婚活戦国時代、イイ男と結婚したいと思えば思うほど、うまくいかない現実に直面してしてしまうこともある(;´Д`)


これは完全に私の感覚だけど。。。

合コンは10回に1回ぐらいしか「おっ!」と思えるような男性には出会えない。
これが婚活パーティーや街コンになると20回に1回ぐらいの確率になってしまう。

で、ちょっと「いいな!」と思ったとしても、デートしてみたら「やっぱ違ったわー!」なんてことは男女ともにいくらでも起こるわけで。。。

そんな負のループにも思える事態を繰り返していくと、マジで時間、気力、体力、お金をどんどん消耗して、いわゆる婚活疲れって状態に陥っていくわけじゃない?


意気投合して真剣なお付き合いに発展し、即電撃プロポーズみたいなトントン拍子ってなかなか起こらないのよね(;´Д`)

いや、突然なんの前触れもなくトントン拍子の波が来ることはよくある話なんだけど、それがいつなのか?全然先が見えないから苦しくなるって話。。。


そんな苦境のときこそ、考えた方がいいこと!!!

自分がどこでつまづいているのか?
自分なりに分析してみること。


出会い〜結婚に至るまでのステップとして、

①出会い
②初回デート
③3回目ぐらいのデート
④お付き合い
⑤プロポーズ
⑥親への挨拶、結婚準備
⑦結婚

ぐらいの流れになると思うんだけど。

どこでつまづく傾向があるのか?によって、対策が変わってくるわけ。


①の出会いから②の初回デートに進めない人は、出会う場所を間違えているか、出会いの母数がそもそも少な過ぎるか、見た目の問題か、初対面でのコミュ力が足りないのか。。。あたりが想定されます。

②の初回デートから③の2回目3回目のデートに繋がらないのは、そもそも男性選びの間違いか、デート中の楽しさの表現が足りないか、相手の地雷を踏んだか、マシンガントークで相手をドン引きさせたか、逆にクソつまんない話ばかりで相手を幻滅させたか。。。あたり。

真剣なお付き合いに進展しないのなら、もう当たって砕けて、さっさと次にいくしかないし。

プロポーズされないのなら、外堀から固めるとか、ジワジワ説得するとか、逆プロポーズするとか、やるだけのことをやってダメならダメで諦めるしかないけど。
相手がそもそも結婚向きの相手なのか?まだまだ遊びたいチャラ男に騙されてるだけじゃないのか?
出会いからお付き合いぐらいまでの相手の本質を見抜かなければならない。


要するに、結婚したいのに結婚できない理由は人それぞれ違うものなので、どの辺でつまづいているのか?そして、どうすればつまづかなくなるのか?
やっぱりとことん分析と研究をした方が近道だと思うのよ。


婚活疲れでどうにもならなくなったときほど小休憩して、
これまでの婚活をよく振り返るべし!!!


あとは、美味しいものでも食倒れして、お腹いっぱい過ぎて爆睡するぐらいの能天気さがあれば、いつかトントン拍子の女神が微笑んでくれるはず♡(笑)


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
  


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17