たまに、 「肩書きで判断するな!」とか、 「学歴や経歴で判断するな!」だなんて、 揶揄されることがある。 それと、私の友人の経営者(男)は、 「肩書きや財力に群がる女がこわい!」 だなんて言っていて、合コンの場で「公務員です」とか「千葉の奥地に住 ... 続きを読む
たまに、
「肩書きで判断するな!」とか、
「学歴や経歴で判断するな!」だなんて、
揶揄されることがある。


それと、私の友人の経営者(男)は、
「肩書きや財力に群がる女がこわい!」
だなんて言っていて、合コンの場で「公務員です」とか「千葉の奥地に住んでます(本当は港区のタワマン在住)」とウソをつく人もいる。


または、私の友人のバリキャリ女子の一部は、本当は弁護士なのに「弁護士と伝えると、引かれるから」と「法律事務所で秘書やってます」とウソをつく者もいる。


だけど私から言わせれば、
肩書きや経歴、住んでいる場所さえも重要な判断材料の1つだと思うんだよね。

もちろん「肩書き」だけで人となりを判断することなんてあり得ないけどさ


例えば青春を犠牲にして、ガリ勉街道突っ走って、良い大学に入ったり、難関資格を取得したのなら、それこそが人間性そのものだと思うし。

起業してがむしゃらに努力して会社を大きくしたのなら、その歴史に人が現れるし。

どんな仕事を選んで、どんな思いで働いているのか?だって、その人となりや個性が現れるもの。


それなのに、どうして「肩書きで判断するな!」になってしまうのやら。。。


私が思うに「肩書きで判断するな!」とか言い出す人の特徴は大きく2つに分かれると思っていて。

パターン①
社会的地位が高い人が疑心暗鬼になってる系

パターン②
自分の肩書きや経歴に自信がないから触れられたくない系


私の主観ですけど。。。

あざとい女はどんだけウソをつかれても、パターン①タイプは見抜く目を持ってる(笑)
なんなら相手の肩書きに気づかないフリして近づいたりもするからー!
むしろあざとい女の恰好の餌食になり、ホンマもんの天然いい子ちゃんにはスルーされちゃったりして

中途半端なウソは災いの元にもなりかねない。


パターン②のタイプも、自身の肩書きや経歴を隠しても、本気のお付合いに発展すれば、結局いずれバレるもの。 

恋や人付き合いをする前に、「自信がないから」と自分を卑下するのをやめて、あるがままの自分に自信を持たなきゃ!
それか、なんなら自信が持てるような肩書きをGETすればいい。


ちなみに、私はパターン②の理由で自身の経歴を言いたくなかった時期があります。

それは専業主婦なのに離婚しちゃって無職のニートで職探しをしていた頃。。。 
「三十路オーバーで無職って。。。」ってマジで自分を卑下していました。

んで、その頃から婚活と就職活動を同時並行してたんだけど、マジで婚活はうまくいかなかったよね。

寄ってくるのはロクでもない男か、底知れぬ負のオーラを身にまとったタイプか。。。

引き寄せの法則じゃないけどさ、やっぱり自分を卑下していると、同レベルの男しか寄ってこないわけよ。

だから、パターン②のタイプで「肩書きなんかクソくらえだ!」だなんて斜に構え始めると、マジで運気が落ちるっていうのを身をもって経験済みです(笑) 


「肩書きで判断するな!」じゃなくて、
肩書きも人間性の一部として受け入れるべきだと、
私は思うのです。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 




産後、退院してからずっと引きこもり生活をしていた私ですが 新生児ちゃんと私の1ヶ月健診が終わるまでは積極的な外出は控えるように!って言われているしね さきほど、ひっさびさに近所のスーパーに出かけてみた ... 続きを読む
産後、退院してからずっと引きこもり生活をしていた私ですが

新生児ちゃんと私の1ヶ月健診が終わるまでは積極的な外出は控えるように!って言われているしね


さきほど、ひっさびさに近所のスーパーに出かけてみたら、めっちゃ楽しくて爽快感でいっぱいになりました

んで、あれやこれやとウッキウキで余計なお買い物をしてしまいました
↑私、レベル低っ!(笑)


そういえば、社会人になりたての頃の私、ずっと引きこもり生活に憧れていたんですよ

私、テレビや映画が大好き過ぎるもんで、HuluとTSUTAYAがあれば、一日中飽きることなく映像を見続ける自信もあったりして。

本も大好きだから、Amazonで気になる本を片っ端から読破するってのでもいい。


だけど、当時の私は田舎から出てきて、東京で一人暮らしをしていて。
働かなくちゃ家賃が払えないし、生きていけないじゃん?
だから、とりあえずニートになるとか選択肢としてあり得なかったわけね。

↑いや、その後専業主婦で次の職も決まってないのに離婚しちゃってあえなくニートに転落したことはあるんだけど


今、そのニート生活が叶ったというのに、実際に引きこもりになってみたら、外に出たくてしょうがない(笑)

今は実家の母がお手伝いに来てくれているので、上げ膳下げ膳の姫生活を満喫しております

もちろん子供たちのお世話もないわけじゃないけど、だいぶお手伝いしてもらってるので、まさに姫生活


だけど、理想の生活を手に入れたにもかかわらず、外の空気が新鮮過ぎるのよ

なんてことない近所のスーパーがまるで夢の国(ディズニー)みたいに楽しい


で、気づいたよね。
己の愚かさに。


人は失って初めて本当の価値を知る。
↑大袈裟 (笑)

そして、
いつだってないものねだり


私の持論ですが…… 男の愛とは、 とても単純なものである。 男とは本気で愛する女には、 金 or 労力を惜しみなく注ぐものだ。言い方を換えれば、金と労力を注げば注ぐほど、彼らは自らの中に芽生えた大きな愛に気づくもの。女性は「好きだから」って ... 続きを読む
私の持論ですが……

男の愛とは、
とても単純なものである。


男とは本気で愛する女には、
金 or 労力を惜しみなく注ぐものだ。


言い方を換えれば、
金と労力を注げば注ぐほど、
彼らは自らの中に芽生えた大きな愛に気づくもの。


女性は「好きだから」って気持ちが先にあって、あれやこれやと相手に尽くしたくなるものだけど、男性は少しだけ違う。

とりあえず見切り発射でちょっと気になる彼女に尽くし始めて、自分の行動を振り返ってみては「僕がこんなに尽くしているんだから、 僕は彼女が好きなんだ!」と後から認識する方式っていうかね。

女性は「気持ち→行動」だけど、
男性は「行動→気持ち」なんだよね。 

だからね、思いっきり愛されたいと願うのなら、相手に尽くすよりも「尽くさせる努力」が成果を生むって話。 


結局のところ、
とことん尽くしてくれる都合のいい女よりも、
自らがとことん尽くしたくなる女、守りたくなる女、
つまりは自分をヒーローにしてくれる女を愛するのが男って生き物。 


そんでもって、
ココシャネルも言っているけど、
男が本当に贈り物をしたいと思ったら結婚するものだ。」



 
★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17



恋愛がうまくいかない人に限って、かっこつけてる人が多過ぎる。 そりゃね、誰だって醜態をさらしたくないよね。できることならすんなり白馬の王子様に出会って、美しいお姫様として寵愛を受けたい。そう、願う人も多いのかもしれない。だけどさ、実際の恋愛ってそん ... 続きを読む
恋愛がうまくいかない人に限って、かっこつけてる人が多過ぎる。


そりゃね、誰だって醜態をさらしたくないよね。

できることならすんなり白馬の王子様に出会って、美しいお姫様として寵愛を受けたい。
そう、願う人も多いのかもしれない。


だけどさ、実際の恋愛ってそんなに思い通りにならないことも多いわけで。。。

知りたくなかった自分の嫌な部分が露呈してしまうこともあれば、情けなくて惨めでどこかに消えてしまいたくなる衝動にかられることもある。

婚活疲れで1歩も動けなくなる日だってあるかもしれない。


しかしながら私が思うことは、

恋愛なんてカッコ悪くてナンボでしょ?!

……ってこと。


だって、自身のカッコ悪さをさらけ出せる人がモテるんですよ。
カッコつけてる完璧な人よりも、カッコ悪さを受け入れている人の方が10000倍ぐらい魅力的なのだから。

カッコ悪さをさらけ出せる関係だからこそ、長続きするんです。
カッコつけて無理しまくってる関係なんて、いつか息が詰まって窒息しそうになって、結局破綻してしまう。

上っ面のカッコ良さばかりの恋愛になんて中身がないでしょう?
なぜなら、お互いのポンコツな部分を許し合うことが愛なのだから。 


良い恋愛をしたいのなら、
カッコつけるよりも、カッコ悪さにフォーカスしてみればいい。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

今日は出産レポ(聖路加入院レポ)を少しだけ。 そうそう。 聖路加国際病院って、巷ではセレブ御三家産院とか言われているようですが、お部屋の内装やお食事はそれほどセレブセレブしておりません。 ま、医師、助産師さんなどの医療スタッフがめちゃく ... 続きを読む
今日は出産レポ(聖路加入院レポ)を少しだけ。

そうそう。
聖路加国際病院って、巷ではセレブ御三家産院とか言われているようですが、お部屋の内装やお食事はそれほどセレブセレブしておりません。


ま、医師、助産師さんなどの医療スタッフがめちゃくちゃ親切であること。

陣痛から分娩〜分娩後の休憩タイムまでを全員がLDRというお部屋で過ごせること。

産後は全員個室であること。

ナースコールを押したら、大概のことは面倒をみていただけて、至れり尽くせりな入院生活であること。

LDRというお部屋では、足湯とリフレクソロジー的なマッサージを受け、産後はアロママッサージを受けられること。

聖路加で無痛分娩をした場合、約123万円の費用がかかること。
※あくまでも私の場合なので、状況によって金額は前後するものと思われます。
※私は経産婦(2人目)で入院が1日短かったので、これが初産婦さんだと、ここに+7万円ほどの1日分の入院費が加算されるのではないかと思われます。
※出産一時金が42万円ほど出るので、実際の自己負担金は81万円ぐらいでした。

……等々。

総合的に考えると、セレブ産院と言えるのかもしれませんが


えっと聖路加でのお食事に話を戻して。

そう、セレブ御三家なんて言われている割りには、聖路加のお食事は見た目は案外フツーなんですよね。

山王病院だと、すべてノリタケの食器で出されるって言うけど、聖路加は至ってフツーの食器だし。

でもね、数日入院してみて、思いましたよ。

最も贅沢な食事とは、粗食なんじゃないか?って。

聖路加に入院してると、みるみる健康になっていくんですよね。

見た目の豪華さはありませんでしたが、美味しかったし


そんなこんなで、聖路加の妊産婦のお食事メニューを少しだけご紹介

かいつまんで子供の日のメニュー

朝食
↑ね?質素でしょ?(笑)

昼食
↑お魚のメインの柚子こしょう焼きがめちゃくちゃ美味しかったです

夕食
↑子供の日のお祝いなのか、お赤飯と柏餅が出ました


調子に乗って特別食をオーダーした日の昼食

こちらも特別食の夕食

特別食ももちろん美味しかったんですけど、私はなんせ質素な普通食(?)にすっかりハマってしまいまして

退院後も質素な和食ばかりを食するようになりました


やっぱり私は日本人なんだな〜ということを実感した入院生活なのでありました

非モテ女子の特徴を1つ。 感情表現のバロメーターが両極端であること。 全く隙がなくて声がかけづらいタイプか、 または気持ちが重過ぎて相手をドン引きさせてしまうタイプかのいずれかなんだよね。 大多数の男は小心者のチキン野郎です ... 続きを読む
非モテ女子の特徴を1つ。

感情表現のバロメーターが両極端であること。


全く隙がなくて声がかけづらいタイプか、
または気持ちが重過ぎて相手をドン引きさせてしまうタイプかのいずれかなんだよね。


大多数の男は小心者のチキン野郎ですから、全く脈ナシの女の子を体当たりで口説こうなんて度胸はない。

だから、ある程度の勝算が見込めないと、デートに誘うことすら躊躇うもの。


しかし、女性からアプローチを受けても、その気持ちがあまりに重過ぎると後ずさりしてしまうのも男のサガ。


女心も複雑だけど、男心だって微妙なんだよね。


そして、
男心を1番惹きつける感情表現とはどの程度なのか?というと……

冗談っぽく「好き 」と言ってしまう感じ。

「それ、ウソだろー?!」
と、ツッコミが入るレベル感とでも言いましょうか。


ドキっ!として「あれ?」って思うレベルのライト感がポイントです


見た目以上にモテる女子を観察してみると、この思わせぶりで男性陣をその気にさせるのが本当に上手なんですわ。


上手くいかない恋愛ほど、
感情表現のバロメーターが狂っていることが多い。

何事にも適量ってあるのよね。

ぶっちゃけはっちゃけ。。。 私の周りにいる知人の話で言うなら。。。 英雄は色を好みます でも、一方で愛妻家も多く、離婚をする気は全くなかったりもする なんというか……。 浮気はするけど、自身のお子様と奥様は別格的な とい ... 続きを読む
ぶっちゃけはっちゃけ。。。

私の周りにいる知人の話で言うなら。。。

英雄は色を好みます
でも、一方で愛妻家も多く、離婚をする気は全くなかったりもする

なんというか……。
浮気はするけど、自身のお子様と奥様は別格的な

というより、糟糠の妻と離婚しようものなら、とんでもない財産分与が発生し、なんなら会社の経営権すら乗っ取られるかもしれないので。。。
「恐ろしくて離婚は絶対できない」なんて語る者も


