私が思うに、 近現代のアラサー&アラフォー世代は煩悩の時代なのではないか?  ……と感じている。  なぜなら、悩めるだけの「選択肢」が多過ぎるからだ。 先日、何かのニュースで見たけど、生涯未婚率は軒並み上昇傾向。 「あえ ... 続きを読む
私が思うに、
近現代のアラサー&アラフォー世代は煩悩の時代なのではないか? 
……と感じている。 

なぜなら、悩めるだけの「選択肢」が多過ぎるからだ。


先日、何かのニュースで見たけど、生涯未婚率は軒並み上昇傾向。
「あえて結婚しない」って人生だってアリな時代に突入している。

結婚したとしてもDINKSって選択肢もアリ。

要するに、近現代においては「幸せのカタチ」は多種多様であり、ひと昔前みたいに結婚して子供を育ててることが幸せの象徴みたいな考え方は古くなりつつあるのよね。


だけどさ、女の出産には医学的なリミットがあって。
一定の年齢を超えると、そもそも妊娠できなくなるものだし、妊娠したとしても様々なリスクが急上昇することは周知の事実。

35歳以上だと高齢出産(マル高)と言われるから、その近辺を境に焦りを感じるのかもしれない。


現に、私がそうだったもの。
離婚したのが31歳だったけど、35歳までに第一子を産みたい!と思って。。。
逆算して「やばい!私には時間が残されてないわー!(;´Д`)」ととてつもない焦燥感に駆られたのも懐かしい思い出(笑)


「もう手に入らないかもしれない」ってなると、途端に焦り出すのが人間のサガなのだ。


そんでもって、
「そもそも自分にとっての幸せのカタチが何なのか?」
……って答えを出すにもアラサーアラフォーではまだまだ未熟で、そこまで人生達観できてるわけでもない。

当たり前だけど、世間さまは明確な答えなんてくれるはずもなく。。。 
すべては自己責任。

だけど、否応なしに締め切り(出産リミット)には追われて、いろんな葛藤に苛まれるから、煩悩にまみれて息苦しさを感じる。

アラサーアラフォーとは、そんな難しい世代なんじゃないかと思う。


私の友人や先輩でアラフィフでバリキャリ独身生活を謳歌している人々がいるけど、もはや煩悩なんて何のその。

「もう子供は無理だから、結婚する意味ナシ!」
「気ままな恋愛が楽しいのよー!」
……なんて言って一寸の迷いもなく、自由気ままな日々を楽しんでたりする。

彼女たちもアラフォーぐらいまではめちゃくちゃ悩んだそうだ。
「私の人生、これでいいのかな?」とか、
「やっぱり結婚して子供産んだ方がいいのかな?」って。

だけど、アラフィフあたりに突入すると、一気に吹っ切れて、人生がめちゃくちゃ楽しくなるらしい。


選択肢があるばあるほど、煩悩は生じる。
そして、煩悩は息苦しい。
だけど、明けない夜などない。

そう思えば、人生も煩悩ももっと気楽に楽しめるようになるのかもね。


ママ友ちゃんから二人目の相談を受けて、
私も三人目を考えるか否か煩悩にさまよいそうな予感がしてきたり(笑)

いや、子宝は授かりものだから、そうは言っても思い通りにいくとは限らないけどさ。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

ことごとく不幸な恋愛やダメンズに溺れてしまう人がいる。 そんでもって、そういう人に限って何度も不幸な恋愛に翻弄されてしまうんだよね。 それを単に「男運が悪い」と片付けてしまうのは簡単だけど。。。 まぁ誰しも1度や2度は本当に運が悪いだけのこと ... 続きを読む
ことごとく不幸な恋愛やダメンズに溺れてしまう人がいる。

そんでもって、そういう人に限って何度も不幸な恋愛に翻弄されてしまうんだよね。

それを単に「男運が悪い」と片付けてしまうのは簡単だけど。。。

まぁ誰しも1度や2度は本当に運が悪いだけのことはあるけど、
3回以上の不運に見舞われたのなら、それは結局、自分がそういう未来を選択してきたと思った方がいい。

そして、最もタチが悪いのは、自分で選んだくせに、その自覚が全くなく、単なる悲劇のヒロインに成り下がってしまうこと。

不幸をもたらす男っていうのは、もう出会った瞬間から3回目ぐらいまでのデートにその片鱗を見せているもの。

心のどこかでは妙な違和感を察しているのに、「条件がいいから」とか「もう私もいい年だし」とか「とりあえず一人ぼっちは寂しい」だなんて言って、ついつい臭いものには蓋をしてしまいたくなるのも分からんでもないけど。

蓋をしたところで、
臭いものは臭いままなのだ(;´Д`)



私もさ、最初の結婚はやっぱり何かに違和感を感じていたけど、自分に散々言い訳をして、臭いものには蓋をしたわけですよ(;´Д`)

イケメンでエリートで高収入っていう抜群の条件の良さと、その当時仕事が激務過ぎてもう疲れ切ってて、ぶっちゃけ辞める正当な理由(寿退社)が喉から手が出るほど欲しかった。。。

だから、そんな自分の弱さに完全に負けちゃったのよね。。。

ま、結婚して大ヤケドを負って離婚することにはなったけど、その経験から得たもの、学んだこともたくさんあるので、全く後悔はしていないけどさ(′∀`)


だけど、どうせなら最初から幸せになれる相手を選んだ方がいいよね。
だって、離婚の話し合いとか、そこに至るまでの様々な葛藤とか、マジで寿命が縮んだような気がしてならないから。。。

離婚は否定しないけど、できることならしないに越したことはない!!!
↑経験者は語る(笑)


「女の第六感」は意外と優れている!!!
「違和感」をスルーせずに自覚する勇気が、
幸せな未来の礎になる。




★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17


 
 

先日のブログでもチラリと書いたけど、私は結構なこだわり屋さんです。 もう少し正確にいうと…… こだわるところとどーでもいいところが超両極端なデコボコ人間です(笑) で、最近の私のささやかなお気に入り ジャガード織りのハンカチタオルが ... 続きを読む
先日のブログでもチラリと書いたけど、私は結構なこだわり屋さんです。

もう少し正確にいうと……
こだわるところとどーでもいいところが超両極端なデコボコ人間です(笑)

で、最近の私のささやかなお気に入り

ジャガード織りのハンカチタオルが好きだー

ジャガード織りのハンカチと言えば、フェイラーが有名ですが、子持ちになった今はファミリアのハンカチを何気にコレクションし始めました

最近、お買い上げしたもの↓

やっぱりファミちゃん&リアちゃん(くまの名前)は可愛いのだー

娘のお洋服も何気にファミリアが多いので、合わせて揃えるのも◎ 

大それた贅沢ではなくても、ささやかなお気に入りを大切にできる生活に感謝ですね

合コンで出会った人とか、マッチングアプリで初めて会う人とか、婚活パーティーでカップルになっただけの人とか、お見合い相手とか…… そもそもお互いをよく知らない相手とのデートはどうしても手探り状態になる。 で、やっぱり女としては、男性にリードして ... 続きを読む
合コンで出会った人とか、マッチングアプリで初めて会う人とか、婚活パーティーでカップルになっただけの人とか、お見合い相手とか……

そもそもお互いをよく知らない相手とのデートはどうしても手探り状態になる。

で、やっぱり女としては、男性にリードしてもらいたい!とか、ステキなお店選びをしてほしい!とか、ヒールを履いてる私を歩かせないでほしい!とか、自分なりの当たり前の基準で物事を決めつけてしまいがちで。。。

不本意な想定外が起こると、途端にテンションが下がってしまうこともあるかもしれない。。。


だけど、どんなデートだったとしても、なんだかんだ楽しんだ者勝ちだと思うんだよね。

例え目の前の相手との未来はなかったとしても、とりあえずその場は楽しんだ者勝ち!!!

「この人はないわー!」と内心思っていたとしても、そのあり得ないポイントをネタとしてメモとってブログにするとかさ(笑)

で、それでも全く楽しむ要素すら見つけらず不快指数ばかりが急上昇するだけと言うのなら、私なら仮病でも使って、ソッコーで帰るね。
だって、時間の無駄だし、何より自分を消耗したくないから。
 


今日はママ友を誘って、お台場へ♪

私から「お花見でも行っとく?お台場のショッピングセンターなら隣が公園だし、子連れに優しいし!」と提案したにもかかわらず、お台場の桜は5分咲きにもなっていないぐらい咲いておらず。。。

結局、ノリと勢いで、水上バスに乗って、別の企画に変更になったのでした。

それはそれでめちゃ楽しかったけど!!!
お天気が良かったし、平日で空いていて水上バスは貸切状態でお得感満載だったしね!


んで、己が痛恨のプランニングミスを犯して、デートをプランニングする男性陣の気持ちが少しわかったわ!!

テキトーに誘うと、調査不足で想定外はいくらでも発生するわけですよ。
お花見なのに肝心の桜が咲いてないとかね(笑)

でも、気軽に誘えない相手って、もうそれだけでハードル上がりまくりじゃないですか。


そんなとき、
想定外が発生しても、
「これはこれで逆に楽しい!」
……とはしゃいでくれる女性だったら、マジで惚れるよね。


今日のママ友ちゃんは桜はほぼ見れなかったけど、貸切水上バスにめちゃくちゃ喜んでくれました♡

もう、惚れてまうやろーーーーー(叫)


自分の理想を貫くとか、希望を持つことも大事だけど、恋愛も結婚も相手ありき。

男女の立場が違ったとしても、相手の立場を思いやれる心って本当に大事なんですよね。


てゆーか、人生そのものが想定外の連続じゃない?

だったら、
いつだって想定外を楽しむ心の柔軟性こそが、
人生を彩り豊かなものにするのではないでしょうか。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17

 

私は結構こだわりが強いタイプです。 大事な書類や手帳、お手紙などは、お気に入りのペンじゃないと書きたくないし。。。 (やっぱりお気に入りのペンの方が美しい字が書けるじゃん?) カバンの中身の配置もお財布の中身も、自分なりの整理整頓ルールやお札の ... 続きを読む
私は結構こだわりが強いタイプです。

大事な書類や手帳、お手紙などは、お気に入りのペンじゃないと書きたくないし。。。
(やっぱりお気に入りのペンの方が美しい字が書けるじゃん?)

カバンの中身の配置もお財布の中身も、自分なりの整理整頓ルールやお札の向き、カードの場所、小銭は長財布には入れないルールなどをバッチリ決め込んでいて、ルール違反は嫌い!!
(要するに、ぐちゃぐちゃは嫌い!!)

メイクもお気に入りの鏡を使わないと、なんだか気分が乗らない。。。

おぉ!!
自分で言ってても、なかなかの面倒臭さ(笑)


んでね、ある日、私のお気に入りの鏡がなくなっちゃったんだよね。

家のどこかにあるはずなんだけど(外に持ち出すものでもないし)。

だけど、どこをどう探しても見つからない。

軽くテンションが下がり始める鬼嫁(笑)


そしたら、主人が自転車をかっ飛ばして、閉店間際の銀座三越でお気に入りの鏡を調達して来てくれました。


ちなみに、私のお気に入りの鏡はコレ↓
ジルスチュアートのハンドミラー



「どうだ!買ってきてやったぞよ!!」
……と、どこか満足気でドヤ顔の主人(笑)


男という生き物は、女心&乙女心に疎いもの。

だから、相手を喜ばせたい、役に立ちたいと思っていても、何をどーすればいいのか?わかってないことも多いんだよね。

だけど、そこは諦めずに女心や希望を伝え続けていけば、いつ間にか超デキる男に変貌を遂げてくれます

もちろんワガママも度が過ぎたら、ウザがられるし、その男性なりの許容範囲を見極める野生の感も大切ですが……。


女のワガママは、男をヒーローにする

もし出世する男と結婚したいのなら、 肝に銘じておいた方がいい考え方がある。 大成する男には、  「⚪︎か×」の二択しかないということだ。「△」という曖昧な答えは存在しない。 そんでもって、 その決断スピードは超絶早い。  それは、尊敬する実業家の知人がよく ... 続きを読む
もし出世する男と結婚したいのなら、
肝に銘じておいた方がいい考え方がある。


大成する男には、 
「⚪︎か×」の二択しかないということだ。
「△」という曖昧な答えは存在しない。


そんでもって、
その決断スピードは超絶早い。 


それは、尊敬する実業家の知人がよく語っていること。
彼は仕事の取引をするときでも、部下を昇格させるときでも、この考えを念頭に置いているらしい。

彼が何かを聞いたときに、「△」の答えを出してきた人にはそれ以降のチャンスは与えないんだって。
なぜなら、できない人間の相手をしているヒマはないから。
キビシー。


それを結婚に置き換えると……
万が一、「いつか結婚したいと思ってるけど……」と結婚したい交際相手の気持ちをノラリクラリと交わされ続けるようなら、


残念ながら、
あなたとは結婚する気がないか、
出世できない、うだつの上がらない男かのいずれかなのである。


だけどさ、人ってヤツは自分が信じたい現実しか見ようとしないじゃない?

だから、「彼だけは違うんだ!」「私は違う!」と一生懸命自分に言い聞かせようとしちゃうんだけど。。。 

そこは心を鬼にして、受け入れたくない現実を受け入れる方が幸せになれるんだよね。 


私自身も現役婚活時代、結婚する気はないけど、恋愛を楽しみたい男にたくさん出会いました。

だけど、最低でも2回目のデートぐらいまでには、
「私は結婚する気がない男とは付き合う気がない!」
とバッサリ宣言することにしていまして。

それで関係が続かないなら、私の運命の相手じゃないんだな!ていう割り切りの元にね。

だけど、そうやって自分の希望や気持ちを最優先してきたからこそ、早々に婚活を卒業できたんだと思うんだよね。


時間は有限。
結婚するする詐欺の男に翻弄されている場合じゃない! 



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

私は結婚も2回してるし、出産も2回目を控えております。 やっぱり2回目にして学ぶことって多いもの。 いや、3回目ならもっと学べるのかもしれないけど!? ↑3度目の結婚の予定は今のところありません(笑) 私にとっての幸せな結婚には、 ... 続きを読む
私は結婚も2回してるし、出産も2回目を控えております。

やっぱり2回目にして学ぶことって多いもの。

いや、3回目ならもっと学べるのかもしれないけど!?
↑3度目の結婚の予定は今のところありません(笑)


私にとっての幸せな結婚には、案外フツーであることが超大事だったってことは、2回目にしてやっと実感していること。


そして、ただいま絶賛出産準備中なんだけど、2回目だからこその目利きもある。
 

最近、お買い上げしたもの↓

・長女ちゃんのジュニアシート(コンビのジョイトリップ)
・ベビービョルンの新生児から使える抱っこ紐
・マキシコシのタオルカバー
・入院中の前開きのパジャマ(楽天)
・次女ちゃんの肌着(ユニクロ)


1人目のときはなんでもかんでも最上位モデルを選んでいた気がするけど、2人目ともなると、力の抜きどころ&プチプラでも優秀商品が分かってきます (笑)


〈私の備忘録(出産準備お買い物リスト)〉
・チャイルドシート(ジュニアシート)は、最上位モデルが最適とは限らない。
もちろん人や車種によると思うけど。
ちなみに、次女ちゃんは新生児期はマキシコシ(長女のお下がり)を使う予定。
コンビ ジョイトリップ エッグショック GC [エアーブラックBK] ジョイトリップEG ジュニアシート チャイルドシート ◎
コンビ ジョイトリップ エッグショック GC [エアーブラックBK] ジョイトリップEG ジュニアシート チャイルドシート ◎ 


・新生児用抱っこ紐は、前は腰ベルトなしのタイプを購入したけど、やっぱり腰ベルトはあった方が良かった〜!
私の場合、腰ベルトなしは装着は簡単なんだけど、肩の食い込みが結構すごくて肩凝りになりました 
そんでもって、通気性の良いメッシュタイプが◎
結局、冬でも抱っこ紐ケープをつけるものだから、やっぱり通気性は大事だった。
★送料無料★ ベビーキャリア ONE + Air ワン + ワンプラス エア 4WAY 抱っこひも ベビービョルン BabyBjorn 子守帯・スリング 子守帯 【あす楽対応】 point3_netbaby
★送料無料★ ベビーキャリア ONE + Air ワン + ワンプラス エア 4WAY 抱っこひも ベビービョルン BabyBjorn 子守帯・スリング 子守帯 【あす楽対応】 point3_netbaby



・入院中のパジャマは、プチプラでよし!


