カテゴリ: ♡ 恋と婚活と結婚生活 ♡

何を隠そう……この私、若い頃は「イケメンしか愛せない病」を患っておりました(((( ;゚д゚)))生活力ゼロの夢見るバンドマンでもイケメンならOKどうしようもないチャラ男でもイケメンなら恋に落ちてしまうどれだけ俺様で男尊女卑思考でもイケメンならキュンとしてしまうノ( ̄0 ... 続きを読む
何を隠そう……
この私、若い頃は「イケメンしか愛せない病」を患っておりました(((( ;゚д゚)))

生活力ゼロの夢見るバンドマンでもイケメンならOK
どうしようもないチャラ男でもイケメンなら恋に落ちてしまう
どれだけ俺様で男尊女卑思考でもイケメンならキュンとしてしまうノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

アホや〜。
アホ過ぎる〜。


まぁそんな病を患ったおかげで、とことん痛い目にも遭いましたし、死ぬほど惨めな思いもしてきました(((( ;゚д゚))) 


だけど、イケメン(最初の旦那)との離婚を経て、ついに目が覚めたわけね(爆)

これではアカンと!!!
私の人生、イケメンにこだわり過ぎると、破滅するわ!!!とね。

イケメン(外見)よりも大事なことがある!!!
それは銭や!!!
↑ウソです(笑)

なんだかんだ1番大事なのは、
中身(私を嫌な気持ちにさせない人)なんだな、と三十路を過ぎて悟りました。


でね、アラフォーに差し掛かり、バカの1つ覚えみたいにイケメンイケメンと言わなくなって、気づいたことが1つ。

いつの間にかイケメンの基準が変わっておりました(笑)


見た目でいうなら、とりあえず清潔感さえあれば、全員がイケメンに見えてしまうほど、視力が落ちたわよ(;´Д`)

さらに、志ややっていることが尊敬に値すると、後光が差して見えるように。

うん。
年齢を経て、自分も劣化すると、相手の劣化がそれほど気にならなくなります。

で、行き着くところはやっぱり中身よね。


ハゲ散らかしてても、孫正義はイケメンに見える!笑
そういうことや!!


私には昔から醜態コンプレックスなるものがありまして、自分にないものを追い求めて「イケメンしか愛せない病」を患いましたが。。。

自分も年増の女になって諦めもありつつ、少しずつコンプレックスから解放されつつあるように思います(笑) 


2015-09-17  

巷の婚活界隈を見渡してみると……「モテそう!」とか、「彼氏いそう!」とか、はたまた「理想が高いんじゃないの?」と揶揄されてしまう……美人で性格も良くて真面目に仕事をしている女子が案外売れ残っていることがある。ま、確かに理想が非現実的だから売れ残るタイプも ... 続きを読む
巷の婚活界隈を見渡してみると……

「モテそう!」とか、
「彼氏いそう!」とか、
はたまた「理想が高いんじゃないの?」と揶揄されてしまう……
美人で性格も良くて真面目に仕事をしている女子が案外売れ残っていることがある。


ま、確かに理想が非現実的だから売れ残るタイプもいないことはないけど。
そうじゃなくて、現実を見据えた理想しか持っていないのも関わらず、モテそうどころか、全くお声がかからない女子がいるんですよ。

なんで?って感じでしょ?!
世界の摩訶不思議かと思いきや、たった1つだけ共通する理由があるんです。


それは……
「受け身女子」だから!


「人見知りだから、初対面の人とはうまくしゃべれないんです」
と、出会いの場で自らシャッターを降ろしてしまっていたり。

「私、オクテなんで、自分から声かけるとか、思わせぶりっこなんてあり得ない!」
と、出会いの場ですら能面ガールに徹してしまったり。

なんなら「自然な出会いがいい」と、家と会社を往復するだけの生活で、空から素敵な王子様が降って来るのを永遠の待ってるパターンなんてのもある。
↑家と会社の往復しかしないのなら、社内恋愛以外の出会いなんてないっすよ。フツー。
その社内恋愛ですら、受け身女子には声はかからんもんよ。


イマドキの若い男衆はですね、3/4ぐらい「僕、草食系なんですよー」とか言ってるわけですわ。
↑私の個人的主観。


男も女も草食系で受け身体制なら、どうやったって1歩も進展しないよね?って話です。


だからね、多少顔が散らかっていても、ちょっとぐらい性格が悪くても、なんだかんだ肉食女子は強いぞー!!!笑

自分からグイグイいけると、世界が広がるぞー!!!


別にね、いきなり気になる男性に「結婚前提で付き合ってください!」と重い告白をしろ!って言ってるわけじゃないんですよ。

「金曜、空いてる?飲みに行こうよ!」と、サラっとを声をかけられるかどうか…たったそれだけよ。


そんで「〇〇のそういうところ、いいと思う!」なんつって、軽くその気にさせちゃう大作戦とか、
「今度は〇〇なお店に行ってみたいな!」なんつって、誘ってくれやオーラを醸し出すとかができたら、上出来っ!!!


でも、受け身女子も受け身男子もそれができないことが多んだよね。


そんなわけで、
受け身女子を卒業できたら、受け身男子を落とすのはちょろいと思うわけです。


自分が「受け身女子」という自覚があるみなさん、騙されたと思って1回試してみたら?


2015-09-17




 

何も考えていない人にありがちな言い草は、「とりあえず普通の男と結婚したい」これね。私から言わせれば、それは「私は何も考えていません」っていうのと同じね。そうそう。私は婚活って人生模様そのものだと思うわけですよ。「どういう男を選ぶべきか?」って問いを突き詰 ... 続きを読む
何も考えていない人にありがちな言い草は、

「とりあえず普通の男と結婚したい」

これね。


私から言わせれば、それは「私は何も考えていません」っていうのと同じね。


そうそう。
私は婚活って人生模様そのものだと思うわけですよ。

「どういう男を選ぶべきか?」って問いを突き詰めていくと、
それはすなわち「どういう人生を歩みたいのか?」につながると思うから。


普通の人生というのは、それは自分の母親みたいな人生なのか。
それなら父親みたいな男性なら満足できるのか?
↑昭和の時代と近現代はちょっといろいろ感覚違うと思うから、昭和の親父みたいな男性はかなり希少だと思うけど。

「運命の恋」に落ちて翻弄されたい人って案外多いかもしれないけど(特に若い頃ほど。というか、昔の私(笑)
それはすなわち人生はノープランでとりあえず誰かに幸せにしてもらえる人生がいいってこと?
↑でも、それだと、そのうち隣の芝生が青く見えてしまって、後から「ああ、あっちの方が良かったわ」って気づいてしまったり、「こんなはずじゃなかった!?」って嘆く結果になりませんかね?

安易に誰かに「AくんとBくん、どっちがいいと思う?」って聞いてくる人がいるけど、それも自分の人生に自分でケリをつけることから逃げてるよね。

結局、人は自分で納得したものでしか、本当の幸せって実感できないんじゃないか?とも思うわけ。


「どういう男を選ぶべきか?」を突き詰めることは、人生に直結することだから。

何が大切で、何は捨てられるのか?
優先順位は?

そこに自分が納得する答えを見つけることが、幸せな結婚のはじめの1歩だと思うんです。


ほら?
どんな男、捕まえたいか?によって、漁場も違うからさ。
戦略も違ってくるわけ。

最短距離で結婚したいのなら、まずはゴールの定義を決めることよ。


2015-09-17
 

たまにいるじゃないですか?!「結婚ってコスパが悪くない?」とか言う人。特に男っ! 私が注意喚起をするとすれば……結婚をコスパで考える人と結婚してはいけません!!!断言っ! だってね、コスパで考えたら、かなり割りに合わない制度だと思うんですよ。もしかしたら ... 続きを読む
たまにいるじゃないですか?!

「結婚ってコスパが悪くない?」
とか言う人。

特に男っ! 


私が注意喚起をするとすれば……

結婚をコスパで考える人と結婚してはいけません!!!

断言っ! 


