なかなかどうして……
いつも大好きになってしまうのは、なんらかの難アリな前途多難な男。
で、条件のいい男は嫌いじゃないんだけど、なんていうか恋に落ち切れない。

そんなこと言ってる人って、案外たくさんいる。


それはね、恋愛に痺れるような刺激を追い求めているハンター気質が災いしているんだよね。

そりゃ難アリな男とは、何かと障害があるもんだから、ヤキモキしたり悶々とすることが多いでしょうよ。


例えば、彼女がいる相手を好きになれば、本命彼女にジリジリヤキモチ焼くことになるだろうし、本命彼女を差し置いて彼とデートができたら天にものぼるような優越感に浸れるかもしれない。
でもさ、帰り道にまたもやジリジリしちゃうんでしょ……?
なんで私は2番目なの?なんつって。


貧乏な夢追い人との恋も刺激的よ。
例えば俳優の卵とか、メジャーデビューを目指すストリートミュージシャンとか、日の目を見ない芸術家とか。生活ができないぐらい貧乏で、実質ヒモ状態でも、実際に貢ぐのって母性本能がくすぐられたりして、快感だったりもする。
でも、大富豪でもない限りお金が続かなくて、どこかで苦しくなったりもしちゃう(;´Д`)
最大の罠は、そういう男性は成功したら、糟糠の妻はあっさり捨てて、今をときめく女優なんかと電撃入籍したりすること(((( ;゚д゚)))


彼はモテるから、浮気がやめられない。
モテる相手だから、しょうがないと…何度浮気されても、好きだから許してしまう人がいる。
内心めっちゃ傷ついてるけど、平気なフリをして、必死で彼を追いすがってしまう人すらいる。
1つ言えること。
浮気もできないような平凡な男には魅力を感じないのだとしたら、そんなあなたも病気なのかもしれない。


そのジェットコースター的なスリル、胸が焼け焦げそうなジリジリ感こそが運命の恋と信じてやまない人もいるのかもしれない。

だけど、それだけが恋ではないし、ましてや愛じゃないんだよね。


退屈だったとしても平穏な日々にも、穏やかな愛が確かにそこにあるんです。

恋愛に何を求めるのか?
それは人それぞれだけど。

もし穏やかな家庭(=末永く円満な結婚生活)を求めるのだとしたら、最初からうまくいかなそうな予感がある難アリ男性よりも、条件のいい男性が正解かもしれないんだよね。

もちろん、生理的に受け入れられないようなブ男は、「条件のいい男」とは言いません。

これと言ったダメな理由がないし、むしろ結婚向きの条件のいい男なのに、なんとなく好きになり切れない……みたいな感じね。

その好きになり切れない理由が、
「刺激やスリルがない」「ときめき指数が低い」的な理由なんだとしたら、考え直した方がいいと思うわ。

穏やかな家庭は、刺激やスリルとは無縁だからさー。
どんな素敵な男性と結婚したとしても、何十年も一緒いたら、ときめきなんて薄れますぜ!


1番不幸なことは、自分の本心と言動がチグハグになって、自分でも訳わからなくなってしまうこと。

「サザエさんとかちびまる子ちゃんみたいな日本の家族に憧れる」とか言いながら、幸せになれそうもない難アリ男性にばっかり心惹かれてしまう人はご用心っ!!!


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26