート♡
しかしながら、楽しいはずのデートを終えて、モヤモヤしてしまうことって案外多いと思うんですよ(-。-;

なので、そんな案件をまとめてみました。 

①お会計問題

お会計のあり方でモヤモヤしてしまう女子って、めちゃくちゃ多いと思うんですよね。
初デートぐらいは奢って欲しいと思う派もいるだろうし、でもそれを彼に求めること自体卑しいのかな?って気もするし。。。

お金の問題は難しいよね。。。

1つ言えることは、付き合ってる段階でモヤモヤすることは、結婚してからもっとモヤモヤしてしまう原因になってしまうこと。

ぶっちゃけはっちゃけお金の問題はキレイ事では済まされないと思うんです。

好きな相手なら尚更、お金の問題は気持ちや方針をクリアにしておいた方が後々とためだと思うんだよね。
 

②結婚願望なさそう問題

1秒でも早く結婚したいと思っている女子にとって、お相手の結婚願望の有無は死活問題です。
結婚なんてサラサラ考えてない的な発言があると、一気にシャットダウンしたくなる気持ち、分かります。
↑少なくとも婚活中の私は「結婚に興味ナシ」とか言ってる男を相手してるほどヒマじゃないわー!とバッサバサ切り捨ててましたとも。

でも、「結婚に興味ナシ」と豪語してても、いきなり電撃入籍する男もいるから、彼の発言だけに惑わせるのはもったいない……こともあります。 

男は言うことは案外いい加減だから、行動がすべてだと思って、彼に賭けてみるのも1つの手かも?

ちなみに、私は出会った当初「結婚なんて1ミリも興味ない」と豪語していた今の主人と電撃入籍しました。
勝因があるとすれば、独身貴族を豪語している相手でも「私は結婚できない相手とは付き合う気がない」ときっぱり宣言していたこと。割と出会ってすぐの段階で。

相手がどう言っていたとしても、自分の気持ちはまっすぐ伝えたら、考えてもらえるかもしれません。 
 

③些細な言動に引っかかってしまう問題

これも私の話ですが、
「子供欲しいけど、子供ができても趣味のオーケストラ活動は続けたいなぁ…」
とぼんやりと呟いた彼に失望して、いきなりシャットダウンしたことがあります。

当時の私はバツイチ子ナシでしたけど、周りの友人たちは出産ラッシュ。
子育てがどれほど大変か?とか育児ノイローゼの話を伝え聞いていた私は、ノー天気にそんな発言をする彼が許せなかったのよね。 

でもさ、よくよく考えてみたら、まだ結婚もしておらず、子供がいる生活になんて淡いイメージしかない彼に、完璧なイクメン像を求めるのが無理って話だとも思ったのよ。後々考えるとね。

些細な言動に引っかかったとしても、それがすべてじゃない可能性大だと思うんですよ。
引っかかることがあったら、それでシャットダウンするのではなく、話し合うことが大事よ。

現に、独身時代、毎晩のように飲み歩いていて、そういう生活を捨てたくないから結婚する気ゼロだった今の主人も子供たちをお風呂に入れたり、公文の宿題を見るために早帰りしてくれてます。


大人になって耳年増になればなるほど、いろんなことに引っかかるようになって、いつのまにか「減点法」で相手を見るようになっちゃったりして。。。

「ときめき力」がだだ下がりになるもんなんですよ。

だからこそ、本質を見極める目が大事になってくる。

モヤっとしたときこそ、そのモヤモヤの原因究明をして、本質を見つけ出すことが、大人の婚活には必要不可欠だと思う、今日この頃。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

昨日のブログにもチラリと書きましたが…。先日、経営者の会に参加したら、堂々と「俺には女がいる!」(妻以外の)と豪語するお金持ち経営者が多いこと多いこと。。。(-。-;嗚呼、嘆かわしい。。。そんな彼らの言い訳はいったい何たるか?をまとめてみました(-。-;とある経営 ... 続きを読む
昨日のブログにもチラリと書きましたが…。
先日、経営者の会に参加したら、
堂々と「俺には女がいる!」(妻以外の)と豪語するお金持ち経営者が多いこと多いこと。。。(-。-;

嗚呼、嘆かわしい。。。


そんな彼らの言い訳はいったい何たるか?をまとめてみました(-。-;


とある経営者の浮気する理由

「ヒマだから」

何だそれーーー?!と女子たち、唖然(笑)

彼には3人のお子様たちがいるそうで、奥様は子育てで大忙しなんだそうです。
だから、家庭ではあまり相手にされていない。
だけど、たわいもない話をしたり、映画を一緒に見に行ったりする存在が欲しいんだそうです。

いやはや、おしゃべりとか映画だけじゃなくて、やることもやってるけどね( ̄◇ ̄;)


また別の経営者の言い訳

「嫁さんと彼女は別腹なんだよ!家庭は円満だよ!(ドヤ顔で豪語)」 

思わず「死んでしまえ!」と罵倒してしまいました(笑)


またまた別の経営者の言い訳

「俺たちみたいな人種(経営者)は停滞したら、終わりなんだよ。停滞しないためにも、刺激が必要。」

なんかもっともらしいことを言っているようにも聞こえるけど、うーむ全く納得できない( ̄◇ ̄;)


たまにはこういうゲスい飲み会に参加して、男の本音を市場調査してみるのも楽しいですね。
奥様がどんな人なのか?全く知らないことがポイントですけど(笑)

奥様がママ友とかだったら、全く笑えないからね。。。 


その会合に婚活女子を連れていくことが目的だったんですが、
既婚者のゲスい話に爆笑したり激怒したり……となんだかんだ私自身が楽しんでしまったかもしれません(笑)

そうそう。
そういうコミュニティーに入れると、女子は美味しい思いができるかもよ?
ほとんど既婚者でしたけど、数人は独身男性だったからね。
それでいて、男8名に対して、女2名。
人数だけでいうなら逆ハーレム状態。

あー、でも、そのロクでもない既婚者の影響をモロに受けてしまいそうなので、今は誠実な独身男性もその毒牙にかかってしまうものですかね。。。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

昨日のサバイバルウエディング(土曜21時日本テレビにて放送)を観ていて、納得したこと。社会的地位が高い男ほど、若い頃にどれだけヤンチャだったとしても、年を重ねる毎に家族のありがたみに気づくんですよね。社会的地位が高くなればなるほど、利害関係を求めて近づい ... 続きを読む
昨日のサバイバルウエディング(土曜21時日本テレビにて放送)を観ていて、納得したこと。

社会的地位が高い男ほど、若い頃にどれだけヤンチャだったとしても、年を重ねる毎に家族のありがたみに気づくんですよね。

社会的地位が高くなればなるほど、利害関係を求めて近づいてくる人がやたら増えるけれど、会社の業績がガクっと落ちたり、不祥事でも起こそうものなら、あっという間に人が離れていくんです。

役職者って言うのは、地位が高ければ高いほど、孤独です。

だから、最後に信用できるのは家族しかいない。

長い年月を経て、それに気づくから、家族を大切にするようになる。
やっぱり家族って素晴らしい。 

↑そんなような話をヒーローの柏木くんがしておりました。


妙に納得。
私も最初の結婚を通して、そして離婚してみて、気づきましたとも。

あの人の妻だったときは、やたらチヤホヤしてくれた人もいたけど、離婚した途端、潮を引くようにあっという間に離れていった人もいるんですよ。

某百貨店の外商の担当さんとか、まさにそれ(笑)
それまでこれでもかってほどチヤホヤされてたけど、離婚が確定した途端、手のひらを返したような塩対応をくらいまして、軽くトラウマです。。。 
そんなこんなで、今の主人と再婚してまた外商さんのお世話になるようになっても、そこの百貨店とは一切お付き合いしません。
トラウマなので、店舗にも立ち寄りません。。。 

百貨店も2店舗ぐらいの外商カードを持てば、大概のものは揃いますからね〜。
私ではなく主人に勧誘が来てたけど、丁重にお断りしてもらいました。


私はお金持ちの妻ではなくなったから相手にされなくなったように、
例えば、元夫や今の主人が失業でもしたら、いきなり塩対応されるんだろうな、と思うと切ないね〜(TДT)


今現在、どれほどの社会的地位があろうとも、それって一生涯保障されているわけじゃない。

未来は誰にもわからないけど、一時的にどう転んだとしても、それでも信じられる相手と結婚することって大事ね、とつくづく思いました。

今の主人は今のところ転んでおりませんが、例え転んだとしても、絶対に這い上がる人。
それだけ生命力が強い人だろうと信じております。


そういえば、先日、経営者の会(飲み会)に参加したとき、とある社長さんが言ってました。

「俺には女(彼女)がいるけど、離婚は絶対にしないね。どちらの女が素晴らしいか?ではなく、これは順番なんだよ。順番はどう転んでも変わらない。それは彼女にもちゃんと説明していて、その辺を理解してもらえる子としか付き合わないよ、そもそも。(避妊はするけど、万が一子供ができた場合は諦めてくれ!まで納得させているらしい)それに、なんだかんだ1番信用できるのは、嫁さんだからね〜。」

ちょっといい話をしている風でしたが、もう1人いた女子(独身)と私は、軽く唖然。。。
「えーーーーーっ!?」と思いっきりブーイングしときましたけど、なんだか妙に納得(苦笑)

しかもさ、その彼女(愛人)はこれまた若い美女なんですよ。3年も付き合ってるんだって(;´Д`)
↑写メを見せてもらいました。

嗚呼、嘆かわしいわ〜。


話がだいぶ脱線しましたが、
「最後の拠り所は家族」

そう思える結婚ができれば、相手のスペックとか度外視で万々歳よね♡


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 
 

世間の6割の男性は、自分よりも社会的地位の低い女性を求め。世間の4割の男性は、自分よりも学歴の低い女性を求めるらしい。そんなニュースを目にして思ったこと。女の嫉妬も面倒臭いけど、男の嫉妬の方が100倍タチが悪いんだよね。男にとって、超大事なことが何か?と ... 続きを読む
世間の6割の男性は、自分よりも社会的地位の低い女性を求め。
世間の4割の男性は、自分よりも学歴の低い女性を求めるらしい。

そんなニュースを目にして思ったこと。


女の嫉妬も面倒臭いけど、男の嫉妬の方が100倍タチが悪いんだよね。

男にとって、超大事なことが何か?と言うと、自身のプライドを守ること。

自分の彼女が他の男からチヤホヤされてる的な嫉妬もあるけど、
それよりも深刻なのは、彼女が自分よりも「デキる女」だった場合なんです。 


それで私も思い出したよ。

テレビ局に勤務していた頃、女性社員が大抜擢を受けると、「どうせ枕営業だろ?」「女っていいよなー。上に気に入られれば仕事もらえて!」ぐらいの冗談になってない冗談をぶちかます男がいたなぁ…とか。

合コンで名刺交換して、自分よりも一般的に格上の企業に勤務していたり、社会的地位の高い女子がいたら、「恐れ入りました!」とか言い出して突如シャットダウンし始める男もいたなぁ…とか。

会計士になった友人も言っていました。
会計士になるための専門学校で一緒に学んでいた頃はいい感じだった彼氏が、彼女だけ一足先に会計士補になった途端、急に愚痴っぽくなって「会計士になっても意味なくね?」ぐらいの意味不明な議論を持ちかけてきたりしたそうな……。 


男の嫉妬がタチが悪いのは、表立ってその嫉妬の所以を認めないこと。
ストレートに言わず、回りくどい言い方でグチグチ余計な一言攻撃をしてくるわけよ。


「デキる女」ほど要注意よ!!!
男の嫉妬に潰されるべからずよ!!!

だからと言って、プライドの欠片もなく、甘んじてヒモ生活を望むような男もクソ野郎だし。。。
「デキる女」は難しいね。。。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

若い頃の私もそうでしたけど、みんなから「いいね!」してもらえるかどうか?を異様に気にしていた時期があります。それは男選びだけじゃなくて、ファッションも趣味も何もかも。お洋服屋さんに行って、迷ったときの常套句はこれよ。「1番の売れ筋はどれですか?」自分に似 ... 続きを読む
若い頃の私もそうでしたけど、
みんなから「いいね!」してもらえるかどうか?を異様に気にしていた時期があります。

それは男選びだけじゃなくて、ファッションも趣味も何もかも。

お洋服屋さんに行って、迷ったときの常套句はこれよ。
「1番の売れ筋はどれですか?」

自分に似合うお洋服じゃなくて、1番人気があるお洋服に気を取られていたんです。
今から思えば、アホ過ぎるけど(笑)

で、他人からの目を異様に気する割りには、マーケティングは超絶不十分で、結局のところ「いいね!」はもらえてなかったっていうオチ付ですよ(;´Д`)


そうそう。
10〜20代後半ぐらいまでは異様なまでのイケメン好きだった私。

それはね、「イイ男=イケメン」だと思い込んでいたから。

しかしながら、イケメンだけど、売れないバンドマンと付き合っていたら、
周りの友人たちからめっちゃ心配されていたんだよね。
「そんなヒモみたいな人と付き合ってて、大丈夫なの?」なんつって。


で、その彼とお付き合いする少し前に直球な告白をしてくれた男気溢れる男性がいたんですね。 
しかし、私の基準は「イケメン度合い=顔の造作がいかに美しいか?」でして、その彼は私のお眼鏡に敵わなかったわけですよ。

当時、東大の医大生で、今や開業医となった彼ですが、「顔が普通だから」という理由で交際をお断りしました。

嗚呼、死ぬほどもったいない。。。(;´Д`)

タイムマシーンに乗って、18歳だったあの頃の私に会えるのなら、「君は人生の選択を間違っているよ!絶対に後悔するから、バンドマンじゃなくて、その彼の手を取っておきなさい!」と延々と説得したい、と今でも思っています。
↑完全にタラレバだけど(笑)

必死こいて再婚活をしていた頃、何度も夢にもったいないオバケが出てきたよね。
18歳の私のお眼鏡には敵わずとも、31歳の私にはあれほどのイイ男はいないでしょ?と思えるぐらい素敵な男性だったもので。
↑しかしながら、人づてで聞いた話によると、その当時、彼は既に別の人と結婚しておりました(TДT)

あんなに直球で「好きです。付き合ってください!」って無骨な告白をしてくれた人は人生後にも先にも彼だけでしたよ。
あまりの直球っぷりに感動して、少しときめいたのも事実。
しかも、実家も近所だったので、結婚してたら、家族ぐるみのお付き合いもしやすかっただろうなー。
当時はイケメンだと思えなかったけど、今見るとイケメンに見えてくるんだけどー!
↑その彼の名前をネット検索すると、開業した医院の院長のご挨拶ページで今の彼の姿が見れるんですよ。
婚活に疲れ切って、ダークネスになっていた私は思わず検索してしまったんだよね。。。完全に病み(笑)

だけど、その当時、頭によぎったのは「〇〇ちゃんの彼氏はイケメンなのに、このフツメンの彼でいいのかな?医大生だから顔は妥協した!とか言われるのが嫌だな」なんて愚かな思考に翻弄されちゃったりして。


そうそう。
脱線しまくった話を戻して……

他人の「いいね!」を気にするって、マジで不毛で、己の目を節穴にしてしまうんですね。

なぜなら、世間の価値観は多種多様でどれを選んでも不正解にも正解にもなるからです。


A子が「イケメンがいい!」って言うから、俺様イケメンと付き合ったのに、
B子に言わせれば「優しい男性が1番」って言うじゃないの! 
え?どっち?みたいな。

他人の意見に振り回されていると、どうしたって「不正解」にぶち当たってしまうんです。

そんでもって、自分の人生の選択を他人に委ねちゃってるもんだから、自分の決断に責任も取れずにグチグチ文句ばっかり言って、もっと醜い女に陥る。。。

大バカ者の18歳の私のように、本当のイイ男を取り逃がして、地雷男と付き合ってズタボロ……みたいな終焉を迎えちゃうわけよ(TДT)


迷ったときこそ、1人になって邪念を払う時間が必要よ。
「みんなに自慢できる彼氏(夫)が欲しい!」みたいな邪念は、最も幸せになれない思考回路なの。

なぜなら、「みんな」はあなたの幸せに責任を取らないだけではなく、あれこれ言いたい放題言う外野でしかないから。

みんなの「いいね!」に振り回される人生なんてクソ喰らえなのだ。
自らの「いいね!」に勝るものなどないのだから。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17