たまにいるよね。
「好きになった人にたまたま奥さんがいた」とか、
「好きな人に本命彼女がいて、私は2番手だけど、いつか1番目の女になりたい」とか言う人。


若くて後先考えておらず、ゲス不倫男に搾取されまくっている女子もいれば、
ある程度年齢が上がってくると、「いい男はみんな結婚してる」みたいなノリで、ついついゲス不倫男にどハマりしてしまう妙齢女子もいると思う。 


でもね、そういう人に伝えたいことがあるとすれば、

バカじゃないの?
……ってことよ。

ま、身も蓋もないけど、
バカじゃないの?とかしか思わないんです。


私自身、結婚2回しておりまして、最初の結婚は4年弱であえなく離婚。
2回目の結婚は、今のところ継続中で、現時点で5年7ヶ月が経過。

トータル9年以上既婚者をしている私が切に思うことは……


惚れた腫れただけで、どんなに賢い人もバカな愚か者になってしまうんです。

周りが見えずに恋は盲目状態になる。
そんな魔法のパワーが恋にはあると思いますとも。


だけど、惚れた腫れただけでは結婚って継続できないんだよね(;´Д`)
惚れた腫れただけで爆走できるのはせいぜい4年が限度よ。

それゆえに、人間界で作られたルールが「結婚」だと思うんですね。
結婚後に惚れた腫れただけで大バカ者にならないよう、大人として自制するために、法律で縛っていると思うんですよ。

にもかかわらず、惚れた腫れただけで大バカ者に成り下がって、不義理をぶちかます男に魅力なんかないでしょ?と思うわけです。 

だいたいその大バカ者気質は病気だから、繰り返すんちゃうの?とも思ってしまう。

実際、不倫略奪した友人は、結婚後に今度は略奪されちゃって、今やシングルマザーよ。
それでもいいの? 

もっというなら、世の中には姑息に若い美女を弄ぶゲス不倫男もいるわよ。
「妻とは上手くいってない」とか言って、ガンガン口説いておきながら、絶対に離婚しないタイプの男も案外多い。

そんな姑息な男(だいたいハイスペ)から、銭や人脈を吸い尽くしてやろうぐらいのノリで近くならまだしも、貴重な青春時代を消費してしまうなんてもったなすぎるわよ。 


「好きな人に奥さんがいた。略奪したい。」的な相談を受けるたびに思うことは、

「その男、そんなにエエ男なんかいな?!?!」

「ただの大バカ者じゃないの?ソイツだけでなく、あなたも!」

……と、いつも大声でツッコミたくなるのは私だけ?(笑)


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26