・ベビたんの肌着(下着)はユニクロが超優秀!
↑ときどき2枚組で790円セールやってます
ちなみに、今週末も!!




★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 






私は以前から、絶賛婚活中には「女子会は不要である論」を切々と唱えてきた。未だその考えに変化はない。非モテ同士で傷の舐め合いをしてお互いを慰め合っても、気持ち的には楽になるかもしれないけど、婚期は遠のくばかりだからさ(;´Д`)本気で結婚したいなら、婚活集中 ... 続きを読む
私は以前から、絶賛婚活中には「女子会は不要である論」を切々と唱えてきた。
未だその考えに変化はない。

非モテ同士で傷の舐め合いをしてお互いを慰め合っても、気持ち的には楽になるかもしれないけど、婚期は遠のくばかりだからさ(;´Д`)

本気で結婚したいなら、婚活集中期間ぐらいは女子会をお休みして、徹底的に自分と向き合うことをオススメしたい。
これは本音。


だけど、結婚した後、特に子供を出産した後、老後においては、確実に同性の友人ってめちゃ大事だよな〜と実感する今日この頃です。

初めての育児なんて、どれだけ育児書(教科書)を読み込んでいたところで、教科書通りになんかいかないものだと思うんですけどね。

そんなときに、ささやかな疑問や悩みや単なる愚痴を語り合える時間って、マジで癒しです(´∀`*)

そんでもって、「あの習い事がいい」とか「どこそこのプリスクールがどうだこうだ」とか「一時預かりの託児所情報」とか「生の幼稚園情報」とかオススメのお菓子やおもちゃ、絵本情報まで、本当に助かるものも多く、ママ友ちゃんたちとの情報交換は本当に大事です!!!


でもってさ、まだ老後の話は先のことだけど、一般的には女性の方が長生きする確率が高いわけで、そんな時期の茶飲み友達ってボケ防止のためにも大事だと思うんだよね!

老後の話は若輩者の私にはまだまだ想像の域でしかないけど、自分の母親なんかを見てると、女同士でグルメツアーしたり、はとバスに乗ってみたりと、めちゃくちゃ楽しそうに老後をエンジョイしてるっぽいし。


女のアラサー&アラフォー時代って、人生の選択肢がまだまだたくさんあるし、既婚未婚、子持ち小ナシ、家庭環境などなど、如実に違いが出てくる時期でもあって、状況が違う人とは話もライフスタイルも違ってきたりして、なかなか難しいこともある。

だけど、女の友情って時空を超えて、いつかは繋がるものだとも思う。


先日、産院のママ友たちと子供たちのお誕生日会をしました!

そうそう。
娘(長女)は元々は5月生まれの予定でしたが、ちょっと早めに生まれたもので、産院のお友達は8割が5月生まれなのですが。。。

私の第二子の出産予定も5月で、「5月の2歳のお誕生日会には参加できないかもな〜」と思っていたところ、そんな私に配慮してくれて、早めのお誕生日会をセッティングしてくれたみんなに感謝。

さらには、
「出産、頑張って!!!」
……と、ステキな贈り物をいただいたりもして、めちゃくちゃ感動!!!
image


いつでも周りの人に恵まれていることが、私の最大の財産ですね。


婚活現役時代は、「結婚したい!」って気持ちが本気であればあるほど、しょーもない女子会は全くオススメできないけど(;´Д`)

やっぱり女友達は大事だ!!!
……そんな当たり前のことを実感する今日この頃。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17

 

様々な婚活に手を伸ばして、いろんなタイプの男性に出会いまくると、 「どんなタイプが1番、自分に合うのか?」 悩み迷いまくってしまうこともある。 というのも、誰だって完璧なんかじゃないし、人間っていうのはその不完全さに魅力があったり ... 続きを読む
様々な婚活に手を伸ばして、いろんなタイプの男性に出会いまくると、

「どんなタイプが1番、自分に合うのか?」

悩み迷いまくってしまうこともある。


というのも、誰だって完璧なんかじゃないし、人間っていうのはその不完全さに魅力があったりもするものだから。


「Aくんのここがいいけど、Bくんのこういうところもステキ

「Aくんのこういうところは微妙だけど、Bくんもなぁ……」

なんて悩むこともあるだろう。


ちなみに、私の場合は、今の主人と付き合う前、今の主人よりもずーっと稼ぎが良い経営者との間でものすごく悩んだこともあったり(笑)


