娘たちに何気なく「かわいいね♡」と1日100回ぐらい褒め称えていたら…… 長女ちゃん(2歳)が自分の写真を見て、 「〇〇ちゃん(自分の名前)、かわいいね!!」 と、自分で自分を褒め称えるようになりました(笑) それもかわいい〜〜♡♡♡ ↑親バカ(笑) ... 続きを読む
娘たちに何気なく「かわいいね♡」と1日100回ぐらい褒め称えていたら……

長女ちゃん(2歳)が自分の写真を見て、
「〇〇ちゃん(自分の名前)、かわいいね!!」
と、自分で自分を褒め称えるようになりました(笑)

それもかわいい〜〜♡♡♡
↑親バカ(笑)

誰に認めてもらうでもなく、
自分で自分のことを認めることが何よりも大切なこと。

このまま素直に可愛らしく育ってくれるといいな♡


学業に秀でた方がいいだろうと、必死こいて学ぶことの楽しさも教えておりますが。

女は教養よりも愛嬌なんだよね。

よくよく周りを見渡してみれば、
賢くて仕事もできるけど、なかなかご縁に恵まれない女性もいる中で、
愛嬌のある女性はもれなくみんな幸せになっているもの。

本気の恋に走れば、自分のペースは当然乱される。結婚生活だって、相手があるもの。100%価値観完全一致なんてことはあり得ないから、そりゃ自分のペースだけで爆進などできるはずもない。だけど、小利口になってしまった大人ほど、自分のペースを遵守したい。自分のペー ... 続きを読む
本気の恋に走れば、自分のペースは当然乱される。

結婚生活だって、相手があるもの。
100%価値観完全一致なんてことはあり得ないから、
そりゃ自分のペースだけで爆進などできるはずもない。


だけど、小利口になってしまった大人ほど、自分のペースを遵守したい。
自分のペースを乱されない相手を選びたいと願ってしまうのよね。


なんていうの?

「キャリアに傷をつけたくない」だとか、
「自分の時間が欲しい」だとか、
「今の生活レベルを落としたくない」だとか、
「相手に翻弄されてモヤモヤするのが嫌」だとか、
「相手のちょっとしたことにザワついてしまう」だとか。


耳年増になって、あれやこれやと現実を想像できてしまうからこそ、注文の多い女になる。

100歩譲って注文が多いのはいいとしても、
じゃあ「そんなあなたは相手にどんなメリットを提供できるんですか?」と突っ込まれたら、思わず閉口してしまうことも多いわけで(;´Д`) 


小利口になろうとも、
結局、自分のペースは乱されるものなんです。

だって、そうでしょ?
相手のことを本気で好きになったら、「私のこと、どう思っているのかな?」なんて一抹の不安が過ぎて当然なのよ。

結婚相手とはいえ、元は赤の他人なんだから、それに男と女で脳みその構造すら違うんだから、ぴっちり同じ歩幅で歩けるはずもない。

それこそ出産してみたら、自分のペースなんてあってないようなもの。


だったら、そもそも乱されるペースを楽しむ覚悟を決めればいい。 


自分のペースを死守しようとする者ほど、婚期は遅れるし、家庭不和を招きやすい。

ちょっとぐらい諦めて、相手のペースに歩み寄れる者は、さっさと良き伴侶を見つけるし、なんだかんだ円満な家庭を築き上げていくもの。


乱れまくる己のペースを笑い(ネタ)に変えていければ、
どんな人生も楽しくなるはず。


本日、長女ちゃんを一時保育に預けていたんですが、土砂降りに見舞われ、私のペース(計画)は乱れまくりでした(´Д⊂)

天気予報ではくもりだったのにー(;´Д`)
思いっきり土砂降り(/TДT)/

お天気模様も私のペースを乱してくれます。

しかし、これもネタだと思えば、なんだか笑けてくる(笑)

自分のペースなんて守れるわけないからー!
と諦めた方が人生楽チンに生きられます。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

近所のドラッグストアで見つけて、思わずテンションが上がったもの↓ 普段、愛用しているDHCのリップクリーム、キティちゃんバージョン♡ 私ももういいお年頃(アラフォー)ですがキティちゃんは永遠のアイドルです♡ とりあ ... 続きを読む
近所のドラッグストアで見つけて、思わずテンションが上がったもの↓

普段、愛用しているDHCのリップクリーム、キティちゃんバージョン♡

私ももういいお年頃(アラフォー)ですがキティちゃんは永遠のアイドルです♡

とりあえず3本ほど、ストックを買ってみましたが、あと10本ぐらい追加購入しておこうかしら?なんてね(笑)

最近の大ヒット商品です!!

人はいつだってないものねだり。ついつい自分にはないものに憧れるものなのよね。そんなこんなで私も今まで散々「ないものねだり」に翻弄されてきたものだ。それは恋愛でも婚活でも。ちなみに、中学生時代、結構な優等生だった私。今では想像もつかないけど、これでも図書室 ... 続きを読む
人はいつだってないものねだり。
ついつい自分にはないものに憧れるものなのよね。

そんなこんなで私も今まで散々「ないものねだり」に翻弄されてきたものだ。
それは恋愛でも婚活でも。


ちなみに、中学生時代、結構な優等生だった私。
今では想像もつかないけど、これでも図書室の片隅で1人黙々と読書や自習をするような大人しいガリ勉少女だったんですよ。

あの頃、密かに憧れていたのはヤンキーの卒業生(先輩)
派手なバイクを乗り回している先輩を指をくわえて眺めていたもの♡(笑)
↑憧れていても、声をかける勇気はゼロ(;´Д`) 


大学生になって上京したばかりの頃、モーレツに憧れたのは夢追い人。
紆余曲折を経て、初めてできた彼氏はストリートミュージシャン。
コンビニの深夜バイトやらゲームセンターのバイトやらを掛け持ちして、バイト代は楽器やスタジオ代、自主制作のCDの製作費用なんかに消えていって、食べていくにも困るような人だったけど。。。
キラキラした瞳で夢を語る彼に、小さなライブハウスでスポットライトを浴びる彼に、憧れていたものだ(遠い目)


社会人になって自由奔放なミュージシャンの彼氏と破局した後は、元彼とは真逆の堅実な男性との結婚に憧れた。
ちなみに、ミュージシャンの彼氏はメジャーデビューを果たし、音楽で生計を立てられるようになっていたけど、いつも将来不安と戦っていて。。。


若い頃の私の人生は、いつだって「ないものねだり」が次の1歩のきっかけになったものでした。


だけど、少しだけ大人になった今、思うこと。

「ないものねだり」よりも、
今持っているもの、現状に感謝する気持ちが穏やかな幸せを育む秘訣なのかな、と。


たぶん元ヤンと結婚しても、ミュージシャンの妻になっても、堅実な男性と結婚したとしても、幸せになれる人は幸せになれるし、誰と結婚しても不平不満を呟きながら生きる人はいる。

その違いは、今あるものから幸せを見出す力があるかどうか。

「ないものねだり」ばかりしてると、マジで人生辛くなる(;´Д`)
だって、どこに行っても誰と結婚しても、上には上がいるんだから。


「ないものねだり」は若気の至り。
だけど、そんな若気の至りがあったからこそ、気づくことができたこともある。

人生に無駄は1つもなし。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

私、少女時代はクソがつくほど真面目で、全く面白みのない優等生でしたけど。 実はちょっとした校則違反が楽しくてしょうがなかったんだよね(笑) 例えば、髪を結うゴムは黒って決まってたけど、さりげなくネイビーとか茶色のゴムでしばってみるとか。 ... 続きを読む
私、少女時代はクソがつくほど真面目で、全く面白みのない優等生でしたけど。

実はちょっとした校則違反が楽しくてしょうがなかったんだよね(笑)


例えば、髪を結うゴムは黒って決まってたけど、さりげなくネイビーとか茶色のゴムでしばってみるとか。

スカートの丈は膝下って決まってたけど、ウエストの部分を折り返して少しだけ短くしてみるとか。

学校の敷地を出たら、ルーズソックスに履き替えてみるとか。
↑年齢がバレる(笑)


今にして思うと、小ちゃいな〜って感じだけど、あの頃はそれだけでスリル満点だった。


そんなこんなで、長女にもちょっとしたスリルを。

ママの永遠のアイドルキティちゃんの上履きを衝動買いしてしまいましたo(^o^)o


長女ちゃんは幼児教室に2箇所通っているのですが、
1つは真っ白な上履きを用意するよう指定されてるけど。

もう1つは上履きの色等の指定はなく自由なので、そちらでは可愛い上履きを履かせてみよう(≧∀≦)
とはいえ、なんだなんだ真っ白な上履きを履いている子が多いけどf^_^;

プチスリル(笑)

大人になってもやってることが変わりませんf^_^;

「私にバレなければ、浮気してもいいよ!」なんて大人の女の余裕をぶっこくこともできるけれど。。。どうせなら浮気なんかしないでほしいものだ。で、今日はあえなく浮気されてしまう女の特徴を2つほど。①選ぶ男が悪い実は、99%の男には「あわよくば願望」がある。これ ... 続きを読む
「私にバレなければ、浮気してもいいよ!」
なんて大人の女の余裕をぶっこくこともできるけれど。。。

どうせなら浮気なんかしないでほしいものだ。


で、今日はあえなく浮気されてしまう女の特徴を2つほど。


①選ぶ男が悪い

実は、99%の男には「あわよくば願望」がある。
これは「DNAが種を撒き散らしたい!」と叫んでいるのだから、致し方ない(;´Д`)
↑ひろん調べ

ただし、願望があるのと、実際に行動に移すか否かは別問題。 
まともな男には理性も倫理観もあるから、寸前のところで思いとどまるものなんですよ。 

だけど、世の中には「浮気性」という病を患っている男もいる。
または、「酒に酔ったら、後先を考えられない」という理性が欠如している男もいる。

そういう男はね、女性側がどんなに浮気防止策を講じたところで、一瞬の隙を狙って浮気しちゃうのよ。

よっぽど痛い目にでも逢うか、加齢により欲を失うかでもしない限り、浮気癖は治らないものなのだ。

浮気性の男って案外魅力的に見えたりするし、実際問題チャラ男の方が一緒にお酒を飲んだら楽しい場合もあるけど。

そういう男を選ばないことも大事なこと。 


②男にナメられていること

究極の話、ナメられているから、浮気されるんですよ。

「浮気をしても、コイツなら許してくれるだろう」とか、
「浮気がバレたら、別れればいいや〜」等々。

絶対に失いたくない女であり、絶対に浮気は許されないと理解していれば、浮気などできません。

ちなみに、我が家のケース。
「浮気をした場合は、ソッコーで最強弁護団を雇って、あなたと浮気相手の女性に内容証明郵便または訴状が届くことになるでしょう。」と笑顔で警告し、
「身ぐるみ剥がして、一文無し状態で捨ててやる!」と脅しております(笑)

我が主人は私なら本気でやりかねないと思っているらしく、マジでビビっているので、今のところ浮気の心配はなさそう(′∀`)


唯一無二の絶対に失いたくない女でいられるよう、人間力を磨くこと。

「浮気は絶対にダメ!」と毅然とした態度を貫くこと。

間違っても「バレなければ、浮気してもいいよ!」なんて嘘八百並べちゃダメなのよ。
アホな男は真に受けて「バレなきゃいいんだ(´∀`*)」なんてノリノリで浮気するから。
そんでもって、そういうアホな男に限って、ツメが甘いから結局バレるんだよね(ノ`Д´)ノ


恋人になっても夫婦になっても、日々精進ですな!



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

私の子供服の節約術!! 最終売り尽くし時に、最安値で来年用の1サイズ上のお洋服をお買い上げすることo(^o^)o 来年用のお洋服を買うメリットのもう1つはお友達とカブらないこと。 例えば、GAPベビーなど流行ってる&プチプラお洋服だと、 ... 続きを読む
私の子供服の節約術!!

最終売り尽くし時に、最安値で来年用の1サイズ上のお洋服をお買い上げすることo(^o^)o


来年用のお洋服を買うメリットのもう1つはお友達とカブらないこと。

例えば、GAPベビーなど流行ってる&プチプラお洋服だと、新作を着るとお友達とカブりまくりですが、1年前のものならほとんどカブりません。


そんなこんなで先日も来年用のお洋服のお揃いコーデ(長女100センチ、次女80センチ)をお買い上げ!
↑上はGAPベビーのロンT、下はホットビスケッツ(ミキハウス)のハーフパンツです^_^


いつの間にかセール価格かアウトレット価格じゃないと、買わない大人になりました。
↑貧乏性です(笑)

女子SPAさまから取材を受けまして、第4弾が公開されました!結婚生活にはある程度の経済力は必須!せめて私以上は必須!と考えていた私、そりゃ必死こいて頭使って戦略を練りましたとも(笑)その戦略が功をなして「今」があります(′∀`)記事はこちら★LINEで更新通知を ... 続きを読む
女子SPAさまから取材を受けまして、
第4弾が公開されました!

