2015年08月

少し早めですが……先日、主人にお誕生日プレゼントを買っていただきましたティファニーさまにて外商の担当さまにエスコートいただいていたもんで、ティファニー店内の個室でお茶付きでお買い物いたしまして、ちょっとだけ優雅な気分~カップはもちろんティファニー至る所に ... 続きを読む
少し早めですが……
先日、主人にお誕生日プレゼントを買っていただきました

ティファニーさまにて
{207A0A09-F122-4EA3-8CB2-F4BC32E4D0B5:01}


外商の担当さまにエスコートいただいていたもんで、ティファニー店内の個室でお茶付きでお買い物いたしまして、ちょっとだけ優雅な気分~

カップはもちろんティファニー
{1BD9CE11-9FC9-4631-9A61-4038EAB159A7:01}

至る所にティファニーを感じることができるインテリアもステキでした
{7A3DCC56-D29B-4C49-A53C-E44325B5462B:01}



そして、まだ生後4ヶ月の娘ちゃん相手に、夫婦揃って軽く婚活英才教育しちゃってる私たちですよ


私→娘ちゃん
「あなたを大切にしてくださる方を選ばないと、ダメよ。お誕生日プレゼントをケチる男なんて論外です。」
「パパみたいな人と結婚しなさい
「バンドマンとか、絶対やめといて!(懇願)」


主人→娘ちゃん
「はっきり言って、稼げない男に価値はないな。でも、稼げるだけでもダメ。やっぱり真面目さと優しさが大事かな~。」
「しょーもない男、連れてきたら、どうしよう?無下に反対して、駆け落ちなんかされたら、たまらないな~。」


私たち夫婦の元に生まれてきたがゆえに、今から結婚相手のハードルが上がりまくってる娘ちゃんですよ(笑)

まぁ親バカっていうか、バカ親街道まっしぐら~(笑)


ティファニーで買うものを決めて、
「これはあなたが20歳になったら、プレゼントするわ」と話しかけて、キラキラアクセサリーを娘ちゃんの胸元に置いてみたら、娘ちゃんは理解しているのかいないのか、大爆笑しておりましたよ(笑)


「これは大物になるかもしれない
なんて夫婦2人で大盛り上がり
↑完全にバカ(笑)


親バカにさせてくれる娘ちゃんに大感謝ですね


「子はかすがい」とはよく言ったもんで、娘ちゃんがいてくれるおかげで家族の絆も深まります


平凡なある日の出来事。

……今日は単なる徒然日記でした

恋に悩む友人からの相談にブログで公開回答しちゃいます(笑)お題は、金がある男は浮気をするのか!?私の独自調査により判明していること99%の男に浮気願望があるどんなに誠意大将軍に見えても、心のどこかに『あわよくば願望』を隠し持っているものよ……。ただし、実 ... 続きを読む
恋に悩む友人からの相談にブログで公開回答しちゃいます(笑)


お題は、
金がある男は浮気をするのか!?



私の独自調査により判明していること


99%の男に浮気願望がある


どんなに誠意大将軍に見えても、心のどこかに『あわよくば願望』を隠し持っているものよ……。


ただし、実際に浮気するかどうかは別問題


ほら?
男性にだって倫理観とか、恐怖感(?)とか、いろいろありますからね(笑)

例えば、浮気して離婚されちゃったら、かわいい娘ちゃんに会えなくなるとか、かわいい娘ちゃんに軽蔑されるのが怖いとか、莫大な財産分与や養育費を支払わなければならない、妻に精神的に不能にされそうで怖い……などなど。
↑というのは、我が主人の心の本音を私が推し量ってみる(笑)



そして、お題の「金がある男は浮気をするのか!?」


ぶっちゃけて答えてみると……

お金がある男性の方が浮気に走る危険性は高いです

もっと言うなら、お金と時間があるイイ男には、浮気の誘惑が多い……です



あくまでも可能性の話であって、全員が浮気する訳ではありませんが……


周りのセレブ男性(既婚者)の浮気率、愛人囲い率は、結構高かったりもして……

時には恋煩いという病気を患い、気がふれたとしか思えない言動をとる者も(笑)

ま、浮気まではいかなくても、銀座の女にハマって、大金を使い込んだり、若い女性に豪華なディナーをご馳走したり、海外出張に行けば高価過ぎるお土産を美女に貢いだり……
というのは、元職場(外資金融)の既婚者にも多かったのよね



しかし、面白いことは、賢い男ほど、浮気はしても、絶対に離婚はしない。

あくまでも愛妻家で、1番大切なものは家族。


だけど、時には刺激を求めてしまう



ちなみに、私はもし主人が浮気したら、どうするか?

即離婚します
最強の弁護団を雇って、財産分与や養育費は取れるだけ根こそぎ取ってね

私は結婚に執着する気はないからさ~。

そんな大宣言をしている私が恐ろし過ぎて、浮気なんかできる訳がない……と言っている主人でございます(笑)



そんな訳で結論

金と時間がある男は、貧乏ヒマなしの男よりも、ぶっちゃけ浮気の危険度は高い


それを阻止したければ、覚悟をもって毅然とした態度を貫き、それを相手に理解してもらうことかしら……ね?(笑)


やっぱり、前々から記事にしているけど、セレブ妻とはあらゆる意味でハイリスクハイリターンである。

何人かの友人が面白いと言っていたので、買ってみました『東京タラレバ娘』友人評通り、めちゃくちゃ面白いしかし、自分の胸にグサリと突き刺さるセリフがてんこ盛りで、展開がエグ過ぎて、心がへし折れそうになるわ(笑)私の中では大ヒットさらに、婚活女子のみなさまには ... 続きを読む
何人かの友人が面白い
と言っていたので、買ってみました


『東京タラレバ娘』
{2A28ACFB-A53C-4EA4-B6D2-15C42D33B6BD:01}


友人評通り、めちゃくちゃ面白い

しかし、自分の胸にグサリと突き刺さるセリフがてんこ盛りで、展開がエグ過ぎて、心がへし折れそうになるわ(笑)


私の中では大ヒット

さらに、婚活女子のみなさまには反面教師にしていただきたい内容が満載なので、ご紹介しちゃいます(笑)


ネタバレ含む、ざっくりあらすじは……

「たられば」ばっかり言っていたら、いつの間にか独身のままに33歳になってしまい、急に結婚したくなって焦り出した主人公・倫子。
10年前は超絶ダサくて、こっぴどく振った男も、10年も経てば出世してイイ男になっていた。
そんな彼から呼び出されて、10年越しでまた告白されちゃうかも?なんて浮き足立ったものの、フタを開けてみれば、倫子の後輩19歳に交際を申し込みたいから、相談にのってくれ!なんて恋愛相談を受ける顛末……。
女友達に愚痴をぶちまけて慰めてもらおうと、居酒屋で女子会をしていたところ、若いイケメンからは「行き遅れ女の井戸端会議」と罵られ……。

その他の登場人物もこういう人いるわ~!って思う典型的な結婚できない女子たちが……

これ以上書くと、私まで凹んでくるぐらい、エグい展開とセリフのオンパレードな本書です。


10年前に振った男が、10年の時を経て、イイ男になってるけど、今さら相手にされないとか、私にも思い当たる節があり過ぎるので、心臓が痛くなりましたよ(笑)


私、20代前半ぐらいまではイケメン好きでねぇ……
(↑今にして思えば、大バカ者)

自分の醜態コンプレックスにも苛まれて、自分にはない美しい顔を求めてました

その昔、見た目はパッとしない同郷の医学部の男の子に告白されたけど、当時は彼の魅力に気づくことができず、ギターかついで歌うたっているバンドマンと付き合っちゃったりしたけどさ……(遠い目)

つい数ヶ月前、医療系番組(テレビ)で医師になった彼を発見して、今にして思えば見た目は全然アリ

番組の内容としては、危機的状況にあった患者さんを最先端技術で救うという展開で、彼のコメントっぷりがこれまたかっこ良かったりして、彼がめちゃ輝いて見えたんだわ

実家も近かったから、結婚してたら、一緒に帰省もできるし(←そこ?笑)、実はすごいイイ男だったんじゃないか?なんて……正直、「逃した魚は大きかった」と後悔もしちゃいましたよ


そんなデジャヴにも遭遇でき、自分に対する戒めにもなる本書。

本気で昔の私に読ませたいわ~(笑)

物心ついた娘ちゃんにも読ませようと思いましたよ(結構本気!)


そんな訳で、三十路過ぎの女の現実を垣間見たい方、自分調子に乗ってるかも?自意識過剰かも?と不安に陥った方にはオススメでしたよん。

婚活にとって、最大の敵は、自信をなくすことなので、今、低迷している方は読まない方がいいかも……


最近、あまりマンガは読んでなかったけど、久々にドハマりしそうな私でございます。

東京タラレバ娘(1) (KC KISS)/講談社

¥463
Amazon.co.jp

大安吉日私、初の著書『崖っぷち女子が年収1000万円超の男性と結婚する方法』が出来上がりました~来月9月18日に三笠書房さまより発売いたしますなんともまぁ、強気なタイトルの書籍を出すことになりましたでもさ、これこそが私の最大限の強みだと思うからさ~(↑私 ... 続きを読む
大安吉日

私、初の著書『崖っぷち女子が年収1000万円超の男性と結婚する方法』が出来上がりました~
来月9月18日に三笠書房さまより発売いたします
{0CA4D673-AF53-4C7C-97C5-F89EEE38BB0F:01}


なんともまぁ、強気なタイトルの書籍を出すことになりました

でもさ、これこそが私の最大限の強みだと思うからさ~
(↑私、やっぱり強気ね笑)



ひろんの願い

私は、今が『崖っぷち』で苦しいと思っている婚活女子の方にこそ、最高級の幸せを手に入れて欲しいと本気で願っています。


先日のブログ(過去記事参照→今、いじめに悩む君へ贈る言葉。)にも書いたけど、

私がこのブログを書く意味、書籍を出す意義は、大変おこがましくも、

「弱き者、悩める方々の希望の光になりたい」
と心から願っているからです

誰よりも不甲斐なくて不出来で八方ふさがりだった過去の自分へのメッセージこそが、実は誰かの小さなお役に立てるのではないか?

そう思ったことが、婚活ブログを書き始めるきっかけにもなりました。



なんて言ったってね、
離婚してバツイチになったときの私なんて、最低最悪のどん底状態ですよ(笑)


4年ほど無職(専業主婦)だったもんで……

一人暮らしのお部屋を借りようとしたら、当たり前のように「源泉徴収票を提出してください」って言われたけど、そんなもんないし……。

「無職なんで、ありません!今、求職中です!」と堂々と答えてみれば、お相手の顔がどんどん曇っていって……案の定、審査落ち。

住む家がない~!どうしたらいいの~?
ってところから再スタート


無職(求職中)なのに、婚活パーティーに潜入して痛い目にも遭いましてね


分かったことは、三十路過ぎて、仕事もしていないバツイチの女に、世間も男も厳しいってことよ(笑)


おまけに、私は平凡顔……。
化粧しなかったら、もはや死んだ魚みたいな顔してるんですわ


だけど、理想は天にも届きそうなほど高い……。

オマケに、妥協して納得のいかない結婚をするぐらいなら、一生涯独身でいいや!ぐらいの覚悟まで決めてる。


それでどうするん?
って、軽く絶望するところから私のドタバタ再婚活はスタートいたしました。


もちろんね、高い理想だけ掲げるのは自由ですが、それだけじゃ傷ついて疲弊するだけで、実現できません


だから、必死で考えて、戦略を練って、自分をバージョンアップさせていきました。

崖っぷちの私でも高い理想を実現するためにね



そして、セミナーなどを開催するようになり、書籍の出版も決まって、またまた必死で考えまくりました。

目の前の婚活女子のみなさんが、幸せなバージンロードを歩くにはどうすればいいのか?

さらには、書籍にどう書けば伝わるのか?


もうね、超難産でしてね……。

実は昨年の年末ぐらいに書籍化が決まって、原稿を書き始めていたのですが、やり直しにやり直しを重ね、出産のため入院していたLDR(分娩するための病室、無痛分娩だったもので最初の頃は平静を保っておりました笑)でも原稿を書き、退院して2週間後には編集長さまと担当編集者さまに自宅にまでお越しいただき、打合せをしてまた書き直しに追加原稿の執筆を繰り返し、やっとここまで来ました

本を1冊書き上げるって、想像以上に大変なんだわ。これ。
私も含め制作に関わる関係者1人1人がこだわればこだわるほどに難易度急上昇

しかし、それだけこだわって、手厳しいダメ出しにも応えてきたので、最初の頃に書き上げた原稿よりもだいぶバージョンアップ

発売は1ヶ月後ですが、無事刷り上がってきたことに感無量です


そんなこんなで、とてつもない難産の末に出来上がった書籍です

1冊、手にしていただけると、本当に嬉しいです

何より悩める婚活女子の方のお役に立てたら、この上ない幸せでございます


一応、Amazonのリンクを貼っておきますが、まだ予約は受け付けていないようです。
予約が開始いたしましたら、こちらのブログでまたご報告させていただきますね

崖っぷち女子が年収1000万円超の男性と結婚する方法 (単行本)/三笠書房

¥1,404
Amazon.co.jp

やっぱり私ってば、誰かのキュービットになることが大好きなようです自分がきっかけを作って、幸せなカップルができたなら、これ以上の幸せってない!と本気で思っているのです。そんなこんなで、先日は、お医者さん合コンをセッティングしてみましたちなみに、今回は男性陣 ... 続きを読む
やっぱり私ってば、誰かのキュービットになることが大好きなようです

自分がきっかけを作って、幸せなカップルができたなら、これ以上の幸せってない!と本気で思っているのです。


そんなこんなで、先日は、お医者さん合コンをセッティングしてみました

ちなみに、今回は男性陣は全員お医者様かつお坊ちゃま君という合コン

お父様が医学部の教授、開業医などなど……

育ちがいいっていうのはいいもんね。
穏やかで良識がある方が多いような気がします
たまに変な人もいるけど(笑)


3対3
+1(オマケの私)

私には娘ちゃんもいるので、最初の方だけ顔を出して、早退しましたが……

合コンって、めちゃ楽しいわ~
単純に男女の出会いとして考えなくても、異業種の別世界なぶっちゃけトークを聞ける場でもあり、好奇心旺盛な私にはたまらなく面白い場所なのです。

先日は全員がお医者さまだったので、医療トークが面白かったですよ~。
(例)患者さんに聞かせたくない内容だけはドイツ語でしゃべる…とか。
「メシ、行く?」=「エッセン、行く?」になるんだそう。
今のところ、病院に行く用事は、娘ちゃんの予防接種ぐらいしかないけど、いつか注意して聞いてみよう(笑)


そして、現役婚活時代は、自分がどうにかなるのに必死でしたが、今は男女の人間観察が興味深い


そして、婚活コンサルタントとしては、

彼らがどんな女性を生涯の伴侶に選ぶのか?
どうしたら彼らの心に入り込めるのか?

研究対象として考察することに必死ですよ(笑)


と言いつつ……

お医者さんが相手だと、医療現場の素朴な疑問をぶつけてみたり、出産が痛過ぎて気が滅入った話を愚痴ってみたり(私は無痛分娩でしたが、無痛でも痛かったです~笑)、さらには、相手が男性ということも忘れて、産後、会陰切開(出産するとき、多くの女性はアソコを切るのです)の傷が痛過ぎる話など……

一児の母となり、もはやモテることに興味ゼロになってしまった私は、非モテ街道まっしぐらなトークを繰り広げてしまったという汚点も残してきた……というのはここだけの話ですが。
ま、独身女子がモテモテになるために、私が泥をかぶっておけばいいのよね?(言い訳笑)


幼い娘ちゃんがいるので、合コンのセッティングはなかなかできませんが、たまにはこういうのもいいもんですね

セミナーやコンサルの再会の予定はまだ未定ですが、ご要望があれば、出会いの場も提供できたらいいな
と思った週末の夜なのでした



そうそう。
参加女子から出産祝いとお土産をいただきましたよん
image

いただいたお土産(チョコ)は、帰宅してから主人と美味しくいただきました
ありがとうございます~

昨日は中学校の同窓会へ顔を出してきましたしかしながら……私にとって、小学校、中学校というのはあまり良い思い出がありません。というより、良い思い出よりも、苦しかった思い出の方がずっと多いから……。何を隠そう私はいじめに遭っていたからさ~アトピーで皮膚がただ ... 続きを読む
昨日は中学校の同窓会へ顔を出してきました

しかしながら……
私にとって、小学校、中学校というのはあまり良い思い出がありません。
というより、良い思い出よりも、苦しかった思い出の方がずっと多いから……。

何を隠そう私はいじめに遭っていたからさ~


アトピーで皮膚がただれていたり、喘息でいつもゲホゲホしていたせいで、「病気を移すな!バイキン!」とからかわれたことがある。

ある日、学級の何かの決め事で、クラスメイトの席(イス)に座ったら、「バイキンは私の席に座らないで欲しい」と叫ばれ、目の前でイスを雑巾で拭かれたことがある。
※アトピーも喘息も他人にうつる病気ではありません。

よからぬ変なあだ名をつけられ、からかわれたことがある。

喘息のため、体育を見学すれば、ずるいと言われた。

教科書は幾度となく紛失したし、「バカ」「アホ」「バイキン」などとマジックで書かれたり破かれたりして、それを親に見せるのが嫌で自分で焼却炉の中に投げ捨てたことがある。
そして、「教科書をなくしてしまったから、新しい教科書を買って欲しい」と何度も母親に頼んでいた。

さらには、「教科書は自宅に持ち帰りなさい」と先生の言いつけを守らず、机の中に忘れてしまったら、翌朝、机の中の教科書はなくなっていて、先生から「教科書を忘れていった人のものは、焼却炉で燃やしました。」と告げられ……

ここの学校では私を助けてくれる人は誰もいない。
先生なんかアテにならない。
何事も自分でどうにかするしかない。
……と勝手な被害妄想に苛まれたりもした。

↑ちなみに、先生が教科書を取り上げたのは、持ち帰るべきものを忘れていったからであり、いじめではなく、教育上の観点です。
もちろん教科書を燃やしたというのは脅しであり、後で先生から返していただきました。


学校生活はそんな事件簿の連続だったから、いつの日からか、私はこれ以上のいじめに遭わないように、存在感をとことん消すこと、何が起きても鈍感に振る舞う術を覚えていったのね。

いじめというのは、当事者が困ってオロオロすればするほど、エスカレートしていくものだ。
だったら、何が起きても何食わぬ顔をしていればいいというのが少女だった私なりの答えだった。



なぜにそんなアウェーな場所へ戻ることができたのか?


まず1つ目に、
過去がどうであれ、今の自分に自信があるからだ。

私、水戸で生まれ育ったくせに、地元には友達っていないのよね~。
だから、懐かしい同級生に再会するってよりも、新しいお友達を作っちゃおう!ぐらいの不純な動機もありつつ(笑)
昔の私は、自分に自信なんて全くなかったからさ~。
どうしてもオドオドしていたように思うけど、今の私なら堂々と声をかけることだって可能です

ちなみに、私のことなんて誰も覚えていないのでは?と思っていたけど、そんなことはなく、話しかけてくれる人は案外たくさんいました。

さらに、友達なんていないと思っていたけど、そんなこともなかった。
一緒に買い食いをしたり、ちょっと遠出をしたり、花火大会に一緒に行っていたお友達はいたわ。

20年ほど連絡をとっていなかっただけで、中学生の私にも数は少なくても、一緒に笑い合うお友達はいたんだわ。

私の記憶って、実は曖昧なのかもね。


2つ目に、
当時の真実が知りたかったから。

同窓会に行ってみて、中1のときの担任の先生に声をかけられました。
「もう1度、あなたに会えたら、謝りたいと思っていた。教科書を燃したなんて言って、ごめんなさい。」と謝罪されました。
そして、もう1つ、私の知らなかったエピソードを知った。
私は教科書を紛失する度に(実際は紛失じゃないんだけど)、母が学校へ電話をしていたようだ。
「申し訳ありませんが、娘が教科書をなくしたというので、新しい教科書を購入したい。」と。
私はすっかり忘れてしまっていたけど、先生に教科書を没収されたときも、私は母親に「なくしてしまった」とウソをついたみたい。
私はあらゆる意味で5回以上20冊ぐらいの教科書をなくしている。
実は先生もこれは何かがおかしいと気づいていたようだが、当時は何もできなかったらしい。
それどころか、私を標的にした訳ではなく、忘れ物をした人を懲らしめてやろうという目的だったとはいえ、私の教科書を没収したこと、そして、私が母親にまたもやウソをついたこと、「何度も何度も教科書をなくして、申し訳ない。」と謝罪をしてきた私の母に心を痛めていたらしい。

先生から言われたことは、「あの優しいお母さんを大切にしてあげなさい」ということ。

当時の私は、誰も味方がいないと思っていたけど、母親だけはいつも私の味方だったみたいね。

思い返してみれば、何度も何度も教科書をなくしていたのに、母に叱られた記憶がない。


3つ目に、
少年少女だった同級生たちがどう大人になったのか単純に興味があったから(笑)

これ、単純に面白いよね~。
ガキ大将で大いばりだった子がフリーターやニートだったり、当時は気弱なもやしっ子だった子がエリートになっていたりして、単純に年収だけで言うなら、3~10倍ぐらいの差がついて、モテ具合が100倍ぐらい違うとかね(笑)

ちなみに、私が座ったイスを雑巾で拭いた女の子は、いまだ独身で「いい人がいない」「全然出会いがない」と嘆いていたりもして。
噂によると、彼女も上京していて、今はエステティシャンをやっているそうですが、「エステを思う存分受けられる奥様方が羨ましい」そうです。

