私も昔はそうだったけど。。。

仕事が超絶しんどかったとき、いつも思っていたんですよ。

「そんなに辛い仕事は辞めちゃいなよ!僕が養ってあげるよ!」
とか言ってくれる王子様が助けてくれないかな?とか。


だけど、2度ほど結婚して痛感したんですね。 

結婚っていうのは、
結局、相互補完の関係しかうまくいかないってことを。 

養ってくれる人はいるだろうけど、養ってもらう「だけ」では関係は破綻しちゃうんです。


でもさ、それって夫婦関係だけじゃなくて、友人関係でも、ビジネス関係でも同じなんだよね。

どちらか一方が大幅に損をして、どちらか一方が思いっきり得するだけの関係なんて、結局長続きしないわけ。 


例えば、専業主婦になるのなら、専業主婦としてそれなりの仕事を全うしないと、旦那様の不満のタネになるだろうし。

共働きをするのなら、妻が夫にそれなりの家事育児の協力を求めたりもする。

年下の可愛い嫁をもらう男は、稼ぐ男か、イケメンか、超絶優しい男か。。。
それなりの魅力がなければ、年下の可愛い子から選んでもらえない。

逆に、年下のイケメンと結婚したければ、年上の女の魅力がなければ両思いでいられないでしょ?


人それぞれ、相手に求めるもの、期待するものは違ったとしても、
「相手には何も求めない」と口では言っていたとしても、
相手から必ず何かをもらっているはずだし、与えているもの。
それが無意識レベルだったとしてもね。


世の中、そんなに美味しい話ってないんだわ。

でも、「これは美味しい!」って捉え方を変えて、幸福を味わう方法もたくさんあるけどね♡


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17