カテゴリ: ♡ 恋と婚活と結婚生活 ♡

女子なら1度は憧れたことがあるのかもしれない。シンデレラみたいなお姫様に。 で、シンデレラっていうと、可憐で健気なイメージがあると思うんですけどね。私はそれは違うと分析していて。いや、可憐で健気でもあるけど、なんだかんだすごい策士だよな、あざといよな、とも ... 続きを読む
女子なら1度は憧れたことがあるのかもしれない。
シンデレラみたいなお姫様に。 

で、シンデレラっていうと、可憐で健気なイメージがあると思うんですけどね。
私はそれは違うと分析していて。

いや、可憐で健気でもあるけど、なんだかんだすごい策士だよな、あざといよな、とも思っちゃうのよ。
ひねくれた私は(笑)


さて本題。

近現代において、王子様を捕まえているのは「ド根性シンデレラ」でございます。 
可憐なシンデレラは流行らないって話よ。


なぜなら、イマドキの男たちは「受け身」体制だから。

ほら?草食男子とか絶食男子とかよく言うじゃない?!
マジで自分から動かない男が多いから。

自分から積極的にアプローチしまくる男は、ゲス不倫男だったなんて話もよくある話(((( ;゚д゚)))


「可愛いかも?!」と思ったとしても、声をかける勇気がない男性陣は結構多いのよ。

なんなら受け身体制の男たちは、当初なんとも思っていなかったとしても、「飲みに行かない?」とサラリと誘われたら、「この子、いいかも?!」と心が揺れ動くパターンさえある。

「なんとなく面倒くさいな」と思って、結婚のことは後回しにしてしまいがちな若者も多いらしいんだけど、彼女からガッツリクロージングをかけられたら、案外簡単にポキっと折れるケースも意外と多いらしいよ?
↑周りのママ友と旦那様との馴れ初めやどういう流れで結婚したのか?みたいな話をすると、あの手この手でクロージングかけて、結婚の方向にねじ伏せてる話をよく聞くわよ。

会社と自宅の往復をしているだけじゃ、どう考えたって出会い確率は低いんですよ。
だから、なんだかんだ出会いを求めてあちこちに出かけた方が勝率は上がります。

出会いの場でも声をかけられるのを待っているよりも、こっちから気さくに話しかける女性の方がなんだかんだチャンスに繋がりやすくて。

付き合うことになっても、自分の目指す方向性に、ねじ伏せるぐらいの腕力がモノを言うこともあるよね。


時代は変化している。
欲しい未来は「ド根性シンデレラ」がなんだかんだ手に入れている時代なのかもね。


2015-09-17 
 

忙しい彼氏や夫を持つ女性がついつい口走ってしまいがちなセリフが、「私と仕事、どっちが大事なの?」だと思うんですけど。。。このセリフ、男にとってはもはや禁句中の禁句なんですよね(((( ;゚д゚)))そう言われた男性がどういう心理状況になるかというと……超絶面倒臭くな ... 続きを読む
忙しい彼氏や夫を持つ女性がついつい口走ってしまいがちなセリフが、

「私と仕事、どっちが大事なの?」

だと思うんですけど。。。


このセリフ、男にとってはもはや禁句中の禁句なんですよね(((( ;゚д゚)))


そう言われた男性がどういう心理状況になるかというと……
超絶面倒臭くなって、とりあえずスタコラサッサと逃げたくなるものなのよ。

なぜなら、男性にとって恋愛と仕事は全くの別腹でして、比べるものではないからです!!!
ザ正論っ!!!笑

なんなら、本音を言えば、恋愛よりも仕事の方が大事!と考える男性も少なくはありません。

だから、「なに言ってるの?この人?」ぐらいの勢いで困惑されてしまうのがオチなんだよね。


そんなこんなで、
「私と仕事、どっちが大事なの?」という詰問は愚問で禁句。

だけどね、私も一応女ですから、そのセリフを吐きたくなる気持ちもわからんでもありません。
というか、ぶっちゃけ昔、その愚問で彼氏を困惑させた黒歴史があります(笑)

