私が若い頃に思い込んでいたこと。

「美人はいつも得をして、ブスはいつも損な役まわりばかり押し付けられる」的な(((( ;゚д゚)))


ま、確かに世の真理をついている部分もあるよね。
あながち間違いではありません。

会社に入ってもさ、美人な同期は男性社員にチヤホヤされまくりで楽して営業成績あげまくったりしてるじゃないですか?

いや、なんなら美人の方が採用試験も突破しやすいと思うんだわ。

合コンに行っても美女が1人いるだけで、奢ってもらえる確率が上がるんですよ。
男たちは美女の前ではとことん見栄っ張りになるから(笑)


でも、38歳になった今、美女たちのその後の人生を見聞きしていると、
もちろんセレブ婚して超絶ハッピーな奥様になっている人もいるけど、そうじゃないケースも結構見聞きするわけです。

長年、愛人生活を続けて、気がつけば38歳。
必死で婚活をするものの、年齢と愛人時代の豪遊生活がアダとなり、婚活に大苦戦中とか。

芸能人と結婚したものの、DV被害にあって泥沼離婚とか。

モデル事務所に登録したものの、モデルとしてはパッとせず、なぜかAV女優に転身、電撃引退。その後、消息不明とか。


その一方で、平凡顔でもしっかり素敵なパートナーを捕まえて、穏やかな結婚生活を営んでいる人もいるわけ。
もちろんパッとしない人生を歩んでいる人もいる。 


何が言いたいか?というと、美人は確かにお得だけど、その活かし方を間違えるとどん底に落ちるリスクも高いってこと。 

逆に、顔の造作はイマイチでも、本人の努力次第でいくらでも素晴らしい未来は開けるってこと。


醜態コンプレックスに悩み、夜な夜な美容整形について調べまくっていた頃の私に伝えたいこと!
↑結局、美容整形の後遺症が怖くて、整形には手を出せず。

そのままでいいんだよ。
そのままでできる努力をすればいい。

ま、不美人な私ですけど、それなりに人生うまくやっとりますわ。


★ブログリーダーで読者登録できます!