周りにいるセレブなママ友たちを見ていて、気づくこと。

凡庸な女の大躍進パターンが、実に85%ぐらい!!!


セレブ妻っていうと、もうとんでもないような絶世の美女みたいなイメージがあるじゃないですか。

でも、蓋を開けてみると、 
愛嬌美人は多くても、芸能人バリの顔の造作的な超絶美人ってそんなにいないんですよね。

いや、いるっちゃいるけど、割合としては少ないというか。
どこの世界でも超絶美人はいると思うのですが、その割合と同程度とでもいうか。 


で、私はいろんなヒアリングをしつつ、日々研究を重ねているわけです。

彼女たちがいかにして今の旦那様(セレブ男)を捕まえたのか?


そして、思いました。

わきまえている女子って、何気に最強なんですよ!!!


変な宗教みたいに「自分大好き!」「自分最高!」って自己陶酔に浸ったり、「私は美人!」と無理やり思い込んで美人をテイとした無謀な言動で自滅するよりも、自身を客観視して、身の丈にあった戦略を練れる人が最強です。 

自分を卑下してはいけないけど、過大評価も害悪です。。。


で、うまいことイイ男を捕まえる女たちに共通することは、なんだかんだ自分から行動できる人ってところ。

待っていても白馬の王子様なんて現れません!て。

それこそ週3合コンに通い詰める(それだけの人脈を構築する)努力をして、どうにかこうにかイイ男を見つけてるんですよ。

プロポーズをひたすら待ち続けられるのは20代のみ、
あの手この手で結婚に持ち込めるよう試行錯誤してるのよ。

またはわきまえているからこそ、若いうちに手を打っていたりね。

東大出身のママ友は学生時代に今の旦那様を捕まえているらしいわ。
男90%の学部に所属していれば、生物学上の女ってだけでチヤホヤされるらしい。

凡庸な顔の造作だったとしても、メイク頑張ったら、そこそこ小綺麗になれるんだよね。
で、男たちも芸能人みたいな美女がいい!って人は少数派で、それなりに「かわいいな!」と思えれば、それでいいんですよ。


己を客観視し、身の丈に応じた言動ができれば、道が開けるはず!!!


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17