だってね、コスパで考えたら、かなり割りに合わない制度だと思うんですよ。
もしかしたら男性にとって。

だから、婚活市況は「女余り」と言われているほどに、婚活女子にとって厳しい状況になっているとおもうんだよ。。。


で、結婚をコスパで考える男の思考回路は、「不満」思考ですから、たぶん誰と結婚したとしても、不平不満をツラツラ並べて、相手を不快にさせかねないと思うんですよね。

共働きだとしても、
「収入と家事の負担のバランスが悪い…不満」とか。
「時短勤務なんだから、もっと〇〇」とか。

モラハラ男なら
「俺の方が稼いでるんだから、年収と家事の負担は比例方式で!」とか言いかねません(;´Д`A

自分の転勤の都合で妻が専業主婦になったとしても、
「専業主婦なんだから、もっと家のことをきちんとしてほしい」とか。
「お金の使い方をもっと考えてほしい」とか。 

それが妻が専業主婦になりたいという理由で、ただ単に専業主婦の場合はもっとやばいかもしれないよ?

生後間もない赤子を抱える妻に、
「家計のために働けば?」なんて無理難題吹っかけてくる男もいるらしいから。


とかくコスパ男っていうのは、隣の芝生が青く見えまくってしまい、不平不満を見つけてくるんだよね。


コスパで考えるタイプは、いつの日にか相手を追い込んで息苦しくさせることでしょう。
だから、悪いこと言わないから、やめときなさい!
と、老婆心ながら言わせてもらいたい(笑) 


結婚にはコスパでは語りきれない良い部分がたくさんあると思うよ。
もちろん女性にとっても男性にとってもね。


例えば、ダッフィーのブランケットを買ってもらって、嬉しそうな娘の笑顔を見るだけで癒されるとかさ。
 

クリスマス、娘たちと企画してサプライズパーティーをした時のパパの顔の緩みといったらもう…(笑)

風邪をひいたとき、美味しい雑炊が出てくるのも結婚の醍醐味じゃない?

若い頃はとんがって強がっていられても、男女ともに拠り所に安心する部分ってあると思うで。
ほら?体力もなくなってくるし、ある日突然病気するかもしれないし、どうしようもない愚痴聞いてもらえる相手も年々いなくなるかもしれないし。


そう。
結婚の醍醐味とはプライスレス!!

だから、コスパで考えようにも無理がある。

コスパでは語れない「拠り所」が欲しくなって初めて、結婚適齢期を迎えるものなのかもしれないわ。


2015-09-17  

婚活界隈でよく言われる「男は年収、女は年齢」……まぁ、あながち間違ってないよね(;´Д`Aどこだかのデータによると、男性の既婚率は年収に比例するらしい。高所得者ほど既婚率が高く、低所得者ほど未婚率が高い。もちろん例外もあるだろうけど、ビックデータで語れば、こ ... 続きを読む
婚活界隈でよく言われる
「男は年収、女は年齢」

……まぁ、あながち間違ってないよね(;´Д`A

どこだかのデータによると、男性の既婚率は年収に比例するらしい。
高所得者ほど既婚率が高く、低所得者ほど未婚率が高い。
もちろん例外もあるだろうけど、ビックデータで語れば、これは揺るぎない現実なのです。 


でもさ、女性が「年収〇〇円以上希望」とか言い出すと、めちゃくちゃ叩かれるわけよ。
「専業主婦希望」もやばい感じよね。


だけど、私は思うのよ。
女性が「年収」を気にするのは当たり前じゃないの?と。

もちろん「年収〇〇円以上希望」と語る婚活女子だって、お金がすべてじゃないよね。
どんなにお金があっても許せないこともあるし、妥協できないこともある。

生理的に無理な男性とは、どれだけお金があっても、一緒にいることはできないじゃない?


で、どうして女性陣が「年収」にこだわってしまうのか?

ズバリ!!
女は「安定」を求めるから。

最近の女子は「贅沢な暮らしがしたい」とかそういうことじゃなくて、まともな生活がしたいと考えているんです。

そして、現実的な話としてまともな生活を営むには「お金」が必要なんですよ。


そういう話をすると、女が稼げばいい!という人もいるけど。。。

実際問題ね、産休育休とって時短勤務になったら、独身の頃よりもググーンと収入が減ったりするものじゃないですか?

