現役婚活時代の私がこうしておいて良かったと思うことの1つは、

婚活絡み(婚活女子仲間)の人間関係は、
腹5分目ぐらいの浅い付き合いを心がけたことだ。 


やっぱりね、近づき過ぎることはトラブルやあらぬ妬み嫉みを食らう元凶なんだよね。

婚活が思うようにいかなくて、「このまま孤独死コースなんじゃないか」だなんて人生を悲観するとき、誰かにすがりたくもなる。

同じように苦戦していて悩みを共有できる相手がいると、本当に心強いし、つかの間の安心も得られるもんじゃない?

ついつい依存したくなる。
全てを受け入れてもらいたくもなる。
一切合切の悩みや本音を打ち明けて飲み明かしたくもなる。


だけどだ。
そのせいで、良からぬ事態に見舞われてしまうこともあるんですよ。


同じタイミングで同じような相手と結婚でもするんなら、いいのかもしれないけど。。。
そうじゃないパターンの方が多いわけじゃない?実際はさ。

自分と同じ絶望的な状況だと思っていた人が急に超イイ男と電撃入籍したら、そりゃ心がザワつくこともあるだろう。
素直にお祝いできないかもしれない。
なんなら親切なフリして余計な一言でも一発ぶちかましたくなるかもしれない。

少なくともまだまだしょーもない煩悩と葛藤している私には自信がない。。。

それって相手だって同じことでしょ? 


自分と同レベルだと思っていた人が急に1歩抜きん出たとき、嫉妬という感情が生じるものだ。

ミランダカーが総資産5854億円のイケメン実業家と結婚したからと言って、心がザワつく一般ピーポーなんかいないでしょ?
だけど、隣のあの子の電撃入籍が気になってしまう者は意外と多い。


で、自分の嫉妬は自分で制御できても、相手の嫉妬の矛先が自分に向くことは制御できないし、災いの種になってしまうこともあるわけよ。

それこそ余計な一言攻撃を食らう者もいれば、根も葉もない噂を流されたり、揚げ足取られたり……中には不幸の手紙を受け取った者までいる。

だからね、人間関係は深入りすることなかれ!なんです。


1人の友人と週3でプライベートを過ごすような環境は良くないし、なんでもかんでも打ち明ければいいってもんでもない。

適度な距離感って大事なんだよね。


ちなみに、私には約30人ぐらいの婚活仲間(女子)がいて、週3ペースで合コンに通い詰めていたわけなんですが、結婚報告をしたのはたったの2人ぐらいです。
あとはいつの間にか音信不通。詳細不明。

もう本当に浅い付き合いだったわけなんですけれども、ある意味それが正解。

いらぬ情報に惑わされることもないし、まぁ浅い付き合いなんで何がどうなろうが心がザワつくこともない。

誰か1人に依存してるわけじゃないから、その誰か1人に嫌われて私から離れて行ってしまったとしても、むしろ気づかない。

仲間は多いように見せかけて、一匹オオカミ、バンザイ!!! 


悪いことは言わないわ。
婚活で弱り切っているときほど、人間関係は腹5分目ぐらいにしときなされ。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
  


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17