先日、Dオタ仲間のママたちとクリスマスパーティーを楽しみました(o^^o) 女の子は全員ミニーちゃんコスプレ♡ 男の子はミッキー! クリスマスケーキもミニーちゃん♡ ↑長女ちゃんにとっては実は初ケーキだったんですが(生クリーム ... 続きを読む
先日、Dオタ仲間のママたちとクリスマスパーティーを楽しみました(o^^o)

女の子は全員ミニーちゃんコスプレ♡
男の子はミッキー!

クリスマスケーキもミニーちゃん♡
↑長女ちゃんにとっては実は初ケーキだったんですが(生クリームのケーキはまだあげたことがなかったんですよ)、あまりの食いつきの良さにかなりビックリしました(^^;;笑笑

ディズニープリンセスたちのクリスマスプレゼントやゲームもあり!

BGMはミニー!オー!ミニー! or クリスマスストーリーズ(TDLの昼間のパレード)


子供たちも大はしゃぎでしたが、ママたちも大はしゃぎ〜(≧∇≦)


ここ最近はTDLが極寒過ぎて、少しインパペースが落ちてたけど(^^;;

マンションのパーティールームを全力でディズニー仕様にアレンジして、遠くからでもインパ気分を味わうことができましたー(o^^o)

尽くしまくっているのに、思うように恋がうまくいかない女性に全力で伝えたいこと。 男とは、尽くしてくれた女性よりも、自分が尽くしたいと思った女性を深く愛する生き物なのだ。もっと言うなら、男たちの愛の尺度は、彼らがどれだけの行動を起こしたか?に比例する ... 続きを読む
尽くしまくっているのに、思うように恋がうまくいかない女性に全力で伝えたいこと。

男とは、尽くしてくれた女性よりも、自分が尽くしたいと思った女性を深く愛する生き物なのだ。

もっと言うなら、
男たちの愛の尺度は、彼らがどれだけの行動を起こしたか?に比例するものであって、彼女がどれだけ尽くしてくれたか?じゃないのよ。

その彼女に声をかける勇気、その彼女を喜ばせようと試行錯誤したこと、お店探しや送り迎えなどの労力……もっと下世話な話をするなら、その彼女のために使ったお金の額。

彼らのアクションが大きければ大きいほど、
「俺はあの子が好きだから、こんなことまでしちゃってるんだ!」と、自らの行動を後付けで理由を見出すのが男。


だけど、女はその過程が逆なんですよ。
その彼が好きだからこそ、あれもこれもやってあげたい!と思って、あれこれ尽くす。

男は気持ちよりも行動が先で、女は気持ちありきで行動につながるもの。


だから、愛されたいの願うのなら、尽くす女になるのではなく、尽くしたくなる女にならなきゃならないわけ。


彼らは気持ちよりも行動が先だから、とにもかくにも行動させることが大事です。

声をかけやすいようにお膳立てする。
自分が喜ぶポイントを上手に伝える。
可愛らしく甘えて、頼る。
上手にリクエストする。
遠慮がちに欲しいものや行きたい場所を伝える。

周りを見渡してみれば、モテる女性っていうのはこの辺がめちゃくちゃ上手です。


で、
男の顔色を伺う。
男の言いなりになる。
男の都合のいいように振る舞う。

みたいな、彼に愛されたいがゆえの尽くし行動は「重い女」まっしぐらであり、結局ナメられてしまい、大切に扱われないのよ。


男は行動がすべて。
愛される女とは、男に行動を起こさせる女のこと。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 



 

婚活あるある話として、「どうでもいい人からは好かれるのに、いいなと思う人からは相手にされない問題」ってあるじゃないですか。今日はその理由を紐解いてみたいと思います。その理由は相手を目の前にしたときの「立ち振る舞い」の違いから起こってしまうんですよ。ほら? ... 続きを読む
婚活あるある話として、
「どうでもいい人からは好かれるのに、いいなと思う人からは相手にされない問題」ってあるじゃないですか。


今日はその理由を紐解いてみたいと思います。

その理由は相手を目の前にしたときの「立ち振る舞い」の違いから起こってしまうんですよ。


ほら?いいなと思っているからこそ、ついつい猫をかぶってしまったり、
「こんなこと言ったら、引かれるかな?」と思って言いたいことが言えなかったり……みたいな乙女心ってあるじゃない?

だけど、それこそが仇となるのよ。


そうそう、
男がついつい追いかけてしまうイイ女と、女が思い描くイイ女は180度ぐらい違うんですよ。

もっと言うなら、
男が語る理想の女像は机上の空論で、どれほどの理想を思い描いていたとしてもどれほどドヤ顔で理想を語っていたとしても、実際に追いかけている女は違っていることもよくある話。


男は大和撫子とか亭主関白みたいなノリに憧れを抱くこともあるようですが、
男がついつい追いかけちゃう女っていうのは、案外「都合の悪い女」だったりするし、言いたいことをほんわかズバスバ言う強気なタイプだったりします。

好きな男性には好かれよう&嫌われないようにと、自分カラーをつい押し殺して猫かぶっちゃったりするけど、
どうでもいい男性にはどうでもいいからこそ、奔放に振舞っちゃったりするじゃない?

だけど、その奔放さこそが魅力なんです。


だから、自分が好きになる男とはうまくいかないのに、どうでもいい男からは熱烈アプローチを受けたり……っていうミスマッチが起こるわけ。


何を隠そう……過去の私は耐え忍ぶ大和撫子でした。

「こんなこと言ったら、嫌われちゃうかも?」という不安に苛まれ、
好きな人の前では自身の意見をついつい押し殺したり。。。

言いたいことをオブラートに包み過ぎて、結局何が言いたいのか意味不明な女に成り下がったり。。。


だけど、自分の意見や希望を言わないだけで、自分の意見や希望がなくなるわけではなく、いくらオブラートに包んだつもりでも核心は何一つ変わらないわけよね。

で、
「本当はこうして欲しかった」とか、
「どうしてわかってもらえないんだろう?」とか。

1人で悶々と不満と恨みつらみを募らせる根暗な女……それが昔の私(笑)

さらには、我慢が限界ラインを超えると、大爆発してとてつもない攻撃力(言語力)でもって、相手の心を木っ端微塵に打ち砕いてしまう……そんなスナイパーでもあった(爆)

……もはや最悪(;´Д`)


だけどね、あるとき、気づいちゃったわけよ。

イイ女でありたくて、耐え忍ぶ大和撫子を必死で演じてきたけど、
それじゃ2番目の女 or 都合のいい女にしかなれないってことに。。。

もう完全に1人コントやらかしてたわけ(;´Д`) 


好きな人の前でこそ、イイ女を演じてどうにかして自分を好きになってもらいたいと願ってしまうけど、それ逆効果なことも多いから。

好きな人の前でこそ、堂々と自分らしさで勝負した方がうまくいく確率が上がります。

好きな人の前でこそ、脱力したまえ!!!


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 
 

誰しも大なり小なり承認欲求を抱えている。そりゃ誰だって大切な誰かに認めてもらいたい。誰かに褒められたら、嬉しい。それは自然な欲求。だけど、その承認欲求がいびつに膨らんでしまうと、人生をこじらせてしまう元凶となる。さらに、そのベクトルが恋愛方面に向くとこれ ... 続きを読む
誰しも大なり小なり承認欲求を抱えている。

そりゃ誰だって大切な誰かに認めてもらいたい。
誰かに褒められたら、嬉しい。
それは自然な欲求。

だけど、その承認欲求がいびつに膨らんでしまうと、人生をこじらせてしまう元凶となる。

さらに、そのベクトルが恋愛方面に向くとこれはもう厄介なわけで。。。


何を隠そうこの私が歪んだ承認欲求によって、とことん人生をこじらせてきた張本人だから。。。ね。

声を大にして警鐘を鳴らしたい!!!
私と同じ失敗をしないでね!と(爆)


