私が女子大生の頃に熟読していたものは、
JJの結婚レポート的な特集でした。

2人の馴れ初め、お付き合い期間を経て、どうプロポーズを受けて、どんな婚約指輪をもらって、どんな挙式をして、どんな新居で、どんな新婚生活をエンジョイしているのか?
……という情報を見開き1ページでキラキラ全開でレポートして、読者に夢を与えてくれるアレです。

若い頃から意外と結婚願望があった私、それはそれはそんなページを熟読しましたとも。
実はそんなに興味がなかったファッション系のページやメイク特集なんかすっ飛ばして、1番最初に熟読していたページがそこといっても過言ではありません。


だけど、今なら思うんだよ。
結婚に夢を抱きすぎて、実際の結婚に幻滅してして、そのうちズッコケるよなと(((( ;゚д゚)))


だって、実際に結婚生活って、あんなにキラキラしてないもーん。


というか、私もメディアの人間(元テレビ局社員)だったもんで、今ならわかるんですけど。
ああいう雑誌は、かなり演出されているものなんだよね。
いうまでもなくテレビもな!

素人からコメントとるにしても、「もう少し〇〇な風にコメントしてもらえますか?」なんつって、コメント取り直しなんてザラよ、ザラ!というか、それ、当たり前。

取材依頼を受けて、喋ることを一生懸命考えてきてくださることもあるのですが、敏腕のプロが事前に台本書いてて、「イメージ的なこんな感じかな?と思ってるんですけど、〇〇さんのお声をお聞かせください」なんてことをサラリというからね。

でさ、プロが書いた台本、もうめちゃくちゃ素敵な内容だったりするわけ。
毎日キャッチコピーやら刺さるセリフ考え続けてる人の言語力半端じゃないわけ。
だって、プロなんだから。

で、本当は別の自分の言葉があったとしても、その辺のパンピーはプロの台本に流されるんよね。
これ、よくある話。


リアルさを徹底的に追求する企画もあるけど、
もうありったけのキラキラを詰め込んで、若い頃の私のような無知な少女に夢を与える企画もたくさんあります。

20年前のJJはキラキラ全開コースや。
今ならそう思う。


私はそれを鵜呑みにしてたから、最初の結婚でずっこけたんだわ(((( ;゚д゚))) 
いや、理由はそれだけじゃないけど。
というより、私の最初の離婚はJJのせいではないけども。


だって、カレーを可愛らしく盛り付けることに命かける人います?
主婦の皆さん。

でも、撮影だったら、手料理の盛り付け、命かけちゃうよね。

その命がけの盛り付けがフツーなんだと思っちゃったりするのよ。
いたいけな無知な少女は。

で、そんなん毎日やろうとしたら、しんどいやん?
それで、それができない私、ダメなんだ……とか凹んだりするじゃん。

いや、できる人にはできるのかもしれないけど、私には無理(笑)

私なんて料理するとき、エプロンもしないし、主人に関して言うなら、カレーはセルフサービスでお願いしておりますわよ。
盛り付けなんてどうでもええ。味は変わらんわー。なんつって。
私は忙しいから、自分でやって!的な(゚ロ゚;)エェッ!? 


毎朝、玄関でお見送り。
ハグとチュが日課て。。。

恋人時代はやってましたけど、今はもう。。。
長女ちゃんの幼稚園の登園準備でドタバタすぎて、そんな余裕はありませぇーん('A`|||) 

リビングの遠くの方から、いってらっしゃーい!ぐらいはするけど、毎朝玄関までお見送りなんてできませぬ。 


そういう話をツラツラと書き連ねると……
もはや冷めきった夫婦に思えるでしょ?

たぶん25歳ぐらいの私なら、きっとそう思う。


でも、これでも案外仲良しだからね。
もう男と女ってより、親友って感じだけど。


アレ系の結婚キラキラ情報は、結婚に夢を抱かせる作戦ならいいけど、新妻の一部はあれ見て追い詰められちゃう人もいると思うんだわ。

私のようなオバハンから見たら、「全然うまくいってるじゃん?」と思ったとしても、生活にキラキラ感がないから、「もううちはダメなのかも…」ぐらいに絶望してしまうのよ。 


あんまりキラキラ情報を鵜呑みにしちゃいけないよ。
ふーん!ぐらいの横目で見ておく分にはいいけど(笑) 


2015-09-17