次女ちゃんは生後2ヶ月ですが、既にたくましく育っているような気がしてならない今日この頃です(^^;; 長女ちゃんの生後2ヶ月の頃は、まだまだ結構な引きこもり生活をしてたように思いますが、次女ちゃんは長女の習い事や日々の公園デートなどに付き合わされて、既に ... 続きを読む
次女ちゃんは生後2ヶ月ですが、既にたくましく育っているような気がしてならない今日この頃です(^^;;

長女ちゃんの生後2ヶ月の頃は、まだまだ結構な引きこもり生活をしてたように思いますが、次女ちゃんは長女の習い事や日々の公園デートなどに付き合わされて、既に毎日お出かけしまくりですからね(^^;;

長女ちゃんのお友達にも可愛がってもらったり揉まれてみたり。

長女ちゃんは割と慎重派でシャイ。
そんなこんなで、人見知り場所見知りが激しかったりするのですが、なんだか次女ちゃんは既に肝が据わっていそうですo(^o^)o


そうそう。
長女よりもお出かけの頻度が高いゆえに、長女のお下がりだけではお洋服が足りなくなってきて。。。
慌てて新しいお洋服をお買い上げして参りました。
↑ファミリアが似合う女の子になってくれたらいいな!という願いを込めて♡

↑広げてみるとこんな感じ♡


幼子2人のお世話をするのは、ときに2倍大変ですが、子育ての楽しさは100倍ぐらい増しました!!!

次女ちゃんを授かったとき、どうやって2人を育てていけばいいんだろう?
1人でも大変なのに!!!

…と軽くマタニティーブルーを味わったりもしましたが、意外となんとかなるまんですね(^^;;

「案ずるより産むが易し」
を実感する今日この頃です。

婚活女子からよく聞く話。 「イイ男はみんな結婚してるよね〜(嘆)」 だけど、私から言わせれば、 既婚者の方がイイ男に決まってるんですよ。 良きパートナーに恵まれた男は、よりイイ男に変貌を遂げていくものなんですよね。 なぜなら ... 続きを読む
婚活女子からよく聞く話。

「イイ男はみんな結婚してるよね〜(嘆)」


だけど、私から言わせれば、
既婚者の方がイイ男に決まってるんですよ。

良きパートナーに恵まれた男は、よりイイ男に変貌を遂げていくものなんですよね。

なぜなら、妻という最強のアドバイザーかつ協力者ついているんだから。


独り身の男性は、食べるものから身なりまですべて自分で選ばなければならないけど、
優秀な側近(パートナー)がいる男性というのは、女性目線で健康を考慮された食事を摂り、女子ウケ(=奥様ウケ)するファッションに身を包み、いつの間にか身綺麗になっていったりするものです。

さらには、女性と一緒に暮らしているからこそ、女心の扱いも長けてくる。

そりゃ既婚者の方がイイ男になるに決まってるじゃーん!!!


そして、「イイ男はみんな結婚してる。」 と嘆く女子(一部)が大きな勘違いをしていることがあるとすれば。。。

そのイイ男の既婚者は、最初(若い独身の頃)からイイ男だったとは限らないってことなのよ。 


結婚してから紆余曲折を経て、イケてる男に変貌を遂げていった男も多いんだから。 


良き伴侶に恵まれたゆえに洗練されて出来上がっている男を見て、
「ああいう男(既婚者)がいい!!」だなんて高望みをすることは無謀とも言えるわけですよ。


他の女(奥様)のプロデュースで仕上がった男を夢見ても埒が明かないんです。

だから、今はちょっとぐらい至らなくても、「育てがい」のある男を選んで、自分好みにプロデュースする覚悟こそが良き夫を得る最良の方法なのではないでしょうか。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

今日のランチは、カレッタ汐留の47階にある「なだ万」にて。 景色の美しい高層階にてちょっとだけお上品なランチブュッフェを楽しめます! さらにベビ連れにも優しいので、子連れになってから、我が家がヘビロテしているお店です。 やっぱり和食が1番落 ... 続きを読む
今日のランチは、カレッタ汐留の47階にある「なだ万」にて。

景色の美しい高層階にてちょっとだけお上品なランチブュッフェを楽しめます!