結婚生活にはある程度の経済力は必須!せめて私以上は必須!と考えていた私、
そりゃ必死こいて頭使って戦略を練りましたとも(笑)

その戦略が功をなして「今」があります(′∀`)

記事はこちら


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17

今は絶賛子育て中&授乳中につき、あんまりワンピースを着なくなってしまったけど。 やっぱりワンピースが好きなのだ♡ 幼児教室(娘の習い事や行事)でも着れるかな?と思って、ネイビーを買ってみました。 ダイアン ... 続きを読む
今は絶賛子育て中&授乳中につき、あんまりワンピースを着なくなってしまったけど。

やっぱりワンピースが好きなのだ♡


幼児教室(娘の習い事や行事)でも着れるかな?と思って、ネイビーを買ってみました。

ダイアンのワンピは割りかし胸元が大胆にあいているけれども、なぜかセクシーになり過ぎないところが◎

ちなみに、セールでお安くゲットできましたo(^o^)o

恋はするもんじゃなくて、落ちるものだなんてよく言うけれど。大概の恋は、「勘違い」から始まるものなんですよ。(注)ひろん調べ なんとなく「いいな!」と思い始めたら、いろいろ想像(妄想)するわけじゃない?「きっと彼は〇〇な人に違いない!」とか、「こないだ〇〇 ... 続きを読む
恋はするもんじゃなくて、落ちるものだなんてよく言うけれど。

大概の恋は、
「勘違い」から始まるものなんですよ。
(注)ひろん調べ 


なんとなく「いいな!」と思い始めたら、いろいろ想像(妄想)するわけじゃない?

「きっと彼は〇〇な人に違いない!」とか、

「こないだ〇〇って言ってたのは、△△だからだろう」とか、

「誠実な人そうだな!」とか、

どちらかと言うとプラスの方向で、美化しまくっちゃったりして。


そして、いつの間にかもっと好きになっていて、
今度は恋煩いに伴い「私のこと、どう思ってるんだろう?」みたいな不安に襲われたりもして。


だけどね、残念ながらこの時点で感じている愛っていうのは、ほぼほぼ勘違いで間違いない。
結婚して3年ぐらい経ったら、あらゆる勘違いに気づき始めるから(笑)


私が思うに、
本物の愛っていうのは、この勘違いに気づいてからが勝負だと思うわけですよ。


なぜなら、
愛とは「決意」によって守られるものだから。


「この人と一生添い遂げよう」
「どんなことがあっても2人で乗り越えていこう」
そう決意することが結婚だと思うんですよね。


だから、例えば淡い恋心を抱いていた頃に彼がキラキラ王子様に見えたとして、それがただの勘違いだったと気づいたとしても、そこに愛(=決意)があるからこそ、ずっと手を繋いでいられるんです。

で、ずっと一緒にいる時間を積み重ね続けているからこそ、いつの間にかそこに穏やかな愛が生まれている。


恋人時代は、お互いに2〜3枚ぐらい猫かぶって、ついついかっこつけちゃったりもするけど、
これが何十年と続く結婚生活になったら、猫かぶり続けられないわけですよ。現実問題。

ついつい油断して、口開けたままひどい顔で居眠りもしちゃうし、だらしなく靴下をその辺にポイポイ脱ぎ捨てちゃうこともあるし、産後太りのままダイエットがままならないことだってあるわけ。
だって、人間だもの(by相田みつを)


愚かな人間の素晴らしいところは、
勘違いから始まっても、一生涯の決断ができてしまうところなのだ。

そこに愛を育むことだってできる。

そして、心に決めているからこそ、愛を守ることができる。


恋とは「勘違い」で始まって、愛とは「決意」により守られるもの♡


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17