生きてたら、些細なイライラってたくさんあると思うんですよ。で、「イライラ」って聞くと、不幸の象徴のような気もするじゃないですか。できることならイライラしたくないし、何があっても華麗にスルーできる余裕が欲しい。それはみんな思ってると思うんだけど。ま、なかな ... 続きを読む
生きてたら、些細なイライラってたくさんあると思うんですよ。

で、「イライラ」って聞くと、不幸の象徴のような気もするじゃないですか。

できることならイライラしたくないし、何があっても華麗にスルーできる余裕が欲しい。
それはみんな思ってると思うんだけど。

ま、なかなかできないわけですよ。
実際問題として。
少なくとも器の小さな私には無理なの( ゚д゚)

…日々、小さ過ぎる些細なイライラにやられておりますとも(笑)

その小さな自分に凹むこともあるけど、一方で安堵する部分もあります。

私、意外と幸せ者なんだわ!なんて。

なぜなら、本当の本当に絶望したときは、感情そのものを失ってしまうことを知っているから。

本気の絶望をすると、もう何も考えられなくなるんです。
完全に思考停止( ゚д゚)


私、ドロ沼離婚交渉をしていたとき、絶望状態に陥りまして、食事も喉を通らなくなり、激痩せしました。

今、毎日ダイエットしてるはずなのに、一向に痩せる気配ゼロどころか日々体重が微増し続ける一方なんですけど、当時はみるみる痩せていきました。

でも、絶望してるから気づかないんだよね。
周りから「どうしたの?」って言われて、始めて自分が激痩せしていることに気づいたぐらい。

当時はイライラする余裕すらなく、ただただ放心状態でした。


だから、思うんだよね。

些細なイライラに苛まれているうちが花なんだよなーなんて。

いや、おばあちゃんになる頃には仙人みたいに達観した穏やかな心を手に入れていたいものだけど、若輩者の私にはまだまだ無理そうなので…(笑)

些細なイライラは、幸せボケの象徴だと思っておくことにしております。

三連休、長女ちゃんの七五三でドタバタしておりまして、キャパオーバーがたたり、些細なイライラが続いておりますが、まぁこれも幸せボケの象徴だよね(笑)


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26 
 

男たちが「美人が好き」と言っても誰も意義は唱えないけれど。女が「お金持ちが好き」とか言うと、軽くフルボッコの炎上騒ぎになることもあるじゃないですか( ゚д゚)笑確かに、ここ日本においては「お金」の話をすると、なんだか下品な印象もあるし、純愛においてはお金とは ... 続きを読む
男たちが「美人が好き」と言っても誰も意義は唱えないけれど。
女が「お金持ちが好き」とか言うと、軽くフルボッコの炎上騒ぎになることもあるじゃないですか( ゚д゚)笑


確かに、ここ日本においては「お金」の話をすると、なんだか下品な印象もあるし、純愛においてはお金とは無縁な印象もなきにしもあらず。

もっと言うなら、「支えたい」と貧乏な男性を選び、一緒に苦労する様が美談として語られることもある。


だけどね、私は思うんですよ。

女が男の稼ぎをアテにしたっていいじゃないか?と。
と言うか、それって当たり前じゃないの?ぐらいにも思うんだけど。
↑ゲスい女代表選手の私としては(笑)


だって、女は子供を産んだら、産休育休を取って、その後も時短勤務ならお給料が激減することもあるわけですよ。

さらに、子供が2人になったら、なんだかんだあまりにも多忙過ぎて、働くことを諦めたワーママも何人も知っています。

あまりにも多忙な男性と結婚した場合、家事育児の協力が全く得られず、やむを得ず専業主婦になる人だっているし。

転勤族と結婚したり、海外赴任する男性と結婚したがゆえに、なかなか定職に就けずに専業主婦になる人もいるわけです。

弱音を吐くなら……
私の場合、アラフォーに突入したら、ガクっと体力が落ちている気がしてて、フルタイムで働くのは体力的にきついわ(;´Д`)と思ったりもします。
↑軟弱(;´Д`)


女性がバリバリ働く社会になりつつはあると思うけど、まだまだ実態が追いついていないと思うのは私だけじゃないはず。


もちろんお金だけで人の幸せは決まりません。
だけど、お金があることで回避できることや、軽減できるストレスもあると思うんですね。実際問題。

自分で稼げることが1番かもしれないけど、そうそう上手くいくもんじゃないからこそ、お相手に期待してしまう……別にいいじゃないですか?


