今日は婚活ブログはお休みして、お買い物レポをお届けしたいと思います(′∀`)


我が家、炊飯器を買い替えました。

これがまた大正解!!!
良さげな米の銘柄を選ぶよりも、炊飯器の方が100倍ぐらい大事なんじゃないか?と本気で思うぐらい、ごはんが美味しく炊き上がるようになりました(o^^o)

私はそんなにお料理が得意ではない(というより、あまり好きではない)けれど、お家で食べる白いご飯が美味しい!って案外大事なことよね。

で、白米に関して言うなら、努力ではなく炊飯器の力でそれがまかなえるって素晴らしい!!! 


そうそう。
お買い上げした炊飯器はこちら↓

三菱の炭炊釜シリーズです!


家電量販店に伺ってビックリしたことは、今どきの炊飯器って7000円ぐらいから13万円ぐらいまで、かなり幅広く商品展開されていること。

なんでそんなに価格が異なるのか、全然分からなくて、販売員のお姉さんを質問攻めにして、こちらを選んだ次第です。
 

この炭炊釜シリーズですら、いくつもグレードがあって、全然訳が分からなくなるもんね。

ちなみに、我が家はいろいろ考えて、上から3番目のグレードのものにしてみました!

理由は、炊飯器自体のサイズ感と、釜の耐久性、機能と価格的なお手頃感&コスパといったところでしょうか。

こちらと上級グレードとの違いは、釜の違い。
上級グレードの方は、99.9%炭でできているらしく、職人の手作りだから、高い。

我が家のグレードは、チタンやアルミニウム、ステンレスなどの5層厚釜に、2層の備長炭コートがなされており、7層コートの厚釜なんだそう。
ちなみに、1つ下のグレードだと、これが5層コートの釜になります。


私が重要視したのは、釜本体の大きさと耐久性。

99.9%炭のものはちょっと大きめの釜なんですよ。そんなに重くはないけど、かなり厚めの釜。
そして、炭でできているがゆえに誤って落としたり、強打したりした場合はヒビが入ってしまうこともあるとかないとか(^_^;)

ま、冷静に考えれば、釜を落とすシチュエーションって考えにくいけど……。

なんせ0歳児と2歳児の幼児がいる我が家ですから、何が起こるか全く予測不可能です(笑)

それなりに長く使いたいからこそ、耐久性を重視してみました(^_^;)


そして、もう1つ下のグレードとの違いは、この部分。
↑この部分がただの銀色のステンレスか、備長炭コートされているかの違いらしいです。
当然、備長炭の方が熱伝導性が高いので、美味しくごはんが炊けるよう。


実際にごはんを炊いてみての感想は、もう感動そのものです!

同じお米とは思えないぐらい、白米が美味しく感じますよ!奥さんっ!

前の炊飯器は、実は前の結婚の前から愛用していたものでして、軽く10年選手(>_<)
↑意外と物持ちは良い方です。

家電業界の10年って相当なものよね。

技術の進歩を痛感しましたとも。


家電量販店の店員さんが
「炊飯器なら三菱!」を力説されてましたが、本当にこれはすごい!!


最近のお買い物の中で抜群に良かったものなので、ついつい鼻息荒くお買い物レポをしてしまいましたとさ。