それなりの恋愛経験を経て、美味しい思いをたくさんしてしまうと、どんどん理想が上がってしまうこともあるよね。

言い方を変えると、恋愛で痛い思いをすると、あれはダメこれもダメと相手に対する減点ポイントが増えていったりもして、例え出会ったとしても、ソッコーでナシ判定をしてしまうスピードもめちゃくちゃ早くなったりもして。

ちなみに、私はそうでした。

18歳の私よりも、25歳の私の方が理想が高かったし、
28歳で最初の結婚をした私よりも、31歳で再婚活を始めた私の方がベラボーに理想が高かったもんね。。。

自分のことを棚にあげるのは、そりゃもう得意過ぎましたとも(笑)


だけど、少しだけ大人になって気づいたんですよ。

ほとんどの男は大器晩成型なんだなって。


若くしてモテ過ぎる男は、ゲスになりやすいです。
男だってチヤホヤされまくったら、そりゃ調子ぶっこくんだよ。
で、男としてモテる努力を怠ってしまった結果、20代前半まではモテモテだったのに、三十路オーバーになった途端パタリとモテなくなる男性もいます。


で、若い頃、無骨でモテなかった男性ほど、イイ男に変貌を遂げていることもよくあるもんよ。
顔だけではモテない男は、それなりの努力をするようになるからね。
例えば、女の子の話を傾聴する能力を身につけてたり、女の子を喜ばせる話術やサプライズの研究をしていたり、未来の家族を守るために勉強や仕事を必死で頑張って出世していたり。


そうそう。
イイ男になるにはそれなりの時間がかかるんだわ。

で、だいたいイイ男予備軍は青田刈りされてるから、年齢が上がるごとにその確率が減退していく。。。


自分なりの理想を掲げるのもいいけど、その高過ぎる理想がゆえにつまづいてしまうのだとしたら、今現在出来上がった男性を選ぶのではなく、今はちょっと物足りなくてもイイ男予備軍から選抜するってのも賢い選択かもしれないよ?


なぜなら、ほとんどの男は大器晩成型だから。

そんで、大器晩成する前に青田刈りされてしまうのが世の常だから。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26