世間では「コロナ離婚」だったり、「コロナ夫婦喧嘩」なるキーワードが大流行している模様です(((( ;゚д゚)))

そんな我が家も主人がテレワークになった当初、しょーもない痴話喧嘩が勃発しまくりましたノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

で、気づいたのよ。
その原因に!!!!!

世紀の大発見っ!!!!!笑


それはね、
「間違った期待」をしているからなんですよね。

で、その期待が裏切られるからこそ、イラついてしまうのよね(;´Д`A


「ずっと家にいるんだから、もっと家事をやってもよくない?!」とか

「通勤時間がなくなっているんだから、ギリギリまで寝てないで、娘の朝のお勉強タイムをもっとみっちりやれや!」とか

「パパが見た宿題(幼児教室から出されているプリント)の仕上がりが雑なんですけどー!(このクオリティだと先生から赤が入ってしまうんですけど!)嘆」とか

「リビングで仕事したら大迷惑って、なんでわからないの?!」とか

「ソファでダラダラされると、私のスペースがないじゃん?!怒」とか

「もっとしっかり手洗いしろや!(手洗いが雑!)」とか


「夫婦元気で留守がいい」なんていうのはよく言ったもので、一緒にいる時間が長過ぎるからこそ、目についてしまうこともたくさんあると思うのさ(;´Д`A


たぶん主人から言わせれば……

家事をやれ!と言われても、何をどう手をつけていいかわからない。
リビングの椅子が1番座り心地がいいから、ここでまぁいいか!
↑あまり深く考えてない。
ソファも同じ。
え?プリントってこれじゃダメなの?答えあってるじゃん?!
↑答えが合っているだけではなく、美しい答案用紙にすることを求められます(娘の幼児教室)
いつもよりは手洗いしてるはずなんだけど、これじゃダメなの?

自分なりには協力してるはずだから、もっと感謝されたい!

……ぐらいの不満を抱いているのではないかと勝手に想像(笑)


ついつい夫婦だからこそ、
「言わなくてもわかってよ!」「察しろよ!」と思ってしまうのよ。

それがダメだとわかっていても、そう思ってしまうんです。

そうして、「間違った期待(=過剰な期待)」につながってしまうのかもしれないわ。


かなり面倒でも手取り足取り、超具体的にどうして欲しいのか?めちゃくちゃ説明しないと、わかってもらえないんだわ(私が思っていたよりもずっと深刻に)……と、悟り始めた今日この頃です(笑)

そいで、いつもよりもだいぶ時間があり余っているので、我が家は夜の答え合わせタイム(話し合いの時間)が設けられました。

幼児教室の先生ばりに5歳児に教えるかのごとく、かなり丁寧に根気よく伝え続けたら、パパが見ている分の宿題のクオリティもググーンとアップしましたとも。


たぶんね、男と女、夫婦は永遠に分かり合えない生き物なんだと思うわ。
だからこそ、常に歩み寄り続けることが大事よね。

自粛生活で時間がある今だからこそできることを!


2015-09-17