感じたことがないだろうか?

屋外で食べるごはんが美味しい、と。

例えば、お祭りの屋台。
よく見てみれば、ほとんど具が入っていない質素な焼きそばだったとしても、異様に美味しく感じません?

あの屋台の鉄板で焼くと、美味しく出来上がるものなの?
なんて子供の頃は思っていたけど。

大人になった今、気づきました。
外で食べるごはんが美味しい理由はね……。

決して食事自体のクオリティーが高いんじゃなくて、思い出と非日常の味が加わるからなんだよね。

子供の頃、遠足のお弁当や、なんてことない水筒の麦茶が美味しかったのは、そういうことなのだ。


先日、家族でビアガーデンに行って参りました!!!

ちなみに、日本橋三越の屋上のビアガーデンは子連れにも優しくて、なんなら子連れファミリーだらけで、とても居心地が良かったですo(^o^)o

そもそも私は下戸だし授乳中なもので、アルコールは口にしませんが、あの屋台的なお料理の数々がとても美味しかったです。

ビール好きな主人は、思う存分ビールを楽しんだ模様。

長女ちゃんは、広い会場を駆け回って、キャッキャとはしゃぎ回り。

次女ちゃんは、夕暮れ時の心地良い風に吹かれて、スヤスヤと眠っておりました。

そんな平和な家族に一コマは、
結婚して得たものの1つなり。

屋台のごはんが美味しい理由は、
そこに楽しい思い出が加わるから。