たまにいるじゃないですか?!

「結婚ってコスパが悪くない?」
とか言う人。

特に男っ! 


私が注意喚起をするとすれば……

結婚をコスパで考える人と結婚してはいけません!!!

断言っ! 


だってね、コスパで考えたら、かなり割りに合わない制度だと思うんですよ。
特に男性にとって。

だから、婚活市況は「女余り」と言われているほどに、婚活女子にとって厳しい状況になっているとおもうんだよ。。。


で、結婚をコスパで考える男の思考回路は、「不満」思考ですから、たぶん誰と結婚したとしても、不平不満をツラツラ並べて、相手を不快にさせかねないと思うんですよね。

共働きだとしても、
「収入と家事の負担のバランスが悪い…不満」とか。
「時短勤務なんだから、もっと〇〇」とか。

モラハラ男なら
「俺の方が稼いでるんだから、年収と家事の負担は比例方式で!」とか言いかねません(;´Д`A

自分の転勤の都合で妻が専業主婦になったとしても、
「専業主婦なんだから、もっと家のことをきちんとしてほしい」とか。
「お金の使い方をもっと考えてほしい」とか。 

それが妻が専業主婦になりたいという理由で、ただ単に専業主婦の場合はもっとやばいかもしれないよ?

生後間もない赤子を抱える妻に、
「家計のために働けば?」なんて無理難題吹っかけてくる男もいるらしいから。


とかくコスパ男っていうのは、隣の芝生が青く見えまくってしまい、不平不満を見つけてくるんだよね。


コスパで考えるタイプは、いつの日にか相手を追い込んで息苦しくさせることでしょう。
だから、悪いこと言わないから、やめときなさい!
と、老婆心ながら言わせてもらいたい(笑) 


結婚にはコスパでは語りきれない良い部分がたくさんあると思うよ。
もちろん女性にとっても男性にとってもね。


例えば、ダッフィーのブランケットを買ってもらって、嬉しそうな娘の笑顔を見るだけで癒されるとかさ。
 

クリスマス、娘たちと企画してサプライズパーティーをした時のパパの顔の緩みといったらもう…(笑)

風邪をひいたとき、美味しい雑炊が出てくるのも結婚の醍醐味じゃない?

若い頃はとんがって強がっていられても、男女ともに拠り所に安心する部分ってあると思うで。
ほら?体力もなくなってくるし、ある日突然病気するかもしれないし、どうしようもない愚痴聞いてもらえる相手も年々いなくなるかもしれないし。


そう。
結婚の醍醐味とはプライスレス!!

だから、コスパで考えようにも無理がある。

コスパでは語れない「拠り所」が欲しくなって初めて、結婚適齢期を迎えるものなのかもしれないわ。


2015-09-17