そうなると、どうしても男性の稼ぎに頼らざる得ないケースもあると思うんです。


でね、実際にワーママの話を聞いてみると、働きながら保育園の送迎して朝と夜ごはんの準備して洗濯して掃除してゴミ出しして……って、ものすごーく大変らしいんですね。

時短勤務で早帰りするから〜と日中は相当な詰め込みスケジュールで仕事をこなして、大慌てで保育園にお迎えに行って、夜ごはん食べさせて、お風呂に入れて、寝かしつけして……その後に洗濯やお風呂掃除してってなったら……うん。想像するだけで大変です。。。

残業や接待がある男性は帰りが遅く、共働きでも家事育児が折半になるわけでもなく、結局ワンオペがちで女性側の負担が大きいというケースもよくある話。

ちなみに、ワーママのお友達はあまりにも大変過ぎて、うつ病を患い休職期間を経て、退職したなんて話も(;´Д`)

幼稚園のママ友でも産休育休を経て復帰したけど、どう考えてもキャパオーバーで。。。
少しだけワーママをやってみて、これは無理だと思って、専業主婦になったって話もちらほら聞きます。


職場でそんなワーママの諸先輩方を垣間見てたら、ものすごく不安になるよね。

ちなみに、私は不安になったよ。
「それ、私にできるのかな?」って。 

だから、共働きだとしても「ゆるい仕事がいいかな」なんて考えたりもして。。。
すると、それなりの生活をするには男性の稼ぎが必要かな?と、現実的に考えてしまうんだよね。

いや、バリバリ稼いで家事も育児も丁寧でオシャレにもメイクにも気を抜かないスーパーマンみたいな女性もいるのかもしれないけど、私には無理って思うこともあるよね。


「年収〇〇円以上希望」の〇〇が本当に必要なのか?はさておき。。。
安定したまともな生活がしたいから、〇〇ぐらいは望んでしまうという女性を責められないと思う。


私の嘆きは、
男が若くて可愛い子がいいと言っても責められないのに、
女が甲斐性のある男がいいと言ったらどうしてこうも叩かれてしまうのだーーーーー!!!

同じじゃないの?
どっちもどっちじゃないの?
……と思うわけです。


 
 

女子は好きになった男性にはとことん尽くしたくなってしまう……そんな母性本能を持ち合わせております。その一方で男は真逆。助けた女性に恋に落ちてしまうんだよね。女子は好きという感情が先に発生していて、好きだから尽くしたくなるんだけど。男子は「助ける」という行 ... 続きを読む
女子は好きになった男性にはとことん尽くしたくなってしまう……
そんな母性本能を持ち合わせております。

その一方で男は真逆。
助けた女性に恋に落ちてしまうんだよね。


女子は好きという感情が先に発生していて、好きだから尽くしたくなるんだけど。

男子は「助ける」という行動が先で、僕が手助けしたんだから、「もしかして好きってこと?」と後付けで感情が湧いてくるもんなんだよね。


その論理でいくと……
1人でなんでもできてしまいそうに見えて、1人で生きていけそうなイメージが先行してしまう不器用女子は放っておかれ。
または、寄生虫みたいなヒモ体質な男が寄ってきて。。。
↑どんなに強そうに見えても、人は1人では生きていけないし、誰かに頼りたくなる夜もあるものよね。

実は1人でなんでもできてしまうのに、男に頼って花を持たせるあざとい女子がモテるという図式が成立します。


思い返してみると……
「お買い物してたら、買い過ぎちゃって……荷物が重いから、お迎えに来て!」
とあっさり男に頼る友人は彼氏が途切れることなく、適齢期でイイ男とそそくさと結婚していき。

元職場(テレビ局)の同僚で、
イスの片付けを張り切り過ぎて、許容量を超えた重さのイス10脚を一気に持ち上げようとして(彼女は素早く片付けを終わらせようとした)、筋を痛めたガテン系美人(見た目はガテン系ではない)は未だに独身、婚活難航中です。

私個人的には後者のガテン系美人な友人の方が好きなんですけど、男性支持率が圧倒的に高いのは男に大して重くもない荷物を持ってもらうあざとい女子なのです。

「はぁ?そのぐらい自分で持てや!いや、持てるだろう!」と思ってしまう部分もあるけど、それでも男を頼れる余裕がモテの秘訣なのかもしれないわ。


1人でも生きていけるけど、少しぐらい誰かを頼って生きていくのも悪くない。

そのぐらいのユルさが男心をくすぐるものなのかもね。


  