小学生の頃も、今もルックスはキレイな子で、私の方がずっと羨ましいと思っていたけど……
視点を変えれば、見方も変わる。

とある男子に、「クラスのマドンナ的存在だった○○ちゃんはサビれた女に成り下がったのに、お前はいかにもいいとこの奥様って感じで、勝ち組だな~」と揶揄されたりもしましたよ。
他人と比べることが害悪でしかないと思っている私も、ちょっとだけ調子に乗って気分が上がりました(笑)

↑普段はあまり着ないフォクシーのワンピに、ヴィトンのストール羽織って、キラキラダイヤモンドのアクセサリーを付けていったせいかしらね?(笑)



そんな私が、
今、いじめに悩む君へ贈る言葉。


その経験を糧にして、強く生きて欲しい。

私にとって、いじめられた過去は全くもって良い思い出ではないけど……

その経験を糧にできたからこそ、成し得たこともたくさんある。

いじめの記憶が残る田舎からとにかく抜け出したくて、受験勉強に勤しみ、上京を果たして、夢の東京一人暮らし生活を謳歌することができた。

超難関のテレビ局の採用試験で、
「メディアの使命とは何か?」という質問に対して、喘息やアトピーの経験、いじめのエピソードを具体的に話した上で、

「苦しんでいるのはあなただけではないと伝えること。」

「私がテレビを見て、東京に憧れて、それだけを糧に田舎を抜け出してきて、今があるように、弱き者に希望の光を照らすことだ。」
と答えて、内定を勝ち取ることができました。

↑採用試験は7次選考まであったので、この答え1つで内定が出たわけではないけど、私が話した内容は強く印象に残ったそうです。
テレビ局のように、数百倍とか数千倍とか、とんでもなく倍率の高い試験は、面接者の印象に残らなければ、内定は取れないものだからさ~。
やっぱりね、テレビ局時代の元同僚とか、突き抜けた何かを持ってるもんね~。

フツーの人ならひた隠したいと思うような、いじめに遭って死にたいと思った経験を赤裸裸に語ってしまう辺りが他の人にはない強みになったのは間違いないと思ってます(笑)

私はとことん苦しんだ人間だからこそ、表現できるものがある!なんて、面接で力説してたもんな~(笑)


苦しい思い出というのは、それが苦しければ苦しいほど、それを乗り越え、開き直って、それを自分の糧にできた瞬間に、最強の武器に変わります



本当に無理だと思ったら、いっその事、そこから逃げてしまいなさい。戦う必要はない。

今、ニュースでいじめ自殺と聞くと、とっても悲しい気持ちになります。

当時の私も「死にたい」と思ったことが何度もある。
だけど、今、死なずに生きてて、本当によかったと思っています。

学校生活というのは、とっても短い期間だからさ。
それに学校というのは、本当に狭い狭い世界なのよ。

学校なんてどこに通ったっていいじゃん?って思うわけ。

いじめというのは、ぶっちゃけ誰にでも起こり得ることだと思うんだよね。

私もいじめに遭っていたけど、他の子だって、順番順番にいじめに遭ったりしてたもんな~。

いじめに正論も何もないと思う。

1つ言えることは、
逃げるが勝ちってこと。……ってこともある。

私自身も、田舎での自分を捨てて、新しい自分でやり直しがしたかったから、東京へ出てきたんですよ。
上京した動機は、「運命を変えたい」っていう理由だけだった(笑)


いじめっ子への最大限の復讐は、
忘れること。
未来のあなたがとことん幸せになること。


私も昔は死にたくなるぐらい苦しい思いをしたけど……。

今の私、ぶっちゃけ幸せ過ぎるんだわ

娘ちゃんの寝顔が可愛くて可愛くて、昔の思い出もいじめっ子のことも、すっかり忘れておりました。
というか、我が子を育てるのはなかなか大変なこともあるので、それどころじゃないっていうかね。

いじめっ子に再会したから思い出したけどさ、今や恨みも何もないよね~。

「結婚できなくて、困ってる。私、一生一人かな?仕事も安月給だしブラック企業だし、ずっと続けられるか分からないし……」なんてボヤいていて、「なんなら私が誰か紹介しようか?」なんて声かけそうになるぐらいよ。ま、頼まれてないので、余計なお世話はしないけど(笑)


昔の私は「私をいじめた人たちを見返してやる~!!!」って気持ちで上京して、勉強したり仕事を頑張ったりしてたけど、いざ欲しい未来を手に入れると、「見返してやる!」という気持ちはどっかに消えちゃうもんなのね(笑)


「見返してやる!」という動機は、時として強いパワーになることもある。
それに乗っかって、欲しい未来を手繰り寄せるも1つの手。

でも、別に見返す必要なんてないのね。


本当に幸せだったら、他人がどうか?なんて、全く気にならないし、興味がない。
てか、すっかり忘れちゃう。

ここまで来ることが、本当の復讐だと思うのです。




つらつらと暑苦しく長文を書いてしまいましたが……


私がこんなブログを書く意味は、それこそテレビ局の入社試験で答えたように、

大変おこがましくも、『弱き者の希望の光になりたい』と心から願っているからです。


私の経験談が、今、苦しいと思っている誰かの小さな力になれたら、本当に嬉しいと思うのです。

先日、主人と鉄板焼きランチ@第一ホテルを楽しみました~ママ友ちゃんから教わったお店にお邪魔してみたんです~なんと1人6000円で食べ放題嬉しいぃ~ズワイガニとか、オマール海老とか、お肉も神戸牛、ラム肉、イベリコ豚……とか、とにかく食べ過ぎましたダイエット ... 続きを読む
先日、主人と鉄板焼きランチ@第一ホテルを楽しみました~