私だって思うよー。
今の主人に物申したいことがないわけじゃないけど、今ある程度恵まれた生活をさせてもらっていることを考えると、そんなに強く出なくてもいいかな?と思うこと(笑) 

私も1人でバリバリ仕事をしていた時期があって、それなりの収入を稼ぎ続ける厳しさを痛感しているからこそ、主人に感謝するし、尊敬できる部分もあるのよ。

これがマジで貧乏な男性だったら、こうはならないかもしれないよ。。。
ゆとりや余裕がなくなる分、もっとギスギスした女になっちゃうかもしれないし、
あれもこれも欲しいのに、たまにはシッター雇って休憩したいのに……と、グチグチ文句ばっかり垂れ流す女になっていたかもしれない。。。


そして、やっぱり思うわけです。
男が「若い美女が好き」だと思うのと、女が「稼げる男が好き」だと思うのは同レベルでしょう?と。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26 



世の中にはたくさんいるんですよね。一見フツーの女性なのに、なぜかモテまくりの人が。大学でサークルに入って衝撃を受けたことと言えば、どちらかというと地味目な先輩(女)があり得ないぐらいモテていて、なんならサークル内で三角関係になって、男2人がその先輩を奪い ... 続きを読む
世の中にはたくさんいるんですよね。

一見フツーの女性なのに、なぜかモテまくりの人が。

大学でサークルに入って衝撃を受けたことと言えば、
どちらかというと地味目な先輩(女)があり得ないぐらいモテていて、なんならサークル内で三角関係になって、男2人がその先輩を奪い合って険悪になってるんですよ。
しかも、その男2人がなかなかのイケメンなんですよ。軽くトップ3レベルのイケメンなんです。

えー?マジで?
なんであの地味な先輩が? 

と、新入生の間では話題沸騰でした。


でも、その激モテしている地味顔の先輩は私の希望の星だったよね。
なぜなら、私も地味顔だから(笑)

あの先輩がモテるんなら、私でもイケるかも?と淡い期待を抱くことができました。


だから、あの地味な先輩を超研究したんですよ。

そして、判明したこと2つ。


①先輩は思わせぶりの種まきを存分に行っていたこと 

誰だって淡い好意を寄せられたら、悪い気はしないと思うんですね。
もちろん生理的に無理レベルだったり、しつこくされたら、嫌になるかもしれないけど。

「好きかも?」とか言われたら、ちょっとずつ意識しちゃったりもするじゃないですか。
で、そのうち思いっきり気になる存在になることだってあると思います。

先輩はそのいい感じのライトな思わせぶり種まきの天才でした。

「それ、行ってみたい!付き合って!」とか、
「〇〇くんのそう言うところ、好きよ♡」とか、
「教えてもらってもいい?」とか、
いろんな理由こじつけて一緒に過ごす時間を作ったり、「え?俺に気があるの?」と思わせるのがうまいんだわ。


②程よく面白いぶっちゃけトークができる

その先輩がしゃべってみれば、例えば私のような後輩が相手でもとても気さくで楽しい人なのよ。
特に自分の失敗談とか、黒歴史を面白おかしくしゃべって、周りの人を和ませてくれる。
さらに、会話に気遣いがあって、褒め上手で相手をいい気分にもさせてくれます。