なので、今回はそのどうにもならないセリフを吐いてしまう乙女心の解析と対処法を。 


女もバカじゃないからさ。
彼にとって仕事が大事なことは百も承知なのよね。

だって、「私と仕事、どっちが大事なの?」って畳み掛けて、「じゃあ、仕事は辞めます」とか言われちゃったら、こっちが困惑するし、結婚してたら、それ、マジで困るじゃないですか?
仕事を辞めるのはいいけど、どうやって生活していくのよ?という別の不安と怒りが湧いてきてしまうかもしれない。


わかっているのに、そのセリフが口から出てきてしまうのは……
「寂しい」か「(結婚しているなら)家事や育児で疲れ切っていて、助けてほしい」という気持ちからだと思われます。


大昔、私は彼氏からドタキャンされました。
医師だった彼、担当患者さんの容態が悪く、今日は帰れなくなってしまった……とのこと。

わかっているんですよ。
それは仕方がないことだし、彼の仕事を応援すべきだ、と。

だけど、私はものすごく寂しかったんです。

その当時、私も激務でしたから、2人の予定を合わせるのはなかなか大変なことでした。
でも、私は彼に会いたいから、朝早く出勤したりして、ものすごい調整をしたんです。
めっちゃ苦労してますとも。

それなのに電話1本でドタキャンですよ。
ガッカリし過ぎて、思わず心臓が止まりそうよ。

だから、嫌味ついでに「私と仕事、どっちが大事なの?」と詰め寄ってしまった。。。
うわぁ、若い頃の私、我ながら、すごいやらかしてるわー(((( ;゚д゚)))

今にして思うのは、そんな嫌味じゃなくて、素直に気持ちを伝えればよかっただけなんだよね。
「しょうがないことだけど、今日は会いたかったな」と。

でも、あの当時の私は未熟でしたから、全く自制することができず、怒りに任せて相手を口撃するセリフを吐いてしまった。
あぁ、大失敗。。。
結果としてその彼とはお別れしました。。。


「私と仕事、どっちが大事なの?」という禁句をついつい吐きたくなることもあるでしょう。
そんなときはどうか「言い方」を変えてくださいませ。

口撃的なセリフは全く可愛くないけど、その口撃の裏側にある「素直な気持ち」は相手をキュンとさせることもあるから。


しかもね、老婆心ながら言わせてもらうと……
結婚して数年が経ったら、そこまでべったり一緒にいなくてもいいや!という境地にも至ります(笑)
ほどよい距離感も重要。

「旦那、元気で留守がいい」と言っているママ友がどれだけ多いことか。

恋愛中はさ、「1分でも1秒でも一緒にいたい」ぐらいの熱い気持ちもあるかもしれませんが、そんなの最初だけだから!

お相手との永遠の愛を期待するなら尚更、「旦那、元気で留守がいい」と言っている既婚者の大らかさがあってもいいと思うわ(笑)


「私と仕事、どっちが大事なの?」という愚問で、自滅することがありませんように。 


2015-09-17  

婚活女子たちの口癖。「来年こそは結婚したい」的な。今は婚活戦国時代とか、「女余り」とか言われていて。。。正直、婚活女子にとってはかなり厳しい状況と言われております(;´Д`)だから、2020年、必死で婚活を頑張ったとしても、先が見えない年末年始を迎えた人もたく ... 続きを読む
婚活女子たちの口癖。
「来年こそは結婚したい」的な。

今は婚活戦国時代とか、「女余り」とか言われていて。。。
正直、婚活女子にとってはかなり厳しい状況と言われております(;´Д`)

だから、2020年、必死で婚活を頑張ったとしても、先が見えない年末年始を迎えた人もたくさんいると思うんだよ。


そんなこんなで今回は「今年こそ結婚したい人」がやるべきことをまとめてみました。


①自分を見つめ直す
婚活というと「どんな相手と結婚できるのか?」と言った具合で、相手にフォーカスしてしまいがちですけど。。。
それよりも何よりも「自分」を知ることが1番大事だと思うんですよ。

ほら?
世間体を気にして、万人受けする相手を選ぶことが必ずしも幸せに繋がるとは限らないじゃない?
自分にとって相性のいい人を選ぶことが1番大事で、そういう人を選ぶには自分を知る必要があります。

あと、自分の立ち位置を理解せずに無謀な高望みをしても、結局婚活がうまくいかずに苦しむだけになってしまうのよ(;´Д`A
それが自分で高望みだとちゃんと理解した上で甘んじて苦境を受け入れるならいいとして。
問題なのは、自分では高望みしているつもりは1ミリもないのに、客観的にはすごい高望みしてて、結果として思うようにいかないパターンが本人が最も苦しむ状況となってしまうのよね。 


②とにかく場数を踏む
ある程度、場数を踏まないことには見えてこないこともあります。
それこそ場数を踏むことによって、「自分」が見えてくることもある。
何をされたら嬉しくて、どういうことが許せないのか?
自分がこだわっていた理想は本当はどうでもいいものじゃないのか?
自分がどういう相手から好かれるのか?
会社と家の往復をするだけでは出会いなんてないから。
とりあえず出会いの場へ出かけることが大事よね。


③期限を決める
短期間で婚活を卒業する人の特徴は、自分で期限を決めていることです。
「いい人がいたら、いつか」と言ってたら、あっという間に時間が過ぎ去ってしまう。
ある意味「○歳までに結婚したいから、それまでに出会った1番イイ男と結婚する」ぐらいの割り切りができている人は、なんだかんだ素敵なご縁に恵まれているものよ。


④小手先のテクも使ってみる
①〜③の手順を踏んだ上で初めて効力を発揮するのが「小手先テク」なんですよ。
スタート(自分の立ち位置)もゴール(目標)もモヤっとしたままで、手前味噌の小悪魔テクを駆使しても、滑って終わるだけ(笑)
小悪魔テクは自分と相手のキャラを理解していないと、全く効力を発揮しないどころか、逆効果になることも(((( ;゚д゚)))
ほら?アラフォーの地味目のおばさんがモテそうだから〜とミニスカを履いたり、妙な露出をブッこいたり、無理に若作りしても痛いだけじゃん?
それは自分の立ち位置を理解していないからよΣ(゚д゚;)
でも、小手先のモテテクが効力を発揮することも往々にしてある。
だからこそ、自分に適したテクを磨くことでチャンスが増えるかも?!


⑤結婚してもしなくても幸せになれると覚悟をする
婚活に必死になっているときって、「結婚できない=不幸」みたいな感覚に陥って焦りに焦りまくってしまうこともあると思うんだよね。
でも、2回結婚している私は切に思うんだよ。
結婚しても不幸な人はいるし、逆に結婚していなくても幸せな人もいる。
その逆の然り。
結局のところ、幸せかどうか?は自分の心が決めることであって、結婚しているかどうか?では決まりません。
しかしながら、「結婚できない=不幸」みたいな呪いにかかってしまうと、負のオーラを身にまとってしまうわけさ。
そのオーラは男は本能で見抜きますΣ(゚д゚;)
「別に結婚がすべてじゃない」という覚悟と諦めがイイ女には必要なオーラなんじゃないかしら?


みなさんが幸せなバージンロードを歩むことを願っております♡


2015-09-17 
 

「私、高望みなんてしてないし、フツーの人と結婚できればいい」と語る婚活女子は意外と多いと思うんですよ。ま、私もそのうちの1人でした(;´Д`)でも、掘り下げて考えてみると、「フツーの人と結婚できればいい」とか言っちゃう人って、何も考えてないんだよね。大概。… ... 続きを読む
「私、高望みなんてしてないし、フツーの人と結婚できればいい」
と語る婚活女子は意外と多いと思うんですよ。

ま、私もそのうちの1人でした(;´Д`)

でも、掘り下げて考えてみると、
「フツーの人と結婚できればいい」とか言っちゃう人って、何も考えてないんだよね。大概。

……えぇまぁ昔の私も何も考えてなかったさ。

「フツーってどういうこと?」
「フツーの定義は?」なんてしち面倒臭いことを聞かれたら、
「いや、だから、フツーの人だよ。フツーの人」と半ギレ気味に返すっていう愚かさ(;´Д`) 


で、私、結婚相談所の門戸を叩いたことがあるんですけど……
「どんな人と結婚したいか?」と聞かれ、まさに「フツーの人」と答えましたさ。

でも、それじゃ、プロフィール検索できないわけじゃん?

