先日、開催させていただいた婚活座談会で、とっても可愛らしい女子からこんな質問リストをいただきました
photo:01



レイアウト、色使い。。。
何よりブログで「質問がある場合はまとめておいてください」というブログでの告知に、こんなに素直に質問集を作ってお持ちいただけることがとっても嬉しかったです

どうもありがとうございます~


そんなこんなでご質問には座談会中にもお応えしているのですが、ブログでも文章でまとめてみたいと思いまする



この記事では、

『男性に言ってはいけないNGワード集について』


まずはユキコ道的ではありますが、愛され婚(溺愛婚)がしたいなら、

『好き、会いたい、寂しい』の類いの前のめりワードです


これらを言ってしまうと、完全に男からナメられます


ぶっちゃけたことを言ってしまうと、結婚とは男にとってのメリットよりも、女にとってもメリットの方が大きいことがままあるものです。。。

むしろ男性にとってはデメリットと感じてしまう部分が多いのも事実。
故に、勇み足になって「結婚する気がない男」も急増している昨今

独身だったら、時間もお金も自由ですが。。。
結婚すると、それらが搾取されるように感じてしまう男性もいるとか。。。

付き合っているだけの状態が都合が良い。

それがモテ男君なら尚更です
だって、目の前の彼女がいなくなっても、また次の彼女を作ればいいだけだから。

結婚に漕ぎ着けるためには、女性ではなく、男性側に前のめりになってもらわないと、なかなか実現しにくいものなんですよね


「結婚しないと、逃すかもしれない。だけど、逃したくない。」
そう思ったときに、男性は『結婚』を決意する。



だから、女性から前のめりに「好き」だの「愛してる」だの言ってたら、男性の危機感は薄れて安心しきって、結婚に踏み出そうとしなくなる

そして、「会いたい会いたい」と言っている重い女にはおよび腰になって、後回しにしたくなる


「追いかけられると、逃げたくなる」
脳科学的にも証明されている男性の性質です。



ま、100歩譲って、その男性が「もうそろそろ結婚を~」と考えているタイミングであれば、押しまくって結婚に漕ぎ着けることができるかもしれません。

あとは、計画的にできちゃった婚に持ち込むなんていう力技もある(笑)

ですが、それでは『溺愛婚』は難しいかな。。。

「結婚してやった」みたいな男の上から目線に耐える結婚って、この先長く続く結婚生活を続けるにあたって、なかなか辛いものがある

だから、溺愛婚を目指すなら『好き、会いたい、寂しい』は禁句ですよ~


ブログの記事が長文になり過ぎるので、残りのNGワード(NG言動)は箇条書きにいたしますね。

・結婚の話すら出ていないのに「専業主婦になりたい」という軽卒な前のめり発言
・「なんでもいい」という主体性のない返答
・「出会いがない」「いい男がいない」などの非モテ発言
・他人の悪口を言って、自分の価値を下げる行為
・収入に関すること
・過去の恋愛話にまつわるもの
・求められていないのに、仕事に関する助言をすること
・家族や過去など変える事ができないことを否定すること


時間はかかってしまうかもしれませんが、他のご質問もブログで文章にして回答するようにいたしますね

可愛らしいご質問レジュメ(?)、どうもありがとうございました



メルマガの募集始めました
ブログには書けないあんな話やこんな話、イベントなどの先行募集を配信する予定です
メルマガに登録いただける方は下記のフォームよりお申込みくださいませ

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvesbGEvIRnM