私、2回結婚してまして、泥臭い婚活も経験してみて、切に思うことがあります。

どんなに高望みしようが、結局は「ふさわしい相手」としか結ばれないのが結婚だよなぁ…と。
または恋は盲目でとりあえず結婚できたとしても、長続きせずに破局するのがオチか(((( ;゚д゚)))
↑私の最初の結婚が破綻したのはもはやそれかもしれない(;´Д`)


周りのママ友たちをみていても思うんだよ。
素敵な旦那様とご結婚されているママ友は、彼女自身がとても素敵なのよ。
あらゆる意味で。


それは男女共に言えることだけどね。

大した魅力もない40代の婚活男性が20代を希望しているのを見ると、鼻で笑いたくなります。
↑性格の悪い私は(笑)

実際に男友達(44歳、上場企業のサラリーマン、見た目はいたって普通の中肉中背、年収700万円ぐらい?!)に暴言を吐いて、絶句させたこともありますとも。 
「20代の子にしか魅力を感じないけど、気になってた26歳の子にもう少し若かったらなぁ…とフラれた」という話を聞いて、
「20代の子に選ばれるには、とりあえず年収3000万ぐらいは必要じゃないの?!転職したら?!」と無理難題をふっかけたりして(;´Д`)
↑私もなかなかひどい奴ですわね。オホホホ。


それは婚活女子にも言えることで、
無理難題ぐらいの高い理想を掲げたところで、やっぱり無理なものは無理じゃない?!

私、離婚後、外銀に転職しまして、婚活で知り合った地味目なアラフォー女子に「社内にいい人いないの?合コンやってよ!」と頼まれましたが、いい人とやらはすでに結婚しているか、またはそれこそ若い女性を求めていたり、同年代ならハイスペ女子やら超がつくほどのお嬢様がご希望だったりして、なかなか合コンを開催することができず(((( ;゚д゚)))


「結婚をしたいなら、妥協すべきか?!」みたいな議題が炎上することもあるけど。。。

私は妥協は一切すべきではないと思うよ、マジで。
口では「妥協できれば…」って言っていても、結局、妥協できないもんだしね。

でも、妥協という嫌な言い方じゃなくて、納得する相手を見つけることも大事よ。


結局のところ、それが「ふさわしい相手」で「運命の相手」なんじゃないかなー♡


2015-09-17