さらにベビ連れにも優しいので、子連れになってから、我が家がヘビロテしているお店です。

やっぱり和食が1番落ち着きますね。
体にも母乳にもダイエットにも良さそうだし!
↑と言いつつ、天ぷらをいただき、スイーツもモリモリ食べてきちゃったけど(^^;;(笑)


結婚後、夫婦になってから。
そして、子供を授かってから。
1人目が生まれて、2人目が生まれてから。

デートの場所も雰囲気もまるで様変わりしておりますが、この幸せな変化、「今」しかできないことを十二分に楽しんで生きていこうと……

そんなことをふと考えた週末の平和な昼下がりなのでした!

多くの女子が「ときめきがない〜」だなんて嘆いているけど。。。2回結婚している私が切に思うこと。一過性の「ときめき」よりもずっと大事なことは、結婚後のライフスタイルを想像してみることだ。ま、ときめきもないよりはあった方がいいんだろうけどね。残念ながら「とき ... 続きを読む
多くの女子が「ときめきがない〜」だなんて嘆いているけど。。。

2回結婚している私が切に思うこと。

一過性の「ときめき」よりもずっと大事なことは、
結婚後のライフスタイルを想像してみることだ。


ま、ときめきもないよりはあった方がいいんだろうけどね。
残念ながら「ときめき」だけじゃ現実の生活は営んでいけないんですよ。

だって、恋愛初期の「ときめき」なんて一過性のものなんだもの。

もっと言うなら、
恋愛結婚だったとしても、少しずつ時間を積み重ねながら、
最初こそキラキラドキドキの「ときめき」に溢れていたとしても、
次第に穏やかな「家族愛」に変貌を遂げていくものなのだ。


で、「家族愛」を育んでいく上で大切なことが、
そのライフスタイルに納得しているか否か?だったりするんですよね。


もちろん理想のライフスタイルは人それぞれ、千差満別。
人によって大切に思うポイントも優先順位も異なって当たり前です。


結婚後もバリバリ働きたいのか?
専業主婦になりたいのか?
子供が欲しいのか?何人ぐらい欲しい?
DINKSがいいのか?
イクメンがいいのか?
家事育児はできない人でも、稼ぎのいい男がいいのか?
どんな場所に住みたいのか?
都会のマンションなのか?
郊外の一戸建てなのか?


もちろん誰と結婚したところで、
100%完璧な理想を実現するのは難しいのかもしれないけど。。。

目指す方向性(=ベクトル)があまりにズレてると、摩擦や不満が生じやすいのも事実。


だって、結婚って生活だからね。
生活って生きる活動だからさ。
マジで「ときめき」だけじゃ、生きていけないから。


恋の炎に身を焦がして、判断力を失って、勢いでエイヤー!って突っ走るぐらいじゃないと、なかなか結婚できない部分もなきにしもあらずだけど。。。

大人の女こそ「ときめき」だけにフォーカスするのもナンセンスだと思うわけですよ。

目の前の男性を「ときめくか否か?」だけでバッサリ斬るのではなく、
「もしもこの人と結婚したら、どんな結婚生活になるのかしら?」って想像してみる。

すると、案外最初こそときめかなくても、ものすごい理想の相手が見つかるかもしれない。


イケメンは3日で飽きるけど、
理想的なライフスタイルは全てを丸く収める力がある。

すると、いつの間にかそこに家族愛が生まれているかもしれない。


「ときめき」よりも「現実」を想像してみることが、
幸せになれる結婚相手選びなのである。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17
 

何気にもらって嬉しいモノ。というか、乙女心をくすぐるモノ。それはお花♡  先日、ディーラーさんで車の洗車をしていただいたところ、帰り際にお花のお土産をいただきました。  1輪のひまわり、全然大それそたものじゃないけど、何気に嬉しいものですね。そう ... 続きを読む
何気にもらって嬉しいモノ。
というか、乙女心をくすぐるモノ。

それはお花♡ 

先日、ディーラーさんで車の洗車をしていただいたところ、
帰り際にお花のお土産をいただきました。 



1輪のひまわり、全然大それそたものじゃないけど、何気に嬉しいものですね。


そうそう。
デキる男は花をプレゼントする。

なぜなら、お花はめっちゃコスパが高いから。

花が嫌いな女子は少ないし、お花屋さんにお任せしておけば、失敗も少ない。
そんでもって、リーズナブル!!