もうさ、年収5000万円辺りを超えてくると、もはややりたい放題の英雄が多く。

さらには、そういう超人レベルの男たちは結婚していてもモテてしまうもので、誘惑も多いもの。


というのは、菊川怜さんの結婚相手に関する報道を見て、改めて思ったこと。

まずバツ2で、元奥様との離婚原因は2回とも不倫(しかも、不倫相手の妊娠)が原因。

元奥様たちとのお子様2人以外に、婚外子が3人。

しかも、その婚外子のうち2人は同時期に出産。二股交際の上に、ほぼ同時に孕ませていた

おぉー!
なかなかのやりたい放題。

ここまでくると、逆に清々しい(笑)


私、思うんだけどさ。
完璧な男なんてどこにもいないよね。

そう、自分自身だって完璧じゃないように。

年収5000万円超の男は、裕福な暮らしができても、凡人では理解できない言動も多く、並みの女は思いっきり振り回されてしまう。
だだし、並みの男では味わえない面白さやスリルもある。

サラリーマンなら常識人もたくさんいるけど、都心で暮らすならそれほどの贅沢はできない。


結局、誰を選んでも良し悪しはあり、幸せになれる人はなれるし、ないものねだりを続ければ満たされない人生になってしまう。

なんだなんだ人生はプラスマイナスゼロなんじゃないか?
……と思う今日この頃。


長女が生まれてから、家族ぐるみで親しくさせていただいているファミリーがいる。 旦那様はやり手の美容形成外科医(開業医) 港区高級住宅街に豪邸(戸建)をかまえ、旦那様の愛車はアウディA7のなんとか(軽く1000万円以上する車)を乗り回し…… 見 ... 続きを読む
長女が生まれてから、家族ぐるみで親しくさせていただいているファミリーがいる。

旦那様はやり手の美容形成外科医(開業医)

港区高級住宅街に豪邸(戸建)をかまえ、旦那様の愛車はアウディA7のなんとか(軽く1000万円以上する車)を乗り回し……

見た目こそフツーの方々(華美なブランド品を身につけない方々なので、ギラギラ感ゼロ)ですが、フタを開けてみたら、とんでもないセレブなファミリーなのよ。


んで、美容形成外科医として日々女性の美に関わっている人がどんな奥様を選んだのか、どんな基準で選んだのか、気になるところじゃない?

今日はその話をね。

美容形成外科医だからこそ、
整形には理解があるのかな?とか、
むしろ整えられた女性の方がいいのかな?なんて思っていたけど。

彼的には美容整形の痕跡がある人は絶対にNGだったんだそうな。

プチ整形と言われる、顔にヒアルロン酸の注射レベルでもNGらしい。

えー!?って感じじゃない?


ちなみに、奥様(ママ友)はというと、小綺麗にはしてるけど、いたって素朴な女性であり、メイクも薄めナチュラル。

肌で感じることは、
圧倒的な育ちの良さと聡明さ。

思うんだけどさ、どんなにお金持ちの家に生まれたとしても、大人になってからひと旗あげたとしても(成金)、元来の育ちの良さからくる「品格」だけはお金じゃ買えないんだよね。。。ってことを体現しているような感じとでも言いましょうか。

そんでもって、彼が結婚相手を選ぶ基準もやはりそこだったらしいです。


で、彼なりの見解は、
きちんとしたご家庭で清く正しく育ち、適度な自己肯定感に満たされているタイプの女性は整形には手を出さない。
だから、僕は美容形成外科医だけど、美容整形する女性はNGなんだ!とのこと。

仕事とプライベートは別枠らしい。

普段のお仕事では、いろんな人々の顔をいじり倒していたとしても、自分の身内はNGっていう。

まさに本音と建前は違うってヤツ?