若かりし頃の私は「イケメンしか愛せない」バカ女だった。
なんで?って、自分のコンプレックスの裏返しで。。。
↑マジでダサい(笑)

「絶世の美女に生まれていれば……」と100000回ぐらい、己の凡庸な容姿を呪ってきたんです。
で、完全にないものねだりでイケメンを欲したわけね。

だけど、少しだけ大人になった私が切に思うことは、男は中身でしょ?ってこと。
もっと付け加えるならハード(外身)は生理的に受け付けるレベルで十分で、それよりも大事なことがたくさんあるでしょうよ?ってこと。

イケメンバンドマン(ダメンズ)に恋をして、相当痛い目に遭ってわかったよ。。。
さらには、イケメン俺様モラハラ男と結婚して離婚して、学んだよ。。。

最後には、フツメン夫(現夫)との穏やかな結婚生活で確信しましたとも♡

男は顔じゃないでしょ?って。
少なくとも私にとっては。

ま、もちろんイケメンで今の夫並みにデキる男なら、最高なんでしょうけど、週3で合コン通いしてた私が悟ったことは、そんな男は絶滅危惧種並みに存在しないって現実よ(;´Д`)


若かりし頃の私は歪んだ承認欲求の塊でした。

イケメンと一緒に歩いて、周りの人々に「いいね!」って言われたいがために、顔で選んで他を妥協していたし(爆)

多少蔑ろにされても、ひどい扱いを受けたとしても、
「彼はイケメンだけど私はフツーだから、しょうがないんだ。。。」なんて我慢したことも、自分を押し殺したこともあるけど。。。

で、彼氏や夫からも「いいね!」って言われたいから、もうひっくり返りそうなほど背伸びして1人コントしてみたり、苦手なことでも無理やり好きになろうとしたりして、これまた1人コントで空回りしたりして、もう息苦しくてたまらなかった。

結果として、それじゃ幸せになれなかったんですよね。


他人からの「いいね!」を優先するばかりに、自分の「いいね!」をスルーしていたから。

それに、他人の「いいね!」をもらうために恋をしているから、世間の多種多様な価値観にがんじがらめになっていたから。

他人の「いいね!」に依存しているがゆえに、他人の何気ない一言に心がイチイチザワついたりして。


いつも何か満たされなくて、いつも何かに怯えていました。


承認欲求は人間の自然なサガだけど、承認欲求の奴隷になってしまっては、いつのまにか自滅してしまいます。


他の誰でもない自分に「いいね!」の太鼓判をおせる人生がやっぱり1番。

イケメンばかりを追いかけていた20代前半の私が今の主人を見たら、ガッカリするかもしれないけど。
↑昔の私なら、今の主人は選ばないタイプ(爆)
でも、それでもいいんです。

今の私が今の人生に満足しているからね。

誰がなんと言おうが、今の主人が最高の相手だと確信しているから♡


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 


 

実は昨日は家族で舞浜に宿泊しておりました!!! そんなこんなで2日連続でTDLを満喫(o^^o) 今日のTDLは入場規制がかかるほどの盛況っぷり!! 混んでいるときはパーク内でランチを食べるのも大変なため、ランチはホテルでいただきましたよ(^^;; TDL、 ... 続きを読む
実は昨日は家族で舞浜に宿泊しておりました!!!

そんなこんなで2日連続でTDLを満喫(o^^o)

今日のTDLは入場規制がかかるほどの盛況っぷり!!
混んでいるときはパーク内でランチを食べるのも大変なため、ランチはホテルでいただきましたよ(^^;;

TDL、めちゃ楽しいけど、体力の消耗もハンパない。

そんなこんなで今日の婚活ブログはお休み。

ディズニーお買い物レポでも♡
↑いらんわ!というヤジが飛んできそうだけど(^^;;

まずはナイトグロウのミッキーとミニー♡
こちら、セールでなんと!ミッキーミニーセットで2600円!!
おしりが磁石でくっつきます!


