少し前になりますが、私が大々的にアトピーの記事を書いてから、同じお悩みを持つ女性からたくさんのメッセージやメールをいただくようになりました。

何を隠そう私自身、アトピーとは長いお付き合いをしております。

子供の頃は包帯でグルグル巻きになってたし、思春期の頃は傷だらけの腕が嫌でたまらなくて、ファンデーションを塗りたくって隠そうとして余計に悪化させてしまったり、真夏でも腕が出るお洋服を避けていた時期もあります。。。


だけど、田舎から上京してきて、新しいお友達ができて、初めての彼氏もできて、これもまた初めてのバイトをしてみたり、そしたら熱いバイト仲間もできたりして

めまぐるしく人間関係や環境が変わっていく中で、私の心の持ちようもだいぶ変化していきました


東京へ出てきて、まだ右も左も分からない頃、不規則な毎日で荒れに荒れた私の腕をみて、東京では名医だという病院を見つけてきて、診察に付き添ってくれた男性がいました。

その頃はまだお付き合いはしておりませんでしたが、後々私の初めての彼氏となる男性です

↑意外かもしれませんが、私の初彼デビューはめっちゃ遅いんですよ(笑)
片思いの経験は中学生の頃だったけど、きちんとお付き合いしたのは18歳になってから。。。願わくば制服デートとかしてみたかったわ~(嘆き)


少しだけ昔話をすると。。。

実は、新入生だった私はサークルの先輩に片思いをしてまして。。。
ぶっちゃけて言うと、後に初彼氏君となる彼には当初は全く興味がなかったんです(笑)

片思いの先輩とはディズニーランドへ2人でお出かけなんかもしてたのですが、後になって、実は先輩には彼女がいることが発覚しまして
しかも、同じ大学内に

当時の純朴だった私には相当な大打撃だったことに違いはありません

そんな私を慰めてくれた人が、初彼君だった訳です

彼が気晴らしにと連れ出してくれたいかにも女の子が喜びそうなデートプランはあまり心に響きませんでしたが

アトピーの名医を探し出してきてくれた皮膚科デート(?)には、心がグラリと動いたんですよね

幼い頃に母親と名医を探して全国行脚をした記憶なんかも重なったりもして


そして、気がついたんです。

私自身が幸せになれる恋愛とはどんなものなのか

愛されて大切にしてもらっているからこそ、私も彼のために自分ができることをしよう
と自然に思える。。。そんなスパイラルがどれだけ幸せなことなのか

その後、彼とは長い期間お付き合いをしましたが。。。
まぁいろいろあって破局してしまいましたが。。。


この頃の恋愛経験が今の私の『礎』や『価値観』を築くことにもなったと思っています

彼こそが恋愛とは違うフィールドだったとしても、第一印象では1番にはなれなくても、最後に大逆転ホームランを打つタイプの人でして。。。

そんな彼の言動こそが、女子がモテるための要素がたっぷりあったし
数百倍のテレビ局の入社試験を突破できたのも、お付き合いしていた頃の彼の影響が大きいとさえ感じてしまう(笑)



私がアトピーじゃなかったら、彼の愛に気づくこともなかったかもしれません。

彼が最初の相手じゃなかったら、不毛な恋愛に溺れて、やさぐれていたかもしれません。

そして、アトピーで傷だらけの腕だったとしても、一生懸命に「好き」と言ってもらえたことをきっかけに、アトピーという重かったコンプレックスも徐々に昇華することができました。

そして、いつしか大きなコンプレックスこそが、私の武器にもなりました。


だから、今なら言えること。

私は「アトピー」で良かった。



メルマガの募集始めました
ブログには書けないあんな話やこんな話、イベントなどの先行募集を配信する予定です
メルマガに登録いただける方は下記のフォームよりお申込みくださいませ

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvesbGEvIRnM