2019年09月

ごく親しいママ友には、「実は私、バツイチなんだよね〜」なんて話をサラリとしているせいか、たまに離婚相談を受けることがあります。その度に言うことは、「女は勝算のない離婚をしちゃいけないよ! 特に子持ちならなおさらね! 勢いだけで離婚届叩きつけるとか、絶対に ... 続きを読む
ごく親しいママ友には、
「実は私、バツイチなんだよね〜」なんて話をサラリとしているせいか、たまに離婚相談を受けることがあります。


その度に言うことは、

「女は勝算のない離婚をしちゃいけないよ!
 特に子持ちならなおさらね!
 勢いだけで離婚届叩きつけるとか、絶対にやっちゃダメ!」

……という話を切々と語ることが多いです。


まぁ、離婚するほどじゃないにしても、どこの夫婦もそこそこの不満を抱いていることが多いよね。
ただし、不満よりも魅力の方が上回っているから、離婚にならないだけで。


でも、女って「感情」や「直感」で生きてる場合も多いじゃない?

だから、「うわぁ、もうダメ!マジでムカつく!」って瞬間沸騰した瞬間に、
「離婚だ!」と大騒ぎしてしまうケースも案外多いわけ。 

で、私のところに相談に来るママ友がチラホラ。。。


その度に私は冷や水を浴びせてしまうのよね(笑)

「離婚して、どうやって生活していくの?」
「子持ちの専業主婦がどうやって社会復帰するの?」
「今現在、無職なら賃貸のお部屋すら思うように借りれないかもしれないよ?」
「シングルマザー専用のマンションとかもあるけど、立地やらお部屋のクオリティーは今よりも条件悪いと思うよ?」
「少なくとも生活レベルガタ落ちするけど、大丈夫なの?」
「今みたいに、子供にいろんな習い事させてあげられないかもよ?」
「離婚して再婚するとしても、今の旦那よりもイイ男は捕まらないかもしれないよ?」
「婚活市場は女余りって言われていて、アラフォー子持ちには厳しい現実が待っているかもしれないよ?」

「ところで、今の旦那さんにもいいところあるんじゃないの?」

「本当の本当にダメなの?」
「言っておくけど、誰と結婚してもときめきは薄れゆくものよ。」
「離婚するよりも、今の旦那といかにうまくやっていくかを考える方が幸せな場合もあると思うよ。」


と、冷静に話し込んでいると、「やっぱり離婚はやめとく」となって、クールダウンしていくパターンがいかに多いか。。。 


離婚を決断してもいいのは、
結婚している今よりも、離婚後の未来の方が絶対に幸せになれる自信があるときのみだと思うのよ。

離婚後の現実突きつけられて、怯むようならまだ離婚を決めるときじゃないわよ。


2015-09-17  

ディズニーランド、シーのチケットも10/1から100円値上げになります。大人のワンデーチケット7500円っ!それに伴い、年間パスポートも両パス2000円の値上げで91000円になる(単パスの場合は1000円値上げで62000円)という噂を聞きつけ、軽い気持ちで年パスを更新に行ったら、 ... 続きを読む
ディズニーランド、シーのチケットも10/1から100円値上げになります。
大人のワンデーチケット7500円っ!

それに伴い、年間パスポートも両パス2000円の値上げで91000円になる(単パスの場合は1000円値上げで62000円)という噂を聞きつけ、軽い気持ちで年パスを更新に行ったら、大変な目に遭いました(;´Д`A
※両パスとはランド&シー、両方に入園できるパスポートで、単パスとはどちらか一方に入園できるパスポートです。

チケットセンターには人気アトラクションばりの大行列ができておりまして……
年パスを更新するだけでなんと1時間半もかかりました(;´Д`A
↑普段なら10分ぐらいでチケットが買えます。

私の年パスが9月で切れ、主人の年パスは10月末まで残っていたので、私だけお一人様で行列に並び、主人が娘たち2人を連れて、先にパークインしてくれました。


あぁ…みんな考えることは一緒なのね( ;´Д`)


ちなみに、私は3年目の年パス更新となりました(o^^o)


実は、今回は更新するか、とても悩みました。
長女ちゃんが幼稚園に通うようになり、平日はほとんど行くことがなくなったし、土曜の午前中にも習い事を入れることにしたし、シェア畑での農業体験も土日だし、マザー牧場の2年間パスポートも上野動物園も品川アクアパークの年パスも持っておりまして。

