最近、少し前の韓国ドラマ「ベートーベンウィルス」 にハマっております。

Amazonプライムってすごいね!
いろんな映画やドラマが見放題なので、ついついあれもこれもと手を伸ばしてしまう。

で、そもそもはクラシック好きが転じて興味を持った作品だったんだけど。

もちろんクラシック音楽もいいんだけど、それよりもオーケストラ団員たちの人間模様とかそれぞれの事情とかみんなで助け合って力を合わせる感じとか夢を追いかける展開だとかにドハマり中です。

話の内容としては、
寄せ集めのド素人ばかり、ポンコツアマチュアオーケストラで、超一流だけど偏屈者でオーケストラキラー(毒舌過ぎて、オケを潰してしまう)と噂される指揮者がタクトを振ることになって。
紆余曲折を経て、演奏会を成功させたってところまで観たところなんですけどね。


そんな本公演で指揮者が観客に向かって放った一言に感動。

「力のない者でもやればできる!今日はそれをお見せしようと思います。」

もう涙涙涙です。


私はテレビ局に入社してしまうぐらい、ドラマや映画がもはやオタク領域で大好きなんですけど。
それって、こんな風にパワーをもらえるからなんですよね。


人生さ、生きてたらいいことばかりじゃないじゃん?

人生に「まさか」をつきものだし、なんでもかんでも思い通りになんてならないし、予期せぬ不運に見舞われて悔しい思いをすることだってある。
「なんで私だけこんな目に逢うの?」と世間を逆恨みしてた暗黒の時代だってある。

私は結構根暗ですから、ボケっとしてると、ついついネガティブ菌に犯されそうになっちゃうわけよ。


そんなとき、人生の節目節目でお天道様が当たる道に戻してくれたもの。
それがテレビや映画やマンガでした。

心にグサっと刺さる名セリフに何度救われたことか。


で、婚活も心が折れそうになる事件の連続だったわけですよ、私にとって。

婚活って本気で挑むと、体力、気力、お金、いろんなものを消耗していくからさ。
そりゃ疲れることもあるよね。

いや、私だって疲れ切って何も考えられなくなったことが何度もある。


そんなとき頼りにしていたのが「スポ根」ものの作品。

やっぱり頑張っている人は美しい!!
そして、そういう人を見てると、私も頑張らなきゃ!って思える。


私、マンガ喫茶が大好きなんですけど。
当時は心が疲れ切ったら、よくマンガ喫茶に駆け込んでたよね。

当時はまだAmazonプライムもhuluもなかったからさ。

マンガ喫茶で「スポ根」ものの作品に触れて、パワーを充電していた懐かしき日々(遠い目)


なんらかのハードルや壁を乗り越えようと思うときこそ、自分自身で心のメンテナンスをする必要がある。


婚活疲れに陥ったときこそ、
なんでもいいから自己メンテナンスする方法を見つけるべし!!

だって、疲れない人なんかいないと思うからさ。

そんで「スポ根」、スカッとして意外とオススメよ♡


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17