美容形成外科医だったとしても、整形に理解があるとは限らない。


婚活をしていると、様々な職業の人々に出会う。

先入観だけで相手を判断しちゃアカンね。





「もう今年こそは結婚したい!」 「明日にでも入籍したい!」 ……と考えている妙齢の女子にとっての天敵とは、 「結婚願望ゼロ男」である。 ちなみに、生涯独身を貫こう!と心に決めている男というのはどちらかというと少数派よ。 多くの結婚願 ... 続きを読む
「もう今年こそは結婚したい!」
「明日にでも入籍したい!」
……と考えている妙齢の女子にとっての天敵とは、

「結婚願望ゼロ男」である。


ちなみに、生涯独身を貫こう!と心に決めている男というのはどちらかというと少数派よ。

多くの結婚願望ゼロ男にとっては、結婚が今じゃないだけで、「いつかは結婚する」と考えていることも多いんだよね。

だから、彼らのタイミングを待ちわびれば結婚できる可能性はある。

しかしながら、
それは5年先なのか?
はたまた10年先なのか?
それともあなたではなく他の誰かと結婚したいのか?
↑よくあるパターンとしては、長年付き合った彼女から結婚を迫られ煮え切らずに別れたのに、次の彼女とあっさり電撃入籍みたいな話って巷に溢れてる。

……それは彼にしか分からない。
もしかしたら彼本人にすら分からないかもしれんのよね。


それを例えるなら、
入荷日未定の幻のバーキンを、
エルメスの店先でいつまでも待つようなもの。

毎日、お店に通い詰めればいつかは出会えるのかもしれないけど。。。

だいたいはね、その幻のバーキンを手に入れられる人は最初から決まってることも多いからね。

そのお店のお得意様とか、百貨店なら外商顧客とか、有力なご紹介者がいる人とか、ただ運が良くて抜群のタイミングを得た人なのか。

要するに、その辺の凡人が何の武器も戦略も持たずに、淡い期待ばかりを抱いて待ち続けても無駄!っていうリスクが伴うわけ。


だったらね、他のバッグ(男)を探した方がいい場合もあるし。

それでも、どうしてもバーキンが欲しいなら、店先に通う以外の戦略を練るなり、実力行使に転じる必要があるのよ。
それが現実的に可能かどうかはさておき


それに、バーキンと婚活の決定的な違いは、
バーキンはいくつになっても手に入れられる可能性があるけど、
結婚にはその人なりの適齢期があるってこと。

例えば、子供がいる未来を思い描くなら、現実的に出産にはタイムリミットがあるし。

年齢が5歳10歳あがれば、選べる男性の範囲も変わってくるのも現実。


だからね、今すぐ結婚したい女こそ、淡い期待は手放すが勝ちだと思うわけです。


例えば、私のように、
「結婚願望がない男性とはお付き合いする気がない!」と、お付き合いする前からぶった斬るのもアリ。

長年付き合っていても煮え切らない彼氏には、思い切って逆プロポーズしてみて、ダメならあっさり手を引くのもアリ。


幻のバーキンよりも、
現実の結婚できる男こそが宝なのである。

本日、母子ともに無事退院しました! そして、やっぱり。。。 長女ちゃんの激しい嫉妬に見舞われております 妹ちゃんをパパが抱っこしてもママが抱っこしても、 「抱っこしてー!」と必死でおねだりしてきたり、妹の洋服を引っ張ったりして、妹を引 ... 続きを読む
本日、母子ともに無事退院しました!

そして、やっぱり。。。
長女ちゃんの激しい嫉妬に見舞われております

妹ちゃんをパパが抱っこしてもママが抱っこしても、
「抱っこしてー!」と必死でおねだりしてきたり、妹の洋服を引っ張ったりして、妹を引きずり降ろそう大作戦に出てきましたよ

最初の出会いのときは、まだ妹ちゃんをお人形さんか何かか他のどこかの子だと勘違いしてたのか(?)、ご機嫌で抱っこしてくれてたんだけどなぁ

妹ちゃんが我が家に常駐すると知るや否や、自分の存在が脅かされるのでは?と、大変な恐怖心も抱いている模様

しかし、ホワホワ新生児ちゃん(妹)、抱っこしてるだけでめちゃ癒されます
ついつい無駄に抱っこしてしまう

こういうのが長女ちゃんの嫉妬心を余計に煽ってしまうんかいな

もちろん長女ちゃんも同じぐらい可愛いんだけどね


そういえば、私も長い間、嫉妬から湧き上がる黒い感情に苦しんできました (笑)

というか、そういう黒い感情を抱く自分に幻滅したりもして。

いや、まだまだ未熟者な私は未だに嫉妬心ゼロにはならないけど、ある程度の対処法を会得して、
「自分は自分、よそはよそ」と割り切るマインドを心がけているけど。


嫉妬心の根源は、こんな幼少期に訪れるのか。。。と、自分の娘に目からウロコです。

長女にも次女にも主役も準主役もないんだけど、長女にしてみたら主役の座を降ろされた焦りみたいなものを感じます

これから長い時間をかけて、長女にも次女にも嫉妬心との上手な付き合い方を教えていかないとね!


育児は育自とはよく言ったもんですね