もはやもうディズニーはいいんじゃないか、とも考えましてね。
というか、ディズニー、高過ぎるわ…年パス代だけじゃなくて、パーク内のお食事等々全部高いわー(ToT)というのも悩む要因。

ま、そんなこんなで、いろんな年パスを所有している我が家の週末は全力で外出しまくっております(o^^o)


でも、まさかの…!
昔は全くディズニーになど興味がなかった主人からの「え?更新するでしょ?」の鶴の一声で更新することになりました。

主人がすっかりパパになった瞬間を感じたわ(笑)

ま、でも、ありがたいことね♡
サラリと年パスを買ってくれた(当たり前のように主人の家族カードで決済させてくれた)パパ、カッコいい♡

最近は4歳になった長女ちゃんにもチケットが必要になりまして(次女ちゃんはまだ2歳なので無料!)、家族分の年パス(両パス)代が234000円。
10/1からは239000円。
……うぅ、高い(>_<)

元を取らねば。
↑貧乏性(笑)


今日のディズニーはハロウィン一色。
やっぱりディズニー楽しいよね〜(o^^o)
FullSizeRender
FullSizeRender
↑2019年のスプーキーブーパレード♡

本日は舞浜で体力を消耗過ぎてしまったので、ディズニーブログを書いてみました。
ちなみに、このブログは1時間半の行列タイムにせっせと書きました(笑)


2015-09-17  

初回デートをしてみたら、結構楽しかった!是非とも2回目デートに挑みたい!そんなとき、どうしたらいいか?ソッコーでお礼LINEを送ってしまうことですよ。メッセージとしては、「今日は楽しかった!また会いたい!」……という趣旨の簡潔な内容でOK。(注)当日の会話やや ... 続きを読む
初回デートをしてみたら、結構楽しかった!
是非とも2回目デートに挑みたい!

そんなとき、どうしたらいいか?

ソッコーでお礼LINEを送ってしまうことですよ。

メッセージとしては、
「今日は楽しかった!
また会いたい!」
……という趣旨の簡潔な内容でOK。
(注)当日の会話ややりとりを考慮して、内容は変えること 


乙女心としては、男性側からLINEを送ってほしいと思うものだし、
女性からLINEをすることに引いてしまう人もいるかもしれない。

でもね、恋愛上級者はそんなことは一切気にせず、グイグイいってたりするもんよ。 


というのもね、チャラ男ならいざ知らず、不器用男子だったり、そんなに自分に自信がない男子だったりすると、自分からいけない人も多いわけよ。

声かけて総スカン食らうのが怖くて、1歩も動けなくなる男子が案外いるんです。


そういうときに、すかさずお礼LINEが来て「楽しかったから、また会いたい♡」なんて言われたら、誘いやすくなるじゃない?!

さほど興味がなかったとしても、「もう1回ぐらい会ってみるか」と思ってもらえるかもしれない。

恋愛経験少な目男子なら、なんならそれだけで恋に落ちてしまう場合もある(笑)


私、思うんだけど、モテる女子っていうのは「種まき」が上手なんだよね。

グイグイ行き過ぎない。
でも、ポイントは押さえて、誘ってもらえるような演出は滞りなく実行する。


たまに「私から誘ったら、迷惑かも?」なんてことを考える女子もいるようですが、
迷惑でもいいんです。
本当に迷惑だったら、いい感じに断られるだけだから(;´Д`)

大事なことは「自分がどうしたいか?」ただそれだけよ。


中途半端なプライドを守るために、男性からの連絡をただひたすら待つよりも、例えダメ元だとしても、自分からきっかけを作る女の方が強いんだわ。結果として。

なぜなら、自分から掴み取る覚悟がある女はチャンスを逃さないから。

チャンスはどこに転がっているか、わからないものよ。

お礼LINEぐらい自分から送ってみてもいいんじゃない?
妙な駆け引きを試みるよりも、ずっと成功率は上がると思う。


2015-09-17  

時々、自分のバッググラウンドに引け目を感じてしまい、上手に自分をアピールできない。ついつい及び腰になってしまう。という悩みを抱える女性がいます。よくある話としては、家柄の良い男性と付き合っているけど、自分は複雑な家庭環境に育ったとか。裕福な家庭育ちの男性 ... 続きを読む
時々、自分のバッググラウンドに引け目を感じてしまい、上手に自分をアピールできない。
ついつい及び腰になってしまう。
という悩みを抱える女性がいます。


よくある話としては、
家柄の良い男性と付き合っているけど、自分は複雑な家庭環境に育ったとか。

裕福な家庭育ちの男性と付き合っているけど、自分はサラリーマン家庭出身でカツカツ生活で奨学金で大学へ通ったとか。

相手は初婚だけど、自分はバツイチとか。


自分とは違うバッググラウンドだからこそ、どこかに引け目を感じてしまう。
よくある話だと思います。


でもね、私はここに喝を入れたいわけですよ。

バッググラウンドが何のこったい?と。


どんなバッググラウンドを抱えていたとしても、それを誇りに思うべきなんです。

複雑な家庭に育っても、今真っ当に生きているなら、素晴らしいこと。
奨学金で大学に通ったって、すごいことじゃない?
離婚から学んだこともたくさんあったはずでしょう?


だいたいね、家庭環境に1点の曇りもない人なんて、超一握りなんじゃないの?

どんだけ素晴らしい家柄でもお父様が愛人を囲っていた……
なんて話を友人から聞いたことがあるし。

実家は裕福でも、何かと親に不満を抱く人だっているし。
そういえば、幼稚園からエスカレーター式のお嬢様女子校育ちのママ友は「なんで私を女子校に入れたの?共学がよかった」ってずっと親を恨んでいたなんて話をしていたよ。


でも、人生いろいろあるけど、それらを乗り越えて、今を生きている人がほとんどですわよ。


ただし、引け目を感じながら、その引け目を取り繕って、どうにかこうにか結婚したとしても、自分が苦しいだけ。
そんな相手はこちらから願い下げるべきだと思うのです。


案外「実は私……」とあっけらかんと黒歴史とも言えるバッググラウンドを語れちゃう女って、心の壁を溶かす起爆剤になることもあると思うんだよ。


ちなみに、私が再婚活をしていた頃、男性陣に最もウケた話は、離婚して無職で部屋が借りられなかった話(ずっと専業主婦だから必要書類の源泉徴収票がなくて、門前払いを食らった話)です(笑)

花嫁修行のつもりでお花を習っていたんですけど、お花の話には誰も食いついてもらえず、華麗にスルーされておりました(;´Д`)

20代後半の頃にウケた話は、田舎育ちで18で東京に出てきて、あの頃、必死で方言を隠していた話。
その上で、茨城弁を堂々としゃべるとすごいウケたよね(笑)


カッコつけたり、自分をよく見せようと背伸びするよりも、脱力した話や黒歴史の方が人の心にスッと入っていけるのかもしれないよね。


バッググラウンドに引け目を感じる必要なんかないわよ。

逆に、バッググラウンドに引け目を感じさせる男なら、こちらから願い下げすべし。


2015-09-17 

 

よく聞かれる話。結婚は「愛なのか?金なのか?」的なお悩みね。私なりの答えは、そんなことで悩む時点で、その男はナシっ!なぜなら、結婚には大きな愛と生活していけるだけのお金、両方が必要不可欠だと思うから。 結婚には「まさか」と「想定外」がつきものなんです。思 ... 続きを読む
よく聞かれる話。
結婚は「愛なのか?金なのか?」的なお悩みね。

私なりの答えは、そんなことで悩む時点で、その男はナシっ!

なぜなら、
結婚には大きな愛と生活していけるだけのお金、
両方が必要不可欠だと思うから。 


結婚には「まさか」と「想定外」がつきものなんです。
思い通りにならないことだって、いっぱいある。

それって就職と同じで、どんなに強く志望して第一志望の会社に入社できたとしても、「こんなはずじゃなかった!」と思うような出来事に見舞われることもあるだろうし、「アイツ、ムカつくわー!」とソリが合わない上司や同僚に出くわすかもしれない(;´Д`)
「この仕事は得意じゃないな〜」と思う業務をこなさなきゃいけないときもあるかもしれない(;´Д`)
初任給〇〇円だと聞いていたけど、意外と給与天引き(社会保険料や税金)が多くて、想定よりも手取りが少ないこともあるかもしれないよね。

結婚もそれと似ていて、
「イクメンだと思っていたのに、思ったほど使えない」とか。
「清潔感のあるタイプだと思っていたのに、部屋を散らかし放題だった」とか。
「想定外の文句を言われて、カチン!」とか。
「相談もなく、勝手にバルコニー用のテーブルセットを買ってきて、何なの!もう!」とか。
↑これは結婚初期の我が家の話。それ以来、大きな買い物は必ず事前相談すること!という約束をしました(;´Д`) 

実際に生活してみてから気づくこともたくさんあると思うんだよね。


そんな「まさか」や「想定外」を乗り越えていくために必要なものは「大きな愛」です♡

不満がないわけじゃないけど、「それでも一緒にいたい」という意志そのものが愛だと思うのよね。


そして、お金!

お金で苦労し過ぎたら、そこにあったはずの愛も冷め切ってしまうと思う。

実際問題、ここ日本で生きていこうと思ったら、それなりのお金って必要じゃないですか。
節約生活も悪くないけど、度を超えたら、疲弊していくよね。
さらに「自分(妻)が稼げばいい!」説もあるけど、実際稼ぐと、仕事の疲れも出るわけで、稼いだ分だけ(自分が疲れている分だけ)、相手にいろんなものを求めてしまう部分もあると思うだよ。
例えば、私も稼いでいるんだから、もっと家事育児やれや!これじゃ不平等過ぎるだろ!ぐらいの不満が湧いてきてもおかしくはないと思うんです。
現実的な話として、ね。

贅沢な生活が幸せとは限らないけど。。。
お金がなさ過ぎる状況を笑い飛ばせなくなる現実もあると思うんです。実際は。


というわけで、あくまでも私の主観ですが、
幸せな結婚には愛とお金、どちらも必要です。

ま、お金は数値化できるものではないので、年収〇〇円以上とわかりやすく表現できないけど。
世帯収入で自分が思うまともな生活を営めるぐらいの財力は必要。


そんなわけで、
コイツには愛情は持てないけど、金はあるっていう男でもダメだし。

大好きだけど、借金まみれとかヒモ体質な男と結婚するには相応の覚悟が必要なんじゃないかな。


2015-09-17  

もうすぐ増税になってしまいますね(;´Д`A日々の忙しさに忙殺されておりますが、ふと立ち寄ったお店で「増税前の駆け込みが…」みたいな話をされると、思わず私もお財布の紐が緩みます(-。-;そんなこんなで、先日、衝動買いした子供用のレッスンバッグがこちら↓ファミリア ... 続きを読む
もうすぐ増税になってしまいますね(;´Д`A

日々の忙しさに忙殺されておりますが、ふと立ち寄ったお店で「増税前の駆け込みが…」みたいな話をされると、思わず私もお財布の紐が緩みます(-。-;

そんなこんなで、先日、衝動買いした子供用のレッスンバッグがこちら↓
FullSizeRender
ファミリアチェックのナイロン製バッグです。

幼児教室や体操教室はネイビー一色なので、決まりごとが全くないピアノ教室でこちらの赤いバッグにしてみようかな、と。

私が勝手に衝動買いをしたので、長女ちゃんが気に入ってくれるか、少々不安でしたが。
長女ちゃんは「可愛い〜♡」と歓喜の舞を踊ってくれました(笑)

やっぱりナイロン製ということもあり、雨風にも強そうだし、何よりクマちゃんとリンゴが可愛らしく。
FullSizeRender


内側のポケットやお名前タグなど、機能的!
FullSizeRender


しっかりマチもあるので、たくさんの楽譜が入りそうです(o^^o)
FullSizeRender


何より長女ちゃんが喜んでくれたので、お買い上げしてよかったです(o^^o)


もうすぐ増税になってしまうのか……(ToT)
増税になっても価格自体が値下がりしそうなものは買い控え、消費税分だけ値上がりしそうなものは買い込み……。

ふらりと百貨店めぐりをしてしまう今日この頃なのでした(;´Д`A

ちなみに、ファミリアは増税になっても値下がりすることはあり得なく……
今月に入ってからの駆け込み需要がすごくて、店員さんたちはてんやわんやとのことでした。

人間の性質として、隣の芝ほど青く見えてしまうこともあると思うんですよ。そして、気づけば「ないものねだり」しているもんじゃない? ちなみに、私、気を抜くと、すぐに隣の芝が青く見えてしまいます。その度に「自分は自分、よそはよそ」と自分を説き伏せてるけどね(笑 ... 続きを読む
人間の性質として、
隣の芝ほど青く見えてしまうこともあると思うんですよ。

そして、気づけば「ないものねだり」しているもんじゃない? 


ちなみに、私、気を抜くと、すぐに隣の芝が青く見えてしまいます。
その度に「自分は自分、よそはよそ」と自分を説き伏せてるけどね(笑) 

でも、「ないものねだり」はいつもしているような。。。
「あれがあったら、いいのにな〜」という思考を止めることはできないよね。
だって、魅力的な何かが常に目に飛び込んでくるんだから。


最近…というか、数年前ぐらいに悟り始めました。

ちょっとぐらいの「ないものねだり」は、
きっと人生のスパイスなんだ!と。


もっというなら、
ちょっとぐらいの「不満」も人生のスパイスだとも思うわ。


というかね、100%に満たされない幸せっていうのもあると思うのよ。

ちょっぴり何かが足りなくて、ちょっぴり満たされず、
いつも何かを追いかけている……そんな人生も案外悪くはない。 


「あれがあったらいいのにな」
「主人がもっと〇〇だったらいいのにな」
「長女ちゃんがもっとサラサラとくもんやってくれたらいいのに」
「あのアクセサリーがいつか欲しいわ」
「あのバッグも欲しいかも」

だいたい欲しいものや本当の本当に必要なものは手に入っているけど、まだまだ欲望は残る。

そんな日々でございます。


2015-09-17  

私も若い頃は憧れていました。いわゆる「良妻賢母」的な。朝はホテルの和定食みたいなものがサラリと出てきて、奥さんは完璧メイクでエプロン姿。夜は節約を気にしつつも、これまた豪華ディナーみたいな。お家はいつもピカピカ。旦那様が帰ってきたら、「お夕飯にします?そ ... 続きを読む
私も若い頃は憧れていました。
いわゆる「良妻賢母」的な。

朝はホテルの和定食みたいなものがサラリと出てきて、奥さんは完璧メイクでエプロン姿。
夜は節約を気にしつつも、これまた豪華ディナーみたいな。

お家はいつもピカピカ。

旦那様が帰ってきたら、「お夕飯にします?それともお風呂?」という配慮。


で、実際に妻をやってみて思うことは……

私には良妻賢母は無理やわー(;´Д`)
ってことですよ。


というか、物理的には良妻賢母的な振る舞いをすることは可能です。

でも、それをやると、死ぬほどストレスが溜まるんですよ。
なぜなら、私には良妻賢母の器じゃないから。
相当無理しないと、良妻賢母にはなれないのです。
完全にキャパオーバー。

で、キャパ超えなことを無理してでもやるとどうなるか?というと……

「私はこんなに頑張っているのにっ!」
というとてつもない被害妄想に苛まれて、夫にもとてつもなく厳しくなってしまうんです(;´Д`) 
自分に厳しくすると、無意識レベルで他人にも厳しくなる典型例(TДT)

無理なストレスがたたって、いつもピリピリイライラ(;´Д`)


そりゃ家事や育児がどんだけ完璧だったとしても、窮屈な家庭になりかねないわ(((( ;゚д゚)))


ちなみに、昔の私は完璧な良妻賢母を目指して、自滅した経験があります。
朝からすんげい頑張って、焼きたてパンとクラムチャウダーとサラダを用意したのに、
「朝からこんなに食べると、気持ち悪くなるんだけど」と吐き捨てられた悲しい過去Σ(゚д゚;) 
↑その当時の夫とは離婚。


いろんなことが多少いい加減でもさ、大らかでニコニコ笑っている奥さんの方がいいよね。
夫も子供も。
ま、いつも大らかでいるのもかなり難しいんだけど(笑) 


ちなみに、
「いい奥さんを辞めたら、夫婦仲が良くなった」という話はママ友界隈ではよく聞く話です。

「私がどれだけダメな奥さんで母親か?!」っていう話で盛り上がりまくりよ(笑)


ま、完璧な奥さんになんか、そもそもなれないんだけど。
ところどころ抜け落ちてても大らかに笑っている女でいたい。

……そんなことを思う今日この頃。


2015-09-17  

最近、離婚ネタばかりを書いているので、おたく大丈夫?と心配されそうですが。今のところ、我が家はそれなりに円満です♡離婚の予定は全くナシ!どうやら離婚ネタの方が需要があるようなので、しつこく離婚ネタで突っ走ってみようかと思ってるよ(笑)弁護士の友人に聞いた ... 続きを読む
最近、離婚ネタばかりを書いているので、
おたく大丈夫?と心配されそうですが。

今のところ、我が家はそれなりに円満です♡
離婚の予定は全くナシ!

