私もそうだったけど……

「玉の輿に乗って、楽したい〜」
みたいな邪な願望は100000回ぐらい抱いたことがあります。

だって、お金は絶対にあった方がいいじゃない?って思うもの。


そして、運よく28歳のときに思いっきり玉の輿に乗った私。。。
で、大ヤケドを負って、あえなく離婚(((( ;゚д゚)))


そんな私なので、玉の輿婚は本当に幸せなのか?
切々と語ってみたいと思いまする。


結論から言うと、
玉の輿に乗って幸せになれるタイプの女性と、 逆に苦労してしまうタイプの女性と二分されると考えております。

どういう女性なら幸せになれるのか?

win x winの関係性を築くことができるふさわしいお相手と結婚した人は幸せになれると思います。

逆に、「玉の輿に乗って、楽してえー!」的なもらうことばかり考えている女性は幸せにはなれないのかも(;´Д`)


というのもですね、
玉の輿婚って、お金の面では楽かもしれないけど、それ以外の部分ってすんごい大変なことがあると思うわけです。

例えば、お金持ち男性のオレ様率やモラハラ率はベラボーに高いので、そういうオラオラ言動を受け止める度量がないと、メンタルを病んでしまう場合もあるし。。。
↑特に格上の男性と結婚すると、男性側が強気になってしまう場合があります。

あとは、稼ぐ男性は激務系男子が多いので、家事育児の手伝いが見込めない。
というより、あまりにも激務で物理的に無理。
そんでもって、そういう男性の周り(職場の同僚など)も同じ状況なので、奥さんが何もかもをやることが当たり前ぐらいの感覚だったり。。。

さらには、年収1000〜2000万円プレーヤーの若い男性だと、家事育児は手伝えないくせに、共働きを望む人も案外多いです。

とてつもない良家(代々の資産家)の男性と結婚すると、子供のお受験(名門小学校など)が当たり前のように期待されてしまい、そういう経験がない母親だといろんなところで苦労する羽目になります。
ほら?お受験塾とか名門幼稚園とか、よくわからない「暗黙の了解」が多々存在したりして、そういう得体の知れないものに翻弄されることもあるんだよね。

または、20歳ぐらい年上の男性と結婚するケースだと、お相手の男性には前妻と前妻との間の子供がいたりして、モヤっとする出来事に見舞われるかもしれない。


そういうわけで、やっぱり思ってしまうんだよね。

ふさわしくない相手との玉の輿婚は、苦労の連続なのかも?と。


10年前の私に小一時間ほど説教をたれたいわ。

安易に「玉の輿に乗って、楽してぇー!」とか言うな!と。

お前はバカか?と。

ふさわしくない玉の輿婚をすると、死ぬほど苦労して、さらには大ヤケドを負って、離婚に至るだけなのよ。。。 

あぁ、タイムマシーンが欲しい(笑)


★ブログリーダーで読者登録できます!