カテゴリ: ♡ 恋と婚活と結婚生活 ♡

思い返せば、東京に上京したばかり頃(18歳)、初めてジョナサンに行ったとき、めっちゃ感動したものでした。東京にはこんなにオシャレなお店があるのかーーーー!!!!!(驚き)と。 ↑我ながら18歳の私はなかなか可愛いやんけ(笑) 学生時代は試験勉強の一夜漬け(徹 ... 続きを読む
思い返せば、東京に上京したばかり頃(18歳)、初めてジョナサンに行ったとき、めっちゃ感動したものでした。

東京にはこんなにオシャレなお店があるのかーーーー!!!!!(驚き)と。 
↑我ながら18歳の私はなかなか可愛いやんけ(笑) 

学生時代は試験勉強の一夜漬け(徹夜)で長時間居座り、就活してた頃も履歴書書いたり、課題作りでこれまた長時間居座り。。。

そして、40歳になった今は、娘(5歳、年中さん)の塾待ち場所として愛用しております。


今日は朝の準備がドタバタで朝食をとる時間がなく、 ジョナサンモーニングを食らいましたよ(笑)
FullSizeRender


若い頃は夜〜深夜〜明け方に居座ることが多かったのに、40歳の私はモーニングタイム。
生活スタイルも変わるものですね。


<今日の塾弁>
FullSizeRender
コロコロおにぎり
唐揚げ
ウィンナー
ブロッコリー
枝豆を春巻きの皮で包んで揚げたもの
ブロッコリー
ちくわきゅうり
肉巻きポテト
いちご

ちなみに、前回の塾弁はこちら↓



メニューの代わり映えナシ(笑)
だって塾弁は色々制約があって、難しいんですよ。。。
特にお料理がめっちゃ苦手な私にとっては(言い訳)
 

こないだママ友と話していて、めちゃくちゃ盛り上がったこと。まさかの「病気」の話(笑)私の周りのママ友はアラフォーが多いんですけど、アラフォーにもなると、なんだかんだ婦人科系の病気の既往歴があったり、今現在、子宮筋腫持ちだったり、子宮内膜症でピルを飲んでい ... 続きを読む
こないだママ友と話していて、めちゃくちゃ盛り上がったこと。

まさかの「病気」の話(笑)
私の周りのママ友はアラフォーが多いんですけど、アラフォーにもなると、なんだかんだ婦人科系の病気の既往歴があったり、今現在、子宮筋腫持ちだったり、子宮内膜症でピルを飲んでいたり、なかなか2人目が授かれず不妊治療中だったり。。。まぁいろいろあります。

↑私自身は32歳のときに悪性の可能性も否定できない腫瘍が卵巣に見つかりまして手術をしています。
悪性だった場合は卵巣がんということになりますが、結果としては良性腫瘍でことなきを得ました。でも、あの当時の精神状態って言ったらもう……思い出したくもないわ(((( ;゚д゚)))


で、さらに掘り下げて盛り上がったことっていうのが、年齢によって会話の内容が変化するよね!って話。

思い返してみれば、20代の頃は恋バナが盛んで、30代に突入したらガチの婚活&婚活苦労話、結婚式準備、新婚旅行、妊活、出産、子育ての話に花が咲き、40代になったら(今の私は40歳)病気の話が出てきて……

ここからは予想ですけど、
50代になると更年期障害の話になって、60代になったら親の介護、70代になったら孫の話?終活?

女の人生は年齢を重ねるごとにステージが変わっていくものよね。


それもまた面白い(′∀`)


ガチの婚活に苦しんでいた頃の私はとりあえず結婚できればなんとかなるんじゃないか!?ぐらいの甘い考えを持っておりましたが。。。

実際に結婚してみると、結婚はゴールではなくスタートであることを実感する毎日です。

試練っていうのはさ、次から次へと現れるわけよ。
ちなみに、今の私は子宮内膜症と子宮腺筋症を患っており、どこのタイミングで子宮を全摘するのか?という悩みと迷いがあり。。。
子育ても全く思い通りになっていないので、日々頭を抱えております。。。
不器用ママなもんで、日々疲労困憊ですよ(TДT)

このステージもどこかで抜けるのかもしれないけど、今度は次の試練がやってくるのかしらね?


女たちの会話の変化に、人生をみたような気がした平日のママたちの井戸端会議なり(笑)

とりあえずアラフォーママたちには20代の頃のようなキラキラが皆無です(;´Д`A

結婚は諦めが大事!なんて切々と語っているママ友がなんだかんだ1番幸せそう(笑)


2015-09-17 
 

婚活に限らず、生きていると、悔しくてたまらない場面に幾度も出くわすことがある。私の泥沼婚活でも幾度ブラックエンジンがかかってしまったことか(((( ;゚д゚)))婚活仲間だと思っていた女子に裏切られたこともあるし、「三十路でバツイチって大変だね」という何気ない発言( ... 続きを読む
婚活に限らず、生きていると、悔しくてたまらない場面に幾度も出くわすことがある。

私の泥沼婚活でも幾度ブラックエンジンがかかってしまったことか(((( ;゚д゚)))

婚活仲間だと思っていた女子に裏切られたこともあるし、「三十路でバツイチって大変だね」という何気ない発言(いや、若干の悪意を感じる発言)にイラっとして、その後、言いようもない不安に襲われた夜もあった。

4年も専業主婦やってて、再就職活動が難航して、面接でハナから門前払いされて、絶望した日もあった。

1番のブラックエンジンは「お前だけはないわー!」としか思えないどうでもいい男性から、余計なお世話としか思えない説教をぶっこかれたときだったかなー(遠い目)
「理想、高過ぎ」とか「素直になれば!」みたいな謎の説教とか(((( ;゚д゚)))


そんなとき、「なにくそ!」と思って、相手の嫌味や説教を上回る巧妙な嫌味を言い返したこともありました。
↑マジで大人気ないけど(笑)

でも、それをやらかすと、後から本当に嫌な気持ちになるだけなんだよね。。。


で、悟ったさ。
「なにくそ!」っていうブラックエンジンの正しい使い方をね。


そのブラックエンジンは自分の未来のために使わなきゃ!

なにくそ!って思って、相手に攻撃しかけても本当に無意味なわけで。
その場でスカッとしても、その後にモヤモヤだけが残るという落とし穴。


なにくそ!って思ったときほど、己の身の振り方を考えるのよ。
「ブス!」って言われたらメイク研究するとか、「理想高過ぎ!」って揶揄されたら、その理想を実現する方法を虎視眈々と考えまくるとか、「素直じゃない!」ってご指摘もありがたく頂戴し、次の相手の前での振る舞いの参考にさせていただく。


そして、何よりそのブラックエンジンがあったからこそ、目標達成したときは喜びもひとしおになるわけです。

ほら?
人生にはちょっとぐらいの振り幅が必要よ?
ブラックエンジンがかかってしまうぐらいでちょうどいいのかもしれない。

死ぬほど苦労して今の結婚生活を手にいれておりますから、今のありがたみが身にしみるわけ。
なんとなくサクッと結婚してたら、もっとないものねだりしてる可能性大(笑)


自分の中でブラックエンジンがかかったとき、それは宝物なのだと認識しとこう。
そのブラックエンジンは自分のためだけに使うべし。


誰にでも思い込みはあると思うけど、恋においてはその思い込みが足かせになったり鉄の鎧になってしまうこともあると思うのよね。思い込みが重過ぎて、1歩も前に進めない……的な。例えば、「私はモテない」としょげてしまっていると、気になる彼がいても気軽に声をかけたり ... 続きを読む
誰にでも思い込みはあると思うけど、
恋においてはその思い込みが足かせになったり鉄の鎧になってしまうこともあると思うのよね。

思い込みが重過ぎて、1歩も前に進めない……的な。


例えば、
「私はモテない」としょげてしまっていると、気になる彼がいても気軽に声をかけたりできないじゃないですか?!
声をかける前からどうせフラれる妄想が頭をよぎって、何もできずに終わるのよ。

でも、「私だってそこそこイイ女のはず!」と信じることができる女性は、相手の反応なんて関係なく、ものすごーく軽く声をかけちゃうもんなんです。
「来週、空いてる日ある?」なんつって臆することもなく。

もちろん誘っても相手にされない場合もあるでしょう。
でも、そんなことはあっけらかんと忘れて、また別の誰かに恋をする。

この手の人は100発100中ではなくとも、実際、ものすごくモテてます。


「私は口下手だ」と思い込んでいる人は、ついだんまりモードになってしまうのよね。
だって、下手げに口を開いて、墓穴を掘りたくないと思ってしまうから。

で、そのうち「口下手だからしょうがない」という思考回路に落ち着き、もっともっと黙り込む癖がついたり……という悪循環。

さらに酷いケースになると、「私は口下手だから、盛り上げてくれる人がいい」なんて他力本願に突っ走り出すのよ。
そりゃ芸人バリの面白さで盛り上げ役を買ってくれる男性はいます。
でも、そういう人は鋭いツッコミを求めたりもするわけ。
一方的に「私を楽しませてくれ!」という姿勢の女性ではなくね。

結果、モテない女に成り下がってしまう。


自分が思っている自己評価がただの「思い込み」ではないのか?
もう1度再考してみてもいいと思うよ。

思い込みという鉄の鎧を着込んでしまうのは、もったいないからさ。


2015-09-17 
 

どんな人にも性別関係なく、男っぽい部分、女っぽい部分、いろいろ持っていると思うんですけど。今日は、男と女のコミュニケーションの違いを論説してみたいと思います。男脳の会話は、結論直結オチ優先型。女脳の会話は、脱線ズルズル井戸端会議型。男っぽい人って、結論か ... 続きを読む
どんな人にも性別関係なく、男っぽい部分、女っぽい部分、いろいろ持っていると思うんですけど。

今日は、男と女のコミュニケーションの違いを論説してみたいと思います。


男脳の会話は、結論直結オチ優先型。
女脳の会話は、脱線ズルズル井戸端会議型。

男っぽい人って、結論から言うスタイルが多いけど、
女っぽい人って、話しているうちにどんどん脱線していって、何が論点だったのか?よくわからない終着地点にたどり着くけど、それをまた楽しめちゃうのが女だったりするよね。

そして、男っぽい人にとってはオチのない話にガッカリしちゃったりするけど、
女っぽい人はそもそもオチなんて考えてない人が多いよね。

でも、男脳と女脳はTPOによって切り替えていることも多くて、根が女っぽい人でも仕事の場面では結論直結型にスイッチしていることもある。


男脳のLINEは、ただの要件伝達手段型。
女脳のLINEは、たわいもないキャッチボールを楽しみたい型。 

男っぽい人って、たわいもないLINEをほとんどしないよね。
だから、たわいもないLINE(ボール)を投げられても、どう対応していいか分からず、ついつい素っ気ない応対をしてしまい、相手を意図せず悲しませてしまったり。
または、要件のないボールが飛んでくると、面倒くさくなって既読スルーしちゃったり。
もっと言うなら、「既読スルー=読みました」 という認識の人もいる。
でも、読んだんなら返信しろや!と思うのが女心。

一方で、しょーもないやりとりに愛を感じちゃう乙女もいるよね。

ちなみに、私は男性とはあまりしょーもないやりとりはしませんが、女友達とはしょーもないやりとりを延々やってしまいます。
最近はドラマを見ながら、言いたい放題コースがお気に入り(笑)

すごい数のLINEが飛び交うこともある私ですが、主人には要件しか送りません。
ときには「たまご、牛乳、カレーのルー」のみのLINEを送ることも。
列挙された品物を買ってきて!という意味なんだけど、主人は理解してちゃんと買ってきてくれます。


戸籍上の性別もあるけど、
この人の男っぽさ、女っぽさという見方でコミュニケーションのあり方を眺めていると、意外と面白い発見があるものです。

そして、これを分析していくと、スレ違ったコミュニケーションの原因が分かったり、相手との距離の取り方がわかるのかも?


2015-09-17  

よく恋愛っていうけど、私は恋と愛は違うと思ってるんですよ。その違いはそこに意志があるかどうか。いつの間にか彼を視線で追っていた。気づいたら彼のことを考えていた。彼が他の女性と仲良くしていたら、なぜかモヤっとしている自分に気づいた。意図せず落ちてしまうのが ... 続きを読む
よく恋愛っていうけど、
私は恋と愛は違うと思ってるんですよ。

その違いはそこに意志があるかどうか。

いつの間にか彼を視線で追っていた。
気づいたら彼のことを考えていた。
彼が他の女性と仲良くしていたら、なぜかモヤっとしている自分に気づいた。

意図せず落ちてしまうのが恋ってものなんですよ。


だけど、愛は違うんです。
「何があっても一緒にいたい」
という気持ちを継続できるように歩み寄る努力を積み重ねることだと思うのよね。


2回ほど結婚してて、泥沼離婚劇も経験して、酸いも甘いも経験してきた私から言わせれば……

恋心って放っておいたら、いつか冷めます。
脳科学的には、恋愛感情の賞味期限は4年と言われておりますけど、2〜3年付き合ったところで相手の嫌な一面が見えてくるんですよ。
いつまでも恋は盲目でいられず、付き合いが長くなるほどに視力がグングンあがってしまい、嫌なところが見え過ぎてしまうんですよ。

それでもずっと一緒にいるには「愛」を貫く覚悟が必要なんだと思います。

「愛情」って言葉があるけど、長年連れ添った夫婦には「情」の部分も大きいと思うのよね。
例えば、うちの両親を見ていると。


恋はいつのまにかしているものだけど、愛はそうはいかないよ。

永遠に愛を続けようと思うのなら、それ相応の覚悟と努力が必要だと思うから。

でも、その難しい愛を積み上げていくからこそ「運命の相手」になるんじゃないか?と思うんだわ。


2015-09-17 

 

「どうでもいい人」からは声がかかるのに、「いいな」と思う人には相手されない問題って、婚活あるあるだと思うんですけど。。。幸せになっている既婚女性の傾向として、「とりあえず付き合いながら愛を確認してみるか」ぐらいの軽いノリで付き合ってみたら、思ったよりも相 ... 続きを読む
「どうでもいい人」からは声がかかるのに、「いいな」と思う人には相手されない問題って、婚活あるあるだと思うんですけど。。。

幸せになっている既婚女性の傾向として、
「とりあえず付き合いながら愛を確認してみるか」ぐらいの軽いノリで付き合ってみたら、思ったよりも相性が良くて結果として結婚に至ったなんて人も多いものです。

最初は「どうでもいい人」だと思っても、付き合ってみないとわからないこともあるからね。

もちろん生理的に受け付けないレベルの人とは2度デートしなくてよし!笑


愛の形はたくさんあって、正解も不正解もないけど。
巷でよく囁かれている「2番目に好きな人」と結婚した方がうまく説にも一理あると思うのよ。

愛しまくるよりも、愛されまくる方がうまくいく的な。

愛されまくっているから、少しぐらいお返ししとくかな?って気持ちにもなるやん?
そのぐらいでちょうどいいのかもしれないよね。

もちろん愛しまくって尽くしまくるのが幸せな人もいると思うけど。


愛の形の話はさておき。

大人になればなるほど、自分の中でのブレーキが多くなってしまい、なかなか人を好きになれなくなるんだよね。

ほら?経験値が増えていったり、いろんな人の話に耳年増にもなるから、「あれはダメ、これはダメ」がどんどん増えていってしまい、本能的な恋に落ちにくくなるんですわ。


だからこそ、「120%大好きだ!」という気持ちの盛り上がりを待っていたら、結局誰のことも好きになれない…というオチが待っているかもしれない。

いいんじゃないの?
60%ぐらいアリかな?と思っているのなら、とりあえず付き合ってみてもさ。

付き合って向き合ってみないと、わからないこともたくさんあると思うんだよ。


2015-09-17 

 

初回デートは男が出すべき!2回目デート以降でもせめて男割りするべき!※男7:女3など。 時代は男女平等!ワリカンが当然!奢られて当然って思ってる女は地獄に落ちろ!デートがつまらなかったら、ワリカンにしたい!相手がガッキーなら奢りたい!等々。これって、まぁ ... 続きを読む
初回デートは男が出すべき!
2回目デート以降でもせめて男割りするべき!
※男7:女3など。 
時代は男女平等!ワリカンが当然!
奢られて当然って思ってる女は地獄に落ちろ!
デートがつまらなかったら、ワリカンにしたい!
相手がガッキーなら奢りたい!等々。

これって、まぁテッパンの炎上ネタだと思うんですよ。


私が思うに、
ここに正解も不正解もありません。

人によって考え方も価値観も違って当たり前。

だから、各々が一緒にいて心地よいと思う人を選べばいいじゃないの?
と思います。 


でも、私は言いたいのよ!!!

奢ってもらって当然とは思わないけど、奢ってもらったら嬉しいよね!と。
当然とは思っていないからこそ、奢ってもらえたら、「特別な女性」扱いを受けている気分になります。


で、モテる男は大概奢ってくれるんです!!!
「男女平等がうんぬん……」とクドクド説教してくる男がモテるわけないやんかっ! 


女性に気遣いさせないように、サラリとお会計してくれる男性に惹かれてしまうのは至極当然の流れよ。


で、男性側の立場になって考えると……
ま、サラリとワリカンしてくれる女の子の方がデートに誘いやすいよね。

だって、デート代が半額で済むんだから、給料日前でちょっとお財布が寂しくても気軽に声かけられるやん?! 

さらに、結婚後のことも考えたら、「専業主婦希望」よりも「共働き前提」の女子の方が圧倒的に選ばれやすいです。
一般論として。 
ワリカンOKの子の方が働いてくれそう?!と思う男性がいないわけではない。

本音ではワリカンにしたいけど、世のセオリー的に奢っている男性陣も少なからずいると思うんですよ。
あとは、「奢った方がモテる」ことに気づいている男性は、ちょっと無理してでも奢っているのかもしれないよね。

だが、しかし!
私は働いてくれそうだから(ワリカンOKだから)選ばれるよりも、「専業主婦でも共働きでもどっちでもいいよ!」と言ってくれる男性がベストで、そういう今の主人を選びました♡


あぁ、私の中でもイマイチ100%の答えが出ません。。。

だからこそ、テッパンの炎上ネタなのかもしれませんね。


ということは……
やっぱりデートのお会計問題に正解など出せるはずもなく。

各々人それぞれっていうのが正解なんだわ。 


2015-09-17  

ま、女心も大概めんどくせぇけど、同じぐらい男心もめんどくせぇわけですよ(((( ;゚д゚)))コンプレックスとか劣等感とかチンケなプライドとか年齢とか過去の失恋とかトラウマとか家族環境とか……いろんな諸事情が複雑に絡み合って、本音が言えなかったり、本心とは真逆のこと ... 続きを読む
ま、女心も大概めんどくせぇけど、同じぐらい男心もめんどくせぇわけですよ(((( ;゚д゚)))

コンプレックスとか劣等感とかチンケなプライドとか年齢とか過去の失恋とかトラウマとか家族環境とか……

いろんな諸事情が複雑に絡み合って、本音が言えなかったり、本心とは真逆のことを言ってみたり、時にはわざと嫌われるようなことを言ったりワガママを言ってみたりして相手を試したり……というかなりめんどくせぇ人って結構多いものです。


……私も数々の失態をやらかしてきましたとも(遠い目)

例えば、
本心では「1秒でも早く結婚したい」のに、「結婚なんて1ミリも興味がない」と言いつつ、やることなすこと「結婚したい」オーラ全開で、相手を錯乱させたり(笑)

年下の彼のことが気になってしかたがないのに、その彼の前で「私は年上が好き」と言い放ったこともあったなぁ。
……遠い過去の話。

サバサバ系女子を必死こいて演じつつ、内心はドロドロだったり。

本当はファミレスでも全然いいのに、「雰囲気のいいレストラン」を希望してみたり。

本来はそういう女子じゃないけど、合コンではサラダを取り分けてみたり。

本当はお酒が苦手なくせに、グイグイ飲める振りをして、翌日体調不良でダウンしたり。
↑当時の私、「飲める女=イイ女」と思い込んでいて、イイ女を気取りたかったのよ(失笑)


人間って、なかなかの面倒臭い生き物よね。


で、やっと本題。
本物のイイ男とイイ女の条件は、そういう面倒くさい部分をうまく汲み取って神対応できる人なのではないでしょうか。


本音を汲み取って、本当に求めている応対が得られたら、感動するじゃない?

言葉の裏側を拾ってもらえたら、「私のこと、理解してもらえた」って思うじゃない?

天邪鬼発言をしたとしても、グイグイきてほしいじゃん?

サラダを取り分けてくれる男子にキュンとくるじゃん?

自分からグイグイ飲んでても、「飲み過ぎじゃない?」って指摘してくれる男子に惚れてしまいます(笑)


大概私もだいぶめんどくせぇ女なわけですけど。。。
だからこそ、面倒くさくなってしまう人の気持ちがわかるのよね。

それを汲み取ることができるようになったら、男からも女からもモテるようになると思うんだわ。

実際は、なかなかそれも難しいことがあるわけですけど(;´Д`)


2015-09-17 



 

このブログの中で同じようなことを何度も書いているけど、離婚はしなくて済むならしない方がいいです。。。でも、やむを得ない場合もあるし、離婚をした方が幸せになれるのだとしたら、それも致し方ないと思います。で、離婚をするとね、嫌でも学ぶことが所々ありますもので ... 続きを読む
このブログの中で同じようなことを何度も書いているけど、
離婚はしなくて済むならしない方がいいです。。。

でも、やむを得ない場合もあるし、離婚をした方が幸せになれるのだとしたら、それも致し方ないと思います。

で、離婚をするとね、嫌でも学ぶことが所々ありますもので。。。
今日はそんな話を(・∀・)つ 


①法的知識
私の場合は、弁護士さんを立てての協議離婚となりましたもので、結婚をした時は何も考えていなかった法律上のルールを学びました。

財産分与の決まりとか、一般的にどうなるのか?とか。
離婚が成立するまでは、収入の低い方が婚費を請求する権利があるとか。
お金のことから、どういう理由なら正当な離婚事由となるのか、とか。

これ系の話、結構ドロドロです(((( ;゚д゚))) 


②専業主婦のリスク
私は4年ぐらい専業主婦だったんですけど、その代償を思いっきり払うことになりました(;´Д`)

衝撃的だったことは、
三十路オーバーが賃貸のお部屋を借りようとするなら、源泉徴収票とやらがないと、入居審査が通らない(その前に入居審査すらしてもらえず門前払いを食らうケースもあり)って現実ですわよ。 

源泉徴収票とは、昨年度の収入を証明する書類なので、専業主婦(無職)にはそんなものはありません。

さらに、4年ほどのブランク(無職期間)があると、再就職活動も難航します(TДT)

マジで飢え死にするかと、不安に震える夜を過ごしました。


③結婚の意味
私の場合、最初の結婚は割と勢いだけで入籍に至りましたので、「結婚とは?」なんてことは1ミリも考えずに結婚生活に突入しました。
あったのは憧ればっかり。
だからこそ、壁にぶち当たったときに、それを乗り越えられなかったんだと思うわ。

で、すぐに離婚に至らず、「そもそも本当に離婚するのか?」1人悶々と思い悩んだ期間が1年ほど。
離婚を決意してから離婚交渉に1年ほどかかったので、「結婚って一体なんなのだろう?」と考える時間が長かったんですよ。

その長きに渡る苦悶の時間があったおかげで、離婚後の再婚活は割とサクサク進めることができました。

やっぱり求めるものが何なのか?わからずに婚活するよりも、明確にこれこれこういう結婚生活がしたいから、〇〇な人がいい!という希望がある方が遠回りをしなくて済むと思う。 


人生に起こるすべて出来事に意味があって、それを生かすも殺すもきっと自分次第。

私は最初の結婚生活でずっこけましたけど、そのおかげで今があると思えるので、1ミリの後悔もありません。 


ま、人生いろいろあるけど、選んだ道を「正解」にするように生きることだけがすべて報われる道なのでは?と思う今日この頃。