カテゴリ: ♡ 恋と婚活と結婚生活 ♡

ご多忙に漏れず私もそうでしたけど、女にとっての「30歳」って1つの分岐点だと思ってしまう人が多いと思うんですよね。世のセオリーなのか流行なのか何なのか。。。27、8ぐらいから怒涛の結婚式ラッシュが始まり、29で独身彼氏ナシだと、めっちゃ焦る…みたいな話を ... 続きを読む
ご多忙に漏れず私もそうでしたけど、
女にとっての「30歳」って1つの分岐点だと思ってしまう人が多いと思うんですよね。

世のセオリーなのか流行なのか何なのか。。。

27、8ぐらいから怒涛の結婚式ラッシュが始まり、29で独身彼氏ナシだと、めっちゃ焦る…みたいな話をチラホラ聞くじゃないですか?

で、私は31歳で離婚したので、「オワッタ(TДT)」と諦めと絶望の淵を軽くさまよいました。
でも、まだどうにか滑り込みセーフにできないかな?と一縷の望みを捨てきれず、泥水をすする覚悟で婚活……みたいな感じ。

いやはや、38歳アラフォーになった今となっては、31歳、全然若いやろ〜。全然終わってないから、大丈夫よ〜!と思うんだけどね。

三十路の大台に乗ったばかりの31歳の私はとにかく焦ったのさ。


なので、その焦燥感の正体を突き止めてみたいと思う。


ズバリ!

空気!!!

これに尽きると思うんだよね。


自分で自分を追い込んでしまう空気を勝手に感じているとも言える。


三十路オーバー、彼氏なしの独身はなんか寂しいヤツなんじゃないか?とか、

女としての魅力に欠けてるから独身なんじゃないか?とか、

親ももうそろそろ結婚してほしいと思っているに違いない!とか。


大人になればなるほど、周りは余計なことを言わなくなるものですが。。。
相手が思っていることを想像する能力が培われていきます。

で、その想像力は自分に足りないものや欠けているものに牙をむいてしまいがちなんですよね(((( ;゚д゚)))


だから、「もうそろそろ結婚した方がいいじゃないの?」という想像力に拍車をかけてしまい、どんどん焦るっていう仕組み。。。

するとね、周りの空気が全部そんな感じがしてきて、もっと焦る……みたいな感じなのではないかと思うわけです。


社会生活を円満に営むには、そこそこ空気を読む能力が必要だと思います。

でも、窮屈な空気をあえて作る必要もないよね?

自分で自分を追い込んでしまう真面目な女子に伝えたいこと。


2015-09-17

 

真面目な女子ほど、結婚したいと思ったときに、嫁としてふさわしい能力を身につけたいなんてことを考えてしまうもの。あとは、良い男性に見初められるように、婚活する前に自分磨きしよう!と意気込む女子も結構いる。↑ちなみに、私はとことん無駄な努力をいたしました。今 ... 続きを読む
真面目な女子ほど、結婚したいと思ったときに、嫁としてふさわしい能力を身につけたいなんてことを考えてしまうもの。

あとは、良い男性に見初められるように、婚活する前に自分磨きしよう!と意気込む女子も結構いる。
↑ちなみに、私はとことん無駄な努力をいたしました。今ならそう思える(笑)

だけど、私はここに警鐘を鳴らしたいわけです。

そんなこんなで私が思う
結婚してからでも遅くないと思った花嫁修行を3つほど解説したいと思います。


①お料理
意外かもしれないけど。。。
今現在、お料理ができないのなら、そのままで婚活してもいいと思うんです。

よく言うじゃないですか。
「胃袋を掴む」的な。

もちろん料理はできないよりはできた方がいいのは間違いない!!

しかしながら、婚活をする前準備としてお料理教室に通う的な努力はいらん!!

なぜなら、婚活界では料理ができることよりも、出会いにつながる行動ができるかどうか?とか、若くて美しいとか、楽しく会話ができるかどうか?の方が有利に働くことが多いから。

ちなみに、私もお料理教室に通っていたことがあります。
でも、当時、お教室で習ったメニュー、全く作れません!笑

なんて言うの?
和気あいあいとみんなで調理実習して(しかも、ある程度下ごしらがしてあるから、いいとこ取りの調理実習)、その後単なる女子会の延長的なノリでお食事をいただくことがめっちゃ楽しかったけど、それで実際に料理ができるようになるか?って言ったら、またそれは別問題なんだよなぁ(遠い目)

料理なんてね、その気になれば、クックパッドさまと人気ブロガーさまのレシピを見ておけば、大概作れますって!
で、結婚(婚約)してから勉強しても1〜2年でそこそこ料理できるようになるんだよ。

お料理教室に足繁く通うよりも、合コンに行くなり、結婚相談所に登録する方がずっと結婚につながると思うんだわ。


②お花
これ、私がめっちゃやらかしたことですけど。。。
「花のある生活ってステキ!」という妄想を膨らませ、「お花の嗜みがある女性はモテるはず!」という壮大な思い違いにより、100万ぐらいかけて講師資格(ディプロマ)を取得しました。

が、しかし!
お花ができても、全くモテに寄与しません!!!!断言っ!!!!
それはもう悲しいぐらいに。。。

男女の出会いの場で「お花を習っていて……」みたいな話をしても、軽くスルーされるんですよ。
「そうなんですねー」と、全く興味関心を感じられない素っ気ない一言で(;´Д`)

そりゃそうだわ。
例えば女子だって、全く興味がない車のエンジンの話を延々されても、しらけるだけじゃないですか。
「その話、いつ終わるの?」と心の中で毒づいちゃったりもするじゃない?

そういや、昔。
婚活で出会った男性が延々エグザイル的なダンスを習っている話をしていて、動画(自分が踊っている姿)をずーっと見せられたんですよ。
「すごいですねー(棒読み)」と反応しとくしかなかったよね(笑)

それと同じ現象が起こるだけ。。。
なんなら一生懸命お花アピールをすればするほど、どんどん非モテに陥る負のスパイラルにハマっていく(((( ;゚д゚)))

本当にお花が好きなら、お花のレッスンは婚約後でも全然遅くないと思うよ。


③ダイエット
もちろん健康的なスタイルの女性はモテます。
でも、ぽっちゃりちゃんでも幸せな結婚をしている人は大勢います。

要はそこじゃないんだわ。

「私、デブだし……」と自分を卑下するマインドさえ手放すことができれば、ぽっちゃりのままでも結婚できるんだよね。

逆にはたから見たらすんごい美人でも「ここがダメ!あそこもダメ!」と自分に厳し過ぎるマインドの人って言うのは、他人にも手厳しくなる傾向があり。。。
相手を窮屈な気分にさせてしまいます。
そうして、「俺には無理」という結論が導き出され、恋が長続きしないなんてケースも。

大らかに生きましょうや!
自分にも相手にも。


結婚(婚約)してからでも遅くない花嫁修行に時間を使う前に、結婚するために出会いを増やす方がずっと得策だと、今なら切に思います。

無駄な花嫁修行をやらかして、思いっきり自滅した先輩(私)の意見でございました。


2015-09-17 

マイナビライフサポート結婚相談所ナビさまにて記事を書かせていただきました。男も女もどうしても結婚に向かない人っていると思うんですよ。そして、穏やかな家庭を築きたい人が結婚に向かない人に捕まってしまい、結局、離婚にいたる例を山ほど見てきました(;´Д`Aできる ... 続きを読む
マイナビライフサポート結婚相談所ナビさまにて記事を書かせていただきました。
男も女もどうしても結婚に向かない人っていると思うんですよ。

そして、穏やかな家庭を築きたい人が結婚に向かない人に捕まってしまい、結局、離婚にいたる例を山ほど見てきました(;´Д`A

できることなら結婚向きの人と最初から結婚したいじゃない?!

そんなこんなで今回は結婚に向いていない男性の特徴と、結婚して幸せになれる男性の見極め方についてまとめてみました。

女子の愛をつぶさに狂わせるもの。実はそれは「母性本能」なんじゃないかと思う今日この頃。私がこれまで出会ってきた女子たちに言えることは、なんだかんだ世話焼きさんが多いんですよ。↑マジで友人に恵まれております。こちらから何も頼んでいなくても、私の状況を察して ... 続きを読む
女子の愛をつぶさに狂わせるもの。

実はそれは「母性本能」なんじゃないかと思う今日この頃。


私がこれまで出会ってきた女子たちに言えることは、なんだかんだ世話焼きさんが多いんですよ。
↑マジで友人に恵まれております。

こちらから何も頼んでいなくても、私の状況を察してくれて、あれやこれやと面倒見てくれちゃう女子、めちゃ多いです。

私はこれも「母性本能」だと思ってしまうわけね。

私にとってはものすごーくありがたい。
たぶんそれは、私が女だから。


でも、世の男性陣にとってはハタ迷惑な愛と思われてしまうこともあるんだよね〜(((( ;゚д゚)))

ありがちな例としては、
風邪をひいてそっとしておいて欲しいのに、家に押しかけてくる彼女とか。

頼んでもいないのに、せっせと家事をやってくれちゃう彼女とか。

そもそも家では食べない主義の忙しいビジネスマンなのに、冷蔵庫に作り置きをたんまり作ってくれちゃう彼女とか。

「あなたのため」と言いながら、やんわりダメ出しをしてくれる彼女とか。


まぁ例をあげたらキリがないわけですけど、
好意というのは相手のニーズを無視した場合、ただのありがた迷惑に転落しますΣ(゚д゚;)


ほら?
風邪ひいてしんどいときにさ、家にくるとか言われたら、「少しは掃除しなきゃ!」と余計にしんどくなってしまう人もいるわけです。

ただひたすらに爆睡したいと思っているときに来客があったら、例えおかゆを作ってもらえたとしても疲れ倍増するパターンもあると思うんだわ。

もちろん弱っている彼氏に献身的に尽くすことで、結婚を意識してもらえるケースも往々にしてあるけど。
それはその人次第なのよ。
だから、大事なのはニーズ!

そもそも「あなたのため〜」ってフレーズ、めちゃ重いよね。。。


女には生まれつき母性本能が備わっていて、誰かのために何かをするって、実は結構快感なんですよね。

でも、それは相手のためではなく、実は自分の快感のためなのかもしれない……って視点を置いてきぼりにしちゃいかんと思うのよ。

「私はこれだけ尽くしているのに!」なんて言いながら、見返りなんかを求めようものなら、もはや重い女の極みでしかないよね。。。


「ただ温かく見守る」という母性本能も発揮しつつ、相手のニーズを無視しないことが良き恋愛の基本なのかもしれないね。


2015-09-17 

マイナビウーマンさまにて記事を書かせていただきました。この私、「物腰が柔らかい人」なりたくて、もう15年以上は四苦八苦しております(笑)ほら?やっぱり「物腰が柔らかい人」って素敵じゃない?若かりし頃(もしや今も?)、物腰が柔らかいどころか、きっつい性格な ... 続きを読む
マイナビウーマンさまにて記事を書かせていただきました。

この私、「物腰が柔らかい人」なりたくて、もう15年以上は四苦八苦しております(笑)

ほら?
やっぱり「物腰が柔らかい人」って素敵じゃない?

若かりし頃(もしや今も?)、物腰が柔らかいどころか、きっつい性格なんじゃないか……と、幾度凹んだことか(笑)

私が思うに、
ただ単に気が弱いとか、空気読み過ぎて自滅しちゃうとかではなく、
本当の意味で「物腰が柔らかい人」って、人間力が相当に高い人だと思うわけですよ。

だからいつか私も「物腰が柔らかい貴婦人」になれたらいいな!と夢見ております。

そんな発展途上の私ですが……

どう考えてもモテるだろう「物腰が柔らかい女性」について考察してみました。

↓全文はこちらからどうぞ〜(′∀`)



FullSizeRender



2015-09-17

第一印象において男たちは、ぶっちゃけ顔しか見てないと言っても過言じゃないよね。。。だから、掴みとしては美女はめっちゃ有利です!断言っ!しのごの言わずに外見を磨くだけで声のかかり方が180度変わります!!!だけど、外見だけでは幸せな結婚にはたどり着けないの ... 続きを読む
第一印象において男たちは、ぶっちゃけ顔しか見てないと言っても過言じゃないよね。。。

だから、掴みとしては美女はめっちゃ有利です!断言っ!
しのごの言わずに外見を磨くだけで声のかかり方が180度変わります!!!

だけど、外見だけでは幸せな結婚にはたどり着けないのも事実です。

なぜなら……
結局、婚活は「総合力」勝負だから!


