私も若い頃は「好きになった人が好き」だし、「好きになった人と自然に結婚するもの」と信じて疑いませんでしたけど。。。

初めての結婚で離婚することになり、泥沼婚活を経て、やっとのことで今の主人と結婚。
今の主人とは結婚6年目、2人の娘たちの育児に奮闘している昨今、切に思うことは……。

好きになった人と結婚してうまくいくパターンももちろんあるだろうけど、あえて婚活するなら理想のライフスタイルから逆算してパートナー選びをするのも1つの手だよねってこと。

ちなみに、今の主人はライフスタイルから逆算して、選びました。


ほら?
よく言うじゃない?
恋愛結婚よりもお見合い結婚の方が俄然離婚率が低いとかなんとか。

たぶん恋愛結婚は感情と勢い任せな部分が往々にしてあるけど、お見合いだと自然とライフスタイルから逆算パターンになっているのではないか?と思うわけです。 

そして、若者よりも大人になってから結婚した人たちの方が離婚率が低いのも、もちろん現実が見えているなんてこともあるだろうけど、無意識のうちにでもライフスタイルから逆算パターンになっていると思うんだよね。


どういう場所で生活がしたいのか?
郊外の一戸建てがいいのか?都心のマンションがいいのか?
子供は何人欲しいか?
結婚後、どんな感じで仕事がしたいのか?
それとも専業主婦になりたいのか?
アウトドアな週末を過ごしたいのか?
それとも週末は家でゆっくりしたいのか?

……幸せの形も価値観も千差万別。
「正解」は本人にしか分かりません。


そして、ライフスタイルから逆算するパターンのもう1ついいところは、理想のライフスタイルを考えることで自分と向き合うことができるのよね。

自分が何を望んでいるのか?
わからない人もたくさんいるでしょ?

若い頃の私もまさに自分が何を望んでいるのか?イマイチよくわかってなかったもの。


婚活というと、「どんな相手と結婚できるのか?」にばかりフォーカスしてしまいがちだけど、本当に必要なことは自分の心ととことん対話することだと思うのよ。

自分のことを知っていれば、自ずと適切なパートナー選びができるんです。


というわけで、今から婚活する人に推奨したいことは、
自分の理想のライフスタイルを徹底的に考えてみること。
そのライフスタイルを実現できそうな相手を選ぶこと。


★ブログリーダーで読者登録できます!