どうやら離婚ネタの方が需要があるようなので、しつこく離婚ネタで突っ走ってみようかと思ってるよ(笑)


弁護士の友人に聞いたことですが、
妻が本気で離婚を決意したときは、その意志が覆ることはほとんどないそうです。
↑本気で決意できてないのに、弁護士事務所の無料相談の電話をかける人は意外と多いみたいだけど^_^;

逆に、夫が「離婚したい!」と息巻いているときは、簡単に「やっぱ離婚やめときます」ってなるケースが多いんだって。


そうそう。
離婚を決意した女って、強くなるよね。
昔の私もそうだったけど。

将来不安がないわけじゃないです。
むしろ不安しかない。

でも、「やるしかない!」っていう武士魂みたいなものがメキメキ湧いてくるから、清々しい顔になるんだと思ったわ。

再就職活動がまるでうまくいかなくても、「だから、離婚はやめとくか…」にはならないもんなのよ。
↑昔の私の話。


なんだかんだ女は強いのだ。
「男に二言はない」ってよく言うけど、現実では二言があるのは男の方。

私、弁護士さんを立てて、協議離婚をしたことがあります。それまでの人生で、弁護士さんにお世話になるような事態になったことがないので、その門戸を叩くにはかなりの勇気がいりました。そして、弁護士事務所を訪れ、いきなり面食らったこと。何度も何度も何度もかなりしつ ... 続きを読む
私、弁護士さんを立てて、協議離婚をしたことがあります。
それまでの人生で、弁護士さんにお世話になるような事態になったことがないので、その門戸を叩くにはかなりの勇気がいりました。

そして、弁護士事務所を訪れ、いきなり面食らったこと。


何度も何度も何度もかなりしつこく……
本気で離婚するつもりなのか、確認されたこと(;´Д`A


話し合いでの離婚が難しいと判断したから、門戸を叩いていたのですが……
なんで同じことを何度も確認されるんだろう?
と、当時、とても不思議に思っておりました。


でも、弁護士の友人からその真相を教えてもらって、納得。

勢いだけで弁護士に離婚相談したものの、
「やっぱり離婚はしないことにしました(なんだかんだ元サヤ)」という結論になることがかなり多いそうです。


夫婦げんかのついでに、怒りの勢いだけで弁護士事務所の無料相談をする人はかなり多いそう。

でも、その勢いだけだと、冷静に考えた結果、やっぱりやり直してみよう!となるんだって。

そうなると、弁護士さんも必死で相談に乗って、離婚のプランを一生懸命考えても……
結果として、夫婦の不満やら愚痴をたんまり聞かされるだけ聞かされて、仕事には繋がらないことも多いとか(>_<)

離婚の方向性でかなり話を詰めたのに、結果としては結婚を継続する方が依頼者の幸せに繋がるとしたら、もはや出る幕がない……ってなかなか切ないよね(ToT)


勢いだけで「離婚だ!」と騒ぎ立てて、「弁護士、紹介して!」と涙ながらの相談を受けたことが私も何度かありますが……

そういや、私に相談してきた人はほとんど離婚してないわ。
なんだかんだ元サヤ。

不満がないわけじゃないけど、離婚するほどのことでもないってパターンが98%


結婚という絆はそうそう簡単に壊れるものじゃないんだわ……と、時折実感します。

そういう私も今の主人と痴話喧嘩して「もう離婚だ!」と声を荒げたことが何回あったっけ?(遠い目)
でも、一晩眠ったら、なんの喧嘩だったのか?すら忘れているというオトボケっぷり(笑) 


勢い余って「離婚だ!」と大騒ぎする前に、本当に離婚しか道がないのか?冷静に考えてから行動を起こすってことも、もしかしたら大人の嗜みなのかもしれませんね。


2015-09-17