そう、
不美人の私は現役婚活中、自分を慰めておりました(笑)

ほら?
持って生まれたものを嘆いても意味ないじゃないですか?!

ま、美容整形なんていう力技もありますけど、元テレビ局社員の私、美容整形の後遺症の恐ろしさを耳にする機会も多かったもので、怖くて手が出せませんでしたよ(((( ;゚д゚)))

というわけで、できること(ヘアメイク、ファッション、歯のホワイトニングなど)は必死こいて頑張りましたけど、土台を変えることはできず。。。

見た目的には等身大の自分で勝負するしかなかったわけです。


だからこそ、自分を慰めるしかないし、不美人でも結婚する方法を考えるしかなかったわけ。


で、数々の試行錯誤をした結果、1つの結論が出ました。

婚活は「総合力」なのだと。
↑2回目(笑)


どんなに美人でもしゃべっていて盛り上がらない相手よりも、普通の見た目でも一緒にいて楽しい相手が選ばれるし。

美人相手に頑張り過ぎて疲れ切ったメンズは、フラフラと癒し系女子のところへ来ることもある。

高飛車で要求が多い美人よりも、「共働きOK」の正社員女子の方がウケがいいこともある。


ま、美人な上にコミュ力抜群で聞き上手で盛り上げ上手で癒し系で謙虚で要求少なめで小汚い居酒屋OKで共働きOKだったら、もはや最強なんだけど、そこまで整っている美人ってそんなに大勢はいませんからねぇ。。。

だからこそ、私は見た目以外の部分で頑張る覚悟を決めましたとも。。。
そうしたら少しだけ気が楽になりました(笑)

そして、結果、結婚できました♡


男も女も完璧な人なんかいないし、みんな、大なり小なりコンプレックスや劣等感と抱えながら生きてると思うんですよね。

だけど、すべて「総合力」でカバーできるから、大丈夫よ。


2015-09-17

 

昔から付き合っている彼氏がいても、婚活をして出会った彼と交際中でも、とりあえずデートする男性が何人かいても……多くの女性が感じてしまう疑問。「もっといい人がいるんじゃないか」問題ですよ。私も週3で合コンに参加して、同時並行で何人かの男性とデートを繰り返し ... 続きを読む
昔から付き合っている彼氏がいても、婚活をして出会った彼と交際中でも、とりあえずデートする男性が何人かいても……

多くの女性が感じてしまう疑問。

「もっといい人がいるんじゃないか」問題ですよ。


私も週3で合コンに参加して、同時並行で何人かの男性とデートを繰り返していたので、いつもどこかで感じていました。
「もっといい人がいるんじゃないか」と。 

ほら?
上を見たらキリがないわけじゃない?

どんな人も完璧ではなく、「もっと〇〇だったらいいのに!」という減点方式で相手を見定めてしまうと、どんな人も30点ぐらいになってしまう。
↑ま、自分が選ばれる女なのか?っていうことは思いっきり棚に上げて(笑)

もうちょっとだけ出会いを増やせば、いつかもっといい人に出会えるんじゃないか?っていう邪念に支配されましたとも(;´Д`)


ま、ぶっちゃけはっちゃけ。
「もっといい男」はいくらでもいるよね。

出会えるかどうかは別として、出会ったとしても声をかけられるかは別として、声をかけられたとしても結婚できるかどうかは別として。。。

はっきり言って、この邪念は「罠」よね。。。


そうやっていつまでも「もっといい男」を追いかけているうちに、1歳2歳と年齢を重ねるわけよ。
で、婚活界では若い方が選ばれやすいのは現実。

5年も青い鳥症候群にかかってみなさいって!

気づくはずだから。
婚活1年目に声をかけてくれた男性が1番いい男だったかも?と。

結婚相談所でも、1〜5人目に出会う人あたりが現状の自分で捕まえられる最上の男らしいという噂を聞いたことがあるぜい。
半年以上結婚相談所にいても、紹介される男性のレベルはダダ下がりになるとも(;´Д`)


2回ほど結婚している私が思うに……

「もっといい人」を探し続けるよりも、自分が結婚したいタイミングで捕まえられた最上の男と結婚して、「もっといい夫」になるように、導いていく覚悟を持つ方が幸せな結婚ができるのではないか、と。


2015-09-17

 

私もそうだけど。。。他人の恋愛や婚活なら、とことん冷静に分析できるんですけど。はて?自分の恋愛や婚活がどうだったか?と振り返ると、とてもじゃないけど、冷静とは言えなかったんですよね(笑)あまりに必死すぎて、血迷った大失態もたくさん起こしましたとも。。。そ ... 続きを読む
私もそうだけど。。。
他人の恋愛や婚活なら、とことん冷静に分析できるんですけど。

はて?
自分の恋愛や婚活がどうだったか?と振り返ると、とてもじゃないけど、冷静とは言えなかったんですよね(笑)

あまりに必死すぎて、血迷った大失態もたくさん起こしましたとも。。。
それはもう痛過ぎるぐらいに(遠い目)


その理由がようやく分かりました!

人はね、自分の恋愛となると、
得体の知れない「感情」を混入して考えてしまうから。。。


ほら?
他人から見たらどう見てもそりゃ脈ナシでしょ?
他に女いるだろうよ?それ?

と、容易に推測できることでも、自分の話となると、どうにかこうにか上手くいく未来を見たくなってしまうんです。
見たくない現実から目をそらして、見たい未来だけを夢見てしまうというか何というか。。。


以前、相談を受けた内容
「2回目のデートのお誘いがないんです。自分から誘ってみたんですけど、” 仕事が忙しくて……” と次の約束ができてません。仕事が落ち着くのを待ったほうがいいのでしょうか?」

冷静に分析すると、
そりゃ単純に脈ナシやろー!と思ってしまうわけですけど。。。

当事者となると、そこが認められないものなのよね。
だって、彼は仕事が忙しいって言ってたし!みたいな。 

男ってのはね、どんなに忙しくても好きな女の子のためには時間作りますがな!って話でしょ?!

死ぬほど忙しいテレビ局男子(私は元テレビ局社員でした)だって、私の同僚はみんな既婚子持ちですよ。今となっては。
休みが少なくて、毎日残業続きでも、やることはやってますって。


でも、例え脈ナシであることが明らかでも、それでも彼に追いすがりたくなる気持ちが分かり過ぎます。
ま、私もやらかしたことがあるΣ(゚д゚;)

婚活界で「いいな!」って思える男子に出会えるのって、奇跡的な確率だから、もし出会えたなら是が非でもモノにしたいって力んでしまうのよね。。。 


恋愛に感情移入するな!って方が難しいけど。。。

停滞感を感じたなら、一旦感情をそぎ落として冷静に見極めるか、
または男友達あたりに冷静に判断を仰ぐ(恋愛相談)してみた方がいいかもしれないね。


2015-09-17 

私の青春時代の憧れと言えば、浜崎あゆみさん!!!私、高校まではガリ勉女子でして、髪を染めたこともなければメイクもしたことがないというモッサい田舎女子でした。それが大学進学と同時に上京することになりまして、念願の一人暮らしを始めて、いきなり大学デビューをブ ... 続きを読む
私の青春時代の憧れと言えば、浜崎あゆみさん!!!

私、高校まではガリ勉女子でして、髪を染めたこともなければメイクもしたことがないというモッサい田舎女子でした。

それが大学進学と同時に上京することになりまして、念願の一人暮らしを始めて、いきなり大学デビューをブッこいたわけですよ(笑)

そのときにやらかしたことと言えば……
歌姫あゆに憧れて、いきなり金髪ショートにしたこと(爆)
ま、顔の造作がだいぶ違うので、あゆになりきることはできませんでしたけど(笑) 


そういうわけで、私の青春のBGMにはいつもあゆがいます。

その浜崎あゆみさんがノンフィクションを出したって言うじゃないの!
これは読むしかない!!

と、夜中にキンドルで購入して、一気に読破しちゃいました。
M 愛すべき人がいて
小松 成美
2019-08-01



どこだかのコメンテーターか誰かも言ってたけど、いろんなことの答え合わせができて、めっちゃ面白かったです。
そして、泣けました。

あゆのデビュー秘話。
17歳のあゆが年齢詐称して入ったヴェルファーレのVIPルームで気鋭のプロデューサーと出会ったこと。
実はプロデューサーと交際していたこと。
あゆの方から「好きです」と告白したこと。
その後、どんな展開で交際がスタートしたのか。
↑その当時の松浦勝人氏の対応がかっこ良過ぎる♡
その歌もあの歌も松浦氏に向けられたラブレターだったこと。 
↑だからこそのリアリティーと切なさ溢れる歌詞だったのかもしれないね。
周りから交際を大反対されたこと。
別れの経緯……等々。

そこまで書いていいの?ってぐらいリアルな内容でした。


私は今の主人と7年ぐらい一緒にいまして、娘が2人。
正直、胸が締め付けられるような恋愛は卒業しているっていうか、遠い昔の話っていうか……。

だけど、うなされるぐらい誰かを好きになったこともあったなぁ(遠い目)とか、
どうにもならなくて別れを選ばざる得なかったこともあったよなぁ…とか。

いろんな記憶が蘇りました。
その当時、BGMとして流れていたあゆの歌とともに。

そして、夜な夜なYouTubeで昔のあゆの歌を聴きまくってしまいましたよ。
しばらくYouTubeにかじりついてしまいそうです(笑)
歌だけじゃなくて、インタビューとか松浦氏の動画も見てしまう。。。
おかげさまで寝不足です(;´Д`) 

私と同年代(私、1980年生まれ。あゆは1978年生まれ)の人は胸にギュンとくる本なんじゃないかな?と思ったよ。
暴露本を出したことに賛否両論があるようですが、私は読めてよかったかな。


2015-09-17 

婚活を始める前に大切なことは、「断捨離」だと思っている。のらりくらりと結婚の話を交わしまくっていて、どうにもこうにも結婚できそうもない彼氏とか。どう考えても結婚には向いていないけど、大好きすぎる彼氏とか。長年一緒にいる彼だったりすると、情があったりもして ... 続きを読む
婚活を始める前に大切なことは、
「断捨離」だと思っている。

のらりくらりと結婚の話を交わしまくっていて、どうにもこうにも結婚できそうもない彼氏とか。
どう考えても結婚には向いていないけど、大好きすぎる彼氏とか。
長年一緒にいる彼だったりすると、情があったりもして、なかなか離れられないのよね。
↑私も将来不安しかないミュージシャンと長年付き合っていたことがあるから、その気持ち、わかり過ぎる。

ドリームキラーな友人とかもね。
「あなたのことを考えている!」なんて言いながら、辛辣な意見をぶつけてきたり、
自分は「いいな」と思っている彼のことをやんわりこき下ろしてくる友人もいるよね。
↑私の話で言うなら、離婚成立直後からガツガツ婚活をしていたら、「そんなに焦らなくても…ガツガツしてるの、微妙過ぎる」と言われたこともあるし、「バツイチなのに、罪悪感ないの?」と言う謎の問いかけを受けたこともあります。「バツイチはやっぱり不利でしょう?」と同情されたことも。。。
言い訳がましいけど、私の場合、弁護士を立てての協議離婚をしており、交渉期間に1年以上の時間がかかっておりまして、離婚成立時にはとっくの昔に気持ちの整理がついていたのよね。

あとは、部屋のガラクタもしかり。
ほら?彼女の家が汚部屋だったら、結婚する気が失せる男性陣もいると思うよ(;´Д`) 
↑私の場合、元夫から買ってもらったブランド品たちを全部大黒屋に売っ払いました(笑)


今の自分にとって1番大切なことは何なのか?
よく考えた上で、取捨選別をすることはとても大事です。

結婚して子供が欲しいと思っているのに、結婚できない彼氏にズルズルしてる場合じゃないんですよ。
女の出産にはリミットがあって、ズルズルしているうちに、そのチャンスを失ってしまうかもしれない。

結婚できない方向に持っていかれてしまう女子会も断捨離すべきよ。
確かに女友達も大事だけど、本当の友達なら一定期間会ってなくても、また仲良くできる日が戻ってくると思う。

整理整頓ができていない部屋で暮らしていると、自分の頭もごちゃごちゃになりがちなんですよ。
風水的に汚部屋は運気が下がると言われているけど、かなり理にかなった理論だと思ってます。
私は占いとかスピリチュアル的な世界はほとんど信じてないけど。


本気で幸せな結婚がしたいと思うのなら、それを邪魔しかねないすべてを断捨離すべしよ!


2015-09-17