だから、「フツーの人の定義」をヒアリングされまして……

いろいろ条件つけたら、「そんなヤツ、おるかい?!」とサジを投げられそうになったよね。
「もっと現実を受け入れないと…」とやんわり諭されたりも(TДT)


だけどさ、私は思ってたんだよ。

「私、バツイチだし、高望みなんてしないし、ただフツーの人と結婚できればいいんだけど!」と。


フタを開けてみたら、無自覚にあり得ない高い理想を掲げていたわけです。

そう。私の「フツー」は世間的に見たら、石投げられそうな勢いで高望み。。。


「私、高望みなんてしてないし、フツーの人と結婚できればいい」
と、何も考えずにボヤいている人は危険よ。

全く自覚もなく全くの天然で、あり得ないぐらい高い理想を掲げており、
客観的に見たら「そんなの無理やろー」な相手を探しているかもしれないから(;´Д`) 


ちなみに、私、結婚相談所でアドバイザーさん(?)に軽くため息をつかれました。
自分では高望みしているつもりはなかったので、かなりビックリしましたが。。。
その後婚活パーティーに行きまくっていた時期がありまして、その愚かさに後で気づきました(笑) 


無自覚っていうのも罪よね。


2015-09-17  

必死で婚活をしているのに、なかなか良縁に恵まれないパターンの1つ。「いい男(=完成品)」をやみくもに探してしまうことよ(((( ;゚д゚)))よく言うじゃない?「いい男は売れ残ってない」とか、「まともな男はみんな既婚者」とか。私から言わせれば、既婚者は、独身貴族より ... 続きを読む
必死で婚活をしているのに、なかなか良縁に恵まれないパターンの1つ。

「いい男(=完成品)」をやみくもに探してしまうことよ(((( ;゚д゚)))

よく言うじゃない?
「いい男は売れ残ってない」とか、
「まともな男はみんな既婚者」とか。


私から言わせれば、
既婚者は、独身貴族よりもいい男に決まってるじゃないか!って話よ。

彼らは「いい男」だから、結婚できたんじゃなくて、結婚したから「いい夫」になったんです。 

ほら?
結婚って甘い夢物語じゃないわけよ。
生活という名の現実にぶち当たるわけ。
あと、嫌でも女の生態を知ることになる。

日々妻に怒られまくった結果、気が利く男になるんです。
日々妻にメンテナンスされているがゆえの清潔感なんです。
日々妻の地雷を踏まないように生きているからこそ、失言が減るんです(笑) 


仕事だって、新卒のボクちゃんよりも、実務経験者の方が数倍のパフォーマンスを発揮するでしょう?
それと同じよ。


もちろん世の中にバチェラーみたいな完璧な男もいるけど、


だからこそ、バチェラーなんじゃないですか?
そんな完璧な男は、日本に数人しかいない希少物件ですわよ。

で、美女が20人も集結して、バチェラーの争奪戦になるわけ。
そこの争奪戦に入りこむ自信なんかないでしょう?普通は。


私のような並みの女にできることは、最初から出来上がっている「いい男」をやみくもに探すことではなく、一見不良品に見えても丁寧に修理したら、一級品になりそうな「育てがいのある男」を探すことなんですよ。

私、2回結婚してるんだけど、結婚維持活動って、なかなか根気のいる所業です。
そして、自分にとっての「いい夫」になってもらうために、試行錯誤する日々にも骨が折れまくります(笑) 

うちの主人、何回も何回も同じミスをしでかすんですよ。
1つ1つはめちゃくちゃ些細なことでも、それを100個やらかされたら、ときたまブチンといってしまうこともあるわ(;´Д`) 

でも、結婚当初は100箇所だった指摘ポイントも6年の結婚生活を経て絵、60箇所ぐらいに減ってきました。

そういう私も結婚してできることになったことが山ほどあるわ。

そうやって地道に「いい夫」「いい妻」に成長していくことが結婚の醍醐味なのかもしれないわよ。


すんごい頑張り過ぎているのに、全く良縁に恵まれないのだとしたら……
「完成品」ではなく、手を加えれば完成品になりそうな「不良品」を手にとってみるのも1つの選択かもしれないよ。


2015-09-17  

よくあちこちで語られてるじゃないですか。ワガママな女がモテるとかなんとか……。確かにそれも一理あるんですけどね、そのワガママを履き違えてしまうと、痛い目に遭ってしまいます(((( ;゚д゚)))男にモテるワガママとは、可愛いワガママのみなんですよ。もっと言うなら、男 ... 続きを読む
よくあちこちで語られてるじゃないですか。

ワガママな女がモテるとかなんとか……。

確かにそれも一理あるんですけどね、
そのワガママを履き違えてしまうと、痛い目に遭ってしまいます(((( ;゚д゚)))

男にモテるワガママとは、可愛いワガママのみなんですよ。
もっと言うなら、男が「可愛い」と思えるワガママのみ。

彼らの言う可愛いワガママとは、
高いところにある荷物をとってくれ!とか、
重い荷物を持って欲しい!とか、
帰りにコンビニのプリンが食べたい!とか、
ギュッとして♡というおねだりとか……

大人の女からしたら反吐が出そうな簡単なレベルのことなんですよ。
残念ながら(((( ;゚д゚)))

で、女が叶えて欲しいと願うワガママは、彼らの許容範囲を超えてしまうこともあり、そうなると、ただの「重い女」に成り下がってしまうというオチ(((( ;゚д゚))) 


そう。
女子がやらかしてはいけないワガママとは、ワガママという名の「ダメ出し」です。

「もう少し雰囲気のいいお店に行きたい!」
(裏の声)「もっといい店、探せや!」

「お店は予約して欲しい」
(裏の声)「花金にお店の予約もしてないってどういうこと?使えねぇー」

「 LINEはもう少し早めに返信して欲しい」
(裏の声)「返信が遅くて、こっちは不安になるんじゃ、ボケ!」

「仕事と私、どっちが大事?」
(裏の声)「仕事を理由に蔑ろにしないで欲しい」


可愛いワガママには鼻の下を伸ばす男性陣も、ダメ出しをされた途端、一気にテンションが下がってしまう場合があります。


男心とは、ご都合主義なのよね。
ま、女心もご都合主義なので、お互いさまだけど。。。

ワガママな女がモテる説を真に受けて、ワガママという名の「ダメ出し」を繰り返してしまうと……当然モテるはずがありません。。。



 

私、2回結婚してまして、泥臭い婚活も経験してみて、切に思うことがあります。どんなに高望みしようが、結局は「ふさわしい相手」としか結ばれないのが結婚だよなぁ…と。または恋は盲目でとりあえず結婚できたとしても、長続きせずに破局するのがオチか(((( ;゚д゚)))↑私の ... 続きを読む
私、2回結婚してまして、泥臭い婚活も経験してみて、切に思うことがあります。

どんなに高望みしようが、結局は「ふさわしい相手」としか結ばれないのが結婚だよなぁ…と。
または恋は盲目でとりあえず結婚できたとしても、長続きせずに破局するのがオチか(((( ;゚д゚)))
↑私の最初の結婚が破綻したのはもはやそれかもしれない(;´Д`)


周りのママ友たちをみていても思うんだよ。
素敵な旦那様とご結婚されているママ友は、彼女自身がとても素敵なのよ。
あらゆる意味で。


それは男女共に言えることだけどね。

大した魅力もない40代の婚活男性が20代を希望しているのを見ると、鼻で笑いたくなります。
↑性格の悪い私は(笑)

実際に男友達(44歳、上場企業のサラリーマン、見た目はいたって普通の中肉中背、年収700万円ぐらい?!)に暴言を吐いて、絶句させたこともありますとも。 
「20代の子にしか魅力を感じないけど、気になってた26歳の子にもう少し若かったらなぁ…とフラれた」という話を聞いて、
「20代の子に選ばれるには、とりあえず年収3000万ぐらいは必要じゃないの?!転職したら?!」と無理難題をふっかけたりして(;´Д`)
↑私もなかなかひどい奴ですわね。オホホホ。


それは婚活女子にも言えることで、
無理難題ぐらいの高い理想を掲げたところで、やっぱり無理なものは無理じゃない?!

