最近の婚活では婚活アプリが主流らしい。

時代は変わったよね〜。
私が婚活していた頃は、そんなアプリは存在せず。
なんならネット婚活もそんなに流行っておりませんでした。
↑約7年前

で、婚活アプリで勝つ方法を私なりに考えてみました。


婚活アプリで超重要なことは、プロフィールと男を見る目ですわよ。
↑婚活アプリには既婚者や職業や年収詐称をしているヤツがいるので、要注意! 

で、実際に会ってデートした後は、その他の恋愛と何ら変わりません。 


そんなこんなで、今日はモテるプロフィール講座です。

とにもかくにも、
ギブギブギブギブギブ!!!!!

これに尽きる。

ギブ&テイクの「ギブ」ね。


逆に超モテないプロフィールは、テイク臭漂うもの!!!

例えば、
「仕事が大変なので、専業主婦にしてくれる人、希望」とか、
「家事は苦手なので、家事をやってくれる人がいいです」とか、
「料理を作ってもらって、食べることが好きです」とか……

相手から何かを搾取したい感満載のヤツです。


それじゃ、ダメなんだ!
時には本音と建て前を使い分けることも大事なんだ!笑


プロフィールには、自分の希望を書くのではなく、
自分の理想のタイプにとってのメリットを書き連ねることでモテまくります。

専業主婦希望なら、
「お料理や家事が得意です!」とか、
「子供が大好きです!」とか、
「忙しい男性を癒してあげられるような奥さんになりたいです!」と書くのが正解よ!!!


だってさ、考えてもみてよ。
男性が「共働きで家事も全部やってくれて親の介護もそつなくやってくれる人がいい」とか言ってたら、「お前だけはないわー」「お前と結婚するぐらいなら、独身のままの方がマシだわー」ってシャッター降ろしたくなりません?

加藤茶病を患った初老の男性が「ワシの年収は年金100万だけだから、年収1000万円ぐらいの若くて綺麗な女性がいい!45歳年下でもOK」とか言い出したら、「何寝ぼけたこと言っとるんじゃ!ボケ老人がっ!」と軽く恫喝したくなるよね(笑)


就活でも婚活でも結局同じことだよね。

就活では「私を採用すれば、御社に多大なメリットがある」という内容の履歴書を提出できた者が内定を勝ち取ります。

婚活でも「私を妻にすれば、こんなにいいことがあるよ〜」という内容のプロフィールが理想の相手を引き寄せるんです。


実際にギブするかどうかはさておき……

プロフィール段階では、とりあえず「ギブ」を念頭に置いておくことで、風向きが変わるかもしれないよ?

あと、付け加えるなら、写真は超重要ってことかしら。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★新刊、絶賛発売中!
2018-10-26