さりげなく、ちょっとした感動をプレゼントするのにもってこい!!

もしかしてもしかすると。。。
悪い男(遊び人)は悪用しているプレゼントかもしれないけど(;´Д`)



ディーラーさんもやりおるな〜。
女子としては妙な車グッズをもらうよりもずっとお花の方が嬉しいから。


話が脱線しますが。。。
トヨタの洗車、最高です!!!

新車購入時にスマイルパスポートというのに加入しておくと、なんと手洗いワックス洗車が1600円!!!
激安〜!!!

近所のガソリンスタンドの手洗い洗車は5000円ぐらいするからね(;´Д`)

さらに、洗車待ちの間、美味しい飲み物を出していただけて、娘はキッズスペースで遊ばせてもらって、お花のお土産まで!!
至れり尽くせりや〜!!

アルファードくんの乗り心地も最高ですが、世界のトヨタのサービスも最高です(´∀`*) 

 

身も蓋もないけど。。。 男とは見た目から入る生き物だ。 小さな恋の始まりは、 いつだって「かわいいな!」とか「きれいな人だな!」がきっかけですよ。 ゆえに、まずは彼らの第一関門(見た目で魅了する)を突破しないことには話になりません。 だけど、当然ながら小 ... 続きを読む
身も蓋もないけど。。。
男とは見た目から入る生き物だ。


小さな恋の始まりは、
いつだって「かわいいな!」とか「きれいな人だな!」がきっかけですよ。

ゆえに、まずは彼らの第一関門(見た目で魅了する)を突破しないことには話になりません。


だけど、当然ながら小さな恋には深い愛情なんてあるはずもなく。

ただの「かわいいな!」からもう1歩も2歩も、いや100歩ぐらい踏み込んだ関係が本気の恋であり、それが結婚につながるわけじゃないですか。


ということは、相手と踏み込んだ関係性を築き上げるには、相手の心を掴む必要があるわけです。


で、どうやったら相手の心を掌握できるのか?

ここでダメダメなパターンは、とことん自分アピール……というよりガンガンマシンガントークに徹して、自分を押し売りしてしまうこと。

わからなくもないけどね。
「いいな!」と思っている相手には、とことん自分を知ってもらいたいと願ってしまうのも乙女心♡

だけど、人の心理っていうのは押し売りされればされるほど、マジで逃げたくなるんですよ(;´Д`)
つまり、「自分のことを知ってもらいたい」という本能のままに動くと、逆効果になってしまうことが多いのです。


じゃあ、どうすればいいのか?と言えば。。。

まずは相手のことを知ろうとすること。
自分よりも相手を優先することです。

どんなに口下手な人でも物静かな人だったとしても、
大多数の人は「自分の話を聞いてもらいたい」願望があります。

だから、最初に相手の願望を満たしてあげること。

もっというなら、自分が人間スポットライトになって、相手をヒーローにしてあげること。


すると、
「この人は自分のことを理解してくれそう」
「口下手な自分がこんなに深い話までしてしまうなんて不思議」
「一緒にいると落ち着く」
「癒される」
「好きかも!?」
……っていう流れに持っていくことができる!!!


そうなりゃ、もうこっちのものよ。

好きな相手のことは知りたくなるものですから、
今度はお相手がいつの間にか人間スポットライトに変身していくことでしょう。

そして、お互いがお互いを照らし合う関係はより深い愛情を育んでいく♡


世の中は不器用な人だらけですから。
自分が1枚上手になって先出しじゃんけんができるようになれれば、
面白いほどにいろんなことが思い通りいくものなのです。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17

 

先日、IKEAに訪れたときの出来事。 長女ちゃんが 「可愛い〜♡」と言って離さなかったぬいぐるみがこちらのにわとり↓ えーーー!? これって可愛い??? なんかこのにわとりちゃん、リアル過ぎない??? ワ ... 続きを読む
先日、IKEAに訪れたときの出来事。

長女ちゃんが
「可愛い〜♡」と言って離さなかったぬいぐるみがこちらのにわとり↓


えーーー!?
これって可愛い???

なんかこのにわとりちゃん、リアル過ぎない???

ワンワンとかにゃんにゃんの方が可愛くない???

またはカラフルなカエルの方がよくない???

よく見れば、だんだん可愛いような気がしてくるけど、茶色のとりより、ピンクのうさぎの方が可愛いじゃーん??!

と、私は疑問だったんだけど。。。


長女ちゃんに言わせると、
「とり、可愛いーーー!」
「とりがいいのーーー!」
……と大騒ぎになり、仕方がなく(?)とりをお買い上げして参りました(^^;;


で、思ったよね。
「可愛いの基準」は人によって異なるのだ。

それは男と女の関係にも言えること。

人によって好みは千差万別。

もっというなら、男の言う可愛いと女の言う可愛いも違ったりする。

子供とママの可愛いも違うのだ。


で、あんなに所望されて渋々お買い上げした「とり」ですが、長女ちゃんはもう飽きてしまったらしく、おもちゃ箱に放置プレーですわヽ(´o`;

ま、そんなものよね。。。

ちょっと前に見ていたドラマのセリフで妙に納得してしまったこと。近所のおばちゃんが若者に対して、「結婚なんてね、諦めた頃にしとけばいいのよ!ガハハハ〜!」「年貢の納めどき」とはよく言ったもので、本人が「年貢の納めどき」を実感したときこそが結婚適齢期だと思う ... 続きを読む
ちょっと前に見ていたドラマのセリフで妙に納得してしまったこと。

近所のおばちゃんが若者に対して、
「結婚なんてね、諦めた頃にしとけばいいのよ!ガハハハ〜!」


「年貢の納めどき」とはよく言ったもので、
本人が「年貢の納めどき」を実感したときこそが結婚適齢期だと思うのよね。


私も若い頃はロミオとジュリエットばりの運命の恋を信じてやまなかったけど、
少しだけ大人になった今思うことは、絵空事みたいな恋では日々の日常生活が回らないってことよ(;´Д`) 

特に子供が2人も生まれた日には日常はもはやカオス状態ですよ。。。
↑今の私の話(笑)


このブログでも何度も書いているけど、
脳科学的に恋愛初期のドギマギ感はそう長続きはしません。
賞味期限は4年だとか。

だから、恋愛の刺激を永遠に追い求める人は、結婚は向いていません。きっぱり! 


恋心のパワーって、マジですごくてね。
どうでもいい日常をバラ色に彩る魔力があるし、「あばたもえくぼ」じゃないけど、どんな短所さえも愛くるしく錯覚させるし、どんな困難も乗り越えていけるような勇気が湧いてきたりする。

そう、恋のパワーは人をアドレナリン全開にして、火事場のバカ力を発揮させるものなのだ。
もはや恋は麻薬です。

しかしながら、それは長続きしない。
なぜなら、麻薬だから。 


で、その摩訶不思議な火事場のバカ力がどんどん薄れいき、
とことん等身大のリアルと向き合い続けることが「結婚生活」なのです。


「諦める」とは、「明らかに見極める」の略語です。
「諦める」というと、どこかネガティブに聞こえてしまうけど、本当の意味はむしろポジティブとも捉えられる。 


結婚生活は当然ながら「相手ありき」ですから、思い通りにならないこと、想定外はいくらでも起こり得るわけで。。。
恋の麻薬パワーも消えているからこそ、 マジで様々な現実と向き合うことになる。


だけど、それでも色々なことに折り合いをつけて(=明らかに見極めて)、
家族愛を育んでいくことが幸せな結婚生活です。 
時にはそれが苦行の道となることもあるでしょう。