私も軽くファンになったけど、あれは男でもファンになっちゃうんだわ。

一緒にいて楽しいって、何気に1番大切な要素なのかもしれないよね。


と言うわけで地味顔でも激モテしている先輩(女)は、
思わせぶりで常に種まきしてて、コミュニケーション能力が高い。

それらが見た目の地味さを凌駕するわけね。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26
 

それなりにモテてるし、恋人はすぐにできるのに、3ヶ月ぐらいで冷めてしまう or フラれてしまう人って案外たくさんいる。今日はそんな人の特徴を3つほど考察してみます。①「ときめき=愛」と勘違いしてる人別れる理由が「ときめかなくなった」とか言っている人はこの手の ... 続きを読む
それなりにモテてるし、恋人はすぐにできるのに、3ヶ月ぐらいで冷めてしまう or フラれてしまう人って案外たくさんいる。

今日はそんな人の特徴を3つほど考察してみます。


①「ときめき=愛」と勘違いしてる人

別れる理由が「ときめかなくなった」とか言っている人はこの手のパターンだと思われます。
恋煩い中のフワフワ感(=ときめき)に多幸感を感じる人が多いと思うのですが、残念ながら、そのフワフワって長続きしないのよ。 
例えどんなに素敵な人が相手だったとしても、何年も何十年もときめき続けるって、なかなか無理なんですよ。(脳科学的に証明されております)
ときめきと引き換えに「安心」を手に入れ、そこに満足している人や、ときめきは薄れてもお互いに尊敬の気持ちがあると、人間愛で繋がっていけるんだけどね。
恋愛真っ只中のフワッと感だけに翻弄されたい人は、1人の人と長続きしません。


②男たるもの女たるもの…云々の思い込みが激しい人、自分の当たり前を押し付ける人

「男だったら男気を見せて欲しい」
「女だったらおしとやかであって欲しい」
「男が奢れや!」
「家事育児は女の仕事でしょ?」等々
男女ともに「〇〇であって欲しい」という願いや、「〇〇だろう」という勝手な妄想や、「〇〇なんて男じゃないわ」的な思い込みが多少なりともあると思うんですね。

でも、この思い込み度合いが激しいと破局の元凶となってしまいます(;´Д`)

どんなに似ていると思った人でも、一緒に暮らしてみたら、「え?そうなの?」という小さな価値観の相違がたくさん見つかるものよ。

そんなときに自分の当たり前の基準を押し付けるではなく、お互いに歩み寄って譲り合っていかないと、どんな人間関係もうまくいきません。
 

③白黒はっきりつけないと気が済まない人

「どちらでもいい」という答えが超絶嫌いな人に多いこの手のパターン。
人と人とのやりとり、距離感、価値観……世の中、グレーなことが実際多いじゃない?

男女関係においても、はっきりさせ過ぎない方がうまくいくこともあるのよ。
例えば、家事育児の分担とかもそう。
きっちりルールを決め過ぎて、そこに縛られてしまうことで余計に増えていくストレスだってあると思います。

で、男女関係において最もやってはいけないことは、お互いの意見や気持ちがスレ違ったときに、徹底的に勝ち負け(白黒)をつけようと、売り言葉に買い言葉的な痴話喧嘩を勃発させること。

だいたいね、白黒はっきりつけたいって言う人は、結局自分が「白」じゃないと気が済まない人なんですよ。

だから、話し合いと言いつつ、屁理屈や御託を並べて、自分が「白」ってことで徹底的に相手をねじ伏せてしまいがち(;´Д`)
そりゃ、ねじ伏せらた方はたまりませんよ。

で、お互いが全く譲らないなら、やっぱりその関係は続かない。

世の中には「グレー」のままでもいいことって案外たくさんあるから。

そして、時には「負けてあげる優しさ」が2人の関係性を強くすることだってあるものよ。


彼氏(彼女)ができても、なぜか長続きしない。。。
と悩む人は以上の3点を振り返ってみるといいわよ。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26


強気なワガママ美女と、大らかで寛容なそこそこ可愛い子。俺様なハイスペ男子と、とことん優しい凡庸な男。さて、どちらがモテるでしょう?答えは、あらゆる場面でチヤホヤされまくるのは前者です。。で、チヤホヤされまくるからこそ、「このぐらいはやってもらって当然」と ... 続きを読む
強気なワガママ美女と、大らかで寛容なそこそこ可愛い子。
俺様なハイスペ男子と、とことん優しい凡庸な男。

さて、どちらがモテるでしょう?