私、離婚後、外銀に転職しまして、婚活で知り合った地味目なアラフォー女子に「社内にいい人いないの?合コンやってよ!」と頼まれましたが、いい人とやらはすでに結婚しているか、またはそれこそ若い女性を求めていたり、同年代ならハイスペ女子やら超がつくほどのお嬢様がご希望だったりして、なかなか合コンを開催することができず(((( ;゚д゚)))


「結婚をしたいなら、妥協すべきか?!」みたいな議題が炎上することもあるけど。。。

私は妥協は一切すべきではないと思うよ、マジで。
口では「妥協できれば…」って言っていても、結局、妥協できないもんだしね。

でも、妥協という嫌な言い方じゃなくて、納得する相手を見つけることも大事よ。


結局のところ、それが「ふさわしい相手」で「運命の相手」なんじゃないかなー♡


2015-09-17 

私も若い頃はそうでしたけど。。。引っ張ってくれる男気のある男性が好きでした。なぜなら、自分に自信がないし、そもそも自分がどうしたいのか?もよくわかっておらず、それを考えるのも面倒で、とりあえず誰かに道しるべをもらいたかったから。でも、裏を返すと、仕切り屋 ... 続きを読む
私も若い頃はそうでしたけど。。。
引っ張ってくれる男気のある男性が好きでした。

なぜなら、自分に自信がないし、そもそも自分がどうしたいのか?もよくわかっておらず、それを考えるのも面倒で、とりあえず誰かに道しるべをもらいたかったから。

でも、裏を返すと、仕切り屋の男は「モラハラ亭主」になりかねないんですよ(((( ;゚д゚)))
または、モラハラまでいかなくても、イチイチ口うるさいスネ夫みたいな男か(((( ;゚д゚)))


それがさ、今や完全なる「鬼嫁」ですわよ。
引っ張ってもらうどころか、私が振り回してる系。
一歩間違えたら、モラハラ妻になりそうな勢いで日々反省しておりますとも(笑)

でも、それでちょうどいいと思っているし、この関係性にも満足しております。


で、そんな話をママ友としていたら、もう共感の嵐でしたよ。

家庭円満の秘訣は「鬼嫁」だわ。

……ぐらいの感想と、確かに若い頃は「オレ様」な男にキュンとしてたよね…と(笑) 


石が飛んできそうですけど、
私が思うに、男ってバカなんだよね(爆)

単細胞っていうか、短絡的っていうか、行き当たりばったりというか……。
それでいて、さらにバカな男は威張りたいのよ(((( ;゚д゚)))


男性の脳みそは「モノタスク」と言われていて、一極集中で周りが見えないし、空気も読めないらしいんです。

その点、女性の脳みそは「マルチタスク」と言われていて、一度に同時並行でいろんなことができる。

家庭の仕事は多種多様で、同時並行が基本だったりするじゃない?
幼い子供がいたら、なおさらですよ。 
つまり、やっぱり女性の方が向いているわけ。

結婚して数年もすると、女性のマルチタスク脳の凄さを実感するとともに、主人の無能さ(あくまでも家事育児に限定した話ね)を痛感します(笑) 

↑女性は料理しながら、片付けも同時にちゃっちゃとこなしたりするじゃないですか?
でも、うちの主人ときたら、料理したら、フライパンとか鍋とか全部そのままでシンクが大変なことになってるんですよ(((( ;゚д゚)))
……マジであり得ねぇ。


だから、外では多少控えめに振る舞ったとしても、家では「かかあ天下(=鬼嫁)」が平和の象徴なんじゃないの?!ってマジで思うわよ。 

そして、気づいたことは、
1を聞いて10を理解してもらうのは無理なので、1つずつタスクを与え続けること。

1度に3つの指示を出したら、1つは漏れるのが我が主人ですから、1つ終わったら、また1つお願い事をする方が面倒くさいけど、効率がいいことに気づきました。


高嶋ちさ子さんも言ってたけど、
「お前」とか言われて、キュンとしてる場合じゃないよ!!!

「お前」って呼ばれてキュンとする女は幸せにはなれない!!!
と、高嶋語録が炸裂しておりましたが、これには私も200%共感します。


これから結婚する皆さん。
このアラフォーのオバハンが言っている戯言を脳裏にとどめておいていただけると、幸いです(笑) 


2015-09-17  

YouTubeを徘徊していて、あまりにも感動する動画を見つけました。なんらかのインタビューでの上皇さまと上皇后さまの返答です。「お互いに何点を差し上げられますか?」という記者の質問に、上皇さまは、「点ではなく、努力賞を」上皇后さまは、「私もお点ではなく、感謝状を ... 続きを読む
YouTubeを徘徊していて、
あまりにも感動する動画を見つけました。

