前々からこのブログで言っていることだけど、

大人になればなるほど、
ときめき力は減退してしまう。



若者なら後先考えずに勢いだけで突っ走ることができたとしても、
大人になって経験値を積めば積むほど、良くも悪くも賢くなってきちゃって、自分で自分にブレーキをかけやすくなってしまうから。。。


だけど、賢い大人になっても、この「ときめき力」を維持する方法が1つある。

その原動力は「好奇心」


目の前に起こる出来事にイチイチ興味を持って、調べごとをしてみれば、新たな視点や発想力を養える。

一見恋愛対象にならなそうな相手にも興味を持って話を聞いてみれば、知らなかった魅力を知り得る機会になる。

するとね、「ときめき力」も落ちないんだよね。


その昔、私は戦闘機マニアの会というめちゃくちゃオタッキーなオフ会に参加したことがある。

そのきっかけと言えば、どこかで航空自衛隊のニュースを見たことで思いついただけなんだよね。

それまでの私の中では、自衛隊とか戦闘機とか完全にノーマークの存在。
自衛隊の知り合いも周りにいないし、今までの人生の中で全く接点がなかったから、興味を持つきっかけすらなかったんだけど。

ニュース1つ掘り下げて、調べものをしていて戦闘機マニアの会に辿り着くこともある(笑)

そんでもって、戦闘機マニアの会は男だらけの男祭♡
そこに巻き髪ハーフアップのワンピース姿の独身女子が参加しようものなら、もうそれだけであり得ないぐらいチヤホヤされまくる楽園なんですわ(笑)

さらには、もう本当にいろんな職種の男性陣がいるんですよね。

もの珍しい職種としては、裁判官とか霞が関のエリート官僚とか義足を作っている技師さんとか、日常生活では全く接点がない人なんかもチラホラいて、話を聞くだけでめちゃ面白い会だったんだよね。

で、そこで出会った人1人1人に好奇心まっしぐらでインタビューでもしようものなら、その人なりの新たな魅力もどんどん見えてくる。

そこをさらに繋げていくと、もう無限に人脈が広がっていくこともある。

実は出会いって作ろうと思えば、いくらでも作れるし。
目の前の人に好奇心があれば、いつの間にか恋心が芽生えることもある。


「いい男がいない!」
「出会いがない!」
……って叫んでいる賢い大人に足りないものがあるとすれば、それは「好奇心」なのかもしれないわ。


だって、「好奇心」に突き動かされるように行動していれば、
いつの間にかキラキラした何かに辿り着いているものなのだから。 





★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17