またまた夢に向かって1歩前進

私の趣味と夢の1つは、愛のキューピットになることです


先日、お友達(独身婚活女子)に、主人のお友達を紹介したんですよ~
2vs2でディナーを楽しみまして、我が夫婦×私のお友達×主人のお友達の4人という、完全に2人をくっつけよう作戦的な(笑)

でも、ちゃんと事前リサーチをしているので、お似合いのカップルになるんだろうな
なんて踏んでいた訳ですね。

そしたら~
いい感じに話が展開しているようです


私自身も友人夫婦がキューピッドになってくれたおかげで、今の主人と結ばれているもので、そのバトンを周りの友人たちに渡していきたいな
なんて常日頃思っているので、ハッピーな報告は本当に嬉しいですね

私ができることは、本当にささやかですが、回り巡って世界がハッピーになっていくといいな


とはいえ、先日の婚活ぶっちゃけ女子会でも、話題に上がったのですが。。。

基本的にお友達(特に婚活仲間)は助けてくれない。
あまり期待し過ぎてはいけない。

。。。と思う。
なんて、ドライな考え方も持っている私です。

もちろん寂しい夜に話相手になってくれるだろうし、失恋すれば慰めてくれるだろうし、恋愛相談にも乗ってくれる。合コンにも誘ってくれる。「許容範囲の協力」は得られるかもしれませんが、やっぱり家族ではないので、依存しちゃダメよね。


私の場合、婚活仲間ほど希薄な繋がりってなかったんですよねぇ(笑)

冷静に思い返してみると、その昔、婚活仲間はたくさんいたけど(たぶん20~30人はいた!笑)、その関係性は非常に薄っぺらいもので、結婚して未だに連絡とっている人って、その1/3ぐらいしかいないっていう。。。

当時は毎週のように一緒に合コンに勤しんでいたんですけど、山のように合コンがあったもので、誰とどの会に参加したのかすらほとんど記憶にないし(笑)

そんなこんなで結婚報告すらせず。。。という婚活仲間もいます。

私の場合、長らく友人関係を育んでいるのは、やっぱり婚活とは別の場所で出会った子たちばかりだし、婚活につまずいて手を差し伸べているのもやはり昔からの友人です

そして、今の主人とのキュービッドになってくれた友人も昔からの友人

手前味噌に瞬間的に人脈だけ広げても、その後続かないものなのかもね。。。
本当の意味で助けてくれた友人も、私が助けたいと思う友人も、どこかで深い繋がりがある場合のみなのかな。。。
と思う部分も。

ま、合コン繋がりの友人だと、合コンにいかなくなったら、それ以上の繋がりがないっていうか。。。

人間関係とは、意外と積み重ねが大切である


婚活とは不思議な世界だな~とふと思った週末の朝なのでした(笑)



メルマガの募集再開いたしました
イベントなどの先行募集はこちらから配信する予定です
メルマガに登録いただける方は下記のフォームよりお申込みくださいね

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvesbGEvIRnM