私、自分で言うのも何ですが……
イイ女枠というよりも、どちらかというとお笑い枠(ギャグ枠)に属してしまっております。

で、男たちにえらく尊敬してもらえることが1つありまして……。

それは……、
家電量販店での値引き交渉術(笑)

モテという方向性からはだいぶズレてる気がしてならないけど(;´Д`)


ちなみに、彼氏に結婚を意識してもらいたいときの戦略として、
生活感溢れる場所や子連れファミリーがわんさかいる場所に出向いて、いつの間にか結婚に繋がる会話を盛り込んで、水面下で誘導尋問をぶち込むっていう戦術があります。


だから、婚活相手とのデート場所18番と言えば、家電量販店だったんですけどね。

持ち前の貧乏性が災いして、関西のオバちゃんバリに値引き交渉してしまうんですよ。
もはやそれが生きがいぐらいの勢いで(笑)

なんなら自分のお買い物じゃなく、相手が買おうとしているものであっても全力で!

で、粘り勝ちですごい値引きをしてもらえることが多いです。実際。


そんな場面をまざまざと見せつけられた男性陣に、えらく感心されるのよね。
それはいいのか悪いのか……。


最近、世紀の大発見をしました!
↑大げさ過ぎ(笑)

秒速で値引き交渉が成立する方法を。


欲しい商品が決まったら、まずは該当商品を価格コムで検索して、最安値の画面をスタンバイしておく。

そして、水戸黄門の格さんバリに印籠を振りかざすんです。

「他店よりも1円でも高い場合は値引きします!」というお店の宣言に甘えて、
スマホの画面を見せながら、「このお値段になりませんかね?」の一言が印籠がわりになるんですよ。

ポイント分を加味した上で、ソッコーで納得プライスにしていただけることがほとんどです!!!


さらに、隣にいる値引きなんてしたこともない不器用男子から賞賛の眼差しを得られるという副産物付き!笑
2回言っちゃうけど、これはいいのか悪いのか……。

とりあえず私の値引き交渉に爆笑してくれたのが今の主人でして、一応結婚できました♡


じゃあ、最初からネットで買えや!と炎上しそうですけど、実物を見て買いたいものもあるじゃない?
で、店員さんからいろんなレクチャーを受けて、それでネットでポチるっていうのも人情味がない気がして、やっぱり親切な店員さんから買いたいわけです。
でも、貧乏性の私にとっては最安値で買いたいの!切実!
そうなると、店頭価格を値引きしてもらわないと……となってしまうわけですよ。
↑私はもしかしたらありがた迷惑な客かもしれん(;´Д`)


2015-09-17