しばらく婚活ネタのブログの更新はお休みしてましたが、少しずつ余裕も出てきたところなので、再開します


婚活中、
いや、人生において自らを不幸に招くもの


他人と自分を比べることです



「あの子よりもイイ男と結婚したい」
「イイ男と結婚して、ドヤ顔がしたい」
「親に認められたいから結婚がしたい」

この辺の感情で婚活に躍起になると、本当の意味で幸せになることが難しくなるよね



なぜなら、
幸せの軸が他人基準になっているから…



人生において決して変えられないものは、
過去と他人です



他人の感情、価値観というのは、時として自由気ままに勝手に変わります。


昨日までは「絶対にイケメンがいい」という評価基準だったとしても、明日からは「イケメンは3日で飽きるから、顔はフツーで話が面白い人が最高!」って言い出すのが他人ってもんだもん(笑)

そして、その価値観の変化はその方(他人)のものなので、人からとやかく言われるものではありませんし、そんな筋合いもありません。

でも、その他人の基準に自らの人生の選択を委ねようものなら、いつ不幸のどん底に落ちたっておかしくないよね…

だって、ある日突然、制御不能なところで、幸せの基準(正否)が変わっちゃうんだから


だからこそ、
自分の人生は、自分で決める
自分の幸せは、自分で決める

これが大切なこと



だけどね、女という生き物はどうしても比べたがりな生き物だよね~

「あの子より、私の方が上かも?」と思っては、満足したい人もいる…

それじゃあ、どうやったってどこかで落とし穴に遭遇しちゃうんですけどね…



自分基準で生きよう
他人との幸せ競争ほど無駄なものはない


我が子を出産してみて、例えば母乳の出だとか、体重の増加、授乳の間隔だとか、ついつい他の子が気になることもあるけど…

子育てにおいても、他人と比べないことはとっても大切なことだな~と最近、つくづく実感(笑)

私もたくさんの育児書を読みましたが、教科書通りにいかないのが育児ってもんよね


実は昨日お願いしたベビーシッターさんのうちのお1人が「うちの子は○○だったから~」「他の子は○○だから~」「ミルクは○○ccがなんちゃら~」とやたらと比べたがりな様子の方だったので、次回からの我が家でのお手伝いはご遠慮させていただいたりも…

比べたがりな人にはあえて近づかないことも、幸せの秘訣だったりもします

シッターさんとの相性も難しい~
なんて思った今日この頃なのでした。



我が子には是非ともハッピーな女の子になってもらいたいからこそ、

「うちはうち、よそはよそ」
「あなたはあなた、あの子はあの子」

と物心がついたら、ちゃんと教えていかなきゃね





メルマガの募集再開いたしました
イベントなどの先行募集はこちらから配信する予定です
メルマガに登録いただける方は下記のフォームよりお申込みくださいね
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvesbGEvIRnM