またもや「頭がよくなるシリーズ」のCDブックをポチッとしてみました

こちらのシリーズ、クラシック音楽版を2冊持っているのですが、今度は英語の歌シリーズ


まだ日本語をしゃべり始めたばかりなのに、英語は早過ぎる!という意見もあるかもしれませんが

我が家は0歳児の頃からバイリンガルスクールにも通っていたり、ベネッセの英語教材を使っていたりもして。

既に日本語と英語がごっちゃになってる長女ちゃんです


りんごのことは「アポー」(見事ネイティブの発音)、車のことは「カー」、水玉模様を見て「ポルカドット」と言う我が娘ちゃん。

もう少し理解が進んだら、日本語と英語の使い分けができるようになるかな?

我が主人は1歳から英会話教室に通っていたらしく、そのせいか受験などでも英語は大して努力しなくても高得点が取れた!と言っていたので、娘ちゃんにもそうなってくれたらいいな!という淡い期待を持ちつつ。

「幼い頃に覚えた歌は財産になる」
と本書の中で高田万由子さんも語っておられて、そうなってくれると嬉しいな!と私も思っております。


何はともあれ、この英語の歌シリーズ、有名どころの歌がたくさん入っているようなので、ドライブ中の楽しみが増えました


結婚して子供が生まれると、教育の価値観が夫婦で違ったりすることもあるようですが。

我が家の場合、その辺の価値観は似ているので、平和です

価値観が完全に一致することは不可能にしても、やっぱり似た者同士で結婚した方が摩擦は少ないのかも?