カテゴリ: ♡ 恋と婚活と結婚生活 ♡

先日、お料理上手なママ友宅でお料理を教わり、美味しすぎるお夕飯をご馳走になりました。 そう!ティファールのお鍋を教えてくれたママ友です。 過去記事参照→ http://hiron.blog.jp/archives/23626089.html ... 続きを読む
先日、お料理上手なママ友宅でお料理を教わり、美味しすぎるお夕飯をご馳走になりました。

そう!ティファールのお鍋を教えてくれたママ友です。
過去記事参照→ http://hiron.blog.jp/archives/23626089.html


「なんじゃこりゃー!?!?」
「ここは高級料亭ですかい?」
「あれ?プロ野球選手か何かの妻でしたっけ?(注:旦那様はスポーツ選手ではありません!)
……とビックリするほどプロ級のお料理の数々o(^o^)o

盛り付けも美しく、目にも美味〜!


実は2人目が生まれてから、あまり余力がなかったこともあり、ほとんど自炊してなかったんですよ。

正確に言うと、実家の母の手料理に舌鼓を打ったり、出前取ったり、外食したり。。。

だけど、お料理を教わってみたら、お料理を作りたい欲がムクムクと(^_^)v

時短で簡単にお料理する方法をたくさん教わって、「私にもできそう!」という意欲が湧いてきまして。

復習とばかりに、イワシの甘露煮を作ってみました。
これ、圧力鍋で作ると、骨まで食べられます!!!
栄養たっぷり!!!
幼児もパクパク食べてくれます!!!
↑完全にママ友の受け売り(笑)


で、改めて再認識。
自分よりも圧倒的にデキる人とつるむのって大事だな、と。

デキない底辺同士でやいのやいの愚痴ってるのも楽しいし、時にはそれが癒しにも慰めにもなるけど。。。

さらに、圧倒的にデキる人と一緒にいると、軽く劣等感に苛まれて、息苦しくなることもあるけど。。。

それでもだ!
もっとデキる人になりたい。
もっとキレイな人になりたい。
もっとステキな人になりたい。
人生に「もっと」を願うのならば、デキる人とつるんで学びを得ていかないとね(^^;;

料理上手になりたい!って思ったら、料理上手な人に素直に甘えればいいんですよ。

私もお料理上手なママ目指して、頑張ろっと!!

……そんな気にさせられたある日の出来事なのでした。

今どきの男は「結婚を先延ばししたい」傾向にあるらしい(;´Д`) 夏休みの宿題のごとく「いつかは結婚するだろう」とは考えてはいるけど、 「できれば8月31日(=結婚適齢期という名の締切)まで手をつけたくない」 そんな煮え切らない男たちは結婚に対して不安を感じ ... 続きを読む
今どきの男は「結婚を先延ばししたい」傾向にあるらしい(;´Д`)

夏休みの宿題のごとく「いつかは結婚するだろう」とは考えてはいるけど、
「できれば8月31日(=結婚適齢期という名の締切)まで手をつけたくない」

そんな煮え切らない男たちは結婚に対して不安を感じているから、ギリギリまで先延ばししたがるのよね。

それらの不安を解消できれば、プロポーズの日は近いはず!!!


そんなこんなで今日は男たちの不安要素をまとめてみたいと思う。

①お金の不安
「結婚ってお金かかるでしょ?」
「婚約指輪っていくら?結婚式の費用は?」
「……貯金がない」

近頃の男たちの間では薄れゆく感覚でもあるけど、「一家の大黒柱は男」っていう感覚は今でも根強い。
できることならカッコよく婚約指輪をプレゼントしたい。
だけど、預金残高が寂しい男たちにとっては、結婚に踏み切れない最大不安要素になりかねない。

よく若い男が言うじゃない?
「結婚は一人前になってから」的な。

あれって、もちろん主に仕事面のことでもあるけど、「もう少しお金を貯めてから」みたいに思っている人も多いんだよね。

または、ケチ臭い倹約家な男性にとっては、「自らの収入を家族に使われるのがイヤ」みたいな感覚の人もいたりする(;´Д`)


②時間の不安
「まだまだ遊びたい」
「自分の自由時間がなくなりそう」
「束縛されるのがイヤ」

結婚したら、自由気ままに飲みに行ったり、1人で趣味に没頭する時間がなくなりそう。。。と言う不安を抱える男性も多い。


その他番外編としては、
「海外留学してみたいから、今じゃない」とか、
「転職を考えているから〜」とか、
まぁいろいろ理由はあれども。


彼らの懸念事項に対して解決策を提示するとか、協力する姿勢を見せる等で彼らの不安を和らげることって大事なのよね。

例えば、お金の不安が大きい男性に対しては、「共働きするつもりだから」と伝えてみるとか、「結婚式はご祝儀で8割ぐらいはペイすること」を教えてあげるとか、「婚約指輪は小さなダイヤでも、スイート10で大きなダイヤを買って!」と未来の約束に代えてみるとかね。

時間の不安も同じで、「束縛体質じゃないこと」や「結婚しても自由はあること」を話し合ってみればいい。


……賢い女はうまいこと囲い込むものである(笑)


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17
  

本当に欲しいものがあるのなら、 ハイエナ根性が功を成すことがある。  欲しいものはなりふり構わず全力疾走で追いかける。 一度食らいついたら、離さない……そんな覚悟も必要だ。 だけど、恋愛や婚活で言うなら、ガツガツしてる女性ってモテな ... 続きを読む
本当に欲しいものがあるのなら、
ハイエナ根性が功を成すことがある。 

欲しいものはなりふり構わず全力疾走で追いかける。
一度食らいついたら、離さない……そんな覚悟も必要だ。


だけど、恋愛や婚活で言うなら、ガツガツしてる女性ってモテないわけですよ。
ハイエナ根性丸出しの女が追いかけてきたら、ビビって一目散に逃げ出したくなっちゃうんだよね(((( ;゚д゚))) 

とはいえ、最近の若者は「草食男子」とか「絶食男子」なんて言われていて、自分からガツガツ行ったりもしないわけじゃない? 

……女心も複雑ならば、男心だって複雑なのです。


自分からガツガツ行く勇気はないけれど、相手からガツガツ来られると引いてしまう。。。

彼らの特徴は、負け戦は徹底的に好まないこと。
負けるぐらいなら勝負せずに、気持ちを消し去る努力をしてしまう。
だけど、男としては「自分から行動したい」そんな相反する感情も持ち合わせている。
……こうして書いてみると、めちゃくちゃ面倒臭い (;´Д`)


だけど、「面倒臭い!」とバッサリ斬り捨てるのは簡単だけど、それでは婚期はどんどん遠のくばかり。
だったら、自分が変わるしかないわけで。


そんなこんなで現役婚活女子だった頃の私は、心はハイエナでも、見た目は子猫ちゃん戦略を実行しておりました。

愛嬌たっぷりでスリスリすり寄っていく。
だけど、気まぐれにサラリと立ち去ってみたりもする。

サラリと思わせぶりに相手に近づいてはみるけれども、一旦距離を置いて、「行動」の選択権は男性にお任せする。 


負け戦はしたくない草食男子。
最初こそガツガツはしていないけど、勝算を見越して1度自ら行動を起こして、男心に自らスイッチを入れた場合に限り、ガツガツ男子に豹変することもある。 

「負け戦をしたくない」 と言うことは、「1度勝負に出たら必ず勝ちたい!」と言うこと。


……男を男らしくさせるのは、女の手腕なのかもしれない。


心はハイエナ根性まっしぐらでも、
見た目は可愛らしい子猫ちゃん戦略。
結構オススメです!


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

よく言われている話だけど、恋とは「する」ものじゃなくて、「落ちる」ものだ。最初はなんとも思っていなかったはずなのに、ある日、気がついたらどうしても気になってしまう存在になっていた〜みたいなのが恋。大好きな彼氏ができたら、なんだか知らないけど、人生がバラ色 ... 続きを読む
よく言われている話だけど、
恋とは「する」ものじゃなくて、「落ちる」ものだ。

最初はなんとも思っていなかったはずなのに、
ある日、気がついたらどうしても気になってしまう存在になっていた〜みたいなのが恋。

大好きな彼氏ができたら、
なんだか知らないけど、人生がバラ色みたいに思えてきちゃったり。
よくわからないけど、内側からミラクルパワーが湧いてきちゃったり。
どこからともなく相手に対する好奇心が湧いてきて、触れてみたくなる。

人はそれらを「ときめき」と言ったりする。

ちなみに、「ときめき」を感じるメカニズムには、
「ドーパミン」と言うホルモンが関係しているらしい。


だけど、「愛」は違うんだよね。

「恋」はいつのまにか落ちているものだけど、
「愛」は1つずつ少しずつ地道にコツコツ積み重ねていくもの。


「恋心=愛」と勘違いしている人も多いけど、そのドーパミン頼りの愛は長続きしないんですわ。
なぜなら、脳みその仕組み上、ドーパミン(=恋愛ホルモン)は恋の始まりには大量放出されるけど、どんどん枯渇していく運命だから。

そして、ドーパミンがゼロになったとき、
それに代わるホルモンが「オキシトシン」と言う名の幸せホルモン。

しかしながら、「オキシトシン」は穏やかなホルモンだから、「ドーパミン」のような強烈な魔力はないわけで。

自分が感じ取ろうと努力しなければ、見過ごしてしまうのが「愛(オキシトシン)」


恋の始まりが「ドーパミン」頼りで盛り上がったとしても、
愛を末長く育むためには、「オキシトシン」に幸せを見出す努力が必要。


結婚して数年経って、
「ときめきがなくなった〜(;´Д`)」
「愛が冷めた〜(;´Д`)」
……なんて嘆くのは、実は愚かな行為なのよ。

ドーパミン頼りの恋心を感じ続けていたいのなら、結婚なんてするべきじゃないのだから。。。


恋よりも愛は難しい。
なぜなら、愛には「愛し続ける」と自分で決める「覚悟」が必要だから。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17 

ぶっちゃけはっちゃけ、医者はモテる。 モテまくりの男たちだ。 なんせ医師専用の結婚相談所があり、男はタダ同然、女は高額費用…そんなビジネスが成立する世界。 昔、医師合コンの幹事を何度もしたことがあるが、合コンメンツ(女)の食いつきが素晴らしいも ... 続きを読む
ぶっちゃけはっちゃけ、医者はモテる。
モテまくりの男たちだ。

なんせ医師専用の結婚相談所があり、男はタダ同然、女は高額費用…そんなビジネスが成立する世界。

昔、医師合コンの幹事を何度もしたことがあるが、合コンメンツ(女)の食いつきが素晴らしいもの。

なんなら仮病でも使って他の予定をブッチしてまで、ドクター合コンに駆けつけてくれる女子すらいたもの。

以前参加していたアマオケには東大卒の精神科医がいて、見た目も冴えなければトークも独特で俺様キャラで軽く空気が読めない男だったけど、美しい妻がいたもんなー(遠い目)


とにもかくにも医者はモテる。
これは婚活界の真実なのである。


で、なぜそんなにモテるのか?
考察してみた。

もちろん高収入で高学歴。
場所を選ばなければ、食いっぱぐれはなさそう。
健康でいれば、定年もない資格職。

結婚に「安定」を求める女は多い。
医師は経済的な面では安定しているのかもしれない。

……そういう実利的な側面もあるけれど。


もっと根本的な理由があるとすれば、
かっこいいから。
……それに尽きる。


「誰のために何のために仕事をしているのか?」
外資金融で秘書をしていた頃、ときどきよく分からなくなったことがある。
テレビ局で番組制作をしていた頃だって、これが視聴者のためになるのか?誰のための番組なのか?迷いが生じることなんて日常茶飯事だったし(^^;;


だけど、医師ってさ、その辺が明確じゃない?

一部の悪徳ドクターは知らんけど、私の知っているドクターは目の前の患者さんのために懸命に試行錯誤している人ばかり。


今シーズンの月9「コードブルードクターヘリ緊急救命」を観た。

重症の患者さんの元へ全力疾走する山P、めっちゃかっこいいよね♡

死ぬほどドクター合コンに参加したけど、山Pほどのイケメンに出会ったことはないけどさー(笑)

たぶん顔が山Pじゃなくても、目の前の患者さんを救おうとする姿はきっとかっこいいんだよね。

そういえば、元カレが医師だったんだけど、食事制限がある余命いくばくかの患者さんに「死ぬ前にどうしてもカレーが食べたい」と懇願され、どうにかしてカレーを食べる方法を必死で考えている彼の姿はやっぱりかっこよかったし、尊敬もしていた。

卵巣嚢腫の手術をして、その後2人の子供を産んでいる私。
4年以上、1人の主治医の先生にお世話になっている(^^;;

そいで、産婦人科に3回入院して思ったことは、医師の仕事ってめちゃ大変だけど、尊い仕事だよな〜ってこと。

私の主治医は女性なので、もちろん恋愛感情はゼロですけど、もし彼女が男性医師だったら、惚れてまうやろー!のかっこよさと人間的な温もり感ですよ(笑)

目の前の誰かのために全力で懸命に立ち向かう姿は、やっぱり無条件でかっこいい。

医師はかっこいいから、モテる。
とてもシンプルな理由。

それが私なりの結論。

極端に仕事ができる、極端に稼ぎが良い男性というのは、 どこかしらのポイントで極端な一面があることがほとんど。  で、今回は、 「仕事のために家族との時間を捨てた男の話」 彼は月の2/3は自宅へは帰らず、全国を飛び回っている経営者。 3人の子宝に ... 続きを読む
極端に仕事ができる、極端に稼ぎが良い男性というのは、
どこかしらのポイントで極端な一面があることがほとんど。 


で、今回は、
「仕事のために家族との時間を捨てた男の話」

彼は月の2/3は自宅へは帰らず、全国を飛び回っている経営者。

3人の子宝に恵まれてはいるものの、子育ては99%奥様任せ。

現地妻がいるとかいないとか。。。
おまけに認知した婚外子もいるらしい。。。(;´Д`)

彼にとっての仕事とは「志事(しごと)」であり、命を懸けて戦っている模様。
それゆえか、彼は億万長者でもある。

彼の言い分としては、
「家族には何不自由しない生活をさせている。それが僕なりの愛の形。
 何不自由ない生活をさせるためには稼がなきゃならない。
 稼ぐためには家庭を顧みる余裕がない(時間がない)」

ちなみに、奥様にもお会いしたことがあるんですがね。
奥様はそんな旦那様の言い分に納得している様子で、すごく感謝されているんですよね。

「今の主人と結婚していなければ、今の豊かな生活はあり得ない。
 本当にありがたいと思ってるの。
 家庭を顧みてもらうよりも、一生懸命働く男が好き。
 亭主元気で留守がいいって言うでしょう?
 亭主ナシで好き勝手させてもらえる生活は最高よ!!!」と。


で、思ったんだよね。
人それぞれ、幸せになれるバランスは違うんだな〜なんて。

億万長者になるような人には、やっぱり普通とは違う一面がある。
毎日定時帰りで家事育児に全面協力してくれるようなサラリーマン的な働き方では、億万長者になるのは到底難しい。


人それぞれ、自分と相性の良い人は違っていて。
何に幸せを見出すのか?も自分次第。


「〇〇だから幸せ!」じゃなくて、
「誰それと幸せになる!」と覚悟できる人はきっと誰と結婚しても幸せになれるのだろう。

自分なりの「幸せのバランス」を見極めることが、きっと幸せの秘訣なのよね。


★LINEで更新通知を受け取ることができます!



 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17




 

釣書的には好条件だし見た目もいいのに、なぜか結婚できない男って存在する。もっと言うなら、婚活女子のみなさまに全くオススメできない男がいる。今日はそんな結婚できない男たちの特徴を3つほど。①自分の話しかしない②自分にしか興味がない③ナルシスト↑洋服や持ち物 ... 続きを読む
釣書的には好条件だし見た目もいいのに、
なぜか結婚できない男って存在する。

もっと言うなら、
婚活女子のみなさまに全くオススメできない男がいる。

今日はそんな結婚できない男たちの特徴を3つほど。


①自分の話しかしない

②自分にしか興味がない

③ナルシスト
↑洋服や持ち物、趣味などに異様にお金をかけるタイプや、
芸能人でもないのに美容に過分な情熱を注ぐタイプは要注意です!


そう。
どれだけ表面的な条件が良かったとしても、
俺様200%の男は結婚に向かないよね。

てゆーか、そういう人と一緒にいてもマジで疲れるだけですから、
そういう人に出会ってしまったら、当て逃げ事故にでも遭ったと思って、
一目散に逃げるが勝ちですよ(;´Д`)


恋愛も結婚も「相手ありき」
もちろん相手ばかりを優先する必要はないけど、
自分200%じゃ絶対にうまくいくはずがない。

なんだかんだ言っても、
持ちつ持たれつ50vs50の関係が1番うまくいくもんなんですよ。


どんだけ結婚に焦っていても、表面的な条件に惑わされてはならない。
今感じる違和感や不信感は、結婚したらもっと増大していくものなのだから。。。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17

少し前、小林麻央さんの訃報を知りました。 34歳。 2人の幼い子持ち。 私と年齢も近いし、2人の育児をしていることなど、共通点も多いので、とても他人事とは思えませんでした。 それで、様々な追悼記事を見ていて、感動したエピソードがあ ... 続きを読む
少し前、小林麻央さんの訃報を知りました。

34歳。
2人の幼い子持ち。

私と年齢も近いし、2人の育児をしていることなど、共通点も多いので、とても他人事とは思えませんでした。


それで、様々な追悼記事を見ていて、感動したエピソードがあって。


結婚してすぐに海老蔵さんが事件を起こし、無期限休業になっていた頃。
それでも、海老蔵さんは夜な夜な飲み歩いていたそうなんですね(;´Д`) 

鬼嫁な私だったら、
「何してんのよ!?(怒)」
「ふざけんなーーー!!(叫)」
と、それはそれは激怒してしまうことでしょう。 


しかしながら、
そんなとき麻央さんは言ったそうなんです。
「それが歌舞伎に必要なことなのであれば(芸の肥やしになるのなら)、何も言うことはありません。」と。
↑正確なセリフは忘れてしまいましたが、こんな感じの内容でした。

それを聞いた海老蔵さんは、心から麻央さんに謝罪したんだとか。
その後、海老蔵さんは少しずつ変わっていったそうです。

「僕を変えた奥さん」
と、海老蔵さん自身も語っておられます。


「信じる」
……って言うのは簡単だけど、自分の心が強くないと、できないこと。


麻央さんは、乳がんを患う前から本当に本当に愛情深い女性だったんだな。
と、感銘を受けました。

そして、強く清い愛情は相手のことも変えていくんだよね。

本当の意味で美しい女性というのは、きっと麻央さんみたいな人のことを言うのでしょう。


今は亡き麻央さん。
麻央さんの生き様に学ばせていただいたことを胸に、
これからの人生を大切に生きよう、そんなことを思いました。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17







 

木曜ドラマ「セシルのもくろみ」を観て思ったこと。 「知らないことを知らない」 を言える勇気ってステキだな! 知ったかぶりをせず、等身大の自分でいられるって、かっこいいな!と。 主人公の奈央がまさにそんな感じで。 人気雑誌の読者モ ... 続きを読む
木曜ドラマ「セシルのもくろみ」を観て思ったこと。

「知らないことを知らない」
を言える勇気ってステキだな!

知ったかぶりをせず、等身大の自分でいられるって、かっこいいな!と。


主人公の奈央がまさにそんな感じで。
人気雑誌の読者モデルにスカウトされたものの、
紙面にふさわしいお洋服もバッグも持っていないし。

いわゆるセレブ妻と呼ばれる読モたちの中に入っても、
気取ることもなく見栄を張ることもなく等身大でいる姿に、
笑いとともに大きな共感と親近感を抱きました。


人間関係に恵まれたり、どこか憎めなくてみんなから助けてもらったりするには、
妙な見栄を張ったり、知ったかぶりをするよりも、
「え〜!わからないから教えて〜♡」とあっさり言ってしまう勇気って超大事なんですよね。


これって婚活でもママ友付き合いでも大事な考え方。

いわゆるエリートと呼ばれる男性が小難しい話をしているとき、
アホな女と思われたくなくて思わず知っているフリをしたくなってしまう気持ちもわからんでもないけど。。。

「え?それってどういうこと?」
って聞いた方が会話が弾むものだし。

意外なほど懇切丁寧に教えてくれる男性もたくさんいる。

さらに女性に何かを教えることが大好きな男性も多くて、なんならモテちゃったりもする。


私は田舎でのほほんと育ったタイプなんですけどね。
娘を都心の幼児教室に通わせてみたら、できたママ友の半分ぐらいがお受験ママなんですよ。

なんならそのママ友自身が名門小学校出身だったりもするんですけどね。

「私、田んぼだらけの田舎で育ったから、そんなの全然わからないのよ〜。」
……と、あっけらかんと白旗を上げてみたら。

周りのママ友がめちゃくちゃ親切にいろんなことを教えてくれるし。
上のお子さんが既に名門幼稚園に通われているママ友が紹介者になってくださるなんてありがたいお話をいただいたり。

↑すごいびっくりするんだけど、港区の某名門お受験幼稚園は紹介者を立てて、受験前に園長先生のところへご挨拶にお伺いして、お手紙(お礼状)を送ったりしないと、ほぼ合格できないらしい(;´Д`) 

そんなありがたいお話をいただきつつ、幼稚園への送迎や送迎時のドレスコード、独特の雰囲気等々があまりに大変そうなので、区立幼稚園でいいや〜!なんて考えている我が家ですが。。。
↑リアルにマザーゲーム(ドラマ)の世界だから(((( ;゚д゚)))


等身大の自分にOKを出すこと。
で、「知らないことは知らない」と言える勇気。

……自分が楽チンに生きるためには大切なこと。



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17


 

私が常々思うことは、結婚とは与え合う関係性でなければ、うまくいかないってこと。どちらか一方に圧倒的に有利で、どちらか一方が我慢し続けたり、どちらかが極端に損な役回りばかりの関係性は、結局破綻してしまうことが多いんですよ。でも、「与え合う」って何を?って疑 ... 続きを読む
私が常々思うことは、
結婚とは与え合う関係性でなければ、
うまくいかないってこと。

どちらか一方に圧倒的に有利で、
どちらか一方が我慢し続けたり、
どちらかが極端に損な役回りばかりの関係性は、
結局破綻してしまうことが多いんですよ。


でも、「与え合う」って何を?
って疑問に思う人も多いと思うんだけど。


実利で語るなら……

共働きで家事を分担して助け合うみたいな関係性もあるし。

金銭的なメリットを受ける代わりに、
専業主婦として家事育児(=労力)に専念するみたいな与え合いもあるし。

ものすごく年下の可愛いお嫁さんをもらう代わりに、
多少のワガママはなんでも受け入れてくれる懐の大きな旦那様みたいな関係性もあるし。


そうじゃなくて、
形のないもの、例えば「素敵な言葉」をかけるっていうのも、
相手にとっての大きなメリットになり得るんだよね。


動物にはないけど、人間にあるものといえば「言葉」

ポジティブな声かけや、ふっと心が緩むような声かけって、
ときとして大きな力や原動力になることがある。

で、厳しい戦場(職場)で戦っている男性にとって、
そういう癒し効果って超絶大事だったりもする。


「素敵な言葉」は何物にも代えがたい素晴らしいギフトなのだ!!!

そんな感覚を持って言葉選びをしていくと、2人の絆はもっと深まるはず♡



★LINEで更新通知を受け取ることができます!
 


 ★書籍も好評発売中!
 
2015-09-17