ママ友ちゃんから教わったお店にお邪魔してみたんです~


なんと
1人6000円で食べ放題
嬉しいぃ~

{7B0C424F-0021-4407-8388-1191E03B4CC1:01}
{BC3377CE-B2C1-434F-985A-DCAC53B89CD3:01}

ズワイガニとか、オマール海老とか、お肉も神戸牛、ラム肉、イベリコ豚……とか、とにかく食べ過ぎました
ダイエット中なのに……



そうそう。
私たち夫婦、初デートも鉄板焼きだったし、新居にお引っ越しした夜も鉄板焼きだったし、婚約指輪が完成した日も鉄板焼きだったし、初めて一緒に過ごしたお正月も鉄板焼きだったな~(笑)

どんだけ鉄板焼きが好きやねん?って話(笑)


とにかく美味しいものを食べる事が幸せ
というのが私たち夫婦の共通の価値観です


そんな我が家のエンゲル係数は、半端ないわ~

でもね、食べ物に関する価値観が共通だから、変な揉め事は発生しません(笑)


これ結構大事なことなのかも?と思う今日この頃。


食べる事は毎日、一生涯続くわけじゃん?


食べなきゃ、生きられない。
つまりは、食べることは生きることだと思うのです。



もちろん鉄板焼きを食べなくても、生きていけます。

コンビニ弁当と吉牛とマックがあれば、死にやしない。
カロリーが取れれば、それでいいじゃん?という価値観もあるでしょう。

無論、鉄板焼きが嫌いな人が、私の主人のような男性と結婚したら、拷問です……。

どちらがいいとか悪いとかじゃなくて、人それぞれ考え方がいろいろあって然り。



しかしながら……


どんなものを食べるのか?

どんなものを食べることが幸せなのか?


ここの価値観のすり合せがうまくできなくなると、夫婦関係もうまくいかなくなるの……かも?

だって、旅行ならせいぜい年に数回でしょうが、食事は1日3回だとするなら、365日×3回=1095回のことだから。
↑って、3食全部一緒ではないから、365日×2回=730回かしらね?


価値観が全く違っていて、日々少しずつ不満が溜まっていくのだとしたら、いつか爆発してしまうことでしょう。


私は、顔がどうとか、身長がどんだけとか、職業が何か?ということよりも、日々のライフスタイル(つまりは日常生活)をイメージして、お相手選びをする方が幸せになれるのでは?
と考えています。


結婚は、夢物語ではなく、現実の生活ですからね~。

結婚式やハネムーンなんていうお祭りが終わったら、待っているのは、日々さして代わり映えもしない単なる日常生活の連続。

だから、毎日の当たり前を1つ1つすり合わせていく……という大変地味な作業がものすごく大事になってくるんだわ。

もちろん夫婦は、元は赤の他人ですから、価値観が完全一致なんてことはまずあり得ません。

だけど、どうせなら合わせやすい人を選んでおいた方が得策よね


そんなこんなで、お相手選びの判断基準に『食の価値観』という視点を加えてみるのもオススメですよん

タイトルからして、苦情が殺到しそうですが……。私が考えるに、ブスの方が結婚できる自分の立ち位置を理解し、努力さえすれば、いとも簡単に結婚できるのでは?と考えます。そりゃさ、合コンとか婚活パーティーの第一印象勝負だったら、美人の方が有利ですよ。圧倒的に。で ... 続きを読む
タイトルからして、苦情が殺到しそうですが……。


私が考えるに、

ブスの方が結婚できる

自分の立ち位置を理解し、努力さえすれば、いとも簡単に結婚できるのでは?と考えます。



そりゃさ、合コンとか婚活パーティーの第一印象勝負だったら、美人の方が有利ですよ。圧倒的に。


でも、第一印象で満点をもらってしまうがゆえに、中身などに何らかのマイナスポイントがあったときに、ひどく落胆されやすいのも美人なのです。


あとは、普段から男性にチヤホヤされていると、それが当たり前になって、ついつい男に求めるレベルが高くなってしまうのも美人の害悪。

ワガママでも自己中でもいいんです、若いうちは。
でも、年齢だけは誰しも平等に重ねていくわけ。残酷なぐらいに。

若い頃はその若さに価値があることに気づかないもんなのよね。意外と。
さらには、未熟者ゆえに怖いもの知らずっていう……

そして、大人の年齢になっても若い頃のその傍若無人さが抜けていないと、いきなり総スカンをくらうわけ。

……これが負け美女が出来上がる原因です。


だけど、私みたいに容姿に自信がない(いや、客観的評価がきちんとできる)女は、否応なしに考える機会に恵まれます。

だって、絶世の美女と同じことをやっても、そりゃ選ばれないからさ~

並の容姿でも愛される術や男性学を学んで、自分なりの最高点が取れるように努力する。

さらには、自分が完璧でも万能でもないこともちゃんと理解しているから、お相手にも完璧は求めない(笑)

だからこそ、いい具合にお相手を見つけて、サクサク結婚していくのよね。

いや、周りにはサクサク結婚していっているように見えるかもしれないけど、見えない場所で人一倍考えて、努力していて、全然サクサクうまくいったわけじゃなかったりもして(笑)



そして、そんな試行錯誤を繰り返して、最近の私が確信していること


実は、
絶世の美女よりも、雰囲気美人の方が幸せな結婚をしていること


ちなみに、雰囲気美人というのは、生まれ持った容姿は関係なく誰でも努力次第でなることができます
(断言する


絶世の美女というのは、イイ男にも恵まれるかもしれませんが、それと同じぐらい変な男も寄ってきちゃうし、男の欲望に利用されてしまうことも多いんです……。

既婚者に弄ばれてしまったり、女をアクセサリー扱いする男が近づいてきたり……。
見た目から変な幻想を抱かれて、その幻想が勘違いだったときに、勝手にガッカリされてしまったり……。

なんていうか、私の単なる所感ですが、シングルマザーって、美人が多くない?


その点、雰囲気美人というのは、出会いの時点では満点はもらえないかもしれないけど、その分、人間力で真っ向勝負ができれば、120点が取りやすいんだな~。


ほら?
ヤンキー風貌な男が、子犬に優しかったり、お年寄りや妊婦に席を譲ったりすると、「意外といいヤツじゃん!」と評価がグンと上がったりするでしょ?
それと同じ。


出会いの時点で満点ではないからこそ、評価上げののびしろがある

最初から期待値がそれほど高くないし、変な幻想を抱かれないからこそ、着実に評価を上げていくことができる

外見だけで勝負をしていないからこそ、年老いて見た目が劣化したとしても、その人間力は相変わらず愛してもらえる


よくよく考えたら、雰囲気美人はよいことばかり?


だから、私自身、平凡な容姿に生まれて、コンプレックスの塊だし、時折自信を喪失することもあるけど……

今は平凡顔に感謝すらしています(笑)



「容姿がイマイチだから、結婚できない」と勘違いしている女性にエールを送ります!!!

その自信のなさが原因であって、容姿の問題じゃないの!!!


平凡顔を利用するぐらいのしたたかさを持ちましょう



結論

ブスは結婚できないのか?

いや、世の中、むしろブスの方が幸せな結婚してまっせ~(笑)


澤穂希選手の結婚報道を聞いて、そんな確信を持った私なのでした。

今シーズンは月9の『恋仲』にドハマりしている私ですジェネレーションギャップなのか、福士蒼汰くんの良さはよく分からんけど……本田翼ちゃん、かわいい~何より恋愛青春純愛っぷりにキュンキュンしてます。小学生の頃、夢中で少女マンガにハマった感じと似ているのかしら ... 続きを読む
今シーズンは月9の『恋仲』にドハマりしている私です

ジェネレーションギャップなのか、福士蒼汰くんの良さはよく分からんけど……
本田翼ちゃん、かわいい~

何より恋愛青春純愛っぷりにキュンキュンしてます。
小学生の頃、夢中で少女マンガにハマった感じと似ているのかしら?(笑)



そして、思いました。


どんな人も、
心の奥底では純愛を求めている


……のではないかと。


純愛というか、
美しい愛を信じたい
永遠の愛を信じたい

……というかね。


「年収は○○以上!」と虎視眈々と玉の輿を狙う女も、
逆に、事業資金を援助してもらいたくて逆玉を狙う男も。

とにかく若い女をGETしたい加藤茶病の男も、
年下イケメンと結婚したい熟女も。

結婚願望もなく己の快楽のために3股かけてる男も、
私のように1年以内に結婚したいから、複数のキープ君とデートをする女もね(笑)



私は、人間の心には誰しも天使と悪魔が共存していると思っています。

どんなに清純そうに見えて、いい子そうに見える子でも、何かのきっかけで悪魔が顔を出してしまうこともある。

逆に、どんなに悪女そうに見えても、ビックリするぐらい純粋な天使が顔を見せることもある

だから、人間は面白い。


婚活において言うなれば、私は策士で戦略家だからさ~。
純愛とか、どっかに吹っ飛んでるときもありましたよ(笑)


だけど、『恋仲』の本田翼ちゃん演じるあかりに、めっちゃ感情移入してしまうもんな~。

私だって、超ハイスペックなイケメンエリート医師よりも、経済力ナシのしがない建築家見習いに心惹かれるますよ、本当に

しつこいようですが、私は福士蒼汰くんはタイプではありませんけど。
(↑誰も聞いてねーよ!って話笑)


結婚の酸いも甘いも味わって、超現実的な私でさえ、『恋仲』にハマるのは、私の中の純真な天使を感じることができるからかしらね?(笑)


どんなに年齢を重ねても……

心の中の純真な天使ちゃんを大切にしよう


そして、婚活の最後は、純真な天使ちゃんに良い仕事をしてもらえると、婚期が早まります

自分のエゴを満たそうとするのではなく、お相手のことを本気で想う純粋な気持ちはなんだかんだ言っても最強だから


私の話をするなら、私は婚約中に婦人科系の病気にかかり、なおかつ「悪性(がん)の可能性もある」なんて言われて、私から婚約破棄を申し入れたことがあります。

それは自分よりも、主人の未来を考えたから。

口には出さずとも「子供が欲しい」と願っている主人の希望を叶えてあげることができないかもしれない……
主人の明るい未来に重病の妻はお荷物でしかない……

私、本気でそう思いました。
だから、身を引くことを本気で考えたのです。

だけど、そんな危機は私たちの愛を深めました

結果としては腫瘍は良性だったし、かわいいかわいい娘ちゃんを授かることもできたので、万々歳ですよ

当たり前のように子供を授かる人が多い中、私たちには試練もあったけど……
でも、だからこそ、当たり前を当たり前と思わずに大切にできる真心が生まれました。


人と人は合わせ鏡のよう
自分の心が天使なら、相手の心も天使になる


男の誠意を引き出したいのなら、最後は誠意で勝負するしかない……のかもね?


来週の『恋仲』も楽しみだ~

今日はご近所のママ友ちゃん2人とランチを楽しんできましたママ友ちゃんのうち1人はアラフォー、もう1人は23歳ととっても若い23歳の彼女はできちゃった婚「私、結婚、早過ぎたかな?」とボヤイているので、お姉さんな私たち2人で「そんなことはない!」と、女の若さ ... 続きを読む
今日はご近所のママ友ちゃん2人とランチを楽しんできました

ママ友ちゃんのうち1人はアラフォー、もう1人は23歳ととっても若い


23歳の彼女はできちゃった婚

「私、結婚、早過ぎたかな?」
とボヤイているので、お姉さんな私たち2人で「そんなことはない!」と、

女の若さは武器である論を切々を語って参りましたよ(笑)

余談ですが、今日ご一緒したママ友ちゃんたちは2人とも世も羨むハイスペック婚をした妻たちです。


そんな中のウケる話を1つ


アラフォーママ友ちゃんは、若い頃からお父様にこんな教育を受けてきたそうです……


「無能な女はさっさと結婚しろ!
20歳のお前に1億の価値があるとするなら、年々1000万円ずつ価値が目減りして、30歳で無価値になる。
女の若さは武器なんだよ。」
と。


ものすごい暴論にも聞こえるけど、いや、とんでもない暴論でもあるけど……

「父の言っていたことは的を得ていた」と振り返り、お父様に感謝しているママ友ちゃん(笑)
ちなみに、今現在アラフォーママな彼女ですが、確か30歳ぐらいで結婚しています。
20歳の頃から言われ続けた「無能な女はさっさと結婚しろ!」が耳から離れず、30歳になったときに一気にクロージングをかけたそうです(笑)


ご主人の周りのハイスペックな男性陣から独身女性を紹介してくれ!合コンやってくれ!というオーダーも受けているという彼女。


「すっごい美人で20代にしか見えない35歳の子を呼んだ」と伝えたら、

「いやいや、実年齢で頼むよ。35歳の美魔女よりも、25歳のフツーの子、よろしく!」と返されることもよくあることなんだそう


私にも時折合コンオファーがあれども、事前に参加女性の年齢確認があるケースがほとんど
そんでもって女性の年齢によって参加する男性メンバーも少し変えてくることもあります
さらには「32歳以下でよろしく!」とのオーダーが入るケースが半分ぐらい


49歳の今田耕司さんは、「合コンに30代後半女性が来ると、ガッカリする」ととある番組で漏らしていましたが……これが男の本音なのも確かでしょう



しかし、私は、確かに女の若さは武器ではあるけど、女にだってもう1つの武器があると思っています。

それが何かというと、
『キャリア』

つまりは、
誇れる仕事を持ち、尊敬される人間力を培う
ってこと。


ちなみに、キャリアが武器だとはいっても、
男性に肩を並べて張り合ったりしちゃったら、逆効果でしかないので、勘違いしちゃダメダメ


なんでキャリアが武器なのか?って言ったら、キャリアのある女性の周りには、隠れた逸材(いい男)がいるからです。

理想が高いアラフォー女性が婚活と聞いて、結婚相談所とか婚活パーティーしか思い浮かばないのなら、それは自ら負け戦に飛び込んでいくようなものです

年齢だとか見た目とか、いわゆるカタログスペックが重要視されるその場所では、消耗しまくって疲弊するだけかもしれません。理想が高ければ高いほどにね。

だけど、バリキャリ女子には、そんな場所に頼らずとも、1度は試していただきたいことがあります。


ズバリその名は、
灯台下暗し理論


一度、社内を見渡してみるのです。
小・中・高・大の同級生、先輩後輩に連絡を取ってみるのです。



バリキャリ女子が今の環境、そして、その自分史の中で関わってきた男性こそがハイスペックだからさ~。
そこを見落としちゃいかんでしょうよ~。


結婚相談所、婚活パーティーに出没する男は、否が応でも自分の市場価値を理解する機会に恵まれます。

そりゃイイ男は、イイ女を選び放題なわけ
選べる範囲で1番イイ女が選ばれるのは常識ってもんでしょう。
逆に言えば、女性だってそうでしょう。
複数の男性からアプローチされたら、そりゃ1番イイ男を選ぶでしょう。

でもね、すべての男性がそういった婚活有料サービスを利用するのか?といえば、答えはNO

そして、市場に出回らない男性は、自分の価値を知らないことも多い。

たくさんの女性の中から1番を選ぶのではなく、出会った目の前の女性と結婚するか否か……という1対1の判断が下るもの。

だから、例え婚活市場では不利なスペックでも、バリキャリ女子は奇跡を起こしやすいんです


さらに、ハイスペック男性と同じような経歴を歩んできてるのなら、話だって合いやすい。だって、似たような道を歩んできたからこそ、理解力があるからね。

一気に心の親密度を近づけることができる『体験の共有』をするにも有利


ただし、口を酸っぱくして、もう1度言いますが、
男と張り合ってはいけません



男は強く勇ましいだけ女には惹かれません。

しなやかに強い女性に魅力を感じるもんよ

しなやかな強さとは、あくまでも女性らしい強さのこと。



結論

やっぱりですけど……

女の武器は若さとキャリアなのです


無能な女はさっさと結婚しろ!

暴論にも聞こえるけど……
現実を目の当たりにしてきて、娘を真剣に思うお父様の優しいアドバイスでもあり、真理でもありますね~(笑)