こないだママ友と話していて、めちゃくちゃ盛り上がったこと。

まさかの「病気」の話(笑)
私の周りのママ友はアラフォーが多いんですけど、アラフォーにもなると、なんだかんだ婦人科系の病気の既往歴があったり、今現在、子宮筋腫持ちだったり、子宮内膜症でピルを飲んでいたり、なかなか2人目が授かれず不妊治療中だったり。。。まぁいろいろあります。

↑私自身は32歳のときに悪性の可能性も否定できない腫瘍が卵巣に見つかりまして手術をしています。
悪性だった場合は卵巣がんということになりますが、結果としては良性腫瘍でことなきを得ました。でも、あの当時の精神状態って言ったらもう……思い出したくもないわ(((( ;゚д゚)))


で、さらに掘り下げて盛り上がったことっていうのが、年齢によって会話の内容が変化するよね!って話。

思い返してみれば、20代の頃は恋バナが盛んで、30代に突入したらガチの婚活&婚活苦労話、結婚式準備、新婚旅行、妊活、出産、子育ての話に花が咲き、40代になったら(今の私は40歳)病気の話が出てきて……

ここからは予想ですけど、
50代になると更年期障害の話になって、60代になったら親の介護、70代になったら孫の話?終活?

女の人生は年齢を重ねるごとにステージが変わっていくものよね。


それもまた面白い(′∀`)


ガチの婚活に苦しんでいた頃の私はとりあえず結婚できればなんとかなるんじゃないか!?ぐらいの甘い考えを持っておりましたが。。。

実際に結婚してみると、結婚はゴールではなくスタートであることを実感する毎日です。

試練っていうのはさ、次から次へと現れるわけよ。
ちなみに、今の私は子宮内膜症と子宮腺筋症を患っており、どこのタイミングで子宮を全摘するのか?という悩みと迷いがあり。。。
子育ても全く思い通りになっていないので、日々頭を抱えております。。。
不器用ママなもんで、日々疲労困憊ですよ(TДT)

このステージもどこかで抜けるのかもしれないけど、今度は次の試練がやってくるのかしらね?


女たちの会話の変化に、人生をみたような気がした平日のママたちの井戸端会議なり(笑)

とりあえずアラフォーママたちには20代の頃のようなキラキラが皆無です(;´Д`A

結婚は諦めが大事!なんて切々と語っているママ友がなんだかんだ1番幸せそう(笑)


2015-09-17