昨今、世の中には出会うためのツールがいくらでもある。
婚活アプリ、街コン、婚活パーティー…
昔よりも結婚相談所も身近な存在に。

そうなると、本気で出会おうと思えば、いくらでも出会いがあるんですよね。

しかし、ここに来て弊害が(;´Д`A

多くの出会いを消耗してしまい、結局、結婚にたどり着けない婚活ジプシーが大量発生してるんですよ。
男も女も。

今日会う人とうまくいかなくても、また明日にもあさってにも出会いがあるから、と慢心してしまうと、1つ1つの出会いに真剣に向き合えなくなるんですよね(´Д` )

もし相手に対するジャッジがしょーもない減点法になってしまっているとしたら、危険信号ですわよ。

「エスコートが下手だった」
「お店が予約されてなかった」
「予約してくれたけど、お店が気に入らなかった」
「ワリカンにされた」
「しゃべり方がなんか気にくわない」
「食べ方が汚い」
「話がつまらない」
「髪型がなんか変」

お姫様気分でダメ出ししだしたら、どんな男性もナシ判定になってしまうよ。

ついつい減点法になってしまうのはマジで危険(;´Д`A


自分を知るためには、ある程度たくさんの人に出会う必要はあるけど。。。

それでも出会いが多過ぎる人は、1つ1つ出会いを粗末にしてしまうこともある。

「また次がある」と希望を捨てないことも大事だけど、「どうせ次がある」と投げやり全開だと、確かに次はあるかもしれないけど、次のエンドレスかもしれないよね。

次のエンドレスってことは、つまり結婚できないってこと(;´Д`A

ある程度の出会いを経て、自分なりの理想を模索した後は、1つ1つの出会いを大切に育んでいく心づもりも必要よね。

減点法ではなく、加点法にしとかないと、結局、誰とも運命の伴侶にはなれないぜい!


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26