女子のよくあるお悩みの1つ。

付き合う前はマメに連絡をくれていたのに、お付き合いが始まって少し時間が経ったら、彼氏の連絡頻度が減ってしまったんですけどー!
どうしてー!?
愛が冷めちゃったのー?
私はマメに連絡が欲しいんです!!
といった類のもの。


それはまさに男脳と女脳の構造上の違いってヤツなのよね。


例えばこんなケースを思い浮かべてほしいんだけど……

「なかなか連絡できなくて、ごめんね〜!」
……みたいな会話が女子同士では交わされることがままある。

それはね、「連絡頻度=親密さ」みたいな感覚がどこかにあるからなんだよね。


だけど、男同士の間柄には「連絡頻度が低い=好ましくないこと」という感覚がそもそもないわけで。

「折り返しできなくて、ごめん」という感覚はあっても、
「たわいもない連絡ができなくて、ごめん」っていう感覚はほぼないし。

女子特有の「連絡の頻度=親密さ」みたいな感性もないわけですよ。

そう、男という生き物は、基本的には用事がなければ、連絡はしないものなのよね。

しかしながら、気になる女の子を落とそうと狩猟本能全開のときは、一生懸命マメに連絡することはあるわけです。

なぜなら、そこには下心があるから(笑)
そんでもって、恋愛のイロハをわかっている男っていうのは、マメ男の方がモテるってこともよく知っているから(′∀`)

でもさ、男脳的にムリがある行動はやはり長くは続かない(;´Д`)

関係が落ち着いてくれば、気持ち的にも平常運行になるからこそ、連絡頻度も落ちるけど。

そこで「もっとマメに連絡してよ!」と責められたり、「愛が冷めたの?」なんてジメっとした問いかけをされたりすると。。。

「あー!面倒だなー!」
……みたいな感覚にもなりかねません(TДT)

男気のある男らしい男ほど、この傾向は強いでしょう。


だからさ、そういう男性と良好な関係を続けたいと思うのなら、
「連絡頻度=親密さ、愛」みたいな女性的な感覚は忘れた方がいいと思うんだよね。


恋愛の不協和音は、男脳と女脳の構造上の違いからくるものが多い。
だったら、相手の思考回路を理解することで悩みを減らしたらいい。




★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17