なんらかのインタビューでの上皇さまと上皇后さまの返答です。

「お互いに何点を差し上げられますか?」という記者の質問に、

上皇さまは、
「点ではなく、努力賞を」

上皇后さまは、
「私もお点ではなく、感謝状を」

と、お答えになられたのよ。


素晴らしいすぎるやろー!!!
日本の象徴とはこういうことなのね……と、えらく感動しました。


私も決していい奥さんとは言えないけど、「努力賞」がもらいたい(笑)
そして、全くできない料理に挑戦し始めて、今日はカレーライスを作ってくれた主人にも「努力賞」を贈りたい。

で、お互いに「感謝状」を贈り合う気持ちがあったら、愛を育てていけるんだと思ったわ。


しょーもないことでカチンときて、鬼嫁スイッチが入りそうな時はこの動画を思い出したいと思ったわ♡


2015-09-17 

よく聞かれる話。結婚は「愛なのか?金なのか?」的なお悩みね。私なりの答えは、そんなことで悩む時点で、その男はナシっ!なぜなら、結婚には大きな愛と生活していけるだけのお金、両方が必要不可欠だと思うから。 結婚には「まさか」と「想定外」がつきものなんです。思 ... 続きを読む
よく聞かれる話。
結婚は「愛なのか?金なのか?」的なお悩みね。

私なりの答えは、そんなことで悩む時点で、その男はナシっ!

なぜなら、
結婚には大きな愛と生活していけるだけのお金、
両方が必要不可欠だと思うから。 


結婚には「まさか」と「想定外」がつきものなんです。
思い通りにならないことだって、いっぱいある。

それって就職と同じで、どんなに強く志望して第一志望の会社に入社できたとしても、「こんなはずじゃなかった!」と思うような出来事に見舞われることもあるだろうし、「アイツ、ムカつくわー!」とソリが合わない上司や同僚に出くわすかもしれない(;´Д`)
「この仕事は得意じゃないな〜」と思う業務をこなさなきゃいけないときもあるかもしれない(;´Д`)
初任給〇〇円だと聞いていたけど、意外と給与天引き(社会保険料や税金)が多くて、想定よりも手取りが少ないこともあるかもしれないよね。

結婚もそれと似ていて、
「イクメンだと思っていたのに、思ったほど使えない」とか。
「清潔感のあるタイプだと思っていたのに、部屋を散らかし放題だった」とか。
「想定外の文句を言われて、カチン!」とか。
「相談もなく、勝手にバルコニー用のテーブルセットを買ってきて、何なの!もう!」とか。
↑これは結婚初期の我が家の話。それ以来、大きな買い物は必ず事前相談すること!という約束をしました(;´Д`) 

実際に生活してみてから気づくこともたくさんあると思うんだよね。


そんな「まさか」や「想定外」を乗り越えていくために必要なものは「大きな愛」です♡

不満がないわけじゃないけど、「それでも一緒にいたい」という意志そのものが愛だと思うのよね。


そして、お金!

お金で苦労し過ぎたら、そこにあったはずの愛も冷め切ってしまうと思う。

実際問題、ここ日本で生きていこうと思ったら、それなりのお金って必要じゃないですか。
節約生活も悪くないけど、度を超えたら、疲弊していくよね。
さらに「自分(妻)が稼げばいい!」説もあるけど、実際稼ぐと、仕事の疲れも出るわけで、稼いだ分だけ(自分が疲れている分だけ)、相手にいろんなものを求めてしまう部分もあると思うだよ。
例えば、私も稼いでいるんだから、もっと家事育児やれや!これじゃ不平等過ぎるだろ!ぐらいの不満が湧いてきてもおかしくはないと思うんです。
現実的な話として、ね。

贅沢な生活が幸せとは限らないけど。。。
お金がなさ過ぎる状況を笑い飛ばせなくなる現実もあると思うんです。実際は。


というわけで、あくまでも私の主観ですが、
幸せな結婚には愛とお金、どちらも必要です。

ま、お金は数値化できるものではないので、年収〇〇円以上とわかりやすく表現できないけど。
世帯収入で自分が思うまともな生活を営めるぐらいの財力は必要。


そんなわけで、
コイツには愛情は持てないけど、金はあるっていう男でもダメだし。

大好きだけど、借金まみれとかヒモ体質な男と結婚するには相応の覚悟が必要なんじゃないかな。


2015-09-17