世の中、思っていることを率直に言えない人は大勢いる。
特に男女関係となると余計にね。

それは相手に嫌われたくない(好かれたい)という気持ちもあれば、勝手に相手を思いやって何も言えなくなることもあれば、自分の中の妙なプライドに邪魔されちゃうこともあれば、ただ単に思い込みで自分をがんじがらめに縛っちゃってるケースもある。


でもね。
直球を投げれる人は強いよ。
言いたいことをスパンと相手に言えちゃう人はなんだかんだ欲しいものを手にしているものよ。


その最たるものが「結婚」なんじゃないか?と思う今日この頃。

ママ友(既婚者)と話していると、なかなかの強引さで紙(婚姻届)にサインをさせたツワモノもいれば、率直に「もうそろそろプロポーズして欲しい」とおねだりした者もいる。

私みたいに「結婚する気がない人とは付き合う気がない!」とめっちゃ重い発言をぶっこいて、最初から結婚を覚悟させた者も案外多い。


というのもね、男にとっての結婚とは「夏休みの宿題」みたいなもんなのよ。

いつかするだろうけど、もう少し後でもいいかな?
なんかいろいろ面倒臭そうだし。
と、ついつい後ろ倒ししたくなるもんです。

そこにきて、イマドキの男たちは「草食系」ときたもんだ(((( ;゚д゚)))


なかなかきっかけがないと、結婚なんて考えないのよね。

もちろん男性側にきっかけができることもある。
親や職場の上司に「そろそろ結婚したら?」と圧をかけられたとか。
今までつるんできた男友達が続々と結婚して、週末遊んでくれる人がいなくなって寂しいとか。
まぁいろいろある。

だけどさ、そういう相手都合のきっかけを待ち続けていたら、女の婚期を逃しちゃうかもしれないじゃん?

だから、デキる女は自分のタイミングで直球投げて、きっかけを作るわけさ。


私も理想を言えば、ある日偶然出会った王子様に求愛されまくって追いかけられまくって、「しかたがないから、結婚することにした」ぐらいのことを言いたかったけど。。。
まぁそんなことは現実には起こらないよね。

現実は、付き合う前から「結婚できるかどうか?」で思いっきり選別してたってのが勝算だったもん。


相手にどう思われるか?じゃなくて、自分がどう思っているか?どうしたいか?という気持ちを直球でぶつけられる人は、なんだかんだ最強だと思う。


2015-09-17