婚活をしていると、ついついモヤモヤしてしまうことが多いと思うんですよ。今日はその正体について。「モヤモヤする」っていうのは、「本当にそれでいいの?」というアラートなんですよ。初回デートでワリカン。昔の私ならかなりモヤってましたよ(笑)特にワリカンにされた ... 続きを読む
婚活をしていると、ついついモヤモヤしてしまうことが多いと思うんですよ。

今日はその正体について。

「モヤモヤする」っていうのは、
「本当にそれでいいの?」というアラートなんですよ。


初回デートでワリカン。
昔の私ならかなりモヤってましたよ(笑)
特にワリカンにされたこと以外は「いいな」「一緒にいて楽しいな」と思えた男性ほど余計にね。
当時の私の鉄のルールは、ワリカンにされたら帰り道にLINEブロック…という極端なものでして。。。
だからこそ、「本当にそれでいいの?ワリカンにされたことを決定打にしていいの?」と迷いがあったからこそのモヤモヤ。。。


いい人なんだけど、好きになりきれない。
でも、この人を逃したら、これ以上の人は現れないような気がする。モヤモヤ。
これ、婚活女子あるあるだよね。
恋愛は感情でするものであって、その先の生活までは考えないけど。
結婚となれば、その先50年以上の生活がかかっているわけですから、感情だけでは突っ走れないものです。
「好き」という感情が追いつかないけど、結婚には向いてる男性っているわけで。。。
「本当にそれでいいの?情熱的に恋に落ちてないけど、逃すのは惜しい」と思っているからこそのモヤモヤ。。。


私はめっちゃ言語化しているから、解決策を導くことができるけど。。。
多くの女性は、言語化できずにただただ漠然とモヤモヤしていることが多いです。

だから、余計に気持ち悪くて、後味が悪いんだよね。


モヤった時は、「本当にそれでいいの?」という自分の心からのアラートだと思って。
漠然とモヤモヤしているだけじゃ、モヤモヤはもっと増大していくだけよ。

モヤモヤしたときは、ぜひ言語化して、その正体を突き止めてみるといいわ。

案外スッキリするかもよ?


2015-09-17  

周りの男性陣を見ていて思うことは……男って生き物は調子がいいとき(調子ブッこいてるとき)ほど恋愛をしたがり、弱っているときほど身を固めたくなる(結婚したくなる)生き物なんですよ。で、女子からモテるのは、調子ブッこいてる男だったりするのよね。ほら?調子がい ... 続きを読む
周りの男性陣を見ていて思うことは……

男って生き物は調子がいいとき(調子ブッこいてるとき)ほど恋愛をしたがり、
弱っているときほど身を固めたくなる(結婚したくなる)生き物なんですよ。


で、女子からモテるのは、調子ブッこいてる男だったりするのよね。

ほら?調子がいいときって、適度な自信もつくだろうし、精神的にも余裕というか貫禄が出てきたりもするじゃない?

すると、そこに包容力みたいなものを感じて、惹かれていくのよ。女たちは。

女子たちが結婚したいのにプロポーズはしてもらえない問題にぶち当たってしまうのはこれが原因なのかもしれない(((( ;゚д゚))) 

強気な男ほど彼女の結婚したい気持ちを先延ばしにしたりするしね。


一方、稀代のモテ男が結婚していったエピソードを聞いていると、ほとんどが弱っていたときなんですよね。

老舗企業の3代目(御曹司)くんが必死で婚活を始めたのは、健康診断で初期の胃ガンが見つかり(初期だったので、おそらく完治したと思う)、己の行く末に不安を感じたときだったし。

私が長年愛しているミスチルの桜井さんも、小脳梗塞を患ったとき、ずっと看病をしていたのが今の奥さんらしい(ワイドショーネタ)

元職場(テレビ局)のモテモテな同僚くんが結婚したのも、仕事で大失敗して担当を降ろされたときだった。

そういえば、我が主人も私と結婚したとき、投資で大損ブッこいてたっけなぁ(遠い目)


その辺を理解していると、
結婚につながる恋愛を選ぶことができるのかもしれませんね。

今は弱っていて頼りなく感じたとしても、いつまでも弱っているわけじゃないから、そのときの調子だけじゃなくて、大きな意味での人間性を見極めてみてもいいと思うわ。


 

 

ママ友たちと話していて知ったこと。ハイスペ男子と結婚しているセレブ妻は意外とグイグイ結婚を迫って、押し切って婚姻届に判をつかせた者も多いって話よ。ちなみに、私も付き合う前から「結婚する気がない人を相手にしている時間も余力もない」と大宣言しておりました。で ... 続きを読む
ママ友たちと話していて知ったこと。

ハイスペ男子と結婚しているセレブ妻は意外とグイグイ結婚を迫って、押し切って婚姻届に判をつかせた者も多いって話よ。

ちなみに、私も付き合う前から「結婚する気がない人を相手にしている時間も余力もない」と大宣言しておりました。
で、付き合うんだったら、「覚悟してよね!」という無言の圧もあったと思うわ(笑)


でもさ、乙女としてはむしろ男性からグイグイアプローチされて、しかたがないから結婚してあげたの!ぐらいのことを夢見てしまう部分もあると思うんですよ。

私にもその願望はありましたが、そんなことにこだわると、婚期を逃しかねない!と思って、しょうもないプライドはさっさと捨てました(;´Д`)


で、実際に結婚してみてどうなのか?と言うと……
どちらから結婚を迫ったとしても、何にも変わらないよね!と言う結論。 

惚れた方が負けみたいな概念もあるかもしれないけど、実際の結婚生活にはなんら関係がありません。

結局はお互いの関係性や性格がモノを言う世界(笑)


私の周りだけの話でいうなら、
女性側からグイグイいった方が鬼嫁になっているような気がします(笑)

そんな私も鬼嫁まっしぐらですよ。


「女余り」とすら言われる近現代の婚活市況……
男があんまり結婚したがらない時代……

少女マンガ的な願望はとっとと捨てて、グイグイクロージングをかける女が案外勝ち組かもしれません。


だってさ、結婚して5年も経ったら、
どちらからアプローチしたとか、マジでどうでもいい話になっているものだから。


強引に押し切って結婚した女たちの末路というタイトルから悲惨な未来を想像したみなさん!!

実際、そんなことはありません!!

恐れず欲しい未来を掴み取りにいって、いいと思うわよ。


 


 

この私も若い頃は占いやらスピリチュアルな世界をちょっとだけ信じていた……というより、人生うまくいかないときほど盲信していたこともあります(遠い目)でも、一旦「占いアホか?!スピリチュアルってなんやねん?!」と思い始めまして……。そして、今、また新たな悟り ... 続きを読む
この私も若い頃は占いやらスピリチュアルな世界をちょっとだけ信じていた……
というより、人生うまくいかないときほど盲信していたこともあります(遠い目)

でも、一旦「占いアホか?!スピリチュアルってなんやねん?!」と思い始めまして……。

そして、今、また新たな悟りの境地でして(笑)


『引き寄せの法則』とか『類友説』とか、スピリチュアルの世界で言われていることって、理にかなっているな。

と、スーパーリアリスト(超現実主義)な私も思う次第です。


『類友』とかまさに!なんですけど、同じような価値観で同じようなことを考えていて同じような生活スタイルの人が惹かれ合うのって、ある種、当たり前じゃないですか?!

社内恋愛が多いのも、そういうことなんじゃないかな?とも思うよ。
多少は違うだろうけど、なんだかんだ同じような道を歩んで似たような努力をしてきて、その会社に入社してきてると思うしね。


気持ちの面でも同じで、
スーパーポジティブな人は、根暗な人の気持ちはなかなか理解できない部分があると思うんですね。
なぜなら、思考回路が違うから。
↑ちなみに、私はどちらかというと根暗タイプです(笑)

それと同じようなことで、
自分が誰かの悪口を言いまくっていると、どこかで自分も何か言われているんじゃないか?!という猜疑心に襲われてしまうし。

自分の意地悪な面が出てしまっているとき、相手になんら悪意がなくとも、勝手に悪意として受け取ってしまうこともあると思う。

自分が誰かと比べて優越感に浸るような思考回路を持っていると、相手がマウンティングしていなくても、勝手にマウンティングされている気になってしまったり。


『引き寄せの法則』って案外深いよね。