男性が気になる女性とデートしているとき、1番気にすること。ズバリ!相手の機嫌なんですよ。乙女的にはさ、デートに何を着て行こうかな?とか、髪型やメイクはこれでいいかな?とか、自分のことを気にしまくってしまうじゃないですか。私も何を着ていくか?死ぬほど悩み過 ... 続きを読む
男性が気になる女性とデートしているとき、
1番気にすること。

ズバリ!
相手の機嫌なんですよ。


乙女的にはさ、デートに何を着て行こうかな?とか、髪型やメイクはこれでいいかな?とか、自分のことを気にしまくってしまうじゃないですか。

私も何を着ていくか?死ぬほど悩み過ぎたせいで、軽く遅刻しそうになって、ベッドの上を洋服で散乱させたまま、慌てて家を出たことが何度あったことか。。。


そんな乙女の苦悩なんていざ知らず。。。
多くの男性は、女性のファッションにそれほど興味がありません(;´Д`)笑 

私の周りにアンケート調査したところ、
昨日の彼女が何を着ていたか?思い出せないぐらい、興味がないんだそう。

それどころか、覚えていることがあるとすれば、
「胸が見えそう」とか、「スカートが短い」とか、「生足」だったとか、エロスに繋がる要素だけなんだとか。。。 


そうそう。
話を戻して、男性たちが最も気にしていることは、
デート相手の機嫌なんです。

「何を着ていたか?」じゃなくて、
「彼女がどれだけ楽しんでくれたか?」が気にしているポイントなんです。


だから、どんなに可愛らしいお洋服を身にまとうよりも、全力で楽しんでたくさん笑顔を振りまくことがモテる秘訣って話。

そんなのわかっていても、デートに着ていく服はめちゃ気にするけどね(笑)

しかし、それ以上に大事なことは「私、楽しいですよ!」ってことを全力で伝えることですわよ!


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26 

今日は男と女のスレ違いシリーズ〜。女子がアピりたい話と、男に刺さる展開にはギャップがあるよねって話。私の失敗談でいうと……「趣味はお花です〜。ディプロマ(講師資格)を取得しまして…云々かんぬん。お花のある生活って…かくかくしかじか」なんてサラリと趣味の話 ... 続きを読む
今日は男と女のスレ違いシリーズ〜。

女子がアピりたい話と、男に刺さる展開にはギャップがあるよねって話。


私の失敗談でいうと……

「趣味はお花です〜。ディプロマ(講師資格)を取得しまして…云々かんぬん。
お花のある生活って…かくかくしかじか」

なんてサラリと趣味の話をしたら、女子っぽくてモテるんじゃないか?
という浅過ぎる目論見があったんですけど。。。

まぁ、見事にスルーされて終わったよね(((( ;゚д゚)))

ディプロマとるのに100万ぐらいかけたのに……
一切モテに寄与するところはなく……
むしろ、え?その話、まだ続くの?ぐらいに煙たがられる始末……チーンΣ(゚д゚;) 


そうそう。
人は誰かに好意を抱くと、自分のことを知ってもらいたくなる性分です。
で、なんならちょっとぐらい背伸びした自分をアピールして、あわよくば好きになってもらいたいと願うんだよね。

そして、女子ウケする話と男子ウケする話の違いがわかっていないと、私のような大失敗をぶっこいてしまうことになります(((( ;゚д゚))) 

残念な話ですが、花のある生活してたところでそれだけじゃモテませんー(TДT)


人は自分の話を親身に聞いてくれた人に好意を抱くものなんです。

つまり、相手を落とすために必要なことは、自分をアピールすることではなく、とりあえずは相手に気持ちよくしゃべらせること。


<人が誰かを好きになるステップ>
①気持ちよくしゃべる
②この人は自分のことをわかってくれる気がする 
③一緒にいると、楽しい!落ち着く! 
④好きかも♡
⑤相手のことを知りたくなる


自分の話をしたければ、⑤の段階が適切って話ですわ。
⑤の段階なら、男たちはいくらでも話を聞きたがるわよ。

でも、①の段階で自分が気持ちよくしゃべり過ぎると、その後の展開をないものにしてしまう。。。


初対面で一生懸命、花の話をしていた当時の私が滑稽過ぎて、泣けてきます(笑)


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26
 

日経doorsさまにて記事を書かせていただきました!遠距離恋愛って、難しいのよね〜。で、33歳ってのも絶妙なお年頃よね〜。そんな読者さまのお悩み相談にズバッとお答えをしてみました。全文はこちらから※記事を読んでいただくには、日経doorsへの無料会員登録が必要とな ... 続きを読む
日経doorsさまにて記事を書かせていただきました!

遠距離恋愛って、難しいのよね〜。
で、33歳ってのも絶妙なお年頃よね〜。

そんな読者さまのお悩み相談にズバッとお答えをしてみました。

全文はこちらから
※記事を読んでいただくには、
日経doorsへの無料会員登録が必要となります。
※日経doorsでは読者さまのお悩みを募集しております。
記事最後のリンク先フォームからお悩みをお送りください。
FullSizeRender



 

恋愛マニュアルによく書かれていること。聞き上手になれ!相手の話にコンコンと頷き、とにかくオウム返ししとけ!みたいなヤツ。私の持論でも、確かに聞き上手な女性はモテます。人は自分の話を聞いてくれた人を信頼し、好意を寄せるようになるからね。だけどさ、オウム返し ... 続きを読む
恋愛マニュアルによく書かれていること。

聞き上手になれ!
相手の話にコンコンと頷き、とにかくオウム返ししとけ!
みたいなヤツ。


私の持論でも、確かに聞き上手な女性はモテます。
人は自分の話を聞いてくれた人を信頼し、好意を寄せるようになるからね。

だけどさ、オウム返しも機械的にやってしまうと、ただの気持ち悪い人になっちゃうんだよね(((( ;゚д゚))) 

何を言っても、
「そうですね!」って返ってきたら、もはやロボットと喋っていても同じなわけでしょ?

そこにさ、とにかく相手に気に入られたくて…みたいな妙な下心と不自然な笑顔が入り混じっちゃったりしたら、マジでキモいだけなのよ。。。


でも、「オウム返し、オウム返し……」と心の中でマニュアルを唱えていると、その気持ち悪いコミュニケーションをやらかしてしまうわけ。。。


私の過去の大失敗。
とにかく条件がいい男性と出会ったものの、全く会話が盛り上がらず。。。
というより、相手の話がクソつまらなかったんですわ。
聞き上手に徹するべく、質問をポンポン投入れたりするものの、相手の話がとにかくつまらん。。。

で、私の中で「とにかくオウム返し」スイッチが入っちゃったわけ。
「そうですね」「そうですよね」みたいな返答を連発。 

ま、結果は言わずもがな。
2度と連絡がくることはありませんでしたとも。

たぶんあの日の私は最高にキモかったに違いない(;´Д`)


婚活ってさ、これ系の終焉、意外と多くない?
とりあえず2人で会ってみたけど、盛り上がらなかったり、違和感感じたりで、フェードアウト系。 

で、これが10回20回30回って続いていくと、婚活疲れに陥る(;´Д`) 


となると、マニュアルに頼って、自分の心のスイッチを切ってしまいたくなることもあるけど。。。

だけどさ、マニュアルの使い方って非常に難しくて。。。
20代の美女がやるのと、アラフォーオトナ女子が同じことやってはダメだし、お相手の男性によっても使い方を臨機応変に変えてかないと通用しないのよね。。。

だから、マニュアルを参考にはしても溺れてはいけない。

自らの失敗からそんなことを学びました。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26 

Reneのおリボンシュシュをお買い上げしました(o^^o)春夏っぽさが◎↑このさりげないクリアビジューも可愛い♡で、購入したとき、超美人な店員さんがこのおリボンシュシュをしていて、可愛いなーと思ったことが購入の決め手だったんですが。。。あの美人で華奢な店員さん(20 ... 続きを読む
Reneのおリボンシュシュをお買い上げしました(o^^o)
IMG_3734

春夏っぽさが◎

IMG_3735
↑このさりげないクリアビジューも可愛い♡


で、購入したとき、超美人な店員さんがこのおリボンシュシュをしていて、可愛いなーと思ったことが購入の決め手だったんですが。。。

あの美人で華奢な店員さん(20代っぽい)がするのと、アラフォー枯れ気味の私がするのではなんか違うんですけどー(笑)

まぁそれでもこのおリボンシュシュは可愛いけどさf^_^;
ブツブツ……。

2人の娘の育児に追われる日々の私、めっきりハーフアップ巻き髪スタイル(婚活してた頃のテッパンの髪型)はしなくなりました。

利便性をとって、まとめ髪ばかりですf^_^;

今、婚活市場に放り出されたら、いろんな意味でマジで無理だわ、ワタシ(;´Д`A

ヤバイわ、もしかしたら今の主人の方が市場価値高くない?

なんてふと思うこともあるからこそ、この案件(主人とこの平穏な生活)を手放すわけにはいかんのだ!かごの鳥(結婚)生活、最高やないかい!と改めて思いまして、少しは主人を大切にしとかなきゃなーと思うのです(笑)

……まさかのこのリボンシュシュがきっかけで。

なんて言いながら、お風呂あがりに「肩もみしてー!」とこき使ったり、「次女ちゃんがお菓子こぼしたから、掃除機かけといて!」とこき使いまくりですけれども(笑)

時々「あなたのために言っている」と前置きした上で、辛辣な意見をぶつけてくる人がいる。婚活界でありがちなのは……「まだ結婚は先でいい」と思っている独身女子に、子持ち既婚女子が「早く子供産んだ方がいい。行き遅れたら、大変よ!」とか言い出すアレですよ(;´Д`) ... 続きを読む
時々「あなたのために言っている」と前置きした上で、辛辣な意見をぶつけてくる人がいる。

婚活界でありがちなのは……
「まだ結婚は先でいい」と思っている独身女子に、子持ち既婚女子が「早く子供産んだ方がいい。行き遅れたら、大変よ!」とか言い出すアレですよ(;´Д`)

ま、私もそうですけど、
自分が選んだ道が本当の本当に正しいのか?と問われたら、
若干の迷いがあって、「〇〇の方がよかったのかな?」とふと考えてしまうこともあるわけよ。

だけど、例えどんな道を選んだとしても、その決意を正解にするように生きていくことが幸せの秘訣だとも思っています。

ただし、私の正解が他人の正解ではないことは十二分に理解すべき!とも思っていて。

だから、「あなたのために言っている」なんて善人ぶって、自分が選んだ道を正当化して他人に価値観を押し付けるようなことはしたくないな、と常々考えておりますとも。


まぁ、でもさ……
自分の娘たちには「あなたたちに恵まれて、本当に幸せな人生だった。だから、子供がいた方がいいんじゃない?それには適齢期で結婚を!あなたのために言っている!」
なんて言い出す毒親になりそうで、自分が怖いんですわ(笑)

親から「結婚は?」って聞かれるのって、すんごいウザいじゃない?

その点、うちの親は離婚したときですら「あなたが選んだ道ならしょうがない」と言ってくれて、神だと思っていたんだけど……

そこには裏がありまして……

「結婚は?」「子供は?」なんて聞いたら、あなたは腐っちゃいそうじゃない?
「できれば孫の顔は見たい」っていうのが本音だけど、そこはグッと我慢して、言わないでおいたのよ〜。
「あなたがへそを曲げちゃったら、大変だから」と母からの後日談(;´Д`)

そんな後日談を聞いて思ったことは、
私も20年後ぐらいには一枚上手な大人になっていたいな、ってこと(笑)

うん、私も孫の顔が見たい。
↑完全に親のエゴ。

そういう展開になるように、コツコツ洗脳しとくかね〜なんて目論んでしまう私はやっぱり毒親なのかもしれん(笑)


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26
 

「1度でいいから、モテてみたい」そんなことを考える人は多いと思う。ちなみに、私は1度とは言わず1000回ぐらい「モテたい」と切実に願って、恋愛本や婚活本を2000冊ぐらい読破してしまった変態です(笑)だけど、大人になって気づいたんだよ。モテる人ほど、恋の ... 続きを読む
「1度でいいから、モテてみたい」
そんなことを考える人は多いと思う。

ちなみに、私は1度とは言わず1000回ぐらい「モテたい」と切実に願って、恋愛本や婚活本を2000冊ぐらい読破してしまった変態です(笑)


だけど、大人になって気づいたんだよ。
モテる人ほど、恋の挫折をたくさん経験しているんだな……ってことに。 

というのもですね、
モテるっていうのは、大勢の異性からオファー(アプローチ)を受けるってことじゃないですか。

するとね、明らかに自分とは相性の合わない相手からもアプローチを受けまくっちゃうわけよ。
相性合わないとかじゃなく、すんごい雑魚キャラとかもわんさかよってきて、面倒臭い経験もたくさんあるかもしれない。


お前の話はどうでもええ…と石が飛んできそうですけど(;´Д`) 

例えば、私はタバコを吸う男性が超絶苦手です。
もともと喘息持ちな体質であることもあって、副流煙が死ぬほど嫌なの。

だけど、仮に私がモテる女だったら、アプローチしてくる一定数の男性は愛煙家になると思うんよね。

でさ、若く未熟な頃は、「タバコ、絶対にダメ」と突っぱねる勇気がないわけよね。
さらに、タバコ吸うところは嫌だけど、それ以外の部分でめっちゃいいところがある人もたくさんいるわけじゃないですか。

タバコ吸ってるけど、イケメンとか。
ニコチン中毒だけど、すっごい面白いとか。
愛煙家だけど、愛妻家とか。

すると、タバコが死ぬほど嫌いでも、相手のアプローチを受けてしまうとですよ。

で、やっぱり挫折するんです。
私の場合、喘息の発作なんかを度々起こして。。。
好きだけど、無理な人もいるだわ(;´Д`Aなんて。
↑妄想(笑)


そうそう。
モテまくる人っていうのは、いつの間にか無意識に「受け身」体制になりがちなんだよね。

自分からハンティングしなくても、向こうからガンガンくるわけだから。
で、そこは人間ですから、ガンガン来られたら、なびいちゃう部分もあると思うんだ。

するとね、「自分で考える」という意識が薄れてしまうこともあると思います。


私なんかはさ、策略を練らなければ、1ミクロンもモテないもんで(((( ;゚д゚)))

〇〇な人にモテたいから、カクカクシカジカ……
といった具合に、ターゲットを定めて、自己ブランディングを確立させていたわけ。

だから、ターゲットではない人からはこれまた1ミクロンもモテないんですわ。
なんなら相手からドン引きされるぐらいにモテませんでしたよ。
それはもう悲しいぐらいに。

そんなわけで、ターゲットを落とせない挫折は幾度も経験しましたけど、流されていつの間にか挫折しちゃってたみたいな展開はほとんどないわ。


あぁ、モテない人生でよかったわー(負け惜しみ200%、笑)


「モテない」と凹む人もたくさんいるかもしれない。
だけど、何事も良し悪しあるんだよね。

少なくともモテる人の方が恋愛では挫折の経験が多い可能性もあるし、
モテないからこそ何かと奮起して、理想の旦那様を捕まえている既婚者もたくさんいるよ。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26
 

かっこいい大人女子でありたいと願う女性は、「重い女」と思われたくなくて、痩せ我慢をしてしまったり、言いたいことが言えなかったり、時には背伸びをしてしまうこともあるかもしれない。ちなみに、見栄っ張りでカッコつけな私は、痩せ我慢、言いたいこと言えない、背伸び ... 続きを読む
かっこいい大人女子でありたいと願う女性は、「重い女」と思われたくなくて、痩せ我慢をしてしまったり、言いたいことが言えなかったり、時には背伸びをしてしまうこともあるかもしれない。

ちなみに、見栄っ張りでカッコつけな私は、痩せ我慢、言いたいこと言えない、背伸び……すべて経験がありますとも(((( ;゚д゚)))
もはや滑稽な喜劇レベルで(笑)


でもさ、その「重い女」の基準ってさ、男性によってマチマチなんだよね。

Aくんには「重い女」と映っても、Bくんには「かわいい女」と捉えられる場合もあるんです。


なので、今日は「重い女」の基準について考察してみたいと思います。

男性陣が「重い女」と感じるのは、
自分のキャパを超えて、何かを期待されたり、要望されたときなんですよ。

でね、人によってキャパって違うわけじゃない?
だから、人によって「重い女」の基準も、その理由も違うっていうカラクリですわよ。


例えば、婚活女子あるあるお悩みで、「結婚したい」という意思を伝えたら重いのか?ってのがあると思うんだけど。

「もうそろそろ結婚かな」
「次に付き合う人とは結婚を前提としたい」
と考えている男性にとっては、「結婚したい!」という女子の気持ちが重さにはなりません。

ま、自分のタイプではない女性から「結婚したい!」と言われると、結婚願望がある男性でも重いって感じるけどね(((( ;゚д゚))) 


「結婚、結婚って言われて、重くて無理…」みたいな感じでフラれてしまう女性がいるけど、それがなんで重いか?って、彼氏が「結婚はもうちょっと先でいい」と思っているからなんだよね。
「今はまだ無理。もう少し自由でいたい。」と思っている男性にとって、彼女の結婚願望は死ぬほど重いんだよ。
だって、その期待には応えられない(応えたくない)んだから。 


というわけで、「重い女」になりたくない女子は、なんでもかんでもマニュアルに当て込んで、痩せ我慢、言いたいこと言わない、背伸びをする必要はないんだよ。

というか、恋愛に確固たるマニュアルなんて存在しないよね。

マニュアルに明記するとしたら、
何事も「臨機応変に!」これに尽きると思うもの。


なので、「重い女」にはなりたくなく、「かわいい女」になりたい人に必要なことは、野生の感で彼のキャパを見極めること。

ちなみに、重い女になりたくなくて、サバサバ女子を演じつつ、結局サバサバ〜を演じ切れなくて、自爆する女っていうのは1番重くて、めんどくせぇわよ。


もっというなら、その重さを受け入れてくれる男性を見つけることが1番の幸せの近道です。

そもそも思うんだけど、軽い恋愛なんてないと思うから。
真剣に向き合い出したら、全員重くなる。

それが恋愛の真骨頂! 


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26 

婚活界でまことしやかに囁かれていること。「婚活界では若い子が有利で、年をとればとるほど結婚が難しくなる」的な。ま、あながち間違ってないよね。結婚相談所に登録して、オファーがバンバン入る女子っていうのは、若くてキレイな子だと思いますよ。間違いない。言わずも ... 続きを読む
婚活界でまことしやかに囁かれていること。

「婚活界では若い子が有利で、年をとればとるほど結婚が難しくなる」的な。


ま、あながち間違ってないよね。

結婚相談所に登録して、オファーがバンバン入る女子っていうのは、若くてキレイな子だと思いますよ。
間違いない。言わずもがな。これ、現実。

なんなら、世間では35歳以上の女性が結婚できる確率は2%とか言われてたりもしますよ。
そんなん聞かされて、自分が35歳だったら、もはや無理って思っちゃうよね。
「諦めようかな…」と弱気にもなるよね(;´Д`)


そう。
年増になると、婚活で不利になってしまう真理は、おおかた気持ちの問題ですわよ。

「年増になると婚活は不利なんだ!」っていう思い込みが1番の敵よ。


若い子の方がオファーがいっぱい来るとは言え、結婚は1人の人としかできないわけ。

オファーがたくさん来るからこそ、1つ1つの出会いをおろそかにしてしまい、結局、誰とも結婚できてない若い人だっているよ。

年増だって渾身の一撃を狙い撃ちすれば、絶対にどこかに「拾う神」がいるわよ。


35歳以上の結婚の確率なんてクソ喰らえじゃない?
だって、それ、婚活してない(結婚する気がない)人も含まれているわけじゃない?


長年、婚活界を見てきて思ったことは、
本気で結婚したい人は何歳でも結婚しているって話よ。

もちろん年増になると、選べる範囲が限定的になりがちだけど。。。
選べる範囲からちゃんと選べば、幸せな結婚だってできるよ?! 

本気で婚活して、理想と現実の折り合いをつけている人は、100%結婚できると思うよ。


要するに、年齢を重ねたことで婚活が不利になってしまうのは「気持ち」の問題なんだわ。


自分の年齢を顧みず、20代女子と同レベルの理想を掲げたら、そりゃハードル上がるわよ。

「どうせ私は○歳だし」と飛び込む勇気を失ったら、1歩も進めないわ。


私は思うのだ。
たぶん本人が本気なら、50代でも60代でも、なんなら70代でも結婚できるよな、と。

ま、「結婚しない幸せ」って存在も否定しないけどね(笑)


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26
 

私、若い頃は「占い」大好きでした。小学生の頃は、朝の情報番組の終わり頃にやっている星座占いにかじりついて、一喜一憂してたし(遠い目)中高生の頃は、100円占い(占いの自動販売機的なヤツ)にハマって、はたまたその結果に舞い上がったり凹んだり。大学生の頃は、 ... 続きを読む
私、若い頃は「占い」大好きでした。

小学生の頃は、朝の情報番組の終わり頃にやっている星座占いにかじりついて、一喜一憂してたし(遠い目)

中高生の頃は、100円占い(占いの自動販売機的なヤツ)にハマって、はたまたその結果に舞い上がったり凹んだり。

大学生の頃は、好きな男の子との相性占いにハマってたなー。

社会人になりたての頃は、職場の先輩から紹介してもらった渋谷のサーティーワンアイスクリーム屋さんの前(路上)でやっている占いに月1で通っていた時期が……そんなにお金なかったのに、すごい散財(笑)

最後は離婚が成立した翌日、よく当たるという噂の麻布十番の占い師にところに行ったっけな。
そんで「あなたのオーラは水色だから、再婚できるから大丈夫!」と言われて、意気揚々と帰路に着いたっけ(爆)
↑今にして思うと、意味不明な説明だけど(笑)


今の私は?というと……
「占い」への興味はゼロになりました(′∀`)


で、ママ友にもヒアリングしてみたんですよ。
「占いに行ったことある?」みたいな感じで。

そしたらね、やっぱり若い頃は多少なりとも占いをかじっているわけよ。
今にして思えば、「え?アホちゃう?」ぐらいに思えるんだけど、あの当時は本気だった、と。 


そして、考えたこと。

女は結婚すると、「占い」を卒業するんです。

理由は、単純で日々の生活でいっぱいいっぱいでそれどころじゃないから!!!
だって、考えてもみてよ。
子連れで占いの館とか入って、30分お話を聞くとか、無理じゃね?
無理じゃないかもしれないけど、すんごいしんどくない?逆に?

若い女子たちが占いにハマってしまう理由は、「ヒマだから!」これに尽きると思っちゃうんだよね(笑)


若かりし頃の私は、あの当時はどんだけ忙しい〜と思っていたとしても、今にして思えば、超絶ドヒマなんですわ(;´Д`)

でさ、ヒマだと、考え過ぎる癖を大発動して、煩悩にまみれてしまうわけよ。
さらに、独身妙齢女子はさ、人生の岐路に立たされて、迷いまくっちゃうわけじゃない?
仕事は?恋愛は?結婚は?って。
アラサーぐらいだと、人生の選択肢がまだまだたくさんあるので、悩み多き年頃なんだと思うわ。

それにひきかえ、結婚して子供たちを授かると、アラサー女子ほどの選択肢ってないわけよ。
お母さん辞めるって選択肢はそもそもないわけだしね。

もちろん悩みや迷いがないわけじゃないけど、なんとなく未来が見通せたりもするじゃない? 
そんでもって、占いでは解決できそうにない悩みだったりもするわけで。。。

さらに子育てに追われて、すんごい忙しい。
うん。若い頃ほど、悩んでいる時間がそもそもない。

するとね、「占い」を卒業するんですよ。


若かりし頃の私が占いに求めていたものを今振り返ると……

とにかく話を親身に聞いてもらえることで癒されていた。
人生経験はないし、選択肢は多いしで、迷える子羊だった。
誰かに背中を押してもらいたかった。

こんなところだと思いますわ。


大昔、占い師さんに言われたことが当たっているかと言うと……
当たっている部分もあるけど、外れている部分も多いよねー。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26