答えは、あらゆる場面でチヤホヤされまくるのは前者です。。

で、チヤホヤされまくるからこそ、「このぐらいはやってもらって当然」と強気にもなる。
Aくんがやってくれたことは、Bくんも当然やってくれるはずと思ってしまうのよね。
そして、理想もうなぎ上り〜。
で、気づけば、そんな理想の男性はどこにもおらず、いつのまにか負け美女になっていたり。


そして、結婚相手として選ばれるのは案外後者だったりするのよね。

ちなみに、強気なワガママ美女と俺様ハイスペ男子は、離婚率も結構高い。

どちらがモテるか?の解釈はどっちとも取れるけどね。


よく考えなければならないのは、自分がどちらになりたいか?

ちなみに、大らかで寛容な美女なら、相当求婚が殺到すると思うわよ。


とはいえ、いろいろ知ってしまったがゆえに、理想が高くなってしまうのもわからんでもない。
少なくとも25歳の私よりも、31歳の私の方がベラボーに理想が高かったから。。。 

だけど、現状を客観視して、うまいこと落とし所をつけていかないと、誰とも結婚できずに年齢だけ重ねてしまうから、要注意よ!!!


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26 

昨日の座談会で出た話題です。ブログ読者のみなさまにも参考になりそうなお話がたくさん出たので、一部紹介していきたいと思います。大人の男には案外ありがちだと思うんだけど。3回目のデート。「付き合ってほしい」みたいな明確な告白はなし。しかし、「部屋に来ない?」 ... 続きを読む
昨日の座談会で出た話題です。
ブログ読者のみなさまにも参考になりそうなお話がたくさん出たので、一部紹介していきたいと思います。


大人の男には案外ありがちだと思うんだけど。

3回目のデート。
「付き合ってほしい」みたいな明確な告白はなし。
しかし、「部屋に来ない?」と誘ってくる。
え?これってどういうこと?
私ってそんな扱い(都合のいい女)なの?

と、困惑して、お断りしたところ。

男性側の言い分としては、
部屋に来てくれてから告白しようと思ってたとのこと。

でも、そんな取ってつけたような言い訳は受け入れられない、とバッサリ斬ってリリースしてしまったそうです。


私の答えとしては、
えー?!モッタイナイ!!!


そうそう。
男も大人になればなるほど、直球の告白ってしなくなるんだよね。
もちろんそういう目的の不誠実な男性もいますが、誠実な男性だったとしてもその辺が超不器用な人もいます。

その男性側の言い分もわからないでもないよ。
フラれたりしたら気まずいから、「部屋に来たってことはOKってこと?」って確信を持った上で告白したいんです。
チキンな男どもは絶対に負け戦をしたがらないから。


でも、女性側の言い分もめっちゃわかるし、お付き合いの意思も定かではない相手のお部屋に行くべきではないと思います。

それなら、こちらから確認すればいいと思うんですよ。

誘われた時に
「私は付き合ってもいない人のお部屋には行くことはできないの。
 そんでもって、次に付き合う人とは結婚も考えられる人がいいと思ってるんだけど?」と。

それでさ、誠実な返答が返ってくるのだとしたら、自分も好きなら行けばいいと思うし、曖昧な返答で濁されるなら行かなきゃいいだけ。


なんで告白してくれないの?と憤慨してバッサリ斬ってしまう女性も、
フラれたくないというチキンハートで、部屋に誘ってみて勝算をはかっているいる男性も、
自滅女子と自滅男子の顛末だわー(;´Д`)


でも、案外こういうモッタイナイ恋の顛末って多いのかもしれませんね。。。


ちなみに、私の話をしておくと……
プロポーズもされていないのに、「一緒に暮らそう」と言ってきた元夫に、「結婚してない人と同棲はできない」と突っぱねて、プロポーズに持ち込み。

出会った当初「結婚は全く興味ないわー」と豪語していた今の夫に「付き合って」と言われた時に、「結婚できない人と遊んでいるヒマはない」と突っぱねて、これまたプロポーズに持ち込みました。


結婚も恋の始まりにも「勢い」って大事だと思うんですよ。

そして、その「勢い」をつけるために大事なことが、直球の本音だったりするんじゃないかな?と思うわけです。


控えめな女子ほど相手の負担になりたくなくて、自分の本音を押し殺して、自分で忖度して勝手にシャッターを下ろしてしまったり。

自分に自信がなかったりすると、ネガティブな方向に妄想が膨らんでしまい、これまた勝手にジ・エンドにしてしまいがちです。


相手の気持ちを想像することはできるけど、その想像が外れていることも案外あるのよ。
結局のところ、相手の気持ちも意図もちゃんと確認しないとわからないもの。


「え?」って思ったときほど、相手にちゃんと確認できるある種の図々しさが、幸せな恋の結末を導くためには必要なのかもしれないよ?


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26

先日の出来事です。ちょっとお買い物があって、長女ちゃんをスクールに送迎後、次女ちゃんと日本橋三越へ。そして、次女ちゃんがお昼寝タイムに入ったところで、お気に入りのカフェでお一人さまランチをしていたんですよ。ちなみに、最近お気に入りのメニュー♡日本橋三越、 ... 続きを読む
先日の出来事です。

ちょっとお買い物があって、長女ちゃんをスクールに送迎後、次女ちゃんと日本橋三越へ。

そして、次女ちゃんがお昼寝タイムに入ったところで、お気に入りのカフェでお一人さまランチをしていたんですよ。

ちなみに、最近お気に入りのメニュー♡
日本橋三越、カフェウィーンのアマディウストースト
IMG_9778


そしたら、たまたまお隣のお席にオシャレなおばあちゃまがいらっしゃいまして、お互いにお一人さま(私には寝んね中の次女ちゃんがいましたが)だったせいか、ちょこっと世間話をしたんですよ。

そのおばあちゃまにはひ孫さんがお生まれになったそうで、可愛いのよ!みたいなホントにたわいもない会話。

で、おばあちゃまが先にお店を出られて、後から私もお店を出ようとしたら、

「お代は頂戴しております!」とのこと。

相当ビックリしました!!

あのおばあちゃま、かっこ良すぎでしょ?♡

というか、日本橋三越ってすごいわ〜と思ったよ。
案外こういうことがフツーに起こるんです!笑
私、見ず知らずの方にご馳走になったの2回目!!

前回はお得意さまサロンで、「ひ孫がよく食べているハイハイン(赤ちゃんせんべい) が食べてみたいけど、孫にはなんとなくそんなこと言えないの」というおばあちゃまに「よかったらどうぞ!これ、大人が食べてもなかなかいけますよ!」とお1つ差し上げたら、その場で5000円ぐらいのチョコレートをお返しにといただいてしまったという出来事。


私もいつかあんなおばあちゃまになれならいいな!と思った次第(^^)

ステキな年長者に育てていただける環境っていいですね!

かなりひさしぶり、4年ぶりの座談会を開催しました!どんな方が来てくださるんだろう?私、ちゃんとしゃべれるかな?みなさんにご満足いただけるかな? ……と一抹の不安を抱えておりましたが、なんとか大盛況のうちに終えることができました。そして、ビックリすることは、 ... 続きを読む
かなりひさしぶり、4年ぶりの座談会を開催しました!

どんな方が来てくださるんだろう?
私、ちゃんとしゃべれるかな?
みなさんにご満足いただけるかな? 

……と一抹の不安を抱えておりましたが、なんとか大盛況のうちに終えることができました。


そして、ビックリすることは、参加者のみなさまの美女っぷり!!

新刊「自滅女子〜」の座談会なんですね。
自滅女子ってキーワードだけ聞くと、美女イメージじゃなくない?

でもね、みなさん驚きの美女っぷりでして、会がものすごーく華やかなんです〜。

そして、みなさんのクレバーっぷりもすごい。
婚活戦略を持ち合わせている方も多く、めっちゃ参考になるお話が飛び交ったりもして。

例えば、LINEとかfacebookのアイコン写真はどんなものがいいのか?とどなたかが質問したら、背景にお花が入ると3割増しで可愛く見える!とレクチャーくださった方なんかがいて、心の中で「へー!」を100回ぐらい押してましたよ。

確かに、お花背景の写真、めっちゃいいやないかーい!!!


これホントお世辞じゃなくて、参加者のみなさまのレベルが高過ぎて、かなり驚きました。


さらに、デビュー作のときから拙著を読んでくださり、めでたくご結婚された方、最近、お子様をご出産された方にもご参加いただき、感無量^_^


WAVE出版の佐藤さんに企画いただき、今回、私は登壇者側ですが、参加者のみなさま以上に私が楽しんでいたような。
IMG_9825
↑ちなみに、このお写真の中でピースをしている方が編集担当の佐藤さんです♡

また別角度から座談会の様子
ちなみに、私は写っておりません。
IMG_9827


座談会後、みなさんでLINEの交換会が行われ、合コンのお誘いなんかのお話もあがり……
これがご縁で婚活仲間ができたり、なんならそこから繋がって結婚に繋がったら最高だなーと思っております。

思い返せば、4年前に開催したセミナーや座談会で知り合った仲間がまだ仲良しだったりすることもあるとお聞きしておりまして、そういうご縁、非常に嬉しく思っております。

何はともあれ、非常に充実した時間を過ごせて、最高の1日でした。

ご参加いただいたみなさん、WAVE出版の佐藤さん、お手伝いで来てくださったユッキーさん、本当にありがとうございました(o^^o)
 

★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26 
 

先日、同じマンションかつ年パス仲間のママ友と舞浜へお茶へ♪(今回は長女ちゃんはプレスクールで、次女ちゃんと一緒に)ディズニークリスマスを満喫しました(^^)遠巻きにイッツクリスマスタイム(ディズニーシーのクリスマスのショー)を見て、その後、子供たちがお昼寝タ ... 続きを読む
先日、同じマンションかつ年パス仲間のママ友と舞浜へお茶へ♪
(今回は長女ちゃんはプレスクールで、次女ちゃんと一緒に)

ディズニークリスマスを満喫しました(^^)

遠巻きにイッツクリスマスタイム(ディズニーシーのクリスマスのショー)を見て、
IMG_9820

その後、子供たちがお昼寝タイムに突入したので、大人お茶タイム!
IMG_9819
↑ディズニーシーのマゼランズラウンジでカフェタイム

で、徒然トークを楽しんだんですけど、
うちらのご縁ってすごいよね!って話で盛り上がりました。

私たちの出会いはマンションの駐車場。

機械式の駐車場なので、出庫待ちをしているときにお互いに子連れだったもので、何気なく会話したのが始まりでした。

でね、そのママ友がマザーバッグにディズニー35周年のぬいぐるみをつけていたんですよ。

だから、
「それ、35周年のミッキーですよね?」という話題になり、

そこからお互いに年パス持ちだということが発覚!!

どんなお友達とご一緒しても楽しいんですけど、やっぱり年パス持ちの友人とご一緒すると気楽です。

ほら?1dayチケットだと7400円もしちゃうじゃないですか?
だから、1dayチケットでインパしている友人と一緒だと、朝から晩までかけて、ありとあらゆるアトラクションやショーを回りまくらなければ!となんとなく気持ちが焦ってしまうけど。

年パス組はその辺りめっちゃゆるくて、なんなら美味しいお茶が飲めたらそれでまぁいいやー!ぐらいののんびり具合だったりもして。

気軽にノリと勢いだけでディズニーを楽しめる仲間はめっちゃ貴重です。

やっぱり親子だけで行くよりも、ママ友親子も一緒の方が楽しいしね(^^)


恋愛でも婚活でもそうだけど、気の合う友人との出会いもご縁だよね〜。

そして、どこにでも転がっているものなのかもしれないね。

私が数多の合コンを通して学んだことは……合コンで最も美味しいところをもっていく女は、「AKB」的な女子ってことだ(笑)どういう子がAKB的というのかと言えば、クラスで3番目ぐらいに可愛い子って意味。とびっきりの美女ではないけど、そこそこ可愛い子。男ってさ、女子 ... 続きを読む
私が数多の合コンを通して学んだことは……

合コンで最も美味しいところをもっていく女は、
「AKB」的な女子ってことだ(笑)

どういう子がAKB的というのかと言えば、
クラスで3番目ぐらいに可愛い子って意味。

とびっきりの美女ではないけど、そこそこ可愛い子。


男ってさ、女子が思う以上にチキン野郎なんだよね。

「俺じゃちょっと無理かも…」と思うような高嶺の花には手を出そうとしないんですよ。
なぜなら、絶対にフラれたくないから。
それが男のプライド。

だからって誰からも見向きもされないようなブスも絶対に嫌。
それも男のプライド。


これを合コンに置き換えてみると、1番のとびきりの美女よりも、2番目3番目のそこそこ可愛い子が最終的に1番イイ男とくっついているなんて話はよくある話です。

これにはもう1つ理由があって。

男社会は「たて社会」であることが起因しています。
女社会は「よこ並び文化」だったりするので、女子にはイメージがつきにくいかもしれませんが。

男の世界には「序列」があるんだよね。
例えそれが同期や同級生の集まりだったとしても、先輩後輩がある集まりならもちろんのこと。
そして、なんだかんだそれが遵守することが美徳とされ、その序列をむやみに飛び越えると、「空気読めないヤツ」みたいな扱いを受けることになってしまいます。

つまり、その序列においてのナンバー1が1番の美女を口説くことが多いんだなぁ。。。
でもさ、男社会における1番の先輩が1番イイ男とは限らないわけじゃない?

30〜45歳の男性陣が参加する合コンにおいて、45歳の男が1番イイ男とは限らないでしょ?
だって、45歳の男性はもしかしたらバツイチ子持ちかもしれないし、変な趣味趣向が原因で結婚できない男かもしれないわけで。
30歳の1番の下っ端くんが結婚相手としてみたら、1番イイ男かもしれないじゃん?


そうそう。男の序列模様は、
芸人合コンなんか言ったら、その辺が面白いぐらい顕著よ(笑)
大先輩のお気に入りの美女を、1番の下っ端が口説こうものなら、もはや業界から消されるんじゃないか?ぐらいの空気があるからね。
下っ端たちは、一生懸命先輩のヨイショしてたりして、黒子に徹していたりもする。

ちなみに、同期や同級生においての序列とは、合コンを企画できる男、それに乗っかるだけの男とか、成績順とか、人気順とか、金持ち順……とかなんだかんだ理由をつけて序列がついてるわけよ。


そんな合コンで1番イイ男をかっさらっていくのがナンバー2、3なのよ。

1番の大先輩が美女にかかりっきりなのを尻目に、1番イイ男に擦り寄るチャンスがたくさんあるからね。
で、その1番イイ男も、2番手3番手の女に手を出す分にはお咎めなしだから、遠慮する必要もない。
そして、「高嶺の花」とまではいかないそこそこ可愛い子だけに、少しだけリラックスして声をかけることができたりもする。


バチェラージャパンなら、とびっきりのナンバー1が最後のバラをもらうんだろうけど、
現実社会の合コンなら、2番手3番手は案外美味しいポジションとなるのです。


「あの子に全部持っていかれちゃうかも?」と飛びっきりの美女の登場に落胆するよりも、
「ヨッシャー!美味しいポジションゲット!」ぐらいのゲスい女が案外素敵な結婚をこぎつけてるものよ。

ちなみに、私が合コン幹事をするときには、いつも飛びっきりの若い美女をメンバーに入れることにしておりました。

すると、「ひろんが幹事の合コンは、超可愛い子がくる」と男性陣からの合コン依頼が殺到し、さらに、なんだかんだゲスく1番のお気に入りくんを狙い撃ちできるので、これ以上に美味しいことはありませんでした。 


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26