だけど、今の主人を選んだのは、なんてことないフツー過ぎるデートが楽しかったから。


やっぱりこれでも女子ですから、
予約が取れない有名店に連れていってもらえばテンションが上がるし、高級車で迎えに来てもらえばウキウキもする(笑)


だけどさ、結婚ってやっぱり人生や日常生活を共にすることなんだよね。


だから、なんてことない日常の一コマに幸せを感じられるかどうか?が1番大事だし。

惚れた腫れたの色恋沙汰はそう長くは続かないので、親友(戦友)になれる相手なのかどうか?って視点が大切なのよ。


今日は日中、産院での妊婦検診でして、なんだか疲れてしまったので、お夕飯づくりはおサボりして、外食デー

その帰り道、
私「クレープが食べたい!」
主人「ソフトクリームが食べたい!」
となったので、年甲斐もなく食べ歩きをしてみました

パパとママの束の間の甘味タイムに付き合ってくれた娘にも感謝( ^ω^ )


そんでもって、こんなどうでもいい日常の一コマにこそ、本当の幸せって潜んでいるものなのよね。




前々からこのブログで言っていることだけど、大人になればなるほど、ときめき力は減退してしまう。若者なら後先考えずに勢いだけで突っ走ることができたとしても、大人になって経験値を積めば積むほど、良くも悪くも賢くなってきちゃって、自分で自分にブレーキをかけやすく ... 続きを読む
前々からこのブログで言っていることだけど、

大人になればなるほど、
ときめき力は減退してしまう。



若者なら後先考えずに勢いだけで突っ走ることができたとしても、
大人になって経験値を積めば積むほど、良くも悪くも賢くなってきちゃって、自分で自分にブレーキをかけやすくなってしまうから。。。


だけど、賢い大人になっても、この「ときめき力」を維持する方法が1つある。

その原動力は「好奇心」


目の前に起こる出来事にイチイチ興味を持って、調べごとをしてみれば、新たな視点や発想力を養える。

一見恋愛対象にならなそうな相手にも興味を持って話を聞いてみれば、知らなかった魅力を知り得る機会になる。

するとね、「ときめき力」も落ちないんだよね。


その昔、私は戦闘機マニアの会というめちゃくちゃオタッキーなオフ会に参加したことがある。

そのきっかけと言えば、どこかで航空自衛隊のニュースを見たことで思いついただけなんだよね。

それまでの私の中では、自衛隊とか戦闘機とか完全にノーマークの存在。
自衛隊の知り合いも周りにいないし、今までの人生の中で全く接点がなかったから、興味を持つきっかけすらなかったんだけど。

ニュース1つ掘り下げて、調べものをしていて戦闘機マニアの会に辿り着くこともある(笑)

そんでもって、戦闘機マニアの会は男だらけの男祭♡
そこに巻き髪ハーフアップのワンピース姿の独身女子が参加しようものなら、もうそれだけであり得ないぐらいチヤホヤされまくる楽園なんですわ(笑)

さらには、もう本当にいろんな職種の男性陣がいるんですよね。

もの珍しい職種としては、裁判官とか霞が関のエリート官僚とか義足を作っている技師さんとか、日常生活では全く接点がない人なんかもチラホラいて、話を聞くだけでめちゃ面白い会だったんだよね。

で、そこで出会った人1人1人に好奇心まっしぐらでインタビューでもしようものなら、その人なりの新たな魅力もどんどん見えてくる。

そこをさらに繋げていくと、もう無限に人脈が広がっていくこともある。

実は出会いって作ろうと思えば、いくらでも作れるし。
目の前の人に好奇心があれば、いつの間にか恋心が芽生えることもある。


「いい男がいない!」
「出会いがない!」
……って叫んでいる賢い大人に足りないものがあるとすれば、それは「好奇心」なのかもしれないわ。


だって、「好奇心」に突き動かされるように行動していれば、
いつの間にかキラキラした何かに辿り着いているものなのだから。 





★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17