2022年02月

婚活に限らず、生きていると、悔しくてたまらない場面に幾度も出くわすことがある。私の泥沼婚活でも幾度ブラックエンジンがかかってしまったことか(((( ;゚д゚)))婚活仲間だと思っていた女子に裏切られたこともあるし、「三十路でバツイチって大変だね」という何気ない発言( ... 続きを読む
婚活に限らず、生きていると、悔しくてたまらない場面に幾度も出くわすことがある。

私の泥沼婚活でも幾度ブラックエンジンがかかってしまったことか(((( ;゚д゚)))

婚活仲間だと思っていた女子に裏切られたこともあるし、「三十路でバツイチって大変だね」という何気ない発言(いや、若干の悪意を感じる発言)にイラっとして、その後、言いようもない不安に襲われた夜もあった。

4年も専業主婦やってて、再就職活動が難航して、面接でハナから門前払いされて、絶望した日もあった。

1番のブラックエンジンは「お前だけはないわー!」としか思えないどうでもいい男性から、余計なお世話としか思えない説教をぶっこかれたときだったかなー(遠い目)
「理想、高過ぎ」とか「素直になれば!」みたいな謎の説教とか(((( ;゚д゚)))


そんなとき、「なにくそ!」と思って、相手の嫌味や説教を上回る巧妙な嫌味を言い返したこともありました。
↑マジで大人気ないけど(笑)

でも、それをやらかすと、後から本当に嫌な気持ちになるだけなんだよね。。。


で、悟ったさ。
「なにくそ!」っていうブラックエンジンの正しい使い方をね。


そのブラックエンジンは自分の未来のために使わなきゃ!

なにくそ!って思って、相手に攻撃しかけても本当に無意味なわけで。
その場でスカッとしても、その後にモヤモヤだけが残るという落とし穴。


なにくそ!って思ったときほど、己の身の振り方を考えるのよ。
「ブス!」って言われたらメイク研究するとか、「理想高過ぎ!」って揶揄されたら、その理想を実現する方法を虎視眈々と考えまくるとか、「素直じゃない!」ってご指摘もありがたく頂戴し、次の相手の前での振る舞いの参考にさせていただく。


そして、何よりそのブラックエンジンがあったからこそ、目標達成したときは喜びもひとしおになるわけです。

ほら?
人生にはちょっとぐらいの振り幅が必要よ?
ブラックエンジンがかかってしまうぐらいでちょうどいいのかもしれない。

死ぬほど苦労して今の結婚生活を手にいれておりますから、今のありがたみが身にしみるわけ。
なんとなくサクッと結婚してたら、もっとないものねだりしてる可能性大(笑)


自分の中でブラックエンジンがかかったとき、それは宝物なのだと認識しとこう。
そのブラックエンジンは自分のためだけに使うべし。


極論をいわせてもらえば、結婚っていうのは究極「ご縁」の世界なんですよね。「ご縁=運」たったこれだけ!だから、巷でよく言われている「35歳以上の独身は何かあるはず…」みたいな憶測は見当違いです。性格が悪くても、妙な趣味があっても、髪が寂しくても、ちょいぽっ ... 続きを読む
極論をいわせてもらえば、
結婚っていうのは究極「ご縁」の世界なんですよね。

「ご縁=運」
たったこれだけ!

だから、巷でよく言われている「35歳以上の独身は何かあるはず…」みたいな憶測は見当違いです。

性格が悪くても、妙な趣味があっても、髪が寂しくても、ちょいぽっちゃでも、結婚している人はたくさんいます。 

35歳以上の独身にも何かあるかもしれないけど、何かがある人だって結婚している。
これが真理。 


で、そんな中でご縁に恵まれる人と、ご縁を逃す人の違いは何なのか?

「ご縁=チャンス」を見極める眼力があるかどうか。


ご縁を逃す人がよくやってしまうことは、どうでもいい人から口説かれて、あっさり振ってしまうこと。

で、後から気づくんです。
あれが「ご縁」だったのかもしれない、と。

「あのとき、あの人と結婚しておけばよかった!」
と、5年後10年後に気づいちゃうってオチよ(TДT)

でも、気づいたときには既に手遅れ。
その相手はもう別の人と結婚してたりして(;´Д`)


「チャンスの女神には前髪しかない」ってよく言われているけど、あれマジよ。
チャンスっていうのは、チャンスの形をしているわけもなく、すんごい分かりにくいわけ。

そういう私も若かりし頃は数々のチャンスを逃してきたけどね。。。
今ならあれがチャンスだったと気づくことができるけど、あの当時は華麗にスルーしちゃったんだよなぁ……(遠い目)


どうでもいい人から熱烈アプローチを受けたら、あっさり振ってしまう前に、それがチャンスじゃないのか?!よく吟味してみてもいいのかもしれない。

……多くのチャンスをフイにしてきた私が老婆心ながら言わせていただきます(笑)


暴露しておくと……私にも男前な一面がありまして、昔やらかしたことがありますけれども(((( ;゚д゚)))年下のイケメンに課金しちゃったことがあるのよΣ(゚д゚;)どういうことか?と言うと、ごはんを気前よく奢ってみたり、ブランド物のTシャツをプレゼントしてみたり……。 そ ... 続きを読む
暴露しておくと……
私にも男前な一面がありまして、昔やらかしたことがありますけれども(((( ;゚д゚)))

年下のイケメンに課金しちゃったことがあるのよΣ(゚д゚;)

どういうことか?と言うと、
ごはんを気前よく奢ってみたり、ブランド物のTシャツをプレゼントしてみたり……。 

それでいて、当時の私、そこそこ稼いでいたもんで、
「そのぐらい、全然、平気よ〜」なんて心にもないことを口走ってみたりして(爆)
↑現実の私は今も昔も貧乏性でしたから、そこそこ稼いでいても、全力で貯金をしているタイプでした(笑)

……あぁ、あの頃の私を思い出すと、ちょっと惨めになるわ(TДT)


まぁ、でもね、その彼から
「ひろんさんと結婚して、専業主夫になりたい!」なんて言われて、急速に心が冷え切っていったんですけど(遠い目)


それで今なら思うことは、
男に課金してしまうと、男も女も結局幸せにはなれないってことです。

まず女性側からみると……
男に尽くしたり、お金を出してあげちゃったりするのって、案外快感なんですよね。

「してあげた!」って思うのって、ちょっとした優越感にも浸れるし。
ま、後から虚無感に襲われたりもするわけですけど。

でも、尽くすことで相手の気持ちを引こうとしてしまうのは、結局、自分に自信がないから。

昔の私もそうでした。
5歳年下のイケメンが私を相手にするはずがない!と思っていましたから、お金を払わないとデートできないものだと心底感じていたもん。

……実際にそうだったと思うし。

で、私が大金持ちならまだしも、資金には限りがあるわけで、奢ってあげるデートも数回で苦しくなってくるわけです。

そして、どんどん自分が惨めになってくる。

これ、いいことないでしょ?


次は男性側からみると……
甘い誘惑に乗ってしまったことで、ダメンズ化していくΣ(゚д゚;)

その5歳年下のイケメンは、早稲田大学の学生でした。
ちゃんと自力で稼ぐ能力がある人です。

でも、5歳年上のそこそこ稼ぐ女に貢がれちゃったら、「専業主夫もいいんじゃないかな」とか思い始めちゃうわけよノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!
そんで「僕はバリバリ働くのは向いてないと思う」とか切々と語っちゃうわけ。

当時の私はバリバリ働いてましたけど、自分が仕事に向いている!だなんて1ミリも思ってませんでしたよ。
ただ私は田舎から上京して一人暮らししてましたから、自分で稼がないと、家賃が払えないってのが現実。
「私だって専業主婦になりたいわ!」と思っているのが本音よ。
↑実際に何年も専業主婦をやってみた今となっては、そんなに専業主婦が楽だとは思えないけど。

人間は怠慢な生き物ですから、楽してグータラ過ごせるなら、そちらの世界にいとも簡単に墜落してしまいます。 

働かなくてもお金がもらえたら、働けなくなるんです。
なんでもかんでもやってもらっていたら、自分では何もできなくなる。

そういうもんでしょ?


だから、女は男に課金してはいけません!!!
お互いのためにね。

アプリに課金したら、アイテムが手に入りますが、男に課金しても、何も残らないのよ。
いや、ダメンズ化した彼だけが残ってしまうわ。


たまにいるんだよね。「もっと一人前になってから、結婚したい」とか、「もう少し貯金が貯まったら…」とか、「もう少し気ままな旅行を楽しんでから…」とか、条件付きの結婚願望で、彼女の気持ちを全スルーする男はクソなんだよね( ̄O ̄;)なぜなら、そういうこと言ってる男 ... 続きを読む
たまにいるんだよね。
「もっと一人前になってから、結婚したい」とか、
「もう少し貯金が貯まったら…」とか、
「もう少し気ままな旅行を楽しんでから…」とか、

条件付きの結婚願望で、彼女の気持ちを全スルーする男はクソなんだよね( ̄O ̄;)


なぜなら、そういうこと言ってる男性は、結局その彼女と結婚しない可能性が高いから。

彼の性格が悪いわけじゃなくて、タイミングがズレてる相手って意味で、「1秒でもはやく結婚したい」女子にとってはクソなのよ。


男にとっての結婚って、何気にタイミングが命な気がしてならないのよ。

最愛の彼女に出会ったから、結婚を決意するわけではなく…
「もうそろそろかな…」と思っていたタイミングでちょうどよく付き合っていた相手と結婚してるパターンが多いよね。実際は。
あんまり夢がないけど(笑)


だから、それらしい結婚しない理由をあげては、のらりくらり彼女の結婚願望をスルーしてくる彼氏にはあんまり深入りしない方が賢明なのかもしれないよね。


2015-09-17 

  

こちら、少し前に楽天お買い物マラソンでポチり。娘たちがゴミを捨てたがって行列ができるゴミ箱です(笑)その名も自動ゴミ箱。 【ひらけ、ゴミ箱】ジータ ゴミ箱 ダストボックス おしゃれ ふた付き 45リットル 自動 ZitA 自動ゴミ箱 センサー キッチン 45L 自動開閉 大容 ... 続きを読む
こちら、少し前に楽天お買い物マラソンでポチり。
娘たちがゴミを捨てたがって行列ができるゴミ箱です(笑)

その名も自動ゴミ箱。
FullSizeRender
 
【ひらけ、ゴミ箱】ジータ ゴミ箱 ダストボックス おしゃれ ふた付き 45リットル 自動 ZitA 自動ゴミ箱 センサー キッチン 45L 自動開閉 大容量 保証あり
【ひらけ、ゴミ箱】ジータ ゴミ箱 ダストボックス おしゃれ ふた付き 45リットル 自動 ZitA 自動ゴミ箱 センサー キッチン 45L 自動開閉 大容量 保証あり


ゴミを捨てようと、センサー部分に手を近づけると、シャッ!とゴミ箱が開くわけよ。
そんで、これまたシャッと閉まる!!!

確かにゴミが捨てたくなる笑
娘たちがゴミを捨てたくなる気持ちがちょっとわかる笑


ゴミ箱なんて自動じゃなくても……。
と思っておりましたが、使ってみると、想像以上に便利でした。

手が濡れていても、ゴミ箱に触れずに捨てられるってところがもう最高なのよね。

最近ハマっているステンレス製ってところも◎

届いてみると、ネットで見るよりも大きく感じるのですが、ゴミがビッシリ入るので、ゴミ捨ての回数が減ったような。

何よりスタイリッシュなデザインに惚れましたさ♡


 

だいぶ前ですが……楽天お買い物マラソンでポチッとして、写メは撮ってブログで記事にしようと思っていたものの、ずっと放置していた写メが発掘されました笑笑切れ味最強のグローバル包丁セットでございます。GLOBAL 包丁 日本製 三徳3点セット【3大特典】 三徳包丁 18cm + ... 続きを読む
だいぶ前ですが……
楽天お買い物マラソンでポチッとして、写メは撮ってブログで記事にしようと思っていたものの、ずっと放置していた写メが発掘されました笑笑

切れ味最強のグローバル包丁セットでございます。
FullSizeRender


17600円とプチプラとは言えないけど、これまで使ってきた包丁と一線を画す切れ味!!!

オールステンレスでお手入れも楽チン(^^)

デザインがカッコいい♡


最近、オールステンレスにハマっておりまして、包丁スタンドもキッチンバサミもオールステンレスを愛用しております。
FullSizeRender

包丁スタンドはこちら↓
キッチンバサミを立てられるところが◎ 

キッチンバサミはこちら↓

包丁とは違いますが、ゴミ箱もステンレス。
また別記事でレビューしたいのですが、自動ゴミ箱なんですよ、これ。

ダイソーで衝撃を受けて、爆買いしたものがこちら↓ミッフィーのペーパータオルでございます。パッケージが可愛いけど、インテリアをみださないシンプルさも◎120枚と大容量なところも◎側面のデザインはこんな感じです↓そうそう。コロナ禍になってから、手洗いの際はタオル ... 続きを読む
ダイソーで衝撃を受けて、爆買いしたものがこちら↓
FullSizeRender


ミッフィーのペーパータオルでございます。
パッケージが可愛いけど、インテリアをみださないシンプルさも◎
120枚と大容量なところも◎


側面のデザインはこんな感じです↓
FullSizeRender



そうそう。
コロナ禍になってから、手洗いの際はタオルを廃止して、ペーパーナプキン化している我が家。

これがまたなかなか快適なのよね。

コロナで手洗いの機会が増えまくりなので、タオルだと、すぐにビシャビシャになるしさ。
濡れたタオルから雑菌が繁殖しそうだし……。

衛生的にも気分的にも快適なので、ペーパータオル生活に慣れてしまいました。

しかも、最近はペーパータオルも100均(120枚入り!)で売っていて、お手頃ですし。

さらに、このミッフィーデザインは気分も上がる!笑笑
ちなみに、我が家はシンプルが好きでモノトーンデザインを選びましたが、ピンクや緑、オレンジのカラフルなパッケージもありましたよー^_^

時折よく相談されること。「彼が何を考えているかわからなくて、不安」的な、ね。そして、こじらせ女子がやらかしてしまう、最もやってはいけないこと。わからないことをとことん考え尽くしてしまうことですわ(;´Д`)なぜか?って……どんだけ考えてもわからないことはわ ... 続きを読む
時折よく相談されること。

「彼が何を考えているかわからなくて、不安」的な、ね。


そして、こじらせ女子がやらかしてしまう、最もやってはいけないこと。

わからないことをとことん考え尽くしてしまうことですわ(;´Д`)


なぜか?って……
どんだけ考えてもわからないことはわからないままだから(;´Д`)


そんでその不毛なグルグル思考になってしまうと、
「彼を失いそうで、なんか不安」みたいな気持ちになってくるんですよ。

……得体の知れない「不安」って、女の正気を失わせます。


疲れ切ってて、ついつい居眠りしてしまっただけで、
「ねぇもう愛が冷めたってこと?!」とヒステリックに詰め寄ったりしちゃうわけさ。

忙しくてちょこっと返信が遅れただけで、
「もう飽きたの?!」と目を釣り上げたり。

職場の同僚(女)と談笑しただけで、
「え?ああいう女がいいわけ?!」と1人でイライラしたり。


そして、そういう不安症でヒステックで攻撃的な女に、男は冷めていくのよねぇ(涙)


世の中には知らなくてもいいこともたくさんあると思うよ。
彼のことをすべて知りたい!と思っても、そりゃ無理なんだよ。

知らないことを大らかに受け止め、時折発見できる新たな一面に喜びを感じることができたら、もう少しだけ穏やかなパートナーシップを紡ぐことができると思うんだわ。


2015-09-17 



 

まだまだ若かった頃、既婚者の先輩方の愚痴の意味がイマイチピンときてなかったんですよ(笑)特に些細なことから勃発する夫婦喧嘩とかさ。「え?そんなのどうでもいいじゃん?」って本当に思っていたし、「永遠の愛を誓い合ったはずの夫婦がなぜそんなことで大げんかになる ... 続きを読む
まだまだ若かった頃、既婚者の先輩方の愚痴の意味がイマイチピンときてなかったんですよ(笑)

特に些細なことから勃発する夫婦喧嘩とかさ。

「え?そんなのどうでもいいじゃん?」って本当に思っていたし、
「永遠の愛を誓い合ったはずの夫婦がなぜそんなことで大げんかになるの?」
と、頭の中が「?」だらけになっておりました。


でも、実際に自分が2回ほど結婚してみて、実感することは……

結婚とは「生活」なんだなってこと。


週に1〜2回しか会わず、気ままデートを楽しんでいる恋人同士と、
毎日一緒にいて、それこそ病める時も健やかなる時もずっと一緒に暮らしている夫婦は違うんですよ。

だって「生活」そのものなんだから。


20歳そこそこの頃……

「トイレの蓋が閉めてない!」とか、
「トイレットペーパーの芯(ゴミ)がそのまま置き去りにされてる!」とか、
「脱ぎ捨てた靴下がリビングに放置されてる!」とか、
「濡れたタオルがソファに置き去りにされてる!」とか、
「私が買ったプリンがいつのまにかなくなってる!」とか、
「洗濯物の干し方が気に入らない!」とか、
「朝起きたら、ビールの空き缶がテーブルに置きっ放し!」とか。

そんな些細過ぎる事件がきっかけになって、家出騒動まで勃発してしまう意味が全くわからなかったけど。

……今ならわかり過ぎるんだわ(笑)

なぜなら、結婚は「生活」だから!2回目!笑


日々の日常生活だからこそ、チリも積もるんですよ。

そんで、私も些細過ぎる痴話喧嘩から発展して「もう離婚だわ!」と30回ぐらいは言い捨ててるわ(;´Д`)


でも、心底ムカつくところもあるけど、憎めないところもお互いにあるし、腐れ縁的な情もあるから、なんだかんだ一緒にいるんだと思います(笑)
恋愛初期の「ときめき」はどんどん薄れていったとしても。

「夫婦喧嘩は犬も食わない」ってよく言うけど、
言い換えると、犬も食わないほどくだらないってことなんだろうなぁ。。。


2015-09-17 

ある程度の年齢になると、恋愛の前に結婚を意識してしまう人も多いと思う。うん。私もよ(笑)「子供がいる人生を歩みたい」と熱望していた私、三十路オーバーで離婚しまして、かなり焦りました。ほら?テレビなんかで「卵子の老化」とか「不妊治療」なんてテーマを目にする ... 続きを読む
ある程度の年齢になると、恋愛の前に結婚を意識してしまう人も多いと思う。

うん。
私もよ(笑)

「子供がいる人生を歩みたい」と熱望していた私、三十路オーバーで離婚しまして、かなり焦りました。

ほら?
テレビなんかで「卵子の老化」とか「不妊治療」なんてテーマを目にすると、私の話かな?って突き刺さっちゃてましたから……あの当時Σ(゚д゚;) 


だからこそ、「1秒でも早く結婚して、すぐに妊活をしたい」と考えていた私。。。
若い頃の恋愛の感覚とは少し違った感性でお相手選びをしておりました。


「結婚に向いている男性か?!」という観点でお相手選びをしていて、恋愛的要素は後回しだったんですよね。


その結果、私たち夫婦は結婚してから恋愛モードを楽しむカップルでした。

結婚してもうすぐ8年となる私たち、今となっては恋愛モードは完全に消え去り(笑)、どちらかというと戦友モードですけど。


でね、これが意外とうまくいくんですよ。
私たち夫婦の話だけではなく、周りのママ友夫婦の話を聞いていても、結婚後に恋愛を楽しんだカップルが意外とうまくいっています。

実際にどこだかの統計データでも、恋愛結婚よりもお見合い結婚の方が離婚率が低いという結果が出ているようですし。  


というのも、恋愛感情ってさ、どんな賢者をも大バカ者にしてしまう魔力があると思うんですよ。

恋煩いにほだされて、冷静な判断力を失っているとき、まぁ相手選びを間違えちゃうこともあるよね。

恋愛感情の魔力ってさ、どんな困難をも乗り越えていけるような勇気が湧いてくるし、あばたもえくぼじゃないけど、どんな欠点をも飲み込めてしまう寛容さを手にいれることができるんだよね。

でも、時間の経過とともに、その魔力は消え失せていく。。。

結婚とは、恋愛感情の魔力が消えてからが本当のスタートなんじゃないか?とさえ思うんです。


一旦恋愛感情は置いておいて、冷静にお相手との人生を見極めておくのも意外と大事よ。
結婚生活は長いんだから。


フランスの劇作家の名言
結婚とは判断力の欠如、離婚とは忍耐力の欠如、再婚とは記憶力の欠如


最初の段階で判断力の欠如を防ぐためにも、恋愛感情抜きでのお相手選びをしてみてもいいのかも?!


ほら?
末永く続く結婚生活ってさ、恋愛モードよりも、戦友(親友)モードの期間が圧倒的に長いわけさ。

だから、冷静に「親友になれるかどうか?」って観点で見極められれば、恋愛すっ飛ばしても、案外うまくいくものなのよね。


2015-09-17