並の男ならイチコロ『恋愛さしすせそ』についての考察


ちなみに、
『恋愛さしすせそ』というのは、

さ:さすがですね!

し:知らなかった!

す:すごい!

せ:センスいい!

そ:そうなんですかぁ

(↑文末のは重要)

この5つの言葉を会話の中で使う女はモテる

……というのは、恋愛本でよく語られる定説です。

ま、確かに並の男になら効果てきめん


人間っていうのは、そもそも承認欲求の塊であり、認められたい、褒められたい……という感情を誰しも持っているもの。

だから、褒め上手な女はモテるんです。

そして、『恋愛さしすせそ』は男心にも分かりやすく響きやすい。



しかし、私はここに異論を投じたい


私が思うに、
女を選べる立場の男、いや選び放題、すなわち婚活女子が行列をなすような極上の男には『恋愛さしすせそ』は通用しません


なんせ彼らは褒められ慣れてるから。

もう飽き飽きするぐらい「すごい!」「さすが!」って連発されてんのよ。


心の底から本当に「すごい!」と思ったのなら、そう素直に表現すればいい。

でも、「すごい!」って言っておけば、とりあえず気に入られるだろう……なんていう邪な気持ちから言葉を発するなら、それは媚びているだけ。


だから、下手に褒めまくれば、ナメられるだけ。
または、相手の目には不自然に写るだけで、気味悪がられるだけ……です(笑)


極上の男というのは、自尊心が高く、とってもバランスのとれた自信を持ち合わせているもの

そのせいか、手前味噌な「すごい!」は通用しないんだな~

とりあえず褒めときゃいい!みたいな簡単な攻略法はない。


それなら、どう勝負をしかければいいのか?


やっぱり本物の人間力で勝負するしかないよね

本音でぶつかって、共鳴できるぐらいの人間力がなければ、彼らを魅了することなどできません

結局のところ。


ちなみに、
自尊心が高く、バランスのとれた自信を持ち合わせる女は、『嫌われる勇気』も持ち合わせているものです。


目の前の男が、人生のすべてではない。

生身の自分で勝負して、嫌われるのならしかたがない。


そんな潔さが、極上の男を魅了するのかもしれませんね



でも、
並の男を落としたければ、『恋愛さしすせそ』は抜群の効果を発揮する

フツーの男には、フツーの男のよさもあるもんね