だからね、
「絵空事みたいな恋の魔法は長続きしない。」
……と明らかに見極めたときこそが結婚適齢期だと思うのよね。


そこが諦め切れてないと、少々の困難にぶち当たったとき、
「こんなはずじゃなかった!」とか、
「もっといい人がいるんじゃないか?」とか、
不埒な思惑が湧いてきてしまって。。。
結局、不幸な気持ちに転落してしまうものなのかもしれない。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17

「かわいい子ほど旅をさせよ!」 とよく言うもんで、我が家も長女ちゃんに旅をさせることにしました。 ↑かなり大袈裟な言い方(笑) 来月からプライベート型の保育園に通わせることにしましてね。 ↑私が専業主婦なもんで、フツーの認可保育園には当然入れるわけもな ... 続きを読む
「かわいい子ほど旅をさせよ!」
とよく言うもんで、我が家も長女ちゃんに旅をさせることにしました。
↑かなり大袈裟な言い方(笑)

来月からプライベート型の保育園に通わせることにしましてね。
↑私が専業主婦なもんで、フツーの認可保育園には当然入れるわけもなく(^^;;


入園予定の保育園は、認可保育園(国の基準)の4倍の保育士さんがいらして、手厚くフォローしてくださる模様だし。
↑2歳児クラスはなんと子供2人につき1人の保育士さんがつくらしい!

1日の中で何回か子供の様子の写メを撮って送ってくださるらしいし、毎日ステキなレポートもいただけるという手厚さ!!!

外部から専門講師を呼び、知育クラス、体操クラス、リトミックが毎日あるようなので、娘の教育にもいいのかな?と一大決心いたしました!!!
↑習い事を保育園でやっていただけるのはママとしてはかなり助かる!!

何より幼稚園に入る前に集団行動の練習になるといいな!という淡い期待を抱いて。

そんなこんなでここ数日の私は入園準備に追われております。
↑体操服入れやお着替え入れ、おしぼりにおしぼりケース、コップ&コップ入れ、お靴入れは安定のファミリアで♡

↑シーツ&掛け布団としてバスタオルを2枚ご用意くださいとのことだったので、先週末にアウトレットにてバスタオルをゲット!
ラルフのバスタオル、なかなか肌触りが良いです!


今度はこれらすべてに名前をつけなくては!

母の細々とした仕事はしばらく続きそうです。


恋人同士でも夫婦でも、多かれ少なかれ気持ちのスレ違いが起きたり、ときには喧嘩になることがある。そういうときに忘れてはいけないことは、「恋人」も「夫婦」もそもそも他人同士であることなのだ。スレ違いや喧嘩が起きる根底には、「言わなくても察してよ!」「(相手が ... 続きを読む
恋人同士でも夫婦でも、多かれ少なかれ気持ちのスレ違いが起きたり、ときには喧嘩になることがある。

そういうときに忘れてはいけないことは、
「恋人」も「夫婦」もそもそも他人同士であることなのだ。


スレ違いや喧嘩が起きる根底には、

「言わなくても察してよ!」
「(相手が)当然わかってくれるはず!」

…という無言の期待が裏切られるから生じることが多い。 


でもね、ちゃんと伝えなきゃわかってもらえないことがほとんどだし、そもそもわからないものを察することなんてできないんですよ。

男と女は脳みその構造が違うらしく、
そもそも分かり合えない……というか、本当の意味で分かり合うのは激ムズらしいよ?


だからこそ、「これでもか!?」ってぐらいに自分の気持ちや考えていることを上手に具体的に伝える必要があるのよね。 


「恋人なんだから察してほしい。わかってほしい。」
「夫婦なんだから〜」
「家族なんだから〜」
と、相手に勝手に期待するって、めっちゃ不毛なこと。

自分の気持ちや考え方は、わかりやすく言語化して伝え続けない限り、一生わかってもらえないもの。


だって、恋人だって夫婦だって家族だって所詮は他人なのだから。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17