長女ちゃんのお弁当グッズ一式♡
↑まだまだ先ですけど、幼稚園準備?!
今、長女ちゃんが通っているスクールは給食付きなので、最近、お弁当は作っておりませんが、そのうち毎日お弁当になる日々に突入しそうです。
ミニーちゃんグッズでテンションをあげて、たまにはお弁当作りの練習でもしようかと。


元々ぬいぐるみとか一切部屋におかないタイプだった私でしたが、今やディズニー系のぬいぐるみがたんまり。

実は……若い頃ディズニーが苦手だったんですけど、今や毎週ディズニーに出没。

ちょっと前まで全く興味がなかったミニーちゃんでしたが、今や持ち物がミニーちゃんだらけ。

さらにはディズニーに体力を使い果たして、ライフワークだった婚活ブログがのんびりペースに(^^;;


……案外人って変わるものなのかもしれませんね(^^;;笑笑

どんなに極寒でも毎週のディズニー通いがやめられず、防寒グッズがどんどん増えゆく我が家ですp(^_^)q そして、先日のお買い上げ品! ノースフェイスのあったかブーツ!! ナイロン製で靴底はゴム(ラバー?)素材なので、雨にも強 ... 続きを読む
どんなに極寒でも毎週のディズニー通いがやめられず、防寒グッズがどんどん増えゆく我が家ですp(^_^)q

そして、先日のお買い上げ品!

ノースフェイスのあったかブーツ!!
ナイロン製で靴底はゴム(ラバー?)素材なので、雨にも強そうです!!

ノースフェイスの似たようなデザインのキッズ用をただいま取り寄せ中なので、長女ちゃんとお揃い予定♡


さてさて、本日もインパしておりました。

夕方ぐらいから雨予報だったので、朝早くからインパして雨雲レーダーを気にかけながら早めに撤収(^^;;
↑安定のクリスマスストーリーズ(昼間のパレード)
ミニーちゃん、可愛い〜♡
エルサとアナは安定の美しさと華麗さ♡


今日はデイジーが長女ちゃんとお散歩してくれ、さらに一緒に写真を撮ってくれました(o^^o)
↑デイジーの左側が長女ちゃん♡
デイジーと手が繋げて、ご満悦です^ ^

15時ぐらいから雨予報だったせいか、日中のパークは結構空いてて、なかなかの穴場日でした^ ^

巷でよく語れること。「男の胃袋を掴め!」的な。だけどね、私はここに異を唱えたいわけ。確かに、胃袋を掴むことでパートナーを喜ばせることもできるだろうけど。胃袋を掴む前に、男心を掴まないと、そもそも結婚できないからーーーーー!!!!!(叫)例えば、男性陣が最 ... 続きを読む
巷でよく語れること。
「男の胃袋を掴め!」的な。


だけどね、私はここに異を唱えたいわけ。

確かに、胃袋を掴むことでパートナーを喜ばせることもできるだろうけど。


胃袋を掴む前に、男心を掴まないと、そもそも結婚できないからーーーーー!!!!!(叫)


例えば、男性陣が最も好む食は「おふくろの味」だと思うんですけどね。
「おふくろの味」は大好物だけど、「おふくろみたいな老婆」に恋心は抱かないでしょう?
若い頃のおふくろに似た美人にときめくことはあったとしても。 


先日、また出た〜!と驚愕したこと。

ママ友の妹さんが絶賛婚活中らしいんですけどね。
とりあえずお料理教室に通い始め、「お料理が一通りできるようになってから、本気で婚活したい!」と意気込んでいるとのこと。

ママ友の妹さんはバリキャリ女子(女医)で、牛乳ビン底メガネがトレードマーク。
チノパンしか持っておらず、性格は超勝気なコンサバ系。。。

うわぁ〜!これ、やっちまってるパターンじゃない?と思って、丁重にアドバイスしてしまいましたがな(笑)


もちろん料理の腕はあるにこしたことはないし、できないよりはできた方がいい。
だけど、料理がプロ級だったとしても、結婚できるとは限らない。
ここ重要でしょ?

なんなら、花嫁修行は彼氏ができてからでも遅くないと思うわけ。

それよりもずっと前に、女性としての「可愛らしさ」とか「親しみやすさ」とか「素敵な笑顔」とか「女性らしい心遣い」とかがめちゃくちゃ重要なわけで。


その前に時代を感じさせる牛乳ビン底メガネ、やめましょうよ。
チノパンばかりじゃなくて、スカートやワンピース着てみたら?
男を打ち負かすのではなく、とりあえず褒めたり立てたりしてみたら?

案外男っていうのは、上っ面の「女性らしさ」にも弱い生き物だからねー(笑)


「おふくろの味」っていうのは第二段階。
第一段階をクリアできなきゃ、第二段階はないの!!! 


「上っ面」も案外大事なのよ。
その「上っ面」をクリアしてこそ、その次があるのだから。 


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17  

「玉の輿に乗りたい」 とある番組で若い女性が嘆いていた。 自力で頑張っても、今のジリ貧から抜け出せそうもない。 同年代の男は頼りない。 仕事がしんどい。 できれば辞めたい。 ……そう、絶望したとき、ついつい「玉の輿に乗りたい」と不埒 ... 続きを読む
「玉の輿に乗りたい」
とある番組で若い女性が嘆いていた。


自力で頑張っても、今のジリ貧から抜け出せそうもない。
同年代の男は頼りない。
仕事がしんどい。
できれば辞めたい。


……そう、絶望したとき、ついつい「玉の輿に乗りたい」と不埒な妄想を抱くこともあるだろう。

ちなみに、私も「玉の輿に乗って、仕事辞めたいわー」と1日3回ぐらい考えてえた時期があるもんね-_-b


だけど、格差婚って案外幸せじゃないのかも?と思ってしまうような事例をいくつも目の当たりにしてきたのも事実。


ある男友達(相当なお坊ちゃん)は、親の反対を押し切って、とても美しい妻を嫁にもらった。
親御さんはどうやら彼女の学歴や経歴が気に入らなかったらしい。
「親がなんと言おうが、僕が守るから!」と意気揚々としていたのは最初の数年のみ。

子供が生まれて、夫婦の教育方針や価値観にズレが生じた辺りから、雲行きが怪しくなってしまったらしい。

彼も彼のご両親も自分たちと同じく名門私立幼稚園や小学校へ進学させることが当たり前だと思っていたようだが、その美しい妻は違ったよう。というより、違ってしまったよう。。。

最初こそお受験に乗り気の美しい妻だった。
しかし、お受験用の名門幼児教室での人間関係(主にママ友関係)に疲弊してしまい、根をあげてしまったのだ。

名門幼児教室のママたちの多くは、自身も高学歴でハイスペだったりする。
「大学時代は何を専攻されていたの?」
「共学?女子大?」
「大学時代のサークルは?」
専門学校卒の彼女にとっては、大卒が当たり前として繰り広げられる雑談に自尊心が傷ついてしまったのだ。

そして「私は大学は出ていないけど、ガムシャラに仕事を頑張ってきた!」と全力アピールをしたり、彼女が思う子供らしさを周りに力説したところ、ママ友たちに総スカンを食らって孤立状態。
旦那様の実家が所有している土地(義理実家の近所)に、自宅を建設して住んでいるものの。
そこは都内有数の由緒正しきお屋敷街。
どちらかというと、名門幼児教室にいたようなカラーのママたちばかり。
なんなら同じお教室のママも何人もいた。
幼児教室での孤立が、ご近所での孤立にも繋がり。。。
もはや全てが嫌になってしまったようだ。

そして、「名門校じゃなくて、インターがいい!」と言い出した辺りから、お家同士の戦争が勃発。。。

親からは「ほらみたことか!」「言わんこっちゃない!」と罵倒され、妻はうつ状態。。。
彼は板挟みになって、「家に帰りたくない」と浮気を繰り返す始末。。。

「子供がいるから離婚はしないけど。。。」と語る友人の虚ろな目が印象的だった。


玉の輿に乗れば、確かに経済的には豊かな暮らしができるかもしれない。
だけど、その経済力が心まで豊かにするかどうかはその人次第。

格差があればあるほど、摩擦が生じやすいのもの。


なんだかんだ身の丈にあった相手が1番相性がいいのかも?と思う今日この頃。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 


 

恋愛や婚活がうまくいかない人の大部分が抱えている問題。ザ・「いい子ちゃんシンドローム」問題!! 周りを気遣う思いやりがあって、聞き分けのいい優等生な「いい子ちゃん」ほどこじらせちゃうのよ。なぜなら、いい子ちゃんゆえに周りの人々の気持ちを気遣って、自分の気 ... 続きを読む
恋愛や婚活がうまくいかない人の大部分が抱えている問題。

ザ・「いい子ちゃんシンドローム」問題!! 


周りを気遣う思いやりがあって、聞き分けのいい優等生な「いい子ちゃん」ほどこじらせちゃうのよ。

なぜなら、いい子ちゃんゆえに周りの人々の気持ちを気遣って、自分の気持ちを見失ってしまうから。

自分の気持ちを見失ってしまうと、周り人々の顔色を伺うようになってしまいます。

例えば、
思っていることや本音を押し殺してしまうがゆえに、何考えているのか分からない人扱いされてみたり。
いい子なんだけど、全く印象に残らなかったり。
自分の思いに自信がないから、親に認めてもらえる人がいい!とか、女友達に自慢できる結婚がしたい的なノリになったり。

そうすると、もっともっと自分を見失っていくことになる。

自分を見失うと、どんどん自信喪失していって、とことん周りに振り回されて。。。

それが負のスパイラルを生んでしまい、もはや泥沼。。。


自分の人生なんだから、自分の幸せのことだけを考えなきゃいかんのよ。

自己主張も時には必要。

他人を気遣ってる場合でも、振り回されてる場合じゃないの。

他人はあなたの人生の責任なんかとってくれないんだから。


そんな事実に自分で気づくことがとても大切なこと。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

 

毎週ディズニーに通っている我が家にとって、冬の防寒対策は欠かせません(´ー`) で、最近の私がどうしても欲しくて探し回っていたダウンがこちら↓ カナダグースのマッケンジー、日本サイズライン、ネイビー ... 続きを読む
毎週ディズニーに通っている我が家にとって、冬の防寒対策は欠かせません(´ー`)

で、最近の私がどうしても欲しくて探し回っていたダウンがこちら↓
カナダグースのマッケンジー、日本サイズライン、ネイビー

こちらマイナス20度まで耐えられるダウンらしく、オーロラを見に行ったりもできるそう。

生地がかなりしっかりしていてなんというか雪国向け。

で、マッケンジーは着ると、かなり細身にできていてスタイリッシュに着れるところも◎
↑こちらのネイビーのSとかXXSならまだ在庫があるようなんですが、寸胴体型の私には無理(爆)

ボリュームたっぷりのコヨーテファーで小顔効果を狙い(爆)

ネイビーに映える赤のワンポイント(ロゴマーク)もお気に入り♡


カナダという国は労働基準法がかなり厳しくて、どんなに商品が売れまくっていても職人さんの残業は不可なんだとか。

そして、カナダグースは熟練の職人さんが縫製しているようで、人を採用しても即戦力にはならず……といった具合で、必要な分の入荷が全然間に合っていないそうです。

昨年に至っては、生産が遅れまくって、三越では2月入荷だったとか(>_<)
追加生産などは行っておらず、入荷は1年に1回のみ。


人気商品につきお取り置きや予約をしておらず、入荷日を連絡するのみで早い者勝ち。

本気で欲しかったら、9月とか10月にはゲットしていないと、手に入らない代物だったようです。

そいで、こちらのネイビーMは1番の売れ筋で発売日にほとんどはけてしまったそう。


9月とか10月にはまだまだダウンなんてノーマークだったもんなー。

そんで、私みたいに去年買えなかった人が今年分を早めにゲットしている模様。


私は完全にアウトなパターンだったわけですが、執念でゲットできてよかったわー(≧∇≦)

これを着て張り切ってディズニーランドにお出かけしたいと思います!