ロクでもない男に振り回されたり、
そんな男だけはアカンやろ〜と言うとんでもない男にハマってしまったり、
恋をすると急に不安症になってしまい、あれやこれやと不安を増大させては重い女になって振られたり。

なんでよ?
と周りが首をかしげるぐらい、婚活をこじらせてしまう人に共通すること。


掘り下げていくと、親子関係に問題があったりするんだよね。

その呪縛が解けない限りは、ロクでもない恋愛を繰り返してしまうのよ。
本人も無自覚のうちに。 

父親がモラハラ体質だった人に限って、なぜかモラハラ俺様男にハマったり、父親が浮気体質だった人に限って、あえて浮気しそうな男にのめり込んだり……みたいな。

そんな人たちが無意識のうちにやってしまうことは、「リベンジ」しようとすること。
父親にもらえなかったものを、あえて父親に似た人からもらおうとしてしまうんです。

だけど、そうは問屋が卸さない。
なぜなら、自分の父親と恋人は赤の他人ですから。

親子関係のリベンジは、恋人でするものじゃないのよね。

どうにもこうにもこじらせているな〜と感じたら、
自らの生育歴を辿って、その歪みに気づいて、軌道修正する必要があるかもしれないわよ?


ちなみに、昔の私はリベンジしようとしていたこと。
私は片田舎のしがない家庭で育ったわけですよ。

だから、あんなしょぼくれたダサい田舎っぺ生活じゃなくて、
都会でキラキラ生活をさせてくれる人と結婚したかったんです。
でも、選んだ人は都心にマンションは買えるけど、ボロボロのTシャツを20年以上大切に着続ける、地方出身の素朴な男性。

よくよく考えてみると、うちの主人は父親になんとなく似ています。

でもさ、実際に都心で生活してみて切に思うことは、「キラキラ生活」ってなんだっけ?
って話よ(笑)

都心で暮らそうが、田舎で暮らそうが、キラキラしている人はしてるんですよ、きっと。
都会か田舎かは全く関係ないんだわ、と悟りました。

夫婦ともに根っからド平民ノリが染み付いちゃっているもので、どこに住んでもキラキラできません(笑)

イメージ的にはお風呂上がりはガウンで過ごす生活もいいな?とか思ってましたけど、私はユニクロ部屋着で、主人はボロボロの部屋着です(笑)

お取り寄せ高級スイーツを食後にいただくのもいいな?とか思ってましたけど、実際はスーパーに行って、賞味期限間近で10%オフのシールが貼ってあるプリンを迷わず選んでしまいます。

値段を見ずに好きなだけお買い物するのも楽しそう?と思ってましたけど、値札を凝視してそのあと価格コムで最安値を調べることが日課ですよ。

さらに、私、暗算5段でして、数字を見た瞬間に秒速で計算しちゃうんですよね。
割引率とかポイント還元率まで瞬間風速的に計算して、最安値の売り場を選んでしまうわ。


リベンジで都会で生活させてくれる主人と結婚しましたけど、実際問題、全くキラキラしておりませぬ。
それはね、私にキラキラが似合わないから。

私は今はキラキラとはいかない生活をそれなりに受け入れてますけど、
若い頃はそうでもなくてキラキラしようと必死だった時期がありました。

最初の結婚では、朝からホテルバリの朝食をふるまってみたり、テーブルセッティングを学んでみたり。。。
しかしながら、相当に無理があったみたいで、ソッコーでストレスで自滅しました。
ま、それだけが理由じゃないけど、あえなく離婚。

恋愛や結婚でリベンジをしようとするって、なかなか不毛なことなのかもしれませんね。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26