実を言うと。。。
私はいわゆる女の人間関係が超絶苦手である(笑)

ずっと共学だったし、職場も男社会だったし、本当に親しい女友達は並の男よりも男前でサバサバタイプばかりだし。。。
と、いかにも女子っぽい人たちから軽く逃げてきた過去も。


でもね、子供を産んでママになると、すっごい勢いでママ友ができるんですよ。

んで、うちの子はまだ1歳半なので、別にママ絡みの関係は全く強制ではないし、本当に気が合う人とだけ付き合っておけばいいわけですが。

これから幼稚園、小学校と進むにつれ、係だのPTAだの役員だの、子供が絡んでいるがゆえにどうしても好き嫌いだけで関係を選んでいくことができなくなるのかな?
と思ったり。
↑というか、先輩ママにそう伺ってます。 


そして、切に思ったことが
人間関係のリスク分散が必要だな!と。


1つのグループに固執してしまうと、そこで何かあったときに大変だ!なんて(笑)

同じ産院だったとしても、同じ幼児教室だったとしても、「そこをあえて選んだ!」という価値観は似ている分、お互いに分かり合えることも多い半面、やっぱり考え方は多種多様であり、意見が異なることもあるからね。 

で、意見が違ったとしても互いに認め合える関係であればいいんだけど、そういう人ばかりとは限らないじゃん?


今のところ、私自身は複数のグループ(それもそれぞれ全くカラーが違う)と仲良くしているからこそ、付かず離れずのなんかいい感じな関係が築けているのかな?と思ってみたりみなかったり。 

と言うより、私はベッタベタの関係はそもそも苦手です(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

いろんなママ友ができると、いろんな情報(お受験情報やら区立幼稚園の評判、他区の私立幼稚園の評判、小学校の越境の話など)が入ってくるわけですが、そのどれもをかなりフラットに聞けるのは、やはり人間関係が1つではなく複数に分かれているからかな?と思ってみたりみなかったり。


ちなみに、婚活現役時代の私も婚活仲間は非常に多岐にわたり、いろんなカラーの仲間がたくさんいました。というか、作りました!!

だからこそ、出会いの幅も広がって、結果として早く婚活を卒業できたのかもしれません。


今日は5つ目のハロウィンパーティー(娘関連)に参加して参りました。

5つのパーティーともそれぞれのカラーがあって、その違いを比較してみると、めちゃくちゃ面白い!!!


あらゆる意味で、
人間関係は分散しておくといい!!